四日市韓国語教室 ハングル語学堂四日市校・ブログ

三重県四日市市・桑名市で、そして全国へ、言葉を学ぶ楽しさと喜びを! -for the sophisticated people-

全体表示

[ リスト ]

안녕하세요?
 
 
ハングル検定解答速報で毎回お世話になっている
盛岡の細田先生が役員を務めていらっしゃる、日本韓国語教育学会
毎年1回開かれる学術大会が、今年は愛知学院大学・名城公園キャンパスで開かれ
講師が参加してきました
 
 
第2分科のラストは、名前は存じ上げていた、
札幌の林文澤[임문택]先生(무지개韓国語学院)による発表です
 
当校と同じく、ブログランキングサイト「にほんブログ村」に参加されています
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
タイトルは、
 
 
「日本語を母語とする一般目的初級学習者のための韓国語教材の改善方案」
 -初級文法,用言の活用を中心に-
 
 
ということで、日本発行と韓国発行それぞれを対照し
タイトル通り、一般的な学習者のためには、どのような教材が使われるべきかを、
先生ご自身の経験も加味して発表するというモノです
 
イメージ 4
 
先生の発表で共感できたこととしては
 
 
‘韓国で発行されている教材には(学習者の)母国で学ぶ人にとっては、
 教材で紹介されている話題が学習者自身とはかけ離れている’
 
‘学習への興味をかき立てる目的で開発されている物とすることができるが、
 提示された学習順序とその意図に不明瞭さが見える’
 
 
これらってなにげに思っていました
 
 
特に日本ではこれといった明確な根拠が無いまま
 
「韓国語の本拠で発行されているモノだから」
 
と、諸手を挙げて採用されているのに違和感を覚えていたんです…
 
イメージ 6
 
当校では輸入モノになればどのみち教材費が高くなるからと
オリジナルテキストを作って使用していますが
やはり、使用教材についての関心も高いからか、質疑応答もたくさんされました
 
イメージ 5
 
まあ、教材自体は学習活動のきっかけにすぎず
結局は、学び場をディレクションする講師の知識と能力にかかってくるわけですが
教材を使うことが、単なる知識確認と増強の道具にならないよう
効果的な内容を持たせて実用すべきであることをあらためて確認した時間でした
 
 
ランキング参加中です
 
‘ぽちっと’押して応援いただければと思います
     ↓
イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6
 
イメージ 3
 
イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事