ここから本文です
 SEASON3 第7戦 GW恒例 春のフッコ祭り 最終戦 5月5日
 タイトル「尾木ママ放任主義について語る」

■はじめに
 
イメージ 1
 我が家の愛犬は、見た目可愛く見えますが(親ばか)、とんでもないヤツです。子犬を連れたおばさんが「ほーら、お友達だよー」とフレンドリーにやって来ても、狂ったように連れてきた子犬に吠えたてます。自分以外のすべての犬が天敵で、たとえ二回りも大きい犬でも吠えたてます(昔、リード振り切って向かって行って、大けがしたのに)。そのくせ、大人の男の人が通りかかると、無条件におなか見せてごろん・・・

 我が家ではすべての子供と犬のしつけに失敗しています。せめてカニくらいはきっちりしつけたいところですよ。しつけが悪いから、クロも相手にしてくれないわけですわ。

■江東某所 5月5日 16:00〜21:45
 さて、ガッツリ釣りましょうウィーク(GW)ももはや終盤。恒例春のフッコ祭りと題しながら、カサゴ1匹釣っていません。

イメージ 2
「もはや次の一撃が我らの最後の一撃となるだろう」

 
 と、ケンシロウも言っているので、クロにGW最後の一撃を加えるべく、江東某所に半夜の出撃です(最後どころかこれまでかすってすらいねーけど)。

イメージ 3
 本日もこちらでイソカニ10ヒキを購入。何としてもカニで仕留めたいです!!

 あ、あとイソメ太いの300円も一応お願い致します・・・

イメージ 4
 
  本日、子供の日は中潮。夜21時前が満潮です。満潮挟んで2時間がねらい目かな(何の根拠もありませんが体感的に)。こどもの日だけどこども(チンチン)はいらないぜ。きゃつらの食えないカニで勝負だ。たぶん・・・

 まだまだ空いている下道を釣り場へ走らせます。やっぱGWはこの快適ドライブがいいね〜。

イメージ 5
 と、言う訳で16時から実釣開始です。まだまだ陽の光が強く、夏のような暑さです。釣り場には昼にも関わらず10人くらいの釣り人がいますね。皆さん投げかルアーです。何か釣れているようには見えませんね。しかし、ここは昨夏、くそ暑い真昼間からクロやキビレが釣れたところ。GW最後の戦いにふさわしいぜ(ここまでコテンパンだけど)。カニつけてスルスル〜・・16時ちょい前、深さは3.5mと言った所か。潮の色は御覧の通り、少し濁っています。ラインに表層の浮いた藻がくっつくパターンで、少し面倒です。スルスル〜・・

 【3時間弱省略】特にお知らせすることはございません。

 相変わらずの全自動刀削麺製造機「麺太郎」!!

 ふふふ、が、しかーし、ここまで何の気配もなかったけど、気にしないもんね。18時半、ついに日が暮れてあたりが暗くなってきました。いよいよ満潮に向けたゴールデンタイムのスタートです。投げ釣りの方はお帰りになって、代わりにへちとルアーの方がやって来られました。なかなか混み合っていますが、私のヘチポイントはいつも空いています(←これを不思議と思わないかアンタ)。

イメージ 7
 グローブがボロボロなのは、D突堤でコケた時突っかけたからです。これなかったら手のひらベロンちょだったかな。
 
 カニは16時につけたヤツがまだ元気です・・少しくらいかじられるとか、くわえられるとか、飲み込み吐き出されるとかしろよなあ。ここは、グーフーはいないので、カニがベコンと来たら、平たいしるしです。ベコン希望!

 あー、カニの教育方針間違えたわ・・もっとガツっととがっていかんかい!何遠慮してんのコラ!!

 ・・・

 スルスル〜・・・すでに3時間、何もなし。

 19時過ぎ、満潮直前。お?向こうのルアーらしき方がフッコを上げられましたね。そろそろ魚のお食事タイムか?と、思っていると、すぐにヘチの方にもHIT!横目でガン見してましたが、どうやらフッコのようです。来たね、時合いがへちにも来たね。フッコにつられてチヌもやってくるっしょ、誘い合わせて。今夜は寒くもなく、良い感じ!期待感MAX!

 スルスル〜・・・深さが4m越えて来たな。とにかく依然元気なカニを落としまくります!!スルスル〜・・・底から3巻き、10秒ウエィト、巻き上げ7歩・・

 スルスル〜・・あ!また今度は反対で上がってる?むーう。あのタモの中の長さはやはりフッコやな。活発になって来たけど今夜はカニを諦めない!スルスル〜・・

 カニよカニよカニたちよ♪(杉田かおる「鳥の歌」調で)歌ってみたり。

 スルスル〜・・・ フッコでもいんだぜ?

