全体表示

[ リスト ]

 Operaには、Opera自身では提供されていない様々な機能を補う様々な外部ユーティリティが第三者によってつくられています。これはFirefoxやIEのようにブラウザ自体を拡張する機能を組み込む術が無い事が原因だと思います。この手のユーティリティにはJava等のプラットホームに依存しにくいものから、プラットホームに完全に依存するものまでさまざまですが、やはり最も多いのはユーザ数の多いWindows用のユーティリティです。

 今回はOperaのバージョンアップ時に役立ちそうなツールと言う事で、Operaの設定のバックアップ/リストアツールをさがしていて、その中からひとつだけ試してみたので簡単に紹介してみたいと思います。Operaの設定のバックアップは手作業でやる事も決して難しくはないのですが、そのためにはバックアップに必要な情報の種類やそれがどこに格納されているかを知っている必要が有ります。専用のバックアップツールはこのような事をあまり気にせずバックアップ・リストアをする事を可能とするものです。


 Windows専用で全て英語です。機能はOperaのプロファイルの設定やメールなど選択した項目のバックアップとリストア、世代管理、バックアップ済ファイルリストの参照、現在の設定ファイルのいくつかの参照機能となっています。バックアップはZIPファイルとなります。内容は全てOperaディレクトリにあるファイルをそのまま保存しているだけです。ですからOperaの (大きな) バージョン変更で設定ファイルの互換性が無くなった場合については何も考慮されていません (大抵は Opera 側で考慮されているので問題は少ないでしょう。例外もありますが…)。

 細かい使い方がよく判らない事も有り、エラーが出て困ったりもしましたが、一番困った事はこのプログラムがインストーラ形式になっている事です。これだと、例えば Opera を USB などで持ち歩けるポータブル版にして使っているユーザが、いつもの設定をリストアしたり、使い終わる前にバックアップしたりという用途には対応できなくなっています。
 しかしインストール後、実行ファイルである、「OperaBackup.exe」だけを抽出して利用すればそのような用途にも使えるかもしれません。そもそもそのような用途を想定したプログラムではないのですが、少なくとも実行ファイルさえ有れば使えるようです。以下はバックアップ処理中のスクリーンショットです。

イメージ 1


 なお、最新バージョンは v0.99.9.2 という事らしいのですが、どこからダウンロードできるのか判りませんでした。更新チェック機能でダウンロードできたのは v1.8.0.9 でした。私が試した旧バージョンのお薦め度は、△- といった感じです…。


 これもWindows専用です。AutoHotKey というスクリプトで作られています。手作業でバックアップするためのショートカットをGUI設定に応じて作ってくれます。単純明快ですが、殆ど害の無いプログラムです。バックアップには WinRAR を使用する事を前提としています。WinRAR についてよく知らないのですが (私は 7ZIP を愛用していますので…)、おそらくバックアップ・リストア作業の全てを WinRAR に任せていると言う事だと思われます。スクリーンショットや説明はリンク先に詳しく書かれています。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事