おたくのたわごと

11万4千コメはナオミさんでした。今後ともよろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

ネ230

<旧陸軍ジェット戦闘機>幻のエンジン部品発見 ICU構内
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000052-mai-soci
 太平洋戦争末期に軍用機を開発した旧中島飛行機三鷹研究所の建物が残る国際基督教大学(ICU、東京都三鷹市)で、旧陸軍初のジェット戦闘機「火龍(かりゅう)」に搭載される予定だったジェットエンジンのものとみられる部品が見つかった。戦時中に国内で生産されたジェットエンジンはほとんど現存せず、専門家は「当時の航空技術を知るうえで非常に重要な資料だ」と話している。【伊澤拓也】

【写真特集で見るジェットエンジン「ネ230」】

 見つかった部品は、排気ノズル(直径74センチ、長さ73センチ、重さ71キロ)2点と、それを覆うカバー1点でいずれもステンレス製。三鷹研究所に関するリポートを作成するため学内を調べていたICU4年の古川英明さん(21)が2015年6月に資材置き場で見つけた。

 戦後にICUが買い取った三鷹研究所の敷地内で出土し、1950年代前半までにICUの保全業務に携わる建設会社社長宅の軒先に置かれた後、約20年前に資材置き場に移されたという。70年近く雨ざらしにされて全体的にさびているものの、カバーの一部を除いて目立った破損はない。

 古川さんの恩師で、三鷹研究所の歴史を調べたICU高校の高柳昌久教諭が、日本航空協会と東京文化財研究所に部品の調査を依頼。形状や当時貴重だったステンレスが使われていることなどから、三鷹研究所が日立製作所とともに開発を進めたジェットエンジン「ネ230」の部品の可能性が高いことが判明した。

 太平洋戦争末期、旧海軍がジェット特殊攻撃機「橘花(きっか)」の開発を進めたのに対し、旧陸軍は米軍の爆撃機B29を迎撃するために「火龍」を計画した。ネ230が1機に二つずつ搭載される予定だったが、試験運転をしただけで実機は完成しないまま終戦を迎えたという。見つかった排気ノズルには他の部品と接合した痕跡がないため、試作品とみられる。溶接が粗く強度が不足しており、ドリルで開けた穴にできる「バリ」と呼ばれる突起も多く残っている。

 日本航空協会の長島宏行・専任部長は「当時、世界最先端だったジェットエンジンを作る基礎的な技術はあったが、熟練工が不足した時期で、粗雑な点も見える。悪化する戦局を打開するために開発を急いだことがうかがえる」と話す。

 ICUは部品を貴重な近代化遺産として学内で展示することを検討している。


パ欲が寄り付かないようにしてほしい



↓↓↓こちらの応援もよろしくお願いします↓↓
https://politics.blogmura.com/international/img/international125_41_z_hinomaru.gif
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ(文字をクリック)

この記事に

閉じる コメント(4)

> パ欲が寄り付かないようにしてほしい

と同時に旧日本軍を過度に礼賛するプヨク (別称・阿呆SHU) の面々も・・・。 (笑)

2017/11/11(土) 午後 8:02 わが町神奈川 返信する

顔アイコン

ネ230そのものはなかったか...。

2017/11/12(日) 午前 8:56 出雲守護 返信する

顔アイコン

わが町神奈川さん、連中はこうしたものには興味はないかと・・・

2017/11/12(日) 午後 8:11 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

出雲守護さん、さすがに丸まるは難しいでしょうね。

2017/11/12(日) 午後 8:12 [ ぬくぬく ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事