 あ、いまチラッと本音が漏れましたか?依然何もないね〜(涙)。

イメージ 6
あーこの景色が見れただけでも来た甲斐があるわー、1週間で3回目だけど。涙でぼやけて見えるけど・・

 スルスル〜・・マキマキ、カニ元気。スルスル〜・・マキマキ、カニ元気。あ、またなんか長いのがへちで上がってる・・・

 スルスル〜・・

 ・・・

  ・・・

イメージ 8
安西先生・・イソメで、イソメで釣りたいです・・

 20時、安西先生が「ほっほっほ」と言ってくださったので(ついに空耳が・・・)、クーラー内で4時間控えてちょっとぐったりしたイソメを投入します!そうだ、だって春のフッコ祭りじゃん。それにここ、平たいのもムシが好きだって言ってたよ。誰かが。

イメージ 9
中々ぶっといのを付けて落とします!!こうなったらフッコ上等やで。

 スルスル〜・・底を取る前に・・・

 ガガガ・・・ 激しいアタリ!少し竿先上げてみると「うにょん」となったので、そのままフーーック!!久しぶりに重いの乗りました〜♪そのまま横走りギューん!!・・・このパターンはフッコちゃん?銀治郎を立てて踏ん張る〜・・

 プシュゥ・・・(と言う心の音がしましたです)

 すっぽ抜けた・・・イソメ半分千切れて戻って来ました。・・・無念。鈎掛かりが浅かったか・・・しかし時合いじゃ!イソメ付け替えても一度落とーーす!
 
 スルスル〜・・・

 しばらく落とすと・・・

 クウイッ!!

 中層で明確なアタリ!イソメ忖度なしフーーック!!(イソメの場合は、間違えアワセでエサ痛めてもいいやぐらいの合わせを入れます)

 グイーーーん!!(コンコンなし)竿を持って行かれます。とりあえず、一度は泳がせて、と、ほどほどに糸を出し、そこから巻き始めます。が、重い!!グンっと沖へ持って行かれそうになります。

 ふふふ、久々の竿Ω!大Ω!!しかし、銀治郎の絶対の安心感。今日の不安はハリス1.5号だな。力を掛けながらも少し出して、長めに巻く・・へへへ、そろそろお顔を拝見だな。まあ、コンコン来ないからフッコだろうけど、結構重いんじゃね??

 タモ準備!!・・・ゲッ、何を考えてたんだか、タモをたすき掛けに体に掛けていました。すなわち、一度竿をホールドしている腕を持ち替えないとタモ出し出来ません。あんなに前回シュッシュとタモ出し練習してたのに??

 仕方ない、もう嫌な予感しかしないけど、一瞬タイコから親指外して〜、ここでアキラ100%並みの素早い切り替えやで!!そりゃ!

 シュルシュルシュル〜・・・

 アキラお盆落とした〜!!いきなり激しく糸が出て行き、握り替え損ねて空回り〜・・糸が無限に出て行く〜・・

 ・・・落ち着け、大丈夫。ガツンと掛けたから外れやせんわ・・ほら、この通り、ちゃんと巻き戻せば、くいくいっとな。ほら、巻けた。

 な?イソメが見えるやろ・・・

 魚はいないけどな・・・(*ノωノ)

 激痛のトラブルバラシ・・・自業自得とはいえ、これは痛い!いや、よく考えるとあれはクロダイのヒキにも思えてきた・・・・

 イソメで2バラシ・・・へたくそすぎますな、この人。

 ここで21時・・・この後、再び意地のカニに付け替えましたが、時すでに遅し、いや、早くてもなんもないか・・・もう、これ以上やることがありまへん。もう一度、タモ出しの練習しなきゃね、我々クラスは・・・



イメージ 10
(またまた)涙のナッツ・リターン!!

 鳥貴族の280円スーパードライ中ジョッキにハートを射抜かれた愛妻の待つ埼玉へブロラン号を走らせましたとさ・・

■本日の結果
 ・釣果:いや、あれはもうほとんど釣れてたね。バラシ2回。
 ・仕掛:カットチヌ3号、ガンダマ2B、イソカニ(毎度の80%放流)、太イソメ(やっぱ、フッコだなありゃ)
 ・勝敗:もう驚くほどのこともない大敗。3年目でも満足にタモだし出来ない出川なみのポンコツ感(同じ年です)。0勝7敗。

 これにて、GW恒例春のフッコ祭りは終了です。こんな、神輿も屋台も出ない祭りはねーよ。来週こそは江東カニ祭りリベンジだ!もう、イソカニじゃなくてタラバつけるから食ってくださいよ、ほんと。

イメージ 11
↑ポチっと押して頂けると、またカニの放流活動に
向かいます。毎回8ヒキずつ(毎度2匹しか使わん・・)

