全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



デミオの販売が好調だとかで。

元々この3代目は何となく良さそうな雰囲気も感じてたけど、

今回のマイナーチェンジで搭載されるスカイアクティブがとても好評だとか。

ハイブリッドでもないただのガソリンエンジンで実燃費20kmオーバー。

あら羨ましい。

BNR32なんてフルノーマルでも都内5.6kmとかが普通の燃費。

ホイールをインチアップしてタイヤ幅が225から255になったら、コーナリング速度は結構上がったけど、

燃費もガクッと落ちたりした。

ちなみにこのスカイアクティブ。

2011冒頭のクルマ雑誌を読むと、まだ「スカイエンジン」とか書かれている。

ネーミングとしては今のスカイアクティブで大正解だと思う。






ちなみに、クルマの車名や機構のネーミングが発売前と後で変わるのなんて良くあるが、

一番「あれ!?」と思ったのはXVL。

2002年頃だろうか、日産が次世代FRプラットフォームで作るセダンとして

「XVL」が仮の名称でベタ褒めされた記事があった。

まだR34スカイラインも現役の頃だったから、

「FF化したセフィーロとはキャラクターを異にしたものか、まったく新しい車種か」

なんて書かれてた。

予想の中に、スカイラインの名前はまったく挙がってなかった。

自分も想像だにしなかった。

けど、それから少ししてこれが次のV35スカイラインとして発表された。

その途端、あんなに褒めてたのに「これがスカイラインとなると話は別」とばかりにけなされたなぁ。

GT-Rマガジンでも、「良いことは良いし、GT-Rの呪縛から逃れられないスカイラインシリーズとしては

考えられる方向性ではあるけど、これは・・・うーん。何度考えてもうーん」という感じ。

あるドライバーなど「これが現実なんて嘆かれてならない」とまで書いてる。

日産の広告が載ってる雑誌なのに(笑)。

確かにスカイラインは、特に年代が上になるほど4ドアがアイデンティティみたいなところもあるから、

新世代プラットフォームで作った期待のセダンにスカイラインの名を与えたくなるのはわかる。

エンジンがV6になるのも時代の趨勢だろう。

BNR34の次のGT-Rに「V型新型エンジンとRB26の併用!?」なんて古いものから抜けられない人の

悲しい予想記事なんてのもあった。

そんなことゴーンさんが許すはずないのに。

だけど、V35はデザインとかエンジンがスカイラインらしくないという部分以上に、

スカイラインとして作られていない、というのが自分としては一番興味を無くすものだった。

スカイラインとして作ってみて、結果的に失敗となるのとわけが違ってプライドがないと思った。

ま、一番多くの人に共通していた拒否反応は




「丸目4灯をやめた。やめやがった」


だろうけど。

スカイラインの呪縛から逃れるためにスカイラインの一番わかりやすいアイデンティティを止める。

これはすぐ元に戻したあたりからも、英断というよりもう判断能力消失としか言えなかったろうなぁ。

V35でやめた途端、意匠権が切れたかのように他の車が使い始めちゃって。

それまでは「スカイラインぽいから」という理由で留まられてたのに、本家がやめちゃうんだもん。

これだけは、デザインにGOサイン出した人の脳みそが蛆虫に喰われていたと言われても仕方ない。

当時の日産には難しい注文だと思うし、それまでの歴代スカイラインだって、

ニューマンスカイラインとか自分が生まれる前のモデルはわからないけど、

R30以降は実はどのモデルも販売数としては決して旨みのあったものではなかっただろう。

人気・知名度はあるのに、トヨタのマーク競轡蝓璽困慮綽个鯒劼垢襦

いつもモデル末期を待つまでもなく販売数は急落という残念さ。

BNR32だって4万4000台近く売れたのに、収支はトントンどころかマイナスという話も。


スカイラインシリーズもV35がらインフィニティブランドで販売して、

クーペが北米大人気になったようだ。

結果、日本でも人気だけは少し見直された感じあった。

それまでの日本専売モデルであったなら、おそらくスカイラインも今頃絶版車になっていただろう。

正しい部分と間違いでもある部分の開きが激しかったモデルな気がするけど、

2011現在もラインナップに残っている事実を考えるとあながち否定ばかりされるものでもないか。


イメージ 2



うちの駐車場のクルマがRX-8。

RX-7乗ってる人がGT-Rに乗るとあまりに世界観の違いに乗り換えてしまう人がいるという。

実は逆にR乗ってる人がR以外を選ぶとなるとRX-7、というケースもある。

セブンというよりレシプロエンジンとしては世界中のどのエンジンとも戦える自信のあったRB26に飽きると、

方向性がぜんぜん違うエンジンを探すとなるとロータリーエンジン、という考え方。

しかも、ロータリー→Rは得ていくもの・楽になることが多い新しい世界だけど、

R→ロータリーは無くすもの、助けてもらってたものを失っていくものが目に付いて、

ストイックな部分が多いのですぐ後悔する。

で、またRに戻ったり、もう走りのクルマはいいや、とかいう人が何人かいた。

自分も、昔も今も心はZ党なので、いつでもどこか見合い結婚のRとは別れて、

Zと恋愛したいという考えが頭の隅にある。

それが、このフェアレディZ(Z32がいい)を少しRX-7(FCもしくはFD)に置き換えることもしばしば。

しーばしーば。

もしくは、Rに限らずスカイラインとしては一番好きなのはR33なので、BCNR33にチェンジしたいとか、

浮気心は常に持っている。

ただし、そんなことを思ううちに10年以上も今の32Rと付き合ってしまった。

いまさらこの古女房と別れられないというのが本音のところ。

「あのクルマいいなぁ」「このクルマいいなぁ」と思いつつ、

このBNR32とともに最期まで行くのだろうと思っている。

この記事に

閉じる コメント(1)

維持できるのがスゴいです
家族構成で必要なクルマは変わってきますからね
許してくれる奥様を見つけるのが大変かもσ(^_^;

2011/8/7(日) 午前 10:30 [ ななぽん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事