ここから本文です
 SEASON4 第6戦 短信 川崎新提 雨修行 3月23日
 タイトル「防寒は必ずしも雨を防がない」

■はじめに
 暑くすらあった3月の22日金曜日。さて、この週末こそは沖提に繰り出そうと準備を始めます。そもそもD突堤(横浜 新山下)と川崎新提どちらに行きますか。迷っちゃうなあ。と、言うことで見える化してみよう。

イメージ 16
















↑ちょっと色々失敗したけど直し方分かりません。すみません。

 うーむ。結局これは迷う。釣り場はDの方が楽しいけど、実績は川崎新提だし、金曜日飲んじゃったので、電車でのんびり行きたいなあ(その場合、D突堤で10時便になりますが・・)。

 そもそも明日(23日)の気温、10度以上下がって冬の寒さだっちゅうのも微妙なポイントです。寒さに耐えられなくなったら帰りやすい方は・・・と(惨敗時の都合を考えている時点で、この釣行はすでに失敗感ハンパないってよ。

 と、言うことで、今回も、いつもの関西風うす味釣行記となっております。具もありません。言うたらうどんも入ってません(単なる汁です

■川崎新提 3月23日 7時30分〜12時15分
 と、迷ってはいましたが朝5時に目が覚めました(年寄りだからね)。これなら横浜の7時はややキツイけど、川崎ならば7時便に間に合うね。ですので結局ブロラン号Rは一路川崎を目指します。途中勇竿さんでボサ10匹(500円)購入し、長八さんには3番手の到着です。

イメージ 1
 それにしても寒い!本日は真冬に使う防寒ジャンパー(2,980円)を着て船に乗り込みます。小雨と言うかみぞれと言うかも時折パラパラっと降ってきます。こんな日に誰が早朝から釣りに行くんだと思っていたら、15名様くらいの軍団さんが続々乗船されます。ケツの青いワタクシはそっと船の隅っこへ。

イメージ 2

 本日のカラー(乗船札)は赤。アツいですなあ(ちょっと何言ってるかぜんぜん分かんない)。さあ、行ってみよう!!

 って、ざばざばーん

 波被って半端ないんですけど・・行きの船、打ち付ける波と雨交じりの風が吹きつけて、早くも皆さんびしょ濡れです。「今日一日こんな感じだってよ。」ご丁寧に天気予報をご覧になった方が教えて下さいます。その情報いらーーん。ワタクシ既に12時の便で帰りたいなあと思い始めていました(12時の次は14時20分)・・・

イメージ 3
 5番より6番を臨む。おーーー、空いとるわ。もういやな予感しかせえへんがね。写真では分かりにくいでしょうが、雨と波に洗われて、堤防上は結構ウエットです。堤防の真ん中にいても、ケーソンの隙間から突然しぶきが吹き上げてくるので中々油断なりません。軍団の方々は早速ベースキャンプを作られています。

 むう、皆さんより早く釣らねば、これは厳しい戦いになるぜ・・・と、カニをつけてさっさと高いところに上ります。5番の裏側ですね。

 ってか、軍団の方々、全然釣りを始められる気配がありません。なんか宴会らしきもの始めちゃってますよ・・・この雨と風の中で?

 とにかく第一投。ケーソンから泡が噴出しているところへスルスル〜。今は潮が高いです。

 スルスル〜・・クン!!

 おや?波の出し入れでケーソンの隙間に入ったかな?と、巻いてみるとク―ンと竿がお辞儀!生命反応だ?!いやいや浅すぎるんじゃないの?すげえ俺、ファーストタッチは俺ね、俺!!









イメージ 4

 あーーー ( ;∀;)

 ですよねー。なんかカサゴだかソイだか分からない日サロで真っ黒になったやつが上がって来ましたよ。

 はい、坊主回避、(=゚ω゚)ノ何か疑問でも??

イメージ 5
 誰も高いところに上らない中(軍団さんはずっと宴会らしきことやられてますが、いったいどういう事なのかしらん?)、どんどん6番方面へカニを入れて行きます。この間冷たい雨が降ったりやんだりしています。けど、花粉のばかちんだけはしっかり来ているらしく、下を向くと自然に鼻水がたれて参ります。ほら、ぶらーんってぶら下がって海に落ちてったよ。途中でティッシュもなくなり放置プレイです。

 さすが、2,980円の防寒具。雨の保水力抜群・・・濡れてぐっしょりなんですけど!(怒)開始30分で。

 スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。ガン玉3Bにして良かった。何とか落ちて行きます。銀治郎とはいえ、ラインがへばりつくね。これまた何かお手入れが必要なのかしらん。前はそんなに気にならなかったのに経年劣化もあるんかなあ・・経年言うほど釣ってないけどよ。

イメージ 6
 分かりにくいですが、結構ジャバジャバで、結構スケスケです。その上、パラパラみぞれらしきものが降ってきました。ジャバジャバでスケスケでパラパラでダラダラ(鼻水)でグッショリなんで、一刻も早く帰って風呂入りたくなっちゃいましたよ8時半・・・

イメージ 7
 6番手前から低い方も探りながら5番へ戻ります。まったく生命の気配を感じません。オー寒い。まだどなたの竿でも魚の姿を目にしてませんね。スルスル〜・・根気よく根気よく。もはやずぶ濡れ鼻水まみれのワタクシ、何も怖いものはありません。修行だこれ、完全な修行。あー、あったかいパチンコ屋に行きたいなあ・・(いや、パチンコ屋自体は、すっごく寒いことするんですけどね、俺に)

イメージ 8
 もう一度高いところ上がって、軍団の方々の後ろ通っていわゆる「角っこ」へ。皆さん、まだ釣りを始める気配がありませんけど、もしかして今日はBBQの日なの?

