ここから本文です
ナッツアートクラシクス
札幌市手稲区前田1条1丁目2-3に移転しました、JR発寒と稲積公園駅の東側線路沿いの中間です。

書庫整備・メンテナンス・復元など

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

FORD Cosworth BDR

トラブルの有ったエンジンではないけれど開けて見てみたいと言うご要望にお応えして開けて見ました。

イメージ 1

イメージ 2

ブロックはケント771M
711Mは知っていたけれど771M

イメージ 3

イメージ 4

カムホルダーはサンドウィッチタイプじゃないし、カムプーリーがフリーなので何かと技術的なスキルが必要です。

イメージ 5

シリンダーに傷も無いし良し良しとピストンを抜くと…
3番4番がご覧の通り。

開けてみて良かった。

この記事に

開くトラックバック(0)

クラシックカーの部品は新品を探すのも趣味としては楽しいものですが再生可能なパーツがほとんどですので諦めずにご相談ください。新品には無い雰囲気もあります。また、今ね製品には無い深さも表現出来ればと日々努力をしています。
電気部品再生の写真はありませんご了承ください

イメージ 1

バリバリに割れてしまったバンプラのメーターパネルですが、欠損が少なければ元の木目を生かし再生可能です。

イメージ 2

ウレタンクリアで塗って磨いての繰り返しで仕上げます。

イメージ 3

スプライトのオリジナルステアリング
スポーク部のボス付近、リム、彫刻部分にヒビや削れがありましたがパテやグラファイトなどで埋めて彫刻し直します。

イメージ 4

まだ仕上げ過程前ですが磨いて完成です。

この記事に

開くトラックバック(0)

ダッシュボードとコンソールのウッド制作
水や湿度の対策で今回はアルミの板にマホガニーの突き板で仕上げました。
天然木の突き板をアルミ板に貼り付け2液のウレタンクリアーで仕上げました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

塗って磨いての繰り返し今回は4回目で仕上げ2000番の耐水ペーパーで磨き、コンパウンドで仕上げました。

この記事に

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事