Uroブログ

シェイプアップして、平常心で頑張ろう!
私Uromasterは、いくつかの電子書籍を上梓しています。
######################################

イメージ 1


前立腺がん、前立腺がん疑いと言われたら読む本

内分泌療法の光と影

前立腺がんの根治治療(手術療法、放射線療法)後の局所再発に対する治療 

乳酸菌でがんは防げるか? 何を摂るべきか? どのように摂るべきか?

呼吸法で変わる! あなたの免疫力、健康、人生

素晴らしい存在、まさに奇跡の産物

死について、死の恐怖についての考察

######################################

印刷したものがほしい方は、下の欄にある『+コメント』を開いてコメントしてください。

印刷したものを郵送します。

承認しないかぎり、非公開ですので、連絡先メールアドレスを教えていただければと思います。

すぐ返事をさせていただきます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

年を取ってくると、私もですが、電子書籍で、コンピューターで、文章を読むのは、少々つらいものがありますね。


2017年今年2月に改訂したばかりです。

『乳酸菌でがんは防げるか? 何を摂るべきか? どのように摂るべきか? 2017年2月版』


イメージ 1

出来立てほやほやです。

印刷したものがほしい方は、下の欄にある『+コメント』を開いてコメントしてください。

印刷したものを郵送します。

電子書籍より割高になるのはご容赦ください。



承認しないかぎり、非公開ですので、連絡先メールアドレスを教えていただければと思います。

すぐ返事をさせていただきます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



ナッツの摂取頻度が高いほど、全死因死亡、癌死亡、心血管疾患死亡、呼吸器疾患死亡のリスクが低いという大規模研究の解析結果が、米ハーバード大から、NEJM誌2013年11月21日号に報告されました。

これによると、

7万6464人の女性と、4万2498人の男性を対象に、ナッツの摂取頻度と死亡の関係を調べたようです。

女性については30年、男性は24年の追跡期間中、各個人のナッツの摂取量はほぼ一定でした。摂取頻度が低い人々に比べ高い人々は、痩せており、喫煙者が少なく、運動を好み、マルチビタミンを摂取しており、野菜と果物の摂取量が多かったが、飲酒量も多かった。

BMI 25以上の人にこの恩恵は特にあったようです。

死因別死亡とナッツ摂取との関係は、

癌死亡、心血管疾患死亡、心疾患死亡、呼吸器疾患死亡について有意にいい意味で相関したそうです。


神経変性疾患、脳卒中、感染症、腎疾患、糖尿病による死亡との間には有意な関係は見られなかったとのこと。


ワインやナッツの話を酒の肴にして、ナッツをつまみながら、赤ワインでも飲みましょうかね(笑)。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



ワイン好きには嬉しいニュース

1日グラス2杯以上のワインを飲んだ女性は、飲まなかった女性に比べて2型糖尿病(インスリンを使わない糖尿病)の発症リスクが37%減少したことが示されました。

ワイン、特に赤ワインには、ポリフェーノールが多く含まれ、抗酸化作用があって,

アンチエイジングに有望。

痛風や高尿酸血症にも、悪さをしないお酒と言われている。

どうもほかのお酒ではなくてワインがいいらしい。

ワインに合う食事がいいのかも?

しかし、お酒がまったく飲めない人にとってのワイン2杯は多い。

そして、飲める人の口実になってしまうかも


やっぱりワイン飲みすぎたら、肝臓には悪いでしょうね(笑)。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

先週末

佐賀市で

西日本泌尿器科総会が催された。



佐賀で大きな学会が行われるのは久しぶり。

同時期に佐賀市では


ホームページをみると

佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷をメイン会場に行われるアジア最大級を誇る熱気球国際的なフェスティバル(競技大会)

朝7時から競技開始ということで、早起きして、バルーン会場へ。

学会場近くから、シャトルバスが出ていて、行くことができた。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 9

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

佐賀になぜかクマモン


バルーン迫力があって堪能した。

バルーンが出発してから、学会には十分間に合って、勉強もできました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

木金は新潟で、日本泌尿器科学会東部総会

土日は大阪で腎移植の勉強会に参加してきました。


東部総会では、主に前立腺がんの勉強

大阪では、字のごとく腎移植の勉強をしてきました。


全く違う2つの領域ですが、目の前に患者さんがいるのは、逃れられない事実。

最善の医療を提供していかなければなりません。


患者さんのために日や勉強しなければならない重たい責任を痛感しています。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

地方会発表

昨日は

地方会

uroblogは、腎がん、腎盂がん、腎移植の腹腔鏡手術のまとめを発表しました。

たくさんの質問をいただきました。

また、他の発表のときにたくさんの質問もさせていただいた。

勉強になりました。









よろしく

この記事に

開く コメント(0)

