ここから本文です
 SEASON3 第24戦 短信 電車でGO D突堤 11月24日
 タイトル「老後はきっとこのルート」

■はじめに
 ワタクシ、小学生のサッカー少年団のコーチをやらせて頂いております。自分の子供たちは結構前に卒業して退団してしまいましたが、団活動自体が楽しくて親の私は留まっております。

イメージ 1
 4級審判員という資格も持っていますが、これは原チャリの免許よりも簡単に取れます。サッカー経験のない私でも、なんか「Jリーグの下部組織的なものに所属してるんよ」と言って、後輩女子の尊敬を集められるという不純な効果があることは否めません。そう遠くない老後も、へち釣りと少年サッカーの応援で楽しく過ごす感じですかねえ。本日時点で、5年生のカウンターに追いつけず、父兄の失笑くらいましたけど、免許と同じく「いつまでも資格返還しないで」ツエついて審判やってやろうじゃないですか。

 本日も公式戦に帯同。試合前にグランド近くに大きな神社があったので、必勝祈願のお参りに行きたいが、子供たちが小銭を持っていないと。

イメージ 9

「ホレ、これ持ってけや」「すっげー!コーチ、これどこの国のお金?」

 「マルハン王国だよ。世界一税金の高い。」

 意に反して大喜び、ジャンケンでスロコインを取り合う子供たちでしたが、神社のほうが一枚上手。「お賽銭はお札のみでお願い致します」との張り紙があり、賽銭箱すら無かったとさ(ぎゃふん)
 
■D突堤 11月24日 10:30〜16:00
 さて、先週のお話なんですけど(この時点で結果は推して知るべし)、家の車が車検なので、初めて電車で横浜沖提に出かけて参りました。短信です、短信。

イメージ 2

 埼玉からは、JRで池袋まで出て、後は地下鉄の東急乗り入れ「元町・中華街」行きにずーーっと座っていればよいので非常に快適ですね!出口はこちら↑山下のドンキ・ホーテの脇に出て参ります。

イメージ 3

 んでもって、この再オープンし立てのドンキ・ホーテの前を通り、一つだけ角を曲がるともう新山下の釣り船銀座です。マジで徒歩5分掛からんわ、こりゃ楽勝。

イメージ 4
山本釣り船店10時便の出航前です。ほら、向こうにドンキが見えるでしょう?本日は、ボサカニ10匹を購入です。もちろんこのバッグにはセブンで買った「あかにし貝」も入っています。

 しかし、この荷物で電車に乗った訳ですが、なんか剣道の試合に行く人みたいな感じですな。ある意味「勝負に向かう侍」じゃけんのう。

イメージ 5
はい、D突堤上陸・・・人気のコバ方面が空いている時点で、もう嫌な予感しかしませんなあ。

イメージ 6
まずはここにベースキャンプを開き、カニを付けて落としまくります。向かいの第一新提は本日もアジンガーがたくさんいますねえ。ガン玉は2B、早速行ってみよう!内側の低いところからコバでスルスル〜・・っと、流される〜、新提との間を抜けて沖のほうへ速い潮の流れがあります。こういうの、メジナ釣ってた時は問題なかったけど、クロはどうなの〜・・ぎゅーーん。

 スルスル〜・・ぎゅーーん。スルスル〜・・ぎゅーん。スルスル〜・・ぎゅーん。スルスル〜・・・ぎゅーん。スルスル〜・・(以下略)

イメージ 7
1時間半、D突堤ランドの「するするぎゅーん」というアトラクションで遊びましたが、特に記すことはありませんでした。「するするぎゅーん」は小さなカニさんにはハードな乗り心地のようで、結構逝っちゃいました。なんの反応もなくな・・・

 で、今度はこちら「カマボコ」です。これまた釣り人の姿が見えない時点で期待感「パチンコまどマギ」の緑保留くらいです。放っておいてトイレに行ってもよいくらいの期待値があります。(まあ、ここには「グーフーチャンス」というガセ機能があるため、ちょっとドキっとできますけどね。へへへ。)

イメージ 8
御覧のように、軽くハング気味。結構シャバシャバ波立っていて雰囲気はありますね。ここもカニ入場〜スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜マキマキ。スルスル〜マキマキ。凹みを一つずつ、落として行きます。スルスル〜・・

 スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・

 スルスル〜・・

 【1時間経過】

 スルスル〜・・

 つーん!

