ここから本文です
西川口と蕨の境目にある小さなはり灸マッサージ屋 2017年4月21日オープン http://nukumaruya.com/

書庫全体表示

ぬくまる屋のぶらり西川口・蕨 第7弾

 天気もよくおだやかな3連休中日、みなさまいかがお過ごしですか?
 川口市にお住まいの方は『まちゼミ』に参加されていらっしゃった方も多いのではないでしょうか?

 おや、『まちゼミ』ってなに?と初耳の方。正式名称は『トクする街のゼミナール』。

イメージ 1

 川口市内にある、あんなお店やこんなお店の店員さんが講師となって、専門店ならではの専門的知識や情報、コツを無料でお教えいたします!という大盤振る舞いのセミナー(川口まちゼミ公式HPとチラシ、講座の現在の空き状況はこちら↓)

難しそうなあのお菓子や、あの食べ物ってどうやって作ってるの?

あの楽器って難しそうだけど、私にもできるかしら?

 大丈夫!プロの技や知識、裏技を、どのお店も惜しげもなく公開しています。中には意外な業界裏話をさらっと教えるお店も。

 えー?でも、ただより高いものはないって言うし、うまいこと言って、最後には高額なものでも売りつけたりするんじゃないの?

 大丈夫、そんなことは一切ありません(商工会議所からの通達で厳重に禁止されています)。一部材料費がかかる店もありますが、チラシに記載してある費用以上はかかりません。

 そして、この『まちゼミ』は、普段入りづらそうなお店をこっそり見学するチャンスでもあります。

 我が『はり灸指圧治療ぬくまる屋』では、『おうちで温活!目指せお灸名人』講座を開催。

いやー、灸とかツボにはすっごい興味があるんだけど、鍼灸院とかいったら、いきなりあっついお灸をされて、すごい火傷になっちゃうんじゃないかしら?

わかります、わかりますよー、その不安な気持ち。現に初めて鍼灸院の門をくぐる前の私もそう思ってました。

 たぶんそんな気持ちをこっそり抱いていらっしゃるであろう受講者の皆様方に、お灸は怖くないよ、気持ちいいよ、おうちでも出来るよ、と思って帰ってもらえるよう、授業構成がんばりました!

 火を使うお灸はもちろん、どんな怖がりの方でもお家でお灸を楽しんでいただけるよう、どのご家庭にも必ずあるいろんな道具を使ってお灸をしていきます。


 また、最近健康バラエティ番組や雑誌の特集で、『三陰交(さんいんこう)』や『百会(ひゃくえ)』などいろんなツボが紹介されてます。

 でも、なんでこんなツボがこんなとこに効くのかしら?と首をひねられている方も多いのではないでしょうか?
そういや昔、『百会』は『下痢ツボ』って言われてましたね。小学校でやんちゃ坊主にそう叫ばれながら頭のてっぺんをぐりぐりされた記憶が在る方も多いのではないかと^_^;。

 そんな長年の疑問を解決する構成にもなっています。

 そもそも私が人生初めてツボに興味を持ったのは、中学生の時に暗誦させられた、松尾芭蕉『奥の細道』の序文でした。
「そうだ!旅に出よう!」と思い立ってしまった松尾芭蕉が旅の支度をうきうきと整える様子が書かれているのですが、そこに『三里に灸据える……』というくだりがあります。

 なんで旅の準備に灸?そもそも『三里』ってどこよ?と当時の私の頭の中は『?』マークでいっぱいになっていたのですが、その疑問もすっきり解決できる構成になっているのではないかと、自負しております(というか、鍼灸専門学校の先生の授業の話の枕って、たいていこれなんですよね^_^;真面目に専門学校の授業をうけてた甲斐がありましたー)。

 ぬくまる屋での講座はあと2月15日(木)の午前10時からの1回のみですが、まだ若干空きがあります。よろしければぜひご参加ください。あ、ついでにウチの怪しいインテリアも見ていってください。
申込みはお電話で。048-494-6374までどうぞ(チラシは西川口エリア73番です。材料費が300円かかります。ご了承ください)

 もちろん、他のお店も面白そうな講座がまだまだありますよー。チラシをじっくりご検討の上、各お店に問い合わせてみてくださいね。


西川口 蕨 鍼灸マッサージ アロママッサージ

店主 あいざわゆきこ

この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事