全体表示

[ リスト ]





ツイッターから一気に拡散した透過液晶疑似ホログラムMODPC(以下、MikuPC)の制作過程なんですが、はっきり言って画像をほとんど撮っていません!
なぜなら、第1回オフ会のときに門馬ファビオ氏とコラボで作った物のリメイクだからです。
制作過程は第一回の物を見てもらったら大体わかるかと思います。
今回は、リメイクした部分の紹介をしていきたいと思います。
まずは、液晶パネルの大型化。
前回は17インチのスクエアのパネルを使ってましたが今回は横幅いっぱいに23インチワイドの液晶パネルをいれました。
イメージ 1

純正のサイドパネル(前回はアクリルを曲げて作りました)を開口いっぱいまで広げます。

イメージ 2

それにアクリルをはめ込みます。

イメージ 3

そして液晶パネルを仮合わせ。
イメージ 4

画像でも分かるようにMBも前回のMAXIMUSⅨAPEXから
RAMPAGE Ⅴ EDITION10に乗せ換えました。
実はこのMBはジャンクで廃棄処分されるものをEKのモノブロックとセットでいただきました。
数百本のピン曲がりを4時間かけて修復。
ようやく起動することに成功。
CPUはXeon E5 2697のES品。
こちらも流通禁止のいただきものです。普通には使えない代物でBIOSの設定が少々必要なものでしたが、今のところはトラブルなく動いてくれています。
イメージ 5

イメージ 6

メモリは家に余っていたGskillのRGB。初期のもので出来損ないです。
認識したりしなかったり、正直使い物にならないのですが、2枚のみなら普通に使えます。
4枚挿さっていますが2枚は切り離してダミーです。ダミーでもRGBは使えるので飾りですね。


イメージ 7

とりあえずこの状態で負荷テストやらいろいろやってみましたがとくに問題なさそうだったので使いました。

水冷パーツは前回使用していたものを洗浄して再使用。
グラボは1080なんですが、このMBを頂いた方から別に壊れても構わないという了承を得て借りています。



イメージ 8

フィッティングは何かと問題の多いTtのRGBは使用せず、普通の3リングのものと、BitsPowerのものを使っています。

次に、ステージになる後ろのオブジェなんですが、前回リザーバーポンプを置いていたのですがどうしても液晶が見えにくくなるのでグラボの下に移動。
そしてROGパターンをバックにしました。これを使った理由はデザインだけではなく、立体に見える錯覚を起こすためでもあります。横縞は平行感覚を狂わせますが、縦縞は距離感覚を狂わせます。そのためのデザインです。


RGBで浮かび上がるように装飾。
あとはサイドパネルをとりつけて装飾。
そして動画の調整をして完成です。
そもそも、それほどこのPC自体の制作にお金も時間もかかっていません。
制作時間の70%はMMDで作る映像にかかっています。

1回目のPCワンズからメンテで戻ってきたときに初めてハードチューブPETGで水冷体験をした皆様のパイピングを撮っておきました。それがこちら。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11



イメージ 12

イメージ 13

メンテのときにだらしないなと思ったケーブルをまとめて追加オブジェに隠しました。

完成した動画はこちらです。色が薄いのとチラつくのは録画したビデオカメラがおバカなので720Pで見てもらえればチラないと思います。
展示から帰ってきたら、もう一度撮りなおそうと思っているので、撮りなおしたらまたアップします。








閉じる コメント(1)

顔アイコン

お陰様でできました!!
https://blogs.yahoo.co.jp/yoshi_ikeda_0708/37306456.html
ありがとうございました!!

でも仕上がりのレベルが違いすぎて凹みますー

特に、アクリルに液晶をくっつける方法で四苦八苦してます。
なにでくっつけるとこんなにきれいに仕上がるのです??
実際自分で作ってみるとN`sさんのクオリティの高さに驚愕します!
船もいい感じですねー
頑張ってください!!

2017/12/29(金) 午後 5:36 [ yos***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事