イメージ 12
↑江東でイソメが異常繁殖したら少し
申し訳ないのではないかと思っています。

 なぜこんなに俺に痛くする、東京都・・・
イメージ 13
 

この記事に

 SEASON3 第6戦 GW恒例 春のフッコ祭り二日目 4月30日
 タイトル「ガッツリ釣りましょうウィークですよね 短信←また?」

■はじめに
 昨年、一昨年は、GWは一日中お台場に出撃。お台場は意外にも日祝日、路上駐車OKになるところが多く、ブロラン号の駐車代を心配することがなく釣りをしていました。特に、有明西や青海駅前、暁などでフッコを釣りまくっていましたね(いや、「釣りまくる」と言うのは誇張もいいところですけど)。

イメージ 1
標識の意味に迷ってビビってましたけどね。

 ちょい前まで、釣りのド素人だった私は、大東京の最先端地区で、本当にでっかい魚が釣れることに感動を覚えていました(いや、今もカテゴリー「ド素人」に所属してますけどね)。

 ところが、昨年夏に、それまで何度沖堤に通っても釣れなかった平たいのが、ちょっとだけ釣れてしまったので、もうフッコでは満足できない体になってしまった訳です。今思うと、当然腕が上がったわけではなく、たまたま「よい場所(江東某所)」が見つかってしまっただけでしたが。

イメージ 2
 GW、青海駅前でとなりのハワイフェアの大騒ぎをしり目に、イチャイチャするカップルにいやがられながらも、ひたすらフッコやメジナを追った情熱と喜びを取り戻したい・・・

 そんな切っ掛けを求めて、GW第二弾、「ひたすらカニ」で掛けてチョレイ!って言いたい春のフッコ祭り(本音はクロ)復讐戦に江東某所へ向かいました。江東某所を制さなければ俺の次のステップはない!

 そんな決意も台無しにする「江東某所」からのド短信デス・・・( ;∀;)
 ※お急ぎの方はここで読むのをおやめください。
 
■江東某所 4月30日 15:00〜20:30
 と、言う訳で30日。GWで空いている下道をブロラン号Rで葛西橋へ向かいます。連休は都内は車の移動が楽でいいですね。高速使わないで40分強で餌勝葛西橋店に到着しちゃいましたよ。あまり早く釣り場についても、この時間帯じゃいい感じはありませんけど。

イメージ 3
 いんや、そんなことないか!!今日は「大潮」で、これから満潮!下げの始まりが一番いいんじゃないかって実感(個人の感想です)があるので、「これで釣れなきゃいつ釣れるのよ」って感じです。

イメージ 4
 15時、カニつけて実釣スタート!!なぜか本日はほかに釣りをされている方がお一人しかいません(ヘチですな)。多少風があってへちはジャブジャブ、潮もここにしては流れています。濁りだけは、ちょっときついかな?さび色の薄い感じです。

 前回はイナッコの群れがうようよ泳いでいましたが、本日は見当たりません。そして、底までの深さはおよそ4m。ここは満潮でも5m行きませんね。色々、記憶に残しておけば、次の釣行の参考になるかなと思っています。今日はまじめに行こう!

 スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。

 ヘチの方に話しかけられます。その方によると「ようやくエサを半分にかじられた」らしいです。ここはフグはいませんので、カニならばクロちゃんかもしれませんなあ。(ムシだったら、犯人説についてはFBIなみに詳しくプロファイリングできますけど、ワタクシ)あえてエサをきかーん!

 スルスル〜・・マキマキ。

 カニはふんどしの下から二筋目に鈎刺しするとよいと覚えていましたが、どうもカニによっては腹筋を使うらしく(ねえよ)海中でハリスを抱え込むのか、上げた時にハリスと絡まっていることが多々あります。こういうのも自然でなくてあかんわな、きっと。

イメージ 5
 一番下と二番目の間の足の付け根に付け替えました。これでイライラ解消。何が正しいのでしょうかカニのつけ方。学ぶべきことは多いです。

 やがて満潮を迎え、緩やかに太陽も沈み始めました。波も気持ち治まり、気のせいかどんより濁っていた海が、すこーし見通せる感じになっていました。さっきまでは、ラインに藻のようなものがついて、落ちにくくなり、何度かラインとガイドを拭いていたのですが、それも少なくなりました。

 ヘチの方も増えて参りました。ここで釣らなきゃいつ釣るの?誰が釣るの?

 スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・・

 ・・・

 ・・・

イメージ 6
 19時前・・大都会に陽が沈みました。うーん、アーバンナイトフィッシングう〜。4時間経過、ピクっとも気配がありません。まだカニは2匹目、ピンピンしてますね。うんうん、二人でこの素敵な夜を満喫しよう。も一度、行って来て。スルスル〜・・・

 大潮の満潮からの下げですからね。春のフッコ(狙いは違うけど)祭り最高のチャンスだよね〜。今日はマジメにやってるよね〜。掛けたら「チョレイ!」って叫んでみよう(卓球見たばかりでね)、とかくだらないこと考えつつ。スルスル〜・・・

