過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

長引くに長引かせましたが、簡易水冷の魔改造の紹介していきたいと思います。
そもそも、なぜこういうことをしたのかと言いますと、2,3年前に作ったフルスクラッチのケースがルーツです。
イメージ 1

この頃、ITXのケースでカッコがよくて拡張性があってコンパクトなものが無かったんで、フルスクラッチでつくることにしました。それがこの画像なんですが、どこかで見たことあるとか言わないでねwww
IN WINのものとよく似ていますが、マネをしたわけじゃないんです。本当に自分のオリジナルで作ったんですwwwいや、マジでwww
材料はアルポリとアクリル板。

メカを載せるとこうなります。
イメージ 2
イメージ 3

見ての通りコンパクトにするのとMBの見栄えをよくするために、クーラーをつけるスペースをほとんど削ったために最初から水冷の予定でした。
しかし、簡易水冷のチューブの長さは決まっていてどうしても入るわけがない。
イメージ 4

そこで最短まで短くして、クリアのチューブに色付きのクーラント入れたのが始まりでした。グラボはライザーケーブルで移動させてます。
そして出来上がったのがこちら。
イメージ 5
イメージ 6

ODDもつけてHDDは3.5が1台と2.5が4台。電源はSFXの650w。
スペックは、
MB MAXIMUS Ⅶ IMPACT
CPU i7 4790k
MEMO 8GBx2
GPU GTX960

大きさははっきりとは覚えてませんが
H320xW175xH250程度で、カウンターテーブルの上にも置ける程度の大きさにしました。

それをROG仕様にしたのをワンズに飾って、ワンズちゃんねるでも紹介してもらいました。
イメージ 7
イメージ 8

その後、ラジを240mmにしてGPUも水冷にしたのがこちら
イメージ 9

これが始まり。
次はいよいよこれのハードチューブ化を紹介していきたいと思います。

開く コメント(0)

オフ会コラボMOD制作

またまた脱線してしまいますが、6月10日に行われたオフ会のコラボPCの制作過程のブログです。
幹事がオフ会の動画に自分のブログのURLを載せてくれたため急遽アップするハメになりました。
このMODは幹事の無茶振りから出来上がった異端機です。
制作期間は10日ほどです。みんなの持ち合わせたパーツで組み上げるため、最終的にパーツがそろったのは6月8日。オフ会の2日前。かなりの突貫作業になったため作りが粗いのは勘弁して下さいww
流行りのRGBLEDを使ったAURAsyncと自分が得意とする透過液晶のコラボを作れと言われまして迷走しながら作りました。
何故ならば、透過液晶には高光度の白のLEDを使うからです。そうなるとRGBが書き消されてしまうのでコラボにするにはかなりの無理がありました。
真っ白な光を遮断するために影を作るためのスリットを作り、そこに間接照明で色を出すという方法で解決はしましたが、苦労を重ねたコラボPCの紹介をしていきたいと思います。
イメージ 1
使用するケースはIN WINの707。少しばかり古いケースですが、M8さんから提供されたE-ATX対応のフルタワーです。作りはかなりしっかりしていますが、なにぶん古いので大きなラジが積めなかったり、ベイがリベットやスポット溶接でついているためMODにするには手間暇かかります。
リザーブポンプを入れるためにフロントベイをすべて取り外します。
イメージ 2



イメージ 3

画像に写っているMBやリザポンはすべて自分の私物なので実際使っているものとは違いますが、まぁ似たようなパーツが載るので原寸合わせしていきます。
そして、取っ払ったところにステージを作っていきます。
透過液晶に何を映すかとなったときに、こういうイベントなので著作権に引っかかるものではダメだし、パイピングしてくれるのはファビオ氏なので、「ファビオ氏=ミクMOD!」と、まぁ勝手な思い付きでミクちゃんを歌って踊らせるということにしました。
イメージ 4

イメージ 5

使った素材は、アルポリとアクリル。作り出したときにやっとMBのAPEXとGPUの1080が到着。しかし相変わらずリザポンは私物ww
ステージになる部分の下には高光度のLEDが仕込まれてあります。
イメージ 6

LEDは家庭用の照明のものを使っています。
次に作は透過液晶。
17インチの液晶モニターを分解。透過液晶の詳しい作りかたはまた後々ブログにアップしますが、今回はダイジェストな感じでw
イメージ 7

まずは制御基板。
これは、液晶モニターのものを電源部を切り離して、PCの電源のペリ4Pin5vで駆動するように改造してあります。PCの電源のON OFFで液晶の電源も落ちるようにするためです。
イメージ 8

制御基板をステージの下に入れた図
イメージ 9



ステージに空いている穴はリザポンからのパイピング用の穴。

透過液晶パネルの制作。
イメージ 10


普通は後ろの透けないパネルですが、クリアのフィルムを貼ることによって透かすことができます。

サイドパネルは純正のものを使わずに、アクリルとカッティングシートで作りました。
イメージ 11

液晶の微調整をしつつ、残りのパ−ツの到着を待ちます。
そしてオフ会2日前にラジエター、CPUとGPUの水枕、リザーブポンプが到着。
ここで問題発生!!冒頭でも言ったように古いケースなのでデカいラジエターが入らない!
イメージ 12
仕方がないので急遽、天井をブチ抜くことに・・・・
イメージ 13
なんとか間に合いました・・・・・((+_+))

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事