ここから本文です
日本刺繍 nui.nui
日本刺繍をつづります

書庫全体表示

綺麗
イメージ 4案内の葉書にも載っている「昇り鯉」の江戸型筥迫
の、裏・被せ下の刺繍です

とても立派で、素敵な筥迫ができました
裏地の見立ても素敵ですョ〜

お仕立てを、お願いしたのは「筥迫工房」です
イメージ 3
筥迫先生に、お会いしてから4年・・・・
(本当は3年10か月ぐらい??)
下絵の段階から、何回も押しかけて行き、アドバイスを頂きました
新幹線開通前ですから、泊りがけで、講習会終わってから、夜の食事に引っ張り出して筥迫談義
イメージ 1
講習会終わった後の先生は、ヘロヘロに疲れていたと思います・・・

それ以外にも、メールや電話のやり取りが、3年も4年も、続いていたのですネ〜
(指折り数えないと、分からなくなっている)

イメージ 2

平面で「もの」を見る
立体で「もの」を見る  二つの違い!

解っているようで、解っていない・・ワタシ・・


その昔
洋服を作っていた時
スタイル画は平面ですが、洋服は立体!
一枚の布を、いかにして丸い体に、美しく添わせていくか〜
口を酸っぱくして言われていたことを

筥迫先生と、打ち合わせをしている時、こんな学生時代の事を思い出しました
筥迫って、小さな筥なのにベストな見せ所が難しい〜

筥迫先生の頭の中は「立体」が見えているみたいですョ〜

 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事