・・・

・・・

・・・

・・・20時回りました。ギブ。見渡す限り誰も釣れていません。いつまでたってもカニは元気はつらつです・・・今日は意地でもカニと決めていましたが、こいつら傷ひとつ負わないとは・・・心がポッキリ、折れて内蔵に突き刺さって痛いです。本日も5時間、カニと戯れましたので、そろそろおうちに帰っていいですか・・・もうアルコール度数8%の「頂(ビールもどき)」でないと酔えないとあぶさんみたいなこと言い出した愛妻のもとへ・・


イメージ 7
涙のナッツ・リターン!!(言いたいだけ)

■本日の結果
 ・釣果:魚の気配すら見えず。
 ・仕掛:カットチヌ3号(前回はハリス3号が悪かったかなと思って1.5号にしてみましたが、もしかしたら20号でも同じ結果かも。ロープか。)、ガンダマ2B、イソカニ(いつものごとく8割放流)。
 ・勝敗:どちらかと言えば負け。0勝6敗。がんばれベアーズ(なつかしい)。

 さてさて、「GW春のフッコ祭り 10匹釣って絵皿もらおう」とか言って、まだ何も釣れていません。ポイントいっこも貯まらず。パン買うか、仕方ないから(もう、いっそ絵皿買えよ)。

イメージ 8

 まだまだ続くGW。絶対にあきらめません。何か釣るまで(←「何か」になっちゃったよ)。

イメージ 9
↑妻が「魚釣っても、捌けないから持ってこないでね」
って言います。今のところ、何の心配もない安心感。

イメージ 10
↑息子が「魚釣れるなら、釣りに行きたい」
って言います。つまり連れて行けない残念感。

 GW春のフッコ祭り第3戦、次も江東か、はたまた横浜沖提か?

この記事に

 SEASON3 第5戦 GW恒例 春のフッコ祭り初日 4月28日
 タイトル「タモ復活祭なるか 短信 ←あ・・」

■はじめに

 長男が、新しいリードを買ってきました。オシャレな麻縄タイプで2,000円したそうです。早速、これを愛犬につけて散歩をすると・・・


 歩けよこら〜・・ズルズル(引きずる)・・


イメージ 1
歩かないので、首吊りになっとるやん・・・

 この麻縄感が首吊り用の縄(あんの?そんなの)にイメージがぴったりで、道行く人が虐待よ、と、目をひそめてしまいます。そもそも土佐犬じゃないんだから縄はやめなさい縄は。

■春のフッコ祭り1日目 江東某所 4月28日 17:00〜20:30
 さて、新橋デゼニランドで購入したタモのギアを取り付けましたので、さっそく釣りに出かけたくなりました。おりしもゴールデンウィーク、毎年恒例の「春のお台場フッコ祭り」の時期です。フッコ10匹釣って集めると、絵皿がもらえるとかもらえないとか(もらえません)。

 とはいえ、チヌのノッコミも狙いたいところ、お台場は果てしなくフッコしかいませんが、江東某所はフッコもチヌも実績がありますので、そちらに向かいます。近くのキャスティングで仕入れたて、ピッチピチのイソメを購入です。本日はフッコ祭りを見ながらのチヌですので、イソメ(太)を購入。ムシならボウズってことはないでしょう。チヌでよし、フッコなら「フッコ祭りですから」と堂々としてられるではありませんか。これぞまさに「一石二鳥」「イソメで二魚」ですよ、戦術的でしょう?ふふふ。

 まだ暑さの残る江東某所に着いたのは17時。銀治郎にイソメを装着してスタートです。釣り場には5人ほどの先客、うち、2名様ほどがヘチの模様です。

イメージ 2
タモのギアも新しくなり(中古でしょうが)、ちょっと、タモだしの練習もやってみます。バシャバシャっと来たら「スっと」な。ほれ、スッと。←何やってんだか。

イメージ 3
本日はイソメで堂々と「入場〜(彦摩呂調で)」

 スル〜・・

 くうぃっ

 ( ゚Д゚)!!

 底に着く前にいきなり持っていかれた〜!横へ走る〜!!

 竿がΩにしなりますぅっっと・・

 ふ

 ?おろ?
イメージ 4
心象風景(谷岡ヤスジ先生)

 おんや?いきなり手ごたえ無くなりましたよ?くーっ、痛恨の鈎外れ。掛かりが浅かったのでしょうか。本日は、よもやのフッコ(狙ってるのか狙ってないのかはっきりしないね)に備えて、3号のチヌ鈎に、ハリスが3号です。

 しかし、第一投目からアタリがありましたよ江東某所。思い起こしてみれば、9月頃に夜釣りでフッコ釣って以来(平たいのはお盆以来)ずーーーっとボウズだったけんね、ここ。もう某所でもなんでもないけど、今日は一味違うんでないの??