 角っこ、スルスル〜・・ここも流れが速いなあ、カニ歩きで落としながらじりじり移動。スルスル〜・・・

イメージ 9
 10時45分。なーんもないので「もぐもぐタイム」。本日もこのアカニシ貝はワタクシのえさに使われました。いや、わさび醤油最高に合います(いらない情報)。今年は絶対このエサでチヌ上げたるねん、モグモグ。今日の貝は小粒だから餌に向いてるなあと思いながらモグモグ。

イメージ 10
 11時半、沖はもはや沈黙しています。6番でシャーシャー投げられていた(ルアー)方々も12時の戻りに引き上げていらっしゃり(6番は潮が引いて高すぎるため5番へ移動)、だーれもいない海(と、後ろでまだ円陣組まれている軍団の方々)シトシトの雨とでワタクシもええかげんこのタダひたすらのカニの上げ下げに心が折れて参りました。

イメージ 11
 12時のお迎えです。

 ワタクシ今日何しにやってきたのでしょうか・・・海でびしょびしょになりながらアカニシ食って終わり。そういう宗教的な儀式?

 「帰りてえよー」

 軍団のお一人が冷たい雨の中、大声で叫ばれています。いやいや、皆様方、まだなんも釣りされてないじゃないっすか。ここからようやく(見たところ3時間は宴会やったね)散開され、釣り開始みたいですよ・・・やっぱプロはすげーや。ワタクシ本日はこれで上がって女子に癒されに行くことに致しました。


イメージ 12

 癒されるどころか、どつかれますけどね。50過ぎたおっさんが「魔法少女になってよ」って言われて喜んでる、これまた地獄絵図

イメージ 13
現場からは以上です。

■本日の結果
 釣果:ガッシー20cm
 仕掛:カットチヌ3号・ガン玉3B・勇竿ボサカニ
 判定:これで一体何をどう判定するのかむしろ教えて頂きたい。 
    0勝6敗 もはや一体何のブログか。

 とはいえ、ついにhuluで「24」に続き「キャッスル」も見終わってしまいました。もうベケットに会えないキャッスルロスです。休日にやることありません。よーやっと気温も上がって来たし、芝南あたり攻めに行くかな〜。どこ行っても痛くされるんですけどね。
イメージ 14
↑実績からは「芝南」は
ヒモなしバンジーですけど

イメージ 15
↑言うたら「川口●ルハン」も
ブレーキなしチキンレース

 もはや埼玉に安息の地なし。

 Q.どうしたら休日安全に過ごせますか

 ベストアンサー:「●ルハン」にゆかないで「●すだ(これまたでかいP店)」に行ってはいかがでしょうか。新しい世界が開けますよ。

 いやいやいや、あそこも毎朝、瞳孔の開ききった人たちが100人くらい並んどるやーん。あそこのバンジーはヒモなしの上に、後ろから蹴り落とされるやつやーん。

 SEASON4 第5戦 短信 芝浦南ふとう公園 3月2日
 タイトル「魚はいますね芝南」

■はじめに
 間もなく誕生日。免許の更新に行って参りました。
イメージ 1
 埼玉は鴻巣にあります、運転免許センター。こちらで更新をして参りました。違反を2回やってしまい(どっちも釣行や!)、2時間の講習受講が義務となっております。

 お歳を召した方は、運転者としても、歩行者としても注意が必要だという事を学びました。お年寄りは中々ご自分でも分からない行動をとってしまうものや。道路横断とか突っ込んでこられたことも確かにあります。

 そういえば最近ワタクシも・・・

①朝、通勤途中のバーガー屋で、アイスカフェラテを注文し、灰皿と一緒に席について、さて、「ガムシロ入れるか」と、普通に灰皿にガムシロをタラタラと入れているワタクシ・・・

実話です。

②会社へ出勤して、入り口でごそごそ。出勤の記録にカード(社員証)をピッとやるのですが、カードが見つからずカバンを探っているワタクシ。不思議に思った若手が聞いてきます。
若手「何やってんすか?」
ワタクシ「いや、社員証が見つからなくってよう・・」
若手「首からぶら下がってますよ・・」
ワタクシ・若手(同時に)「マジか!」

実話です。( ;∀;)

 間もなく55歳を迎え、アラシスになるワタクシ。完全に初老です。そういえば、最近どうも歳のせいで「引き」が弱くなったと思っています。

イメージ 2
こいつでも

イメージ 3
このありさま。歳と共に「引き」に衰えが・・

■芝浦南ふとう公園 3月2日 16:15〜19:30
 さて、こちらはその「ヒキ」さえ一切味わえない芝浦南ふとう公園、略称「芝南」。本日は、厳しい昼を避けて夜釣りに出撃です。 エサは地元で買った青イソメ(太)と、芝浦のセブンで一応(?)購入した「あかにし貝」。今日こそは5度目の正直、ここでガツンと釣ってやりますよ。

イメージ 4
 おかしいですな。毎回ほとんど釣り人がいません(←その理由が分からんかな、この人は)。今日も暮れ行く大都会の眺めを楽しみながら、アーバンナイトフィッシングのお時間です。写真に写っているのは「水上タクシー」って言うんですね。あれ、頼んだら、陸続きじゃないところでも連れて行ってくれるんやろうか?

