おたくのたわごと

12万コメはteroさんでした。今後ともよろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

ベッテル喜びすぎて戒告処分、チームにも336万円の罰金下る/F1インドGP決勝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131028-00000001-rcg-moto
 インドGPを制し、史上最年少となるF1タイトル4連覇を達成したセバスチャン・ベッテルが、レース後のパフォーマンスで戒告処分を受け、コンストラクターズ選手権を制したレッドブル・レーシングにも2万5000ユーロ(約336万円)の罰金がくだされた。

  ベッテルは、レース後のパレードラップを終えると直接パルクフェルメには向かわず、ホームストレート上でインドGP優勝と4年連続のダブルタイトル獲得を祝うドーナツターンを披露し、その後もキャッチフェンスによじ登って自身のレーシンググローブをグランドスタンドに投げ入れるなどした。

  F1のスポーティングレギュレーション(競技規則)には、『レース終了の合図を受けた後、すべての車両は、不必要な遅れを生じさせることなく、何か物を受取った り、あるいは援助(マーシャルの援助が必要な場合を除く)を受けたりすることなく、定められたコースを通って直接レース後のパルクフェルメに進むものとする』と記されており、ベッテルのパフォーマンスは明らかにレギュレーション違反にあたる。

  そのためベッテルは、レーススチュワードに呼び出され、自身の行動を説明するよう求められていたが、この件を協議したスチュワードは、特殊な事情としてベッテルの説明を受け入れ、戒告処分とチームへの罰金というペナルティに留めた。
 「ドライバーは、スポーティングレギュレーションの第43.3条で詳しく述べられているように、レース後に直接パルクフェルメに向かわなかった」とスチュワードの発行したプレスリリースには記されている。
 「特殊な事情のため、スチュワードはドライバーの説明を受け入れた」
 「チームは、レース後に直接パルクフェルメに戻るよう、ドライバーに十分指示することを怠った」

  戒告処分を3回受けたドライバーは、次のレースでグリッド降格のペナルティを課されるが、ベッテルの戒告は今季最初のもの。

[オートスポーツweb 2013年10月28日]

気持ちは分かるが・・・


↓↓↓こちらの応援もよろしくお願いします↓↓↓

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事