上田仮説実験授業研究サロン

仮説実験授業に関連した理論的・実践的諸問題の提起と解決策の提案をしていきます。

確率の実験

今 日は専門学校で確率の授業  問題  赤い玉3個と白い玉4個が入っている袋からランダムに2個取り出したとき、2つとも白い玉である確率を求めよ。 :計算すると確率は2/7になります。 今日の出席者は22人。一人20回ずつ全員で440回この試行をしたら、計算では2つとも白い玉が出るのは125.7回(440×2/7)ということになる。 実際に440回やってみたら、本当に計算通りになるだろうかという問題です。 ピッタリ行くだろうか。±3%くらいはずれるだろうか。±10%くらいはずれるだろうか。もっとずれるだろうかを予想しました。 実験の結果は 125回でした。計算通りでした。ここで、大数の法則の説明をしました。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事