イメージ 5
 まずは魚のアタリが欲しくて、イソメをつけてお台場側(潮通しのよいほう)に落とし始めます。17時前、もうずいぶんこの時間でも明るくなってきましたね。海は流れもあるのか、あまり透明度が高いようには見えません。これはチャーーーンスなのでは?スルスル〜・・うーん、4mあるかないか?

イメージ 6
 うーん。お得意(いっこも釣ってないけどな)の角っこは、外人さんがちゃんとしたカメラで写真を撮っています。アメリカで言えばハドソン川みたいなもんですかね、ここは。ハドソン川ってへち釣り出来るのかな・・・とか考えながらイソメを落として回ります。

 ・・・明るいうちは無理かな?なんもないね。

イメージ 7
 絶対にいると思うんだけど。そろそろ「ノッコミ」だと思うんだけど。行ったり来たり、それほど広くない釣り場を落として回ります(外人さんのいる角っこ以外)。スルスル〜・・イソメは底を取って、少し巻き上げステイ・・

 この間、カップルさん達が二組ほど来られましたが、居心地悪いのか(あんたがウロウロしてるからね)早めにお帰りになります。実はここ、カップル以外にも結構女性お一人で景色を眺めに来られる方がいらっしゃりビックリです。まあ、景色はいいのでお散歩にもピッタリなんですね。

イメージ 8
 17時40分。何もないので、暗くなるのを待つことにしました。ついに鈎に通すことなく「アカニシ貝」を単なる夜食として食べ始めます。イソメで反応ないのに、アカニシチャレンジする心の余裕はないんよ、ムシャムシャ。

 うまい・・ビール飲みたくなるやんけ。何しに来てるの俺。

 18時回って、夜に突入。このままじゃ5回連続パーフェクトボウズです。どうしてもアタリが欲しくてイソメでやってるんだから、お願いしますよ。

 依然、ほかに釣り人がいない釣り場で粘ります!カメラ外人さんもいつの間にやら帰られました。角っこも落とせる。角から入り口方面へ、潮の流れのないところを落として行きます。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜マキマキ。

 スルス・・・クン!

 おおおおお?ほとんど今年初めてのアタリ?!少しストレス掛けると・・なんか重い!そして走り出す!!竿いきなりΩ!!

 グイグイ横走りしますが、そこは銀ちゃん!ほーれ、負けへんでーと
プシュ・・

 ( ゚Д゚)

 実は、前回の仕掛け、アタリひとつなかったのでそのまま使っていました。だって、まさか釣れるとは思ってなかったんだもん・・(なんだよそれ)

イメージ 9
繰り返す、私は何度でも繰り返す(ミスを)

 ハリスぶった切られていました・・・しかし、今のアタリは走り方と言い、突っ込み方と言い、おそらくヤツですな。イソメに目がない長いやつ・・それでもいいからとにかく釣りたかった・・・

 19時を回りました。気を取り直し、魚がいたことに力をもらい、もう一度イソメを落とします。今度のハリスは2号じゃ!←既に完全にフッコ対策になっとる。

 も一度、流れの緩いほうでスルスル〜・・

 コン!

 すぐ来ました。時合いか!こいつも横走りします。もう一度竿Ω!!しかしこらえられない感じではありません。

 キュキュキューン

 おうおう、いいねいいね。忘れてました。糸は緊張すると鳴るんだったね。すっかりご無沙汰だったこの感じ。今気が付きましたけど、5m向こうで女性が一人で夜景を眺めてます。ワタクシ、あなたのすぐ横でこれだけグイグイやってるんすけど、少しは見ようとしませんか?気になりませんか?見てくれてもいいんじゃないの?

 エラ洗いで完全にフッコと分かりました。うーーーん、微妙。とはいえボウズ回避、ここ芝南にも魚はおった。タモ入場・・5mで柵の上からちょうどいい感じです。

イメージ 10
 19時00分。室井さん、フッコ45㎝確保です。

 うーーーーーん、やっぱ微妙。
釣れれば何でもいいとか言っていながら、いざフッコだと微妙!やっぱカニ持ってくれば良かった?(フッコもカニ食うけど)

 何でしょう。不思議なものです。ルアーマンはチヌを外道と呼びますが、我々はフッコを外道とします。直近のレートは1クロ=20フッコ=10,000グーフーとなっております。ごめんなさい、やっぱクロが釣りたいです・・

 とは言え、アカニシ貝は食べてしまったし(何やってんだか)、もう一度イソメを落とーーす!スルスル・・

イメージ 11
 こちら側は風もなく釣りやすいです。スルスル〜・・

 コン!

