おたくのたわごと

11万8千コメはチャイカさんでした。今後ともよろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

ちょっと古いこと(おととし)ですが、支那でG20という一流国(G7)と三流国(残りの有象無象国家)とのごちゃまぜのまとまるわけもない会議が開かれた。

===

2016.9.12 07:00

【田村秀男のお金は知っている】杭州G20宣言を裏読みすると…中国経済の諸問題を「世界的な課題」とはよく言ったものだ

イメージ
 

G20首脳会合の閉幕後、記者の前で演説する習主席=5日、中国・杭州(共同) と安倍首相が並んだ写真
 中国・杭州で20カ国・地域(G20)サミット(首脳会議)が開かれた。通常、サミット宣言というものは議長国(今回は中国)の官僚が中心になった作文の合作で、退屈きわまりない。杭州G20もそうだろうと思ったが違っていた。裏読みすれば、表現とはおよそかけ離れた醜悪な中身満載だ。(夕刊フジ)
 サミットの出だしもそうだった。地元の中国共産党青年団が特別に作成したというソングで「(杭州の)最も魅力的な景色でさえ、あなたと出会う気持ちにはかなわない」と熱烈歓迎しながら、オバマ米大統領には出迎え用のタラップも用意しないなど前代未聞の非礼、という落差ぶりだ。
 くだんの宣言はどうか。
 まずは為替問題。「為替レートの過度の変動や無秩序な動き」を問題にしつつ「競争力のために為替レートを目標とはしない」とうたった。北京当局は人民元市場に介入しては、元売りを小刻みに低め誘導してきた。明らかに輸出てこ入れのためだが、頬かむりする。昨年8月に基準レートを大幅に切り下げた途端に巨額の資本逃避が起きた。北京は「無秩序な動き」を阻止するためには市場介入が必要だ、今のやり方が正しい、と言い張るのだろう。
 「IMF(国際通貨基金)の決定に従い“我々は”10月1日の人民元の特別引き出し権(SDR)構成通貨入りを歓迎する」とはよくぞ言った。人民元のSDR入りは、金融市場の自由化を条件にしているのだが、習近平政権のやることは逆だ。IMF加盟国から文句が出ないのは、欲に目のくらんだ西側金融資本を一本釣りして人民元決済や株式取引の権益を部分供与しているからだ。人民元が国際通貨になれば、戦略物資も軍事技術も北京が刷るカネで確保できる。南シナ海、尖閣諸島周辺など、武力を使って海洋進出を図る習主席はほくそ笑んでいるだろう。
 とりわけこっけいなのは、「不正な資金の流れの我々の経済への重大な悪影響を認識」「腐敗や不正な資金フローが経済成長などに及ぼす有害な影響を認識」「腐敗関係の捜査対象者及び財産回復に係る国際協力のための研究センターの中国における設立」。
 かのパナマ文書が暴露したように、習主席の親族を含め、中国の党幹部や企業こそ、タックスヘイブン(租税回避地)利用の大半を占める。習政権は汚職高官のリストを持って米国に逃亡した元党幹部の引き渡しをワシントンに求めているのだが、杭州合意を手にしてさらにワシントンに詰め寄るのだろう。ならば、せめて赤じゅうたんでオバマ大統領を歓迎すべきだった。研究センターをつくるなら、自身や周辺の党幹部一族の蓄財を調べて公開すればよい。
 「鉄鋼及びその他の産業における過剰生産能力が、共同の対応を必要とする世界的な課題であると認識」とは、よく言うよ。課題は世界ではなく中国にある。習政権は自身で解決できないなら、国際監視団の外圧のもとに5割を超える鉄鋼などの過剰設備を廃棄したらどうか。(産経新聞特別記者・田村秀男)

©2016 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.
===
醜金平と言う男は自身にまつわる「不正な資金の流れ」は隠蔽しておいて、自分と同じことをしている気に食わない奴が許せない、そういう狭量な男である。

今度のICPO総裁の逮捕、監禁、拷問も全く同じ流れなのだ。

これは「お前はけしからんが、俺は許せる」という日本の低脳夜盗共と全く軌を一にする。

立憲民主党よ、吉田統彦よ、そうでないというのなら、この写真について釈明してみろよ。

イメージ

転載元転載元: 頑固爺TP400憲坊法師の身も蓋も鍋もないが毒てんこもりの徒然草

この記事に

閉じる コメント(5)

真っ赤な覇権国家にとって、あらぬ理由をつけての粛清は常套手段・・・・。

2018/10/9(火) 午後 4:43 わが町神奈川 返信する

顔アイコン

第一次世界大戦後にICPOの前身、ICPCがウィーンに創設されますが、ナチスドイツの併合後、ベルリンに移転。以後、ドイツの敗戦まで、ゲシュタポの下部組織に過ぎませんでした。しかし、この当時ですら、ICPCの総裁が、ゲシュタポに粛清される事は在りませんでした。

尤も、ICPCの総裁には、SS高官のハイドリヒやカルテンブルンナーと言った、キラ星の如くの御方が就任していましたが。

ある意味、中国は、当時のナチスドイツよりも余裕をなくしたのかも知れません。何故なら、16年に孟氏が総裁に就任した際、更に4人の副総裁の一人に露のアレクサンドル・プロコプチュク警察少将も就任し、在籍中。是だと、孟氏をICPOに在籍させて置けば、国外に逃れた反体制派の刈込みなどに活用でき、有効な道具となります。更に露と協力すれば、猶更。しかし、孟氏を不可解な辞任に追いやったのは、最早、余裕がないとしか…。

とは言え、根切りを行って、国内を堅め、最大最強の敵、米と対決するには、手段を選ぶ贅沢は…。

2018/10/9(火) 午後 6:59 [ th3**3 ] 返信する

顔アイコン

憲坊法師さん、いえ、ヂういたしまして

2018/10/9(火) 午後 7:02 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

わが町神奈川さん、国の資金源は粛清者のカネですからねぇ〜

2018/10/9(火) 午後 7:04 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

チャイカさん、すでにアメリカが云々という段階ですらないからでは?
党内での権力抗争として「腐敗撲滅」をやってるわけで、スターリンの様にとにかく怪しいものは全て疑いをかけないといけないほどの状態だったら、対外戦争どころではありませんよ。

2018/10/9(火) 午後 7:07 [ ぬくぬく ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事