 イソメ付け替えて落とします。スルスル〜・・深さは3mちょっと。底を取って3巻きだけ上げてみる。10数えて、何もなければ7歩移動。この繰り返しです。スル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・・

 チャリンコのおじさんがやって来ます。あ、昨年夏に散々一緒にいた人だ。

おじさん「どうですか?」
ワタクシ「1匹かけ損ねました」
おじさん「そうなの。外海は、今日は荒れてて全然だめだったよ。」
ワタクシ「そうですか。そろそろこの辺にも入って来てますかね。」
おじさん「ダッメだね〜。去年は良かったけど、今年はロクに釣れないよここ。俺も今日はボウズだったよ。」
ワタクシ「アタリが少ないんで、カニやめて今日はイソメでやってます。」
おじさん「あと一ヶ月くらい掛かるかもね。厳しいけど頑張ってね〜。」(去る)

 うーん、叔父さんありがとう。「今年は全然釣れない」という貴重な情報だけが残りましたよ。やっぱダメなんだ〜。某所でもなんでもないよね、今や。

 負けずに釣る〜!スルスル〜・・

 たまにタモだしの予行やる、シュルシュル〜・・

 スルスル〜・・・

 シュルシュル〜・・

 スルスル〜・・

 ・・・

 ・・・

イメージ 5
「現場からは以上です。」

 その後、20時半まで。イソメだけに、ピクピクアタリでイソメ削られることはありながらも、平たいのあるいはフッコらしきアタリは一切ありませんでした。

 見渡す限り8人くらいの釣り人がいましたが、誰も魚を掛けていません。イソメでダメっちゅうことは、今日は回り道してカニ手配しなくてよかったと、お粗末な喜び。

イメージ 6
 銀ちゃん、今日も期待外れでごめんね〜。あかんわ、江東某所。もう「某所」っちゅう意味が何もありません。某所呼ばわりするワタクシが恥ずかしいです。そもそもオープンな釣り場だし。

釣り人もここのところ増えてきました。普通の釣り場ですな、ここ。

イメージ 7
こんな感じで海が眺め渡せます。「この風景見られるだけでも来た甲斐があるよね〜。」風景カメラマンの方もよくお見掛けいたします。

 帰るころにはヘチの方が4人くらいいらっしゃいましたけど、結果はどうでしたかね。ワタクシこの釣り場、ホームのつもりでいましたけど、こんなに住人に厳しい「ホーム」はないっちゅうの。もっとホームズでちゃんとしたホーム探しやんなきゃ・・・

イメージ 8
余りの釣れなさにこっちが鼻血ブーだぜホームズ君。

■本日の結果
 釣果:いいヒキ1回(おいおいどんだけレベル低いんだよ)

 仕掛:フッコに堪える3号ハリス、カットチヌ3号、わざわざ埼玉から運んだキャスティングのイソメ、デゼニランドで購入したタモのギア。全てが台無し。

 勝敗:勝ちか負けとか、ぼくそういうの気にしないんですよね。縛られたくないんですよね、尾崎(豊)的に。 0勝5敗(勝率の計算方法は0÷5ですので、皆さん勝手に計算してください。)

 春のフッコ祭り、開幕せず!
 未だ、今年度おさかなメーター、ハゼ1匹!!

イメージ 9
↑「祭り」感が一切ありませんでした。
それがヘチ釣り。

イメージ 10
↑「GW=ガッツリ釣りましょうウィーク」だって。
ずいぶん、図々しいねこの人。

 次回は明日行きます。まだまだやる気スイッチONじゃ、強制的にONじゃコラ(怒)
イメージ 11
あ、漏電しとるわ、このスイッチ・・

この記事に

SEASON3 第4戦っちゅうよりデゼニランド兵站作戦 4月21日

タイトル「心折れてもタモが折れない!」

■はじめに
 流石にアメリカTVドラマの「24」も見飽きて、今や「キャッスル」にはまっていますが、時々ゲストで

イメージ 1
クロエのダンナとか

イメージ 2
パーマー大統領(弟)とか

 「24」のキャストががんがんゲストキャラクターで出てきます。そんでもって、毎回犯人か主要な悪人なもんで、ちょっと謎解きが楽しめない・・・すぐこの人達がキーマンだってわかってしまう。まあ、そもそも準主役の女刑事自体が逆に「24」でチョイ役の悪役で出ていましたからね。アメリカは日本と違って、テレビと映画のキャストは交わらないらしいですよ。だから、TVドラマで人気が出ると、どんどんTVドラマ内で色々な番組に出まくるみたい。

 ワタクシの釣りには最近「キャスト(魚)」がそもそも出てきませんからね。釣りブログじゃないからね(違うのかよ)。困ることがないね。

強いて言えば、今やセンターはグーフーなんですけど。うちのチーム。

■江東某所 4月21日 17:30〜20:30
 皆様のブログを拝見しますと、東京湾奥でも、続々釣果が上がってきていますね。俺だけツンドラ気候にいる訳が分からん、と、先週土曜日は江東某所の半夜へ向かいました。