イメージ 12
 メザシ15cm・・・やる気イレイサー登場・・君が来始めたら、果てしなくメザシ地獄が続くことをこの3年間で学びましたからね。

 もう帰ろ。。。今日はこのくらいで勘弁しといたるわ!(メダカ師匠)19時半、納竿です。

■本日の結果
 釣果:微妙なフッコ45cm(なかなかのオイニーでした)、メザシ1匹
 仕掛け:カットチヌ3号、ガン玉2B、青イソメ、アカニシ貝(エサとしては使ってねーだろ)
 判定:微妙・・・今シーズンはチヌだけを勝ちに数えますわ。0勝5敗、勝てないレッドビッキーズ。
イメージ 15

 しかし、芝南に魚はいることが分かりましたので良かったです。これからノッコミ始まったら、きっとここでもチヌが釣れるでしょう。まだまだ通うぞ、芝南でチヌ上げるまで通ったる。

イメージ 13
↑花粉は世界的な病気だと知りました。
鼻の低い日本人で良かったよ俺は。

イメージ 14
↑フッコごときで俺を封じられる
と思うなよ小池都政

Q:最近若手に尊敬されていない感じがするのですがどうしたらよいでしょうか?

ベストアンサー:最近に始まったことじゃねーだろ。



 SEASON4 第3・4戦 芝浦南ふとう公園・豊洲ぐるり公園 2月26日
 タイトル「花粉とYシャツとわたし」

■はじめに
 「リスティング広告」というやつでしょうか。インターネットの検索で、その人がよく検索しているキーワードを分析して「ああ、この人はこの事柄に興味がありそうだから、関連広告を載せちゃえ」というインターネット上の広告掲載機能。多くの会社がやっていると思います。例えば、PCで子供の受験に関する情報を集めていたら、やたら予備校の広告が表示されるようになったとか。便利というよりウザイ機能ですね。

 で、ワタクシのブログ村マイページの画面・・






イメージ 1
 何検索してたらこうなるんだよ。しかも二段重ね。

 あ、「坂口杏里 激やせ」の記事とか見てたから?それ??←あんたは一体何が興味でそれを見ていたんか・・

■芝浦南ふとう公園 2月23日 17:45〜20:00
 そんなワタクシが現在、腹回り以上に気になる場所が「芝浦みなみふ頭公園」です。昼間行っても全然魚の気配がないので、今度は夜釣りに行ってみようと出かけました。やっぱ釣りのだいご味は夜でしょう、夜。

イメージ 2
餌勝さんでイソカニ10匹購入。意地でもカニで釣ってやりますよ、はい。前回、ここから芝浦南ふとう公園まで車で15分とか言っていましたが、大嘘でした。きっちり30分掛かってしまいました。ちょいちょい適当な情報が入っていますので、皆さんはこのブログには気を付けてください(お前が気をつけろよ)。 

イメージ 3
18時前に現場到着。閉場は21時ですので、MAX3時間勝負です。ジョギングしている人と釣りの先客お一人がいらっしゃるくらい。大都会の中で、ちょっと寂しい場所ではありますねえ。およそ、周りには倉庫ばっかりですから土日となればこんなもんでしょう。あとは暖かくなれば、やぶ蚊とハッテン系が・・・

イメージ 4
ありゃ、得意の(得意?)角っこに先客がお一人。何やらちょい投げされています。本日も橋の下を渡る風が強いので、こちら側からスタートします。カニつけてスルスル〜・・「クロダイ、出てこいや〜!(いい加減によお)」

イメージ 5
おだやかな方は、なんも反応ありませんでしたので、こちらお台場側に出て参りました。まさに干潮、4mないんでしょうねえここ。スイスイと釣り歩きます。この場合のスイスイは全然うれしくありません。なんの「ケ」もありません。( ;∀;)

イメージ 6
 んごごーっ。まったくどうしてここはいつも風がすごいのでしょうか。せっかくの夜釣りも、こう風がすごくてはとてものんびりやってられません。投げられている方と、どちらが先にギブするか競うかのように我慢合戦をしていましたが、20時前、先方がお先に帰られました。

 すると、俺(独りぼっち)が怖くなって、釣りなんかやってられないっちゅうの・・風でコンビニの袋が転がってゆく音だけでアレが縮み上がっちゃいましたよ。都心の夜釣りはこれが嫌だね。たったカニ1匹で全く何事も起こらず閉店ガラガラ〜・・・芝浦南ふ頭、人がいたらいたでハッテン系だし、いなかったらすっごく怖いし。中々難しいところやなあ。夜釣りも収穫なし!!

■芝浦南ふ頭公園 2月26日 11:00〜12:30
 っちゅう訳で、昼も夜も依然何もないここ「芝浦南ふとう公園」ですが、それでもあきらめない。26日の火曜日は会社の年休を使ってまで出陣です。平日の昼間、公園には意外とサボリーマン的な方々がいらっしゃいます。

 本日は、餌勝まで行くのが面倒なので、地元のキャスティングで購入した、青イソメ(太)持参です。虫なら、せめて何らかの魚の反応があるでしょう。(あったらあったで、ハゼとかは嫌なんだけどよう)
イメージ 7
うすら寒いですねえ。もうこの光景の写真は撮り疲れました。そろそろクロダイ上げて、「やーっ(ダチョウ)」ってやってる写真をアップしたいところです。

イメージ 8
この角っこ。潮が渦巻いているところ。鉄板だと思うんですけど。第一新堤でも、D突堤でも、この角っこの渦巻いているところがホットポイントと聞いています(何回行っても自分では実感ないんですけど・・)。イソメでスルスル〜・・

 ・・・

 「ハゼすら来ない」ってあります?( ゚Д゚)イソメで?

