Shibuya の LONG WAY TO STRONG

〜強いフィッシングパターンへの道〜

全体表示

[ リスト ]

サンラインの今年の目玉商品・シューターマシンガンキャストが発売になってから数ヶ月が過ぎました。
イメージ 1
骨折で出遅れたボクでしたが、だいぶ使い込むことが出来て来ましたので簡単なインプレッションをレポートさせていただこうと思います。

シューターマシンガンキャストでルアーをキャストすると、まず圧倒的な飛距離アップを実感出来るんじゃないかと思います。
ラインのスプールからの放出が非常にスムーズで、とても勢いよくルアーが飛んで行きます。

ボクの場合は途中でロッドがロードランナーのニューハードベイトスペシャルになったこともあり、その効果はさらに高く感じられています。

このことは、単にルアーが今までより遠くに飛ぶということだけでなく、キャストのアキュラシーに直結します。
あと数センチ、あるいは数十センチ単位で奥のスポットに入れ込む、みたいなことが、よりやりやすくなりました。
これは大きなアドバンテージです。

もう1つは、製品のPRフレーズにもなっているP-Ion製法による耐久性の大幅な向上ですね。
ラインは使っているうちに劣化して、巻いたばかりの時のような透明感・美しさが損なわれて見た目に汚れて来ます。
これを1つの交換の目安にされている方々も多いのではないかと思いますが、シューターマシンガンキャストはこの劣化が起こりにくく、劣化状態になるまでの時間が従来品より長いのは間違いないなと感じています。

このことは経済的な意味でも助かりますよね。

ということで、まだまだ十分に使い込めている状況とまでは言えませんが、シューターマシンガンキャストにそんな印象を受けています。

フロロ全盛の昨今ですがナイロンの優位性はたくさんあると思いますので、この機会にナイロンラインの特性・メリットを見直す良い機会になってくれればと思っています。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事