昨日、今日と東京で

日本尿路結石症学会

があって、発表がありました。

大変勉強になりました。


私の病院、尿路結石の治療、たくさんやっています。

尿路結石の治療は、内視鏡手術だけでなく、体外衝撃波砕石術も毎日やっています。

県内で、尿路結石の患者さんの数、手術数はダントツ一番と思います。


泌尿器科といっても、診療の幅は大きいです。

腎臓移植の手術をやっているのも、県内では私の病院だけです。

がんの手術も毎日やっています。

前立腺がん、膀胱がん、腎臓がん、精巣腫瘍、副腎がん、後腹膜腫瘍などなど

排尿障害、前立腺肥大症の手術もしています。

そして、週に3日は早朝に集まって勉強会、そして毎日誰かが当直をしています。

これを5人でやっていますから、てんやわんやです。

いかにみんなのモチベーションを上げていくかが、私の役目です。

月曜から、新たな戦いです。
患者さんも続々入院してきます。

外来も、救急患者が毎日やってきます。

一刻も気が抜けません。

命がかかっています。

患者さんはもちろん、わたしたちも・・・・・









PS:前立腺がん、前立腺がん疑いと言われたら読む本 第3版
http://www.dlmarket.jp/products/detail/226526


8月28日に書き上げました。

出来立てのほやほやです!

電子書籍が真っ先にできました。
電子書籍はカラーで、きれいと思います。

今までの集大成です。

いま、冊子も印刷を依頼しています。
また、本として商業出版するかもしれません。

絶対の自信作です。余裕のある方はぜひ購入していただいて、

一度目を通していただいて、

ぜひ、感想を教えてください。そしてそれを書いてください。



前立腺がんと、まさに今戦っている人、そしてその家族の方のために、

渾身の力を込めて書き上げました。

自分で言うのも変ですが、

今一番最新の前立腺がん情報です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

以前、膀胱癌の再発予防で、乳酸菌が有効との研究成果を紹介したことがありました。



そういうこともあって、uroblogは乳酸菌に 興味があります。

いろいろ調べて、まぐまぐにも、2回に分けて連載ました。
(バックナンバーをみていただければと思います。)

このブログでは、


膀胱癌、癌の予防  

膀胱癌の再発予防   この記事はヤフーでお気に入り登録しなければ読めませんが。

少しだけ、紹介しています。


この乳酸菌、実は優れものと、uroblogはにらんでいます。

発がん予防になるとにらんでいます。


電子書籍で

乳酸菌でがんは防げるか? 何を摂るべきか? どのように摂るべきか?

http://www.dlmarket.jp/products/detail/234748

でまとめてみました。

まぐまぐの内容に手を加えて、わかりやすくしたつもりです。


巷では、さまざまな乳酸菌の宣伝で、どれがいいのやらまったくわかりませんよね。

uroblog、いろいろ調べてみました。全部で25頁、16700文字になりました。

健康のおすそ分けのつもりで書きました。

興味がある方、有料400円ですが、読んでいただいて、ぜひ感想を教えてください。


病気があるなしにかかわらず、読んでくれた人への素晴らしいプレゼントになることを期待しています!


イメージ 1


冬の富士山です。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

花は咲く

テレビで、ニューヨークの少年少女合唱団の話題がありました。

日本に来て『花は咲く』をうたうための練習をしている。



歌詞の意味を考えたことはありませんでした。




花は咲くプロジェクト

作曲:菅野よう子
作詞︰岩井俊二


真っ白な 雪道に 春風香る
 わたしは なつかしい
 あの街を 思い出す

叶えたい 夢もあった
変わりたい 自分もいた
今はただ なつかしい
 あの人を 思い出す

誰かの歌が聞こえる
誰かを励ましてる
誰かの笑顔が見える
悲しみの向こう側に

花は 花は 花は咲く
 いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
 わたしは何を残しただろう

夜空の 向こうの 朝の気配に
 わたしは なつかしい
 あの日々を 思い出す

傷ついて 傷つけて
報われず 泣いたりして
今はただ 愛おしい
 あの人を 思い出す

誰かの想いが見える
誰かと結ばれてる
誰かの未来が見える
悲しみの向こう側に

花は 花は 花は咲く
 いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
 わたしは何を残しただろう

花は 花は 花は咲く
 いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
 わたしは何を残しただろう

花は 花は 花は咲く
 いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
 いつか恋する君のために 




がれきの中に咲いた初恋、花が咲いている・・・・


ゆっくり聴きたいと思います。








歌詞を作った祝い俊二さんの話を読みました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事