イメージ 9
さすがに平日の昼間。グランドにも誰もおらーん。土日はこのグランドで子供たちがサッカーやってるので、賑わいはあるのですが、平日のここは静かなもんです。あー、年休取って完全ボウズとかありますのん?

 んごーーっと、昼でもまた風にやられます。ここ南ふ頭公園は、陸地が張り出しているので、風には弱い釣り場ですなあ・・

 移動や、移動!( `ー´)ノ戦略的撤退や!

■豊洲ぐるり公園 2月26日 12:45〜14:00
 っちゅうことで、まだほとんど使っていないイソメを乗っけて、ブロラン号でレインボーブリッジを渡ります。豊洲ぐるり公園は、レインボーブリッジ挟んで、向かい合っている感じです。あっちじゃ釣れなかったのに、橋渡っただけでこっちでは釣れるのであろうか・・(←当然の疑問に心のシャッター閉めて立ち向かいます)

イメージ 10
こっちはこっちで誰もおらーん。釣り場独り占め!釣り放題!(がうれしい訳ではないんよ)ここは浅くて、水深は3m強というところでしょうか。豊洲の市場の目の前でクロダイ釣っちゃらあ(まあフッコでもいいかもう、とか思いながらイソメで)。

 んごごご−−

 これまた風がきつい!向かいの芝浦南ふとうが風にやられている時は、豊洲ぐるりも風がきっつい時、と覚えておこう。
イメージ 11
あーあ、誰か防護網壊しちゃって・・この先端はなかなかのHOTSPOTと見たり。スルスル〜マキマキ・・イソメの場合は底をとってから3マキ戻してステイする感じ。スルスル〜・・

 ・・・

 ・・
イメージ 12

 まあ、Google Earthで見ても、芝浦とは向かい合ってますから、向こうで釣れないものが、同じタイミングでこちらに来たら釣れるって思う方が都合がよすぎるんですけどね。

 しかしやろうと思えば「芝浦南ふとう」「豊洲ぐるり」「有明北緑道」そしてお台場へと、かなり近い範囲でランガンできますね。今年のGW10連休の活動場所は決まりだね(10連休、このエリアで暮らしてやりますよ、はい)。

イメージ 13
しかし、なんもない!こんなちょっとしたところ、ギマでもええで!(ええの?)わざわざ橋渡ってきて「両岸でボウズ」バランスとってどうすんねん。

 ・・・

 ・・・ここは豊洲だぜ?魚は売るほどいるんじゃね?

 ・・・豊洲で釣れないって何?

 ・・・

 ・・・

 「豊洲」っつうだけで魚釣れるんだったら、両国じゃ高安(田子の浦出身)が釣れちゃうっつうの!撤収!!

 ちょっと何言ってるか分からなくなったので帰ります。


イメージ 14
現場からは以上です(ゼロ〜♪)

 またまた泣きながら豊洲ぐるりを後にしました。この時期は本当に厳しいです。イソメでも完全ボウズが続きます。ハゼすら来ないこの釣行記(いや、釣ってないから、釣行してないから)、明日はどっちだ。

■本日の結果
 釣果:秘密💛
 仕掛:カットチヌ3号・ほとんど海にまかれるイソメ・折れない心
 判定:負け レッドビッキーズ連敗街道まっしぐら 0勝4敗

 俺の年休返してくれ。( ;∀;)

 やっぱ冬の昼間の陸続きは無理目なのではないでしょうか。早く来ないかノッコミシーズン。まあ、去年も同じこと言ってて、結局ノッコめてなかったし。やっぱ沖提へ行かんといかんのね。来週は何とか沖へ出たいと思います。花粉も沖までは来なかろうし。

イメージ 15
↑芝浦のセブンにあかにし貝発見
こりゃあ便利だ、釣れんけど。

イメージ 16
↑もう東京オリンピックまで
釣れない気がする。知らんけど。

 SEASON4 第2戦 短信 芝浦南ふとう公園 2月17日
 タイトル「何回行っても釣り場紹介しかできないっす(涙)」

■はじめに
 前回初めて行った「芝浦南ふとう公園」。絶対に魚影は濃いと思うのですが、これから暖かくなるに向けて、どうしても懸念材料があります。「芝浦南ふ頭公園 撮影」で画像検索すると、レインボーブリッジの下からお台場の夜景を捉えた、とてもロマンチックな画像が現れるわけです。

 カメラマンが多い?いやいや、それは全く問題ありません。お互いに興味の先がまったく違うので、むしろ共存できる感じです。ただし、カメラマンが魅かれる「ロマンチックな夜景」に同じように魅かれて来る特別な方々。そうです、赤レンガと同じ愛を語るカップル達がわんさか来そうな感じな訳です。