イメージ 3
毎度のこちらで、イソカニ10匹とイソメ(太)を購入。

イメージ 4
これから「上げ」にかかる時間に釣り開始ですな。「だから?」と問われると返す答えは持ち合わせていませんが。

イメージ 5

 この後情報が少ないので(言っちゃったよ)、せめて新情報。餌勝さんは、夏場は土日朝5時から開店してました!!便利です!(ごめんなさい、書き写すの面倒で店内写しちゃった)でも、なぜか9時前に行けません、私の体質では・・

イメージ 6
 ちょい濁りがあっていい感じです。カニをつけてスルスル〜。18時前に実釣開始。本日は釣り人多しです。ヘチだけでも4人くらいいらっしゃる感じ。頑張りましょう!っと心の中でエールを送った瞬間に30mくらい向こうの方が何か掛けてますよ??見ちゃいかん!気になる・・見ちゃいかん!自分で釣るんや!!・・気になる〜・・・

 横目でガン見したところ、どうやら平たいのです!結構でかいやん・・・うーん、負けられん。あの人さっき虫(イソメ?)つけてたけど、カニで釣ってこそ本物では??(←釣れもしないで、ありえない偏見。しかし、なんか、虫<カニ<貝
の順番で釣るのがえらいって思い込んでいるんですよね、ワタクシ)

 イソカニ、行ってこいや〜!スルスル〜・・マキマキ・・スルスル〜・・

 ・・・

 ・・・

 ・・・2時間強で、100mくらいを3往復はしました。結果、ここではカニではチョンもなし。じゃあ、イソメにすりゃあいいのに、なんかもう意地になってカニで黙々と・・・実は自分もこの釣り場では、昨年はカニよりイソメで平たいの釣ってましたね。やっぱ餌と釣り場の相性ってあるのかな・・・

 時に、ここで(3時間近くたって)ふと、気づきました。今日はさすがにチャンス(目の前で釣れるの見たし)なんで、いざとなったらササっと格好よくネットランディングしよっと、ヘチの人多いからね。タモ大丈夫だよな・・・そんな俗物的なことばっか考えて腰に下げたタモを探ると・・

ん??あれ?あれえ??

イメージ 7
(写真は翌日の物ですが)

 このギアの部分が折れ曲がったまま戻らないよ??本来はワンタッチですっと折れてるのが伸びるのに・・タモ出せないじゃん。これじゃ、万一(万一?)チヌが釣れても、タモ出せないじゃん!!

 ちょっと、釣りどころじゃありませんね。いや、釣りしに来たんですけど、タモが出せないんじゃ、釣れませんね。いや、そもそも釣れてないんですけど・・・

 混乱してますけど、ようはタモのギアがぶっ壊れて釣れても上げられない状況なわけです。力いっぱい押しても引いてもぶったたいても直りません・・・大体、最近何もメンテしてないのがあかんがな・・いっつもいっつも「(釣れてないので)今回もタモ洗う必要ないやん」ってほったらかしでした・・・

 屈辱!!釣り競争で負けたならまだしも(いや、負けてますけど)、釣りもしないのに道具の不備で撤退せざるを得ないとは!!

 「今日はこんくらいにしといたるわ!(メダカ師匠)」っと、またまた、戦略的撤退です(涙)!イソメに至っては、手も付けてないやね・・・・最近いつもひどいけど、今日は特に最低やな・・・

■兵站作戦 4月24日 19:30
 と、言う訳で今夜は急きょ釣り師のディズニーランド、いや、うっかりしているとついついお金が出て行くのでデゼニランド、ニュー新橋ビルにタモのギア買いに行きました。ご存じこのビルにはJSY上州屋とタックルベリーが入っています。一か所で二つの釣具屋、うーんお得だよね〜ついついデゼニランドだけど。

イメージ 8
 2階の上州屋に行くまでに「オニーサン、マッサージ、ドデスカ♡」を避けて通れないため、どちらかと言うと先に地下のタックルベリーに行ってしまうのですが・・・

 まあ、今日はドデスカ攻撃抜けて上州屋で価格チェック!!

 このタモのギアって、おおむね5千円前後するわけですね〜。最近、私立進学した子供たちがいる我が家では、5kg1680円以上のコメを買ってきただけで妻に反省文書かされるのに、ばれたらコメ15kg分のお仕置きかよ(怖)。

 と、いう事で、清水の舞台から飛び降りず、2Fから1地下に飛び降りてタックルベリーで中古チェック!あるかな〜、こんな小物部品の中古あるかな〜?

イメージ 9
ありました〜・・中古3,000円を1個だけ見つけました〜・・良かった。あとは、見るもの触るもの欲しくなる、恐怖のデゼニランドを一目散に脱出して帰って参りました。これからはお手入れもきちんとします。錆防止剤、KUREでええのかしらん?

 今週末も江東某所にこれ持って出撃です。(もう、今度釣れなかったら、いいかげん某所って言うのやめますね、恥ずかしいから) 

イメージ 10
↑ぽちっとお願い致します。
いっけね。結局コメ10kg分は怒られるんだ。

イメージ 11
↑GWは恒例「春のお台場フッコ祭り」ですな。
今年はどうするか?