 おっと、ずっとカマボコを行ったり来たりしていましたが、テトラに近いところで不審な竿先の動きが?今、確かにお辞儀しましたね。軽く聞いてみますが、手応えはナッシン・・・

イメージ 10
おー!カニベコやで、カニべコ!ここにはやはりおるぞ!カニ付け替えてスルスル〜・・ちょっと底の方だったな。スルスル〜・・なぜあの瞬間合わせ入れられないかね、スルスル〜・・

イメージ 11
また何もなくなったな。今度はこいつでスルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・むしゃむしゃ(食うんかい)。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・むしゃむしゃ。

 ハリに1個付けるたびに自分で1個食べるスタイルなので餌の減りが速い。しかし、釣りしながら食事ができるので「あかにし貝」便利で旨い!

イメージ 12

人間には「わさび醤油」、魚用にはこの「濃厚オキアミエキス」を付けます。交互にやるので、間違えると大変だね。「死ぬ」まであるよね、下手すっと。

 ・・・・

 ・・・

 ・・・

 ・・・( ゚Д゚)

 ・・・

イメージ 13
15時回って潮が上がり、波しぶきも激しくなってきました。今日のところはこの辺で勘弁しといてやりましょうか(めだか師匠)。

イメージ 14
16時の便で撤収!日が暮れるの早いねえ・・

 電車で往復3時間。実釣6時間弱でアタリ1回のみ。しかし、カニベコ1回あっただけで何故か大満足ですよ。ここ沖提には可能性があるっちゅうことですもんね。また来ましょうや。

■本日の結果
 釣果:つーん1回(これで白飯2杯はいけるね)
 仕掛:カットチヌ3号、ガン玉2B、ボサカニ、アカニシ貝、わさび醤油
 判定:惨敗、3勝21敗

 帰りも楽々、「元町・中華街」から始発で座れましたが、快適すぎて寝入ってしまい、池袋を乗り過ごし中村橋のほうまで行ってしまいましたとさ。


 ※本日は釣行報告ではありません。「お勧め!横浜電車釣行の方法」について解説させていただきました!(魚の写真ゼロやもんな)

イメージ 15

イメージ 16
↑これからは横浜は電車にしやす。
帰り寝過ごすと小手指まで連れてかれるがな。


イメージ 17
↑子供にスロコイン渡すのは指導者として
あかんのちゃうのん。

この記事に

 SEASON3 第21・22・23戦 化学戦 江東某所・D突堤 11月03・04・11日

 タイトル:「人がおいしいものはフグにもうまい」

■はじめに

イメージ 1


只今6時半・・・高速で山下方面へ向けて移動中・・・

 少し焦っています。

イメージ 2
まさかの「ひょっこりはん」・・・

 おかしい。朝、きちんと済ませたはずなのに、ちょっとおなかのハリを緩めたら、どうも気体ではないのがまさかの「ひょっこりはん」
  ・・・50歳超えてこれはやばいでしょ。半ケツ上げて運転中。一刻も早く新山下のファミ●へ行かないと。

 「もう、大変なことになるぞ」

 ・・・急げ俺、いや、マジで。



■D突堤 11月11日 08時15分〜14時15分
 と、言うわけで行ってきました、久々のD突堤。ひょっこりはんを何とかするために(どうしたんだよ)7時の便には間に合わず8時の便に乗ります。
イメージ 3
お久しぶりの山本さんでボサカニを10匹購入。もちろん本日はセブンプレミアムの「わさび醤油がおいしいあかにし貝」2パックも携帯しています。まあ、カニで攻めながらあかにしが本物かどうか試そうっちゅうところです。

イメージ 4
山本さんの高速船は実に快適です。あっちゅう間に沖へ。こちらは8時の「第一新提」。やはりアジンガーの方々が灯台回りをみっちりと押さえられています。やっぱD突堤にしてよかったかも。ちょっとへちれる感じではありません。

イメージ 5
8時過ぎ、D突堤上陸。んー、空いていますな。へちの方は3名くらい?それはそれでどうなんでしょう。そろそろシーズンオフなのでしょうか。

イメージ 6
カマボコから始めます。いわゆる角っこ好きの群馬県人ですから、このカマボコの凹みに落とすのが大好物です。まずはカニを落して行きますよ。スルスル〜、マキマキ。スルスル〜、マキマキ。ちょっと澄んでいる感じですね。スルスル〜、マキマキ。

 奥から二っつ目。底のほうで・・・

クン!