イメージ 1
 昼間見たって、こんないい景色なんですから、これがライトアップされたりしたら、そりゃもう飛んで火にいる夏の虫のように(言葉の使い方おかしいです)カップルがブーンと群がって来ちゃうわけです。しかも、「夜景を眺めに」とか言いながら、ちっとも夜景なんか見ないわけですよ、あの方達。その人たちの3m手前でずーーーっとカニを海にシャブシャブし続けるって、サウナの我慢比べと同じわけですよ。根負けしたほうが去らねばならんのです。まあ、いずれにしても21時で強制終了ですけど。

イメージ 2
 オヤジが一人で夜釣りしてる時点で、既にワタクシの負けけなんすが、漢(おとこ)には引けない時ってもんがありやすんで(銀魂)

 やぶ蚊とカップルには敵わないんだよ、へちのオジサンたちじゃ・・・だってあの人たち、一切構わずハッテンしちゃうんですもの。「君が出すなら僕の竿はしまいます・・」ってか。

■芝浦南ふ頭公園 2月17日 10:00〜12:45
 さて、その芝浦南ふ頭ですが、前回の時間情報(開園8:00〜20:00)に誤りがあったようです。

イメージ 3
 「公園の閉場は21時」ってなってますね。
こりゃあますますカップルが延長できちゃうわけですねえ・・

 前回はムシで無視されたので(うまくねーよ)、餌勝さんでカニ10匹買ってまいりました。葛西橋からここまでおよそ15分ですかね。ちょっと面倒。貝なら現場調達できるけどなあ。

イメージ 4
 お台場側の直線。私は手すりがあるほうが好きです。これなら夜釣りも安心だね。今日は先週ほどではありませんが、橋の下を渡る風があり、ちょっと釣りにくい感じです。ここは風が吹いたら、先の角、右手で釣るべきかと。今日はムシで釣られてる
へちの方1名、サビキの方2名がいますが窮屈感はありません。

イメージ 5
 海中がどうなってるか分かりませんが、こうしたちょっとした変化のあるところを狙いながら落として行きます。スルスル〜・・・今は干潮から上げに向かい始めたところ。うーん、4mちょいくらいかな?

 スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。

 (*´з`)まあね。そう簡単には何もありませんや。

 ここは本当にグラウンドのすぐ横って感じです。今日も子供たちがサッカーの試合をしています(何も起きないものだから、こんなお知らせしかありません)。

イメージ 6
 本日も角っこを攻める〜。ここはちょっとだけオーバーハング気味なんですね。いやあ、いかにも何かいそうな雰囲気ではありませんか。カニスルスル〜・・

イメージ 7
 鉄柵のギリギリまで攻めますも、特に何も起きません。今日も苦しい・・

 またお台場側で攻め続けていると・・

 コン!

 ・・・?ブルって合わせちゃいましたけど、乗った感なしです。上げてカニを見てみると、ボクサースタイルで硬くなって死んでいます。???うーん、噛まれた跡ないけど、今のは何かアタリなん?何でカニ丸まって死んでるの?よく分かりません(アタリであったと思いたい)。この程度のことをなぜ記すかと言うと、それは3時間経っても、これ以外何もないからです(涙)。実はもう一度同じ感じで、1回だけコツっと来たと思ったらカニが丸まって死んでいるんですけど、なんですかね。誰か「それはチヌのアタリです」と言ってくれないかな。
イメージ 10
 丸くなって死んじゃってます。なんですかね。でも歯形付いてないし。

 ・・・

 とか、全然煮詰まらない釣りをやっていると、入り口の側からカチャカチャと釣り具音。どうやら新しい釣り組の方々がお三方やってらっしゃいました。ムム!竹竿にカニ桶、高そうなタモ・・
 
 心の声「やべえ・・・本物が来ちまった(じゃあお前は何なのよ)」

 笑顔のおじ様「こんにちは〜どうですか?」
 ワタクシ「いやあダメですね。一回当たったような当たらないような(どっちだよ)」
 
 本装備(ワタクシはまたベンチコート)で笑顔のアニマル浜口風のおじ様(すみません)に腰が引けてます。

 おじ様「もしかしてブログやられてません?」
 「へ?」

 この方、いつも私がブログ拝見して、その腕前うらやましいと思っていた「ほにゃらかほへと」さんでした。感激です。握手をして頂きます。そして色々お話を聞かせて頂きました。ワタクシからはクソの役にも立たない話しかなくて申し訳ない限りです。お仲間の皆さんも大変にお優しい方々で、こんなドシロートの私を先の釣りに誘って下さいました。結構トンネルくぐって(千葉へ)行かれるんだそうです。楽しみにしております。

 で、お三方、「ここは確かにいそうですねー」と竿を出し始められます。

 これはチャーーーンス( `ー´)ノ

 お上手な方々の釣り方をパクッて見てみようじゃないの。

イメージ 8
 盗撮です。すみません…じーーーっと横から見てみます。ふむふむ、へちギリギリを、結構な長さを「竿の下げ」で落として行くんですね。で、おお、なーる。ふーん。最初はぐーーっと肩が外れる位まで腕で調節して下して、そこから初めてリールの回転で落とされている。落とすスピードもたぶん私よりゆっくりです。なるほど自然に貝が落ちる感じってあんな感じか・・俺、適当すぎるなあ。へち際にこだわられているから、乗り出しもすごい。