イメージ 12
デゼニランド・・懐かしいですね。
これやりたくて大学生の時PC買ったわ・・
(分からないキミはググッて見よう)

この記事に

SEASON3 第2・3戦 江東某所・D突堤  3月25日・4月8日

タイトル「二刀流っちゃ二刀流」

■はじめに
 直近で2回釣行していましたのでまとめてアップさせていただきます。二回まとめてアップするあたりがもう内容の薄さを「推して知るべし」な訳です。「Nextコナンズヒント!」で、いきなり「次週の犯人はあの人だ」と言っちゃうくらい、お粗末感たっぷりな訳です。

イメージ 1
え?ヒントじゃないじゃん

 まあ、大谷ばりの二本立てで(あれは二刀流ですよ)。

■江東某所 3月25日 10:45〜14:00
 少し前の日曜日のことです。何日か、暖かい日が続き、海水温の上昇は素人王のワタクシでも予想が出来ました。しかも、ちまたではチヌのノッコミが始まったとかいうニュースで溢れています。サンジャポでも言ってました(ウソ)。俺もノッコミたいっちゅうねん。

 「ノッコミ・・・」もう頭の中では、ハラパンクロダイ魚群が右から左へ「さーっ」て走っているわけですよ。仕事やってる場合じゃないんでないの?そろそろ江東にもノッコんで来てるでしょ、ノッコミ。

 と、言う訳で江東某所へ久々の出撃です。エサはもちろん・・
イメージ 2
 餌勝葛西橋店。こちらで、イソカニ小10匹とイソメ太1パックお買い上げです。土日は朝7時くらいからやっているのを聞いて、そりゃいいねと思っていましたが、そもそも9時前にここに着いたことがありません。沖提と違い、なぜか江東へ行くときは、寝坊してしまいます。そのへんの心構えがダメだっちゅうの。

イメージ 3
 「ふむふむ、小潮の下げか・・」まあ、これまたお決まりの現地確認。だからどうするっちゅう所がありません。ブロラン号で一路江東某所へ。

イメージ 4
 「入場〜(彦摩呂調で)」カニつけてスタートです。 

 釣り場には人っ子一人いません。それをラッキーとするか、「ここ、釣れてないんじゃないの?」とみるか、考え方次第ですけどね。必ず「昨日デカいやつバラした」って言いに来る常連のおじちゃんもいません・・・・

 ノッコミなのに?

 とにかく落と〜す。本日はハリス1号にしてみました。デカいやつ来たらどうしようかドキドキしますね。「さあ、ノッコンで行きましょう!!」(ちょっと、何言ってるか全然わかんない)

 スルスル〜、一回底を取るとおよそ3m。浅いねえ・・

 ・・・

 ・・・

  ・・・

 ノッコミなのに?

 ・・・

イメージ 5
現場からは以上です。

■D突堤 4月8日 8時15分〜13時40分
 それから、しばらくやる気メーターが溜まるまでに、2週間掛かりました。世間様では、アジ爆釣とか、シリヤケ来る!とかお盛んなニュースが飛び込んできます。

 もしかしたらノッコミじゃね?(そればっか)

  と、言う訳でご無沙汰の横浜沖堤に行ってみようと思い立ち、日曜朝5時半すぎにブロラン号で出発。久しぶりの沖提、ワクワクが止まりません!

イメージ 6
 うひょー、新提見えた〜!久しぶりだ!(運転中の撮影はあかんよ)

イメージ 7
 山本さんでお支払いをし(いつの間にか3,000円に値上がりしていました)、これまたお久しぶりのこちらの名店で朝のルーティーン。このルーティーンをきちんと達成するかしないかが、沖提でのヒヤリハットの回避につながります(いらん情報)。ちなみに、本日、凍らせておいしいカルピスはありませんでした。まだ、シーズンではないのね。

イメージ 8
 ここ、ここ!ここで船を待つ時間が一番テンション上がるんだよね。山本さんで、ボサカニ10匹、「念のため」イソメ太1パック購入して来ました。8時の便は15名ほどで出発です!見たところ、へちの方はあまり多くないような・・・本日はD突堤です。やっぱDが好きなんだよね、良い思いは何もないけど(それ言ったらあんたがいい思いした沖堤は日本地図にはねーよ)。

イメージ 9
 やって来ました、D突堤の高い所〜!銀治郎にカニつけて登って参りました!先客がいらっしゃらないことに若干の不安を覚えながら・・気にしない気にしない。なんてったってノッコミですから。

イメージ 10
 カマボコ方面も、人が少ないですね〜。テトラの方は投げですね。

 そういえば、初めてDに渡られた方に「アジはどこがいいですかね」と聞かれたので、「ここは色々あるからどこでも楽しいですよ。あっちのカマボコで釣ってる方も多いし、やっぱ突堤がいいのかも。」とアドバイス。

