過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

どうもntukrockです。

いよいよ夏本番でフェスが迫ってきたという実感が感じられるようになってきましたねー。

最近僕の最寄り駅のTUTAYAではレンタル半額を連発しており昔ちょっと敬遠して聴かなかったバンド、アーティストを借りまくっています。買えば良かったなというのあまりなくて、買わなくて良かったCDが逆に浮き彫りになったりします(笑)

そんな感じであまり昔聴き込まなかったバンドを聴いてみたりしていてPULPのベストを借りました。PULPと言えばやはりブリットポップの盛り上がりを象徴する「COMMON PEOPLE」がクソ有名クソ名曲で映画「LIVE FOREVER」でもBLURのデーモンとならんでブリットポップが終焉してしょぼくれちゃいました的な描かれ方をしていましたね。「COMMON PEOPLE」はポップシーンを象徴した意味で98年のFAT BOY SLIMの「The Rockafeller Skank」と同じ位置づけです。

PULPってTHE SMITHと FRANZ FERDINANDの流れの間に位置づけされる!?との今日のタイトルなのですが3者の共通点としては庶民の悲哀を程度の差はあれ文学的に歌にして、芝居がかったステージングが挙げられるのかなと思います。フロントマンはみんなエキセントリックな劇団員みたいですね。David Bowieの影響も強いです。後はムード歌謡みたいな雰囲気があります(笑)

3者ともリアルタイムであったりバックボーンにニューウェーウ゛の影響下にあると思うのですがきっちりメロディがあってニューウェーウ゛に振り切れていないのがいいです。

試聴
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=188164
お勧め:Common People 、Disco 2000 、Party Hard特にこれはベルリン時代のボウイをアップデートした感じでメチャクチャかっこいい。


ブリットポップ期のシーンの良い所は英国的なイメージながらも多様な音楽性が存在していた所だと思っています。OASIS BULR 以外にもローゼス、プライマル、ライド、シャーラタンズなどのマンチェサイウ゛ァイヴ組やシーンと外れたところでレディへ、スウェード、マニックスがいて更に60〜70年代大御所の再評価、名盤再発ボックスセット乱発があり音楽を聴くには非常によい時期でした。また、この時には既にニューウェーウ゛リウ゛ァイヴァルの種も蒔かれていてPULP,ELASTICA,MENSWEAR,SUPERGRASSなどがそういった代表的なバンドかと思われます。。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事