 失礼と思いながら、しばらく釣り方を拝見していました。有難うございました。

 と、言うわけで、本日は結局これで閉店ガラガラ〜。またまた連続ボーズでありましたが、新しい出会いがあり、(勝手に盗み見で)勉強させていただき、来た甲斐がありました。 

 してみると、もう少しマシなリール、タモ、餌箱(ワタクシ今やパッカンにカニ入れてるんですよ?そんな人見たことない。でもカニ桶って何故かリールより高い・・)が欲しいなあと思いました。今夜もアークスのHPを見ながらうめいています。ガスと電気合わせて4万超えたので頭を抱えている妻の横でうめいています・・


 「くっそー、あいつさえいなければ」


イメージ 9
↑「あいつ」
土曜日も1,500枚呑まれました


■本日の結果
 釣果:なし!(いっそ爽やかに)
 仕掛:パッカンでうごめくカニ、カットチヌ3号、ガン玉2B
 判定:またまた大敗 0勝2敗 レッドビッキーズ(林寛子?)なみの勝率

 もっと暖かくならなければ無理でしょうか「芝浦南ふ頭公園」。でも絶対にいい釣り場だと思うんですよね(ほにゃらかさん達も本日は残念だったそうな)。

イメージ 11
↑ここ、たぶん桜が咲くとハッテン
来ちゃうんですよね(赤レンガ参考)

イメージ 12
↑どちらかと言うと、我々がむしろ
邪魔者扱いされますベイエリア


Q.どうしたらカニ桶買うことができますか?

ベストアンサー:「ガス電気止めりゃいいじゃん」

 SEASON4 第1戦 芝浦南ふとう公園 2月10日
 タイトル「退屈を吹き飛ばせ 新しい釣り場を見てみよう!」

■はじめに
 2月、ワタクシのへち釣りライフもついに4年目に突入です。が、さすがに2月の極寒の環境下で中々スタートが切れません。年末以来、huluに契約して、休みの日はお部屋で「プリズンブレイク(今更?)」をずっと見ている生活が続いていました。

 でも、先日ついにプリズンブレイクも全て見終わり、さて、どうすっかね。退屈だあね。

イメージ 1
 で、あげくは↑こいつのところの「まどマギ」に「退屈」どころか貴重な小遣いを吹っ飛ばされ(50過ぎて萌えスロやってんじゃないよ)・・・

 ここまで追い詰められたら、釣りでもしますか(え?へち釣りってそんなポジション?)という流れで4年目出撃SEASON4の開始です。そもそもSEASON3がとんでもなく雑な終わり方でしたので、あのプリズンブレイクのような「え?この終わり方?次のシーズンどうなるの?」的な期待感はどこにもありません。

■芝浦南ふとう公園 2月10日 11:30〜14:30
 そんなネガティブキャンペーンを自ら張りつつ、どうせ釣れないなら(言っちゃったよ)新しい釣り場を探してみようという事でNETで見つけた「芝浦南ふとう公園」に昼から出撃です。本当はこの日、地元の少年スポーツのマラソン大会の協力があったのですが、前日の降雪の影響で当日朝、中止となりました。すなわちサッカー姿(ベンチコート)のまま釣りに行きます。

イメージ 2
 「芝浦南ふとう公園」上の地図は港区のHPからお借りしています。おお、レインボーブリッジがぐるっと回ってるところの真下ですね。私のオフィス(品川)からもかなり近い!

 (これより結果的に割とまじめな釣り場紹介になっています。シクシク・・
イメージ 15

 よーし、今日はとにかくアタリが欲しいっちゅうことで、地元のキャスティングで久しぶりの青イソメ(太)を購入して首都高で現地へ!芝浦の降り口をくいっと左折するとそこはもうレインボーブリッジの遊歩道入り口。この先が「芝浦南ふとう公園」です。

イメージ 3
 ふむふむ、すぐ近く(というかほとんど入り口)にある広い駐車場昼間は1時間300円で、最高2,400円のリミットありですな。高速出口からの距離と言い、ここから釣り場への距離と言い、実に車での釣行には便利な場所だ!(ただし、高速出口から直行してしまうとコンビニはありません。)

イメージ 4
 駐車場を出て、すぐ左が「レインボーブリッジ遊歩道入り口(この写真の右手)」カップル達が手を繋ぎながら「何あの人?この寒いのに釣りするつもりかしら。馬鹿じゃないのクスクス。」と言うささやき声でレインボーブリッジに上ろうとするのを右手に見ながら、敢然とその先に進みましょう。タモをしゃーーっと伸ばして威嚇してやるのも一興かも知れません。

イメージ 5
 こちらが入り口。正面に見えるのがサッカーグラウンドです。基本ここはこのグランドメインの公園で、本日も地元の少年団がサッカーの試合をしております。ワタクシのベンチコート姿はこの群衆に簡単に紛れますなあ。知らないお母さんたちが、相手チームのコーチだと勘違いするのでしょう「お疲れ様でーす」と挨拶してくれます。手に持ったタモを「海に落ちたボール拾い用で持っている」くらいに思っているのでしょうか。すんまそん、ワタクシ今日は審判しません。