 へへへ、アドバイスっつっても、ここでメジナ・カサゴ・グーフー・ベラしか釣ってないんすけどね、私。で、しっかりその方々、お勧めの突堤でもなく、カマボコでもなく真っすぐふ頭に釣り座を開かれました。「俺のお勧め以外なんだ。」軽く心に傷。

 8時15分、カニで実釣スタート!なんたってノッコミですからね。スルスル〜・・突堤の外側へ落とします。スルスル〜。ノッコミ時期は浅い所でも食ってくるとか。棚を探るって感じかな。色々探ってみよう。んでもって、沖提つったらchinuhide師匠の教え、波に乗せる感じ〜・・スルスル〜・・スルスル〜・・

イメージ 11
 まーーーったく気配がありませんな。まあこんなもんでしょ。カニが貝殻挟んできましたよ。それくらいがここでのニュース。でも今日はやる気満々やで、スルスル〜・・いや、やっぱ底付近かな(7mくらい?)スルスル〜・・突堤を徐々にコバ方面へ。

イメージ 12
 開始1時間。突堤のたもとからコバへ到達。カニはイキイキ元気です。そもそも、ここまで誰にもすれ違わずに来れた時点でどうなの。なんか向こうの新提も空いてますねえ。アジンガーの聖地なんじゃなかったっけ?

イメージ 13
 コバにスルスル〜。この時間(9時半)、潮は止まってますね・・魚の気配が一切ありません。ここはよくグーフーにやられちゃうんんだけど・・・

 フグぐらい来いよコラ(言っちゃったよ)。

イメージ 14
 カマボコ〜。誰もおりませんで〜。釣り放題、お得だよね〜(釣れればな)

イメージ 15
 カマボコのへこんだところが好きです。

 10時半・・スルスル〜・・ん?底付近でモゾ?・・も、その後変化なし。

イメージ 16
 おお!カニがベコンとつぶされとるがね。これはグーフーではないと信じたいところだね。ノッコミだね。もいっちょ落として見よう。。スルスル〜テンション上がる〜!!

 スルスル〜・・・クウイ!

 おっとビビって合わせちゃったよ、なんか乗ったよ?乗ったけど軽いよ?銀ちゃんゆるやかにΩ・・・コンコンともなんともないよ・・・これは・・・

 明らかにグーフー・・しかも魚体を見せてからのオートリリース。釣れすらしねー・・なんの嫌がらせか。

 しかし、フグの下にはチヌがいるって師匠言ってたよね。あれ?ボラの下にはチヌがいますだっけ?

イメージ 17
 あれ〜? グーフー祭りのはじまりかしらん?

イメージ 18
 やっぱ、その後のカマボコはグーフー祭りですよ。カマボコあかーんけど、もう釣るとこないじゃん。12時前、ふ頭で休憩。皆さんすでにまったりモードで「この景色見るだけで来た甲斐があるよな〜」って言いあっています。意外とアジ仕立てが近い所にたくさんいますねえ。ふ頭からはどうなんでしょ。

 はい、ここからはダイジェストで(ここまでも何もないけど)

イメージ 19
 いっそ、カマボコ、イソメでおき竿〜(ピクリともせず)

イメージ 20
 低い所で、もはやガッシー狙い〜(も、何もなし)

 ・・・・

 ・・・

イメージ 21
 14時・・・待ってました〜♪(もう、なんだかなあ・・)

イメージ 22
 とはいう物の、14時、帰りの船で人の話お聞くと、どうやら赤灯では何枚か上がっていた模様・・・

 っかぁーーー正解はベイ下かぁ〜
(いや、あんたは場所の問題ではないよきっと)

 結局、ノッコミのノの字も感じられないショボ釣行でした。出かけるたびに沖提ヘイトスピーチになる俺。いい加減にしないと横浜出禁になりますぜ。

 釣れてもいないのに?

■本日の結果(第3・4戦)
 ・釣果:山本渡船サービス券1枚
 ・仕掛:カットチヌ3号、ガンダマ2B、ボサカニときどきイソメ
     ↑これを記すことがなんの参考になるのか15文字以内で答えなさい。
 ・勝敗:ある意味不戦敗、それも2戦連続。通算0勝3敗。

 またまた流れる涙で、ワイパー必要な高速を飛ばして帰りましたとさ。

 ノッコミなのに?


 安西先生、「諦めたらそこで試合終了ですよ?」って言ったよね。そもそも、試合いっこーに始まんないっすけど、ホイッスル鳴りました?あん?
 
イメージ 23
それでもあきらめない。ヘチは楽しい!!
↑問2.どの辺が楽しいのか15文字以内で答えなさい。


イメージ 24
↑久しぶりにぽちっとお願いい致します
ちなみにテトラの方が、結構なサイズのクロを上げてました。

イメージ 25
↑あれ、フカセってやつなの?撒き餌やって、
ちょい投げする感じの。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事