 あ、これは嫌な感じ・・ちょいと竿先上げるとクイーっと持っていかれます。が、軽い・・・あいつでしょ、あいつ。


イメージ 7
はい、30分立たずしてボウズ回避です!(きっぱり)

 あちゃー、こいつがいるということはおそらくカマボコ一帯がグーフー軍団占拠中
っちゅう気がするわけですね。こりゃああかん。早々に突堤の高いところへ上ります。もう一度カニ付けてスルスル〜・・・マキマキ。「アタリは作りに行く感じです(BY師匠)」ってことやったな。波に乗せて〜、ゆっくりスルスル〜・・少しずつ知恵を使うようになりました、へち3年生。

 スルスル〜・・・・


イメージ 8
まーた、お前かい!!こっちでもいいペースでカニが削られて行きます。うーむ、しかしフグの下にはチヌがいるという格言(?)もあるとかないとか。我慢の時が続きます。

■(ここで回想)江東某所 11月3・4日
 実はこの前週、土日、江東某所に出撃していました。
イメージ 9
こいつで2日間チャレンジ。写真がすでに俺のエサになっている時点で結果はお気づきの通り、パーフェクトボウズです。いっこもアタリがありませんでした。サバはバンバン上がってましたけどね。

 例の濃厚オキアミエキスも使ったんですけどね。例えセイゴにしてもチンチンにしても、これ付けて魚の反応が無かったことはこれまでなかったのですが・・・

 まあ、それにしても「あかにし貝」旨いってや。本当最強のエサじゃね?(あんたはそれで1匹も釣ってねーけどな)

■D突堤 (続き)
 もっと、先っぽ(コバ)の方へ行ってみましょう。先っぽは激アツですよ。普段は先客が多くて中々は入れないのですが、本日は空いています(それ、ダメなんじゃね?)。

イメージ 10
アカニシ投入ですよ。楽しみ〜。1個付けて、1個は自分で食います(なんじゃそりゃ)。これだと2B付けてるのはちょっと重いかもな・・スルスル〜・・・

イメージ 11
第一新提のコバ側でもへちられてらっしゃいますね。勝負勝負〜♪

イメージ 12
・・・


イメージ 13
こっち側(低いほう)はどうよ。もう今日はここで腰を落ち着けちゃおう。↑このバッグ、すげー便利です。口が広くて開閉しやすく、歩き回るへちには意外と向いているかも。

 この写真の左も激アツ(自分の実績ゼロなのに?)ポイントなんじゃね?落としまくります!スルスル〜・・・マキマキ。スルスル〜・・・マキマキ。

イメージ 14
昼食休憩を挟んで〜って、エサ食ってどうすんだ。

 更に先端で落とします!カニ、アカニシ、カニ!スルスル〜・・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ・・・・・

 ・・・・

イメージ 15
 
 ・・・・

 ・・・( ;∀;) あははは、そこそこいい引きだったね(涙)。こいつはカニで。

  ・・・

 さて、気を取り直して、と。

  ・・・

  ・・・

イメージ 16
・・・お前・・・アカニシ食ってんじゃねえよ(怒)。

 アカニシでなんかはじくようなアタリ、クイクイーって持って行かれましたので少し期待してしまいました・・・さらに立派なサイズのグーフー。ちょっと竿曲げちゃったんで、第一新提の人に注目されちゃったじゃん。

 ちなみに気温が下がってきましたので、沖堤の紅茶は2個前の写真の通り紙パック「ミルクティー」がお勧めです。もう、これ以上の情報は何もございません(ここまでの情報もなかったけどな)。

 
 心折れました。心が完全に折れました。本日Dにはフグしかおりません! 

イメージ 17
絶賛開催「ふぐ祭り」!(↑これは伊勢志摩)

 アカニシでもカニでも、結構アタリがあるだけにいやんなっちゃいます。しかも、夏より結構いいサイズのフグなのが、ちょっと悔しいぜ、ドキッとする自分に。

 14時まであきらめずに落としまくりましたが、もう、カマボコでも突堤でも何も起きませんでした。本日(11日)はへちに限らず全体的に魚影が薄い模様でした。下手すりゃワタクシのフグが竿頭??そんなわけないか・・・アカニシも、フグに食われるならと自分で全部食っちゃったので閉店ガラガラ〜。涙でDを後に致しました。

■本日(3戦おまとめ)の結果
 釣果:グーフー5匹くらい。結構いい引きしやがってよう。

 仕掛:フグの好きなボサカニ、フグの好きなあかにし貝(フグの好きなわさび醤油をつけて)、フグの好きなカットチヌ3号、フグの好きなガン玉2B

 判定:3連敗、通算3勝20敗 


イメージ 18
現場からは以上です(ゼロ〜♪)
くすん。

 いやあ、久々に横浜行ったのに厳しかったです。冬の季節の訪れでしょうか・・ここから修行の季節が始まるんだよなあ・・皆さんどうしますう??

イメージ 19
↑でも行っちゃうんだよなあ・・
防寒具引っ張り出しますか。

イメージ 20
↑フグで俺を封じに来たか小池都政
(だから新山下は神奈川だって)

この記事に

 SEASON3 第19・20戦 江東某所 化学戦10月21・28日
 タイトル「繰り返す 私は何度でも繰り返す」

■はじめに
 27日夜、日本シリーズ第1戦。日本シリーズにふさわしい、熱の入った延長戦の最中、妻が怒り狂っています。怒って床をドスンドスン踏み鳴らしています・・
あれ?巨人ファンのはずなのに何アツくなっているのかしら?

 「早く終われコラ」

(フィギアスケートグランプリシリーズカナダ大会は野球の試合が終了次第放送させていただきます)。

■江東某所 10月21日 08:45〜11:30
 さて、まずは先週の日曜日。江東某所へ出撃しました。秋晴れの爽やかな朝です。ブロラン号Rで、まずは餌勝さんへ。

イメージ 1
おっと、また干潮スタートですか。干潮気味だと波打ち際に降りて攻めることができるので意外と嫌いではありません。イソカニ(中)をお願いします。前回(小)でカイズばっかやったけんね。

 本日は釣り場にへち先客の方が2名ほど。お伺いすると、アタリはあるものの上げることはできないらしいです。イガイでやられていますね。

イメージ 2
ちょっと濁りのある中、カニ付けて落とします!スルスル〜、マキマキ。スルスル〜、マキマキ。基本、波はないのですが、時折、船やらジェットスキーやらが沖からかき混ぜてくれていい感じ。

イメージ 3
あれれ?潰されてる・・・

 「よし」←ま、とりあえず魚がいることが分かりましたのでよしとせんと。

 でも全然気が付かなかったなあ。アタリどころか違和感すら感じませんでした。なかなかやりおるわい。

 スルスル〜・・うふふ。いると分かると楽しいなあ。

イメージ 4
おろ?立て続けに??( ゚Д゚)

 また潰されてるけど、これまたまったく分かりませんでした・・ツンともされた感じもなく、これは難しい。大体これまでワタクシが掛けたクロは大抵がひったくるようなアタリ、小学生でも分かるようなやつです。師匠は「ストップアタリが基本」と仰っていましたが、ここのところ、とんとストップアタリももらえません。落とし方に難があるのかもしれんなあ。

 ここにはおるぞーー、スルスル〜・・

 ・・・
イメージ 5
現場からは以上です。

■江東某所 10月28日 9:00〜11:45
 と、言う不完全燃焼で、またまたタモ(ネオアームストロング)に鱗付け失敗した翌週。再び江東某所へ出撃します。しかし、本日は我に秘策あり。本日は餌勝さんに寄らないでセブンイレブンへ寄り道です。何となれば・・・

イメージ 6
 ↑これ、セブンプレミアムの「あかにし貝」!!どう見てもチヌの餌にピッタリではないでしょうか?スイカの皮や、トウモロコシ粒でも釣れると言うお話がある中、この「あかにし貝」はむしろ、「これ食わないで何食うの」感のある王道餌ではないでしょうか?

 そもそも、ちょっと餌勝さんに寄り道するのが面倒だなとも思っていたりするので、今回はこいつでチャレンジしてみます。

イメージ 7
さらに、この2年車の中で放置され、熟成された「濃厚オキアミエキス」にどっぷりと漬けてやりますよ。久々の化学戦じゃ!

 アカニシ貝は、鈎つけするにはとても扱いやすい大きさと硬さです。少しハサミで切りこんでオキアミエキスのしみ込みがよいようにします。

 うわーーー、実際やってみたら釣れる気がしないんですけど(*´Д`)。

 なんか餌に消しゴムくっつけたみたい。これで釣れるならファミチキ付けても釣れると思うよ、実際のところ。

 しかし、本日は潮位が高く、カニもイガイも取りにくい環境です。しゃあない、アカニシで釣ってやろうじゃないの。なんか、本日はサバが好調らしく20㎝強のものがあちこちで上がっています。小学生低学年くらいの子が、明らかに私にサバを見せつけていますね。

 我々クラスはアカニシで50㎝っすよ。ガキんちょに目にものを見せたるわ!満潮のへちにスルスル〜・・お、3B付けたら思いのほか落ちが早い。これはコントロールが必要やね(オモリ付け替えるとかの発想はありません)。

 スルスル〜・・・ふふふ。アカニシ貝って。スルスル〜・・・ふふふ「醤油・わさび付き」って書いてありましたよ。スルスル〜・・・あれ、沖提持っていったら、人間のエサにもなるよね、男梅でいけちゃうよね。スルスル〜・・・

 スルスル〜・・・ ビチビチ〜(向こうで小学生がサバ上げてる) スルスル〜・・・、スルスル〜・・・アカニシ貝でスルスル〜・・・

 ・・・

 (*´з`) 食っちまうかな、アカニシ貝・・・なんもないよ

イメージ 9
ちなみにグローブも送別会で新品もらいました。

 もう何回落したか分からなくなり、こりゃやっぱ無謀だったわな、そろそろ帰ろうかなと思い始めたころ、運河の角で・・・スルスル〜・・・ズルーーーん!

 ありゃ?リールが走ったよこりゃ?と竿を立てると猛烈に突っ込みます!ぎゅいーーーん!マジか!アカニシやりよった!すげーすげー

 と、言うか猛烈に引き込むんですけど。最初エイかとも思いましたが、方向変えながらコンコン来ます!こりゃあ明らかにクロ!それもでかい!!こらえきれず糸が出て行きます。ぬお、竿が立てられない(立てるとさすがに1.5号のハリスがやばそうだ)。ぬおーーー、竿大Ωの上に、止められねー。サバ坊主、見てるかこのしなり、これが大人と子供の格の違いだぜ。ぬおーーーっつ。

 ピーーーん!げげげ道糸出切っっちまった、残り20mくらいだったからな、まだいけるまだいけるとケチった俺が馬鹿だった〜・・竿のされた〜から当然のビシっ・・・・・

 ( ゚Д゚)

 やっちまいました。最後はぶっちぎれ。どうやらハリスより鈎の結び目が耐えきれなかったようで、ハリスのみぶらーん。最大の原因は道糸が出きって、遊びがまったくなくなったこと。「(まだ使える)だろう」ではなく「(足りなくなる)かもしれない」かもしれない運転をしなさいって教習所であんだけ教わったのに・・

イメージ 11
私は何度でも繰り返す(ミスを・・)

「連続するほど期待度アップ」って書いてあるけどどうなのミスの連続。しかしアカニシ貝でも釣れると分かったので続行!科学の力「オキアミエキス」を付けて落とします。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・・

 スルスル〜・・・マキマキ。やっぱセブンプレミアムはこだわりが違うっちゅうのスルスル〜・・・

 スルスル〜・・・

 ・・・

 【延長1時間半】


イメージ 8
潮位が下がったので、ひっ捕まえたカニ付けてやりもしましたが、もう何にも起きませんでした。

イメージ 10
このエサうまいなおい。わさび醤油がぴったりです。これで男梅があれば最高!!セブンプレミアムの「アカニシ貝」釣りによし!(釣れてねーがな)飲みによし!


 エサ、自分で食べちゃったので納竿・・・

■本日の結果
 釣果:いや、あれはロクマルあったね、ひょっとすると。姿すら見てねーけど。
 
 仕掛:道糸20m(ばーかばーか)、カットチヌ3号、ハリス1.5号、ガン玉3B、セブンプレミアムの「アカニシ貝(醤油・わさび付き)」+すっごい匂いのオキアミエキス2年物

 判定:アカニシ貝がすっごく使いやすく、エサにもつまみにもなることが分かった事は「勝ち」に等しくありません?え?違う。あ、そ。じゃあ3勝17敗。

 しかし、これでお店の時間気にしながら餌を買うというストレスからは解放ですな。なんつったてセブン・イレブン24時間営業ですから!

イメージ 12
↑次は沖でアカニシ貝を試してみましょう。



イメージ 13
↑実は、道糸短すぎると思ってたんだよね。
巻替えますか・・いまさらながら。


 セブンの塩辛でも釣れるっちゅう話があるし、アカニシ貝も行けたし。セブンだったらなんでも行ける気がしてきました。次はアレ行ってみるかね。アレ。




イメージ 14
↑アレ

この記事に

 SEASON3 第17・18戦 川崎新提(後編)・江東某所 9月23日・10月7日
 タイトル「あと1〜2㎝欲しい(いや、シモネタではなくて)」

■はじめに
 13年ぶりに会社で異動になりました。10月より営業部門の仕事となります。勤務も品川となり、誰もが「海に近づきましたね」と言ってくれます。

 ( ゚Д゚)「え?行っていいの?(仕事中に)」←マジ行くぞこいつ。

イメージ 1
で、送別のお品がこちら、RYOBIのバッグと新しいライジャケ。RYOBIのキャップも頂きました。うれしい限りですねえ。こりゃあ釣りに行かねばならんすよねえ。バッグなんか、沖提の通しなんかにはぴったりですよ。ありがとうございます!!

■9月23日 川崎新提(つづき)07時30分〜14時15分
 さて、23日の川崎新提の続きです。ここまでは何も気配がありません。おかしいぞ?前日は確変状態だったはずなのに・・・

イメージ 2
11時、5番から大分6番方面に来ました。この低いところが広くなったところで釣ってみましょう。低いほうへ落としてみます。スルスル〜・・・あれ?ここ、結構深いですね。底までとってみようか。スルスル〜・・・

 コンコン!

 なんか来た!スカっと合わせます(スカっちゅう時点で、合ってないっしょ)

 ・・・素鈎・・・

 うーん。こりはチヌではないね、体感的に。でも一応もう一度・・・スルスル〜・・・

 ・・・

 何も起きません。あれだな。カサゴだなこりゃ。そう思って諦めます。やっぱなんか低いほうで釣れる気がしないんですよね、川崎新提。だって低いほうは向かいが東扇島でしょ。あそこ、全然釣れませんでしたよ、黒い奴。やっぱ外海(高いほう)側じゃないの?

イメージ 3
高いところへ上り、5番方面へ戻りつつ落とします。アジの仕立てでしょうか。目の前ですなあ。今、お父さんがクロダイのでかいやつガツンと掛けてやりますから、船の上から見ときんさい。

 つって、落してたらガツン!

 本当にキターー!3mもないんじゃないでしょうか、浅いところでひったくられました!!竿いきなりのΩ!!竿立てて踏ん張る〜!!アジ仕立ての人たちの熱い視線を感じるぜ〜!

 今、俺、輝いてる〜??ふふふん?



 すぽーーーん。

 ・・・

 ( ;∀;)さて、僕、向こうで呼ばれてるみたいなんで、行かなきゃ、と。


「これくらいなんてことないっすよ」という体で、仕立てのほうを見ないようにしながら5番へ向かいます、、と。鈎は残ってるね。掛かりが浅かったのか・・・ちっきしょーー。

イメージ 4
そして、12時の戻り便を見送る勇気!!次の14時半便まで、何があろうとこの新提で徹底抗戦です。今日はやるんです!!スルスル〜、マキマキ。スルスル〜、マキマキ。スルスル〜・・・

 スルスル〜・・

 スル〜・・

 【2時間経過】

 何事もなく14時回りました・・まだラストチャンスがある!ここんとこいつもラストにドラマがあるんや!信念を持って落と〜す!スルスル〜・・

 クーン!!

 ほうれ来た!鬼合わせ!で、ん〜???

イメージ 5
 な?
 
 何とかする男やろ?俺。

 ガッシー・・・しかもドチビ。おめーカニ食えんのかオラ!(怒)

 高速往復2,600円。ガス代およそ2,000円(ブロラン号、リッター5kmしか走らんからね←戦車か!)、餌代400円・・・締めて5,000円の投資の結果がコレ(カサゴスティーニ)かい!

 やっとれん!!戦略的撤退!!(しくしく・・)川崎新提、確変終了です。でも、おひとり、6番方面からでかいクロぶら下げたおじさん見ましたけどね。

■10月7日 江東某所 07時00分〜11時15分
 で、本日3連休の真ん中。目覚まし掛けずとも朝5時に目が覚めるワタクシ。っていうか、覚えてるだけで2時、4時に起きて時計を見ました。4時の時はもう出発すっかなとも思いましたが、もうええ歳なので無理はやめとこ。

 川崎はどうも風が強そうです。長八さんの商売っ気が全くない素朴な情緒感のあるブログは大変に参考になります。「本日は風が強くて厳しいから来ても釣りになんないよ?」的な情報をもとに、江東某所にターゲットを定めました。

 休日朝の都内は下道でもすいすいです。高速代も馬鹿になんないかんね。そもそもあのキャバ嬢に調子に乗ってつぎ込みすぎだっちゅうの。
イメージ 6
あのキャバ嬢(川口マルハ●)

餌勝さんは11月までは祝日日曜日朝は5時からやっています。頼りになります。イソガニを15匹購入。おばちゃんが「お兄さん、サイズは?」って聞くから思わず「小」って言いましたが、よく考えたらカニのサイズだったのね。俺はてっきり・・・

イメージ 7
これから干潮に向かいますって感じです。因みに、餌勝さんは、カニは売ってるは、でかいチヌの魚拓はたくさん貼ってあるわなのに、なぜか店内の釣り具には一切へちの釣り具はありません。鈎くらいは補給したいのですが、セイゴやハゼ用ばっかりです。

 さあ、7時に現場到着。へちの方がお一人だけいらっしゃいます。カニつけてさっさかやるかんね。モーニング頂いちゃいましょう。風はありますが、3B付ければ落ちないことはないって感じですね。

イメージ 8
ここまでの雨のせいか風のせいか、ゴミが流されてへちは少し釣りにくいです。ただし、濁りと波はいい感じ!!スルスル〜・・浅い!4mはありませんねこの時間。

 なんつってもやはり前回年なしを釣ったあたりを探ってみたくなります。運河が開けたところに来る先端って感じのところです。スルスル〜・・ビュー(風)。スルスル〜・・ビュー・・うーん・・分かりにくいか・・

イメージ 9
おや?カニが潰されとる!!いつの間に?(いや、それより先にアンタのズタボログローブに目が行くけどね)いいねいいね!今日はいけるんじゃないの?

 カニ1匹目、早速戦死。2匹目は・・・?

 コンコン?
 
 クイっと聞いてみるも軽い・・あれ?素鈎だわ。2匹目も名誉の戦死。君たちの功績は無駄にしないよ(あんたが毎回合わせ損ねてるからやろが)。カタキは取ってやる!スルスル〜・・・

 ・・・・

 その後しばらくは何もありません。ありゃりゃ?結局2時間、もう一発素鈎食らいましたが、特に記すことは何も起きません(まあ、毎度だけどね)。

 ちょっと、運河のほうへ降りてみようかな・・・さらに浅そうだね。3mない感じです。でもさっき通りかかったへちの人が、こっちはデカいのいる(けどなかなか釣れない)よって言ってたな。スルスル〜・・・

 カッカッカッ

 文字にすると水戸黄門の笑い声のような、竿先の震え?違和感覚えて、ちとストレス掛けてみると・・

 ぎゅーーん!! 走りました〜!竿が引き込まれます。糸出すか?いんや、こりゃこらえられるね(残念ながら)。浅いので、すぐに平たい魚体が見えます。やたっ!クロ確定!うーん、けど、よく引くけど、軽い!

イメージ 10
ありゃー。タモ使わないで引っこ抜けちゃったよ・・・カイズ29cm・・・うーん、あと1cmあればクロダイ認定したのに・・・

 カニも「小」なら魚も「小」だぜ。このサイズでもカニ食ってくるんだなあ・・
イメージ 11
片手で持てちゃうハンディサイズです。煮え切らない!速攻リリースで続行!!

 やはりこの運河沿いはいい感じのようです。もうお一人の竿も曲がってるね・・・むむむ・・・カイズか・・

 時合いは時合いだ!

 運河のへちを落としまくります。スルスル〜・・あまりステイせずに次に移動・・スルスル〜・・

 暑い・・10月なのになんじゃこの暑さは。今日はキャップを忘れて来ましたので(毎回毎回いろんなもの忘れるよね)頭頂部がカッカして来ました。あー、目の前で泳ぎたい・・・

 スコーン!

 持ってゆくアタリ!糸がへち沿いに走ります!「ちょっと待たんかいこりゃー」と、竿を立てると、オロ??無抵抗??

イメージ 12
あれれ?さっき君来なかったっけ?弟さん?(ほぼ同サイズ)

 28cm・・・あと2cm欲しいんだよね・・・クロダイがいいんだけどね。

 また、カイズ。
イメージ 13
「親父連れてこいや、親父」と、優しくリリース。せっかくカニにしてんだからチンコロはご勘弁お願い致します。いや、マジで。

 11時、もうお一人が上がられるようです。
ワタクシ「カイズ多いですね〜」
オヤジさん「もう時期的に上がっちゃったかもね」

 そのオヤジさんは今年は湾奥は良くないとおっしゃいます。今年10月までに70匹釣ったけど、去年は10は上回っていたとか。すげーなー(まさか毎日通ってんじゃないよね、おいおい)。

 その後、タダでさえ故障気味な頭頂部が、熱さで更にふわっとしてきたことと(もうちょっと行くとお花畑かな)、次もカイズで、カイズ3兄弟揃えてどうすんだと思い撤退を決めました。

 ここ、もうシーズンオフかな?(あんたのシーズンはいったいいつだったんだよ)

■今回の結果
 釣果:カサゴスティーニ12cm(12cmのカサゴが3cmのカニ食うってことは、俺の身長で言えば45cmくらいのチュロス食うって事で、、、、いや、それあるか、あるね。でも何でチュロスだよ。)、カイズブラザース28、29cm

 仕掛:(江東)カットチヌ3号、ガン玉3B、イソカニ(小)

 判定:はい、2敗。2勝16敗、マルハ●川口での勝率とどっこいどっこいになってきました。

 ちなみに、またまた出番のなかった、新タモはこちら。お古の磯玉の網と7千円のお手軽タモ柄を合体させました。銀魂で言うところのネオアームストロング砲なみの出来です。 
イメージ 14
完成度高けーな、オイ。

イメージ 15

イメージ 16
↑でも使う頻度低きーな、オイ。

イメージ 17
↑豊洲周辺は異様に混んでましたね。
俺のカイズ買ってくんねーかな、オイ。





この記事に

SEASON3 第16・17戦 江東某所・川崎新堤 9月16・23日  前編
 タイトル「キャプ翼で勝って、アーク根岸の通販で高いタモを買おうというのはそんなに大それた願いであろうか」

はじめに


 前回江東にて、タモ持たずに年なし上げたものの、皆様からのお言葉は「タモなしについてのご叱責6:年なしのお祝い4」という感じでした。


 ほめて伸ばそうよ( ;;)

 と、言うことで紛失してしまったタモを買うべくJSYへ。いやあ、アークス根岸さんのHPも眺めたのですが、平気で3万とかしちゃうのね。竿は金額による差を痛感していますが、タモって何かそんなに差が出るのかしら・・・

 そもそも、ワタクシ、ここのところ懐の具合がよくありません。と、言いますのも、キャプテン翼君(マルハン川口所属)がシュートを外しまくるからです。


イメージ 1
俺の財布から抜くなよ

っちゅう訳で、7,000円のタモ柄5mを購入し、磯玉に付いていたタモをつけました。満足です。早速これでクロをすくっちゃろうじゃあありませんか。
  
9月16日 江東某所 7:30〜11:00
 と、言うわけでまずは前回年なしを上げた(っちゅうか、ゴロンと波打ち際に乗っけた)江東某所に出撃です。3連休の中日。高速を使わずとも都内は空いていて快適なドライブです。
イメージ 2
 ほうほう。これからまさに満潮だね。イソカニ(小)を10匹買って江東某所へ向かいます。もうイソメは買わん!!カニで釣るの、超楽しいです。特に江東某所はフグがいませんので、アタリがあればほぼクロか、まれにフッコ。パーフェクトなボウズも多いですが、メザシのオペ(針飲み込まれ)が無くなってから、ストレスはありません(魚信もねーけど)。

イメージ 3

 ま、こーんなスケスケ、穏やかーな潮で釣れるわけがあろうか。


 ・・・・

 

 ・・・

 

 ( ;;)ナイス、何もナイス

 

 この日は1回だけカニ潰されましたが、あとは何もありませんでした。しかしカニ潰されただけでも、ここは期待が持てるっちゅうもんです。前打ちやってた方とお話ししましたが、橋脚にはクロがたむろしているのが見えるそうな。でも、本日は何も反応がなかったそうです。

 

 戦略的撤退!逃げるんじゃないからね。負けは認めないからね。

9月23日 川崎新提 7:20〜14:15 前編


 で、23日は川崎新提へ。前の晩、横浜へ行くか川崎へ行くか迷っていたのですが、長八さんのブログによると22日新提はフィーバー状態だったような・・