 ちなみに公園自体は8:00〜20:00までしか入れません。うーん、夏も半夜くらいしか出来ないか。トイレはこの写真の右手に綺麗なやつがあります(サッカー用ですが)。釣り場へは、このグランドの脇を回ってゆきます。右手から回って行くと・・

イメージ 6
 おーーー、いい感じ。釣り人は一人もいません。この右手に船着き場があり、そこ
からこの先の角まで直線50mくらいか。右手側には現在潮の流れはありません。(深さも4m弱くらいが続いていました)この日はレインボーブリッジの下を強い風が通り抜けていましたが、こちら側は無風。日差しもあって暖かい。が、サッカーの子供たちがワラワラとやって来ます。「何が釣れるんですか〜?」

ワタクシ「でかいクロダイかな〜」
子供たち「すっげーーー」

私はいつから平然と嘘をつける人間になってしまったのでしょうか。まだ一投もしてないのに・・・「でっかいの釣って港区の甘ったれ小僧のお母さん達にキャーって言われたい・・・」←この人こんなんばっかし。

イメージ 7
 まずはこの入り口横の角っこ、いわゆる「群馬の釣り堀鉄板」ポイントに青イソメをつけてたらしてみます。スルスル〜・・

 青イソメだから、ハゼとか釣れちゃったら恥ずかしいかな〜?無理やりタモ使っちゃおうかな〜(ハゼに?)とか考えつつ、スルスル〜・・

 スルスル〜・・マキマキ。8歩動いてスルスル〜・・へちに貝はしっかりついてますね。ここ、シーズンには100%チヌ釣れるわ。しかし今は?スルスル〜・・

 ハゼ来ちゃうんじゃね?スルスル〜・・

 ハゼじゃなあ・・スルスル〜・・・

 ハゼくらい来んの?スルスル〜・・

 ハゼ来いやコラ!スルスル〜・・

 ハゼ4段活用。

 (*´з`) ふー、虫でなんもねーーー。まあ想定の範囲ですけどね。

イメージ 8
 先端まで来ました。ここは左から潮が流れて来ていて、渦巻いています。こういうところが釣れるんだよね体感的に(毎度ながらあてにならない「体感的」)。

 この右手向こうにはお台場のフジテレビが見えます。「室井さん、事件は現場でなんも起こってないぜ。ふう・・」(-_-)zzz

イメージ 9
 角を曲がるとこんな感じ。レインボーブリッジの真下ですね。直線70mくらいか?こちらのほうが深さがありますが、今日は風と潮の流れが速すぎてよう分からん。5mはないと思うけど。で、潮面までは4mちょっとかな。これがいわゆる「潮通し」がよいっちゅうやつですな。

 んごーーーっ。こちら側は北東から吹く風がもろに橋の下を潜り抜けて、とんでもない状態です。寒い!ベンチコートごときでは、この風は防げない!!こちら面は風があるときは厳しい場所になりそうです。さっぶい〜

イメージ 10
 一時撤退!さっきの角っこのところに落とします。先の潮が右に流れている様子が分かりますね。この角を曲がるとパタッと風と流れが無くなります。これは、いずれの風でも、どちらかが風裏になって釣りやすいってことかな。ふむふむ。

 それにしても、青イソメでいっこも反応なし!いやいや、ハゼくらいはいるでしょ。決して求めてる訳ではないけど、虫で無反応って・・寂しすぎるぜ。

イメージ 11
 今度はどんつきまで行ってみる。風の強さと潮の速さがすごくてとても釣りになりませんわ・・ふう。これまた寒い・・何もないから心も冷え切っちゃうよ。

イメージ 12
本日の心象風景

 あきません。イソメでどれだけ探っても何もありません。場所と言い、雰囲気と言い、絶対に釣れる環境なのですが、真冬の真昼間、クソ寒い外気温のもと、ここに魚がおる訳がありません。まあ、いいか。今日はもともと釣り場の様子を見に来ただけだから(イソメ持って、タモかついで?)。

 と、言うわけで早くも「閉店ガラガラ〜(おかだ)」。いっこも水につけなかったタモかついで「まあ、あの人、このクソ寒いのに釣りしてたのかしら?馬鹿じゃないの?クスクス」とレインボーブリッジ遊歩道散歩を楽しんだカップルに再度バカにされながら車に戻ったのでした。くすん。

 本日は以上です。特にお知らせすることは他にありません(ここまでも何も知らせてないけど)。

■本日の結果
 釣果:事件は現場で起きません(真冬の昼間では)
 仕掛:え?見学しただけだし。
 判定:負け?土俵にも上がってないのに不戦敗? 通算0勝1敗

 SEASON4の開始に当たり、新しい釣り場で華やかなロケットスタートを切るという逃げ切り戦略はかくのごとく失敗に終わりました。まあ、これを戦略っつうのもたいがいの睾丸さ、いや、厚顔さですけど。

イメージ 13
↑ここ絶対釣れると信じ、近々また行きますわ。

イメージ 14
↑でも夜釣りはとてつもなく人気(ひとけ)が
ない気がします。ビビりの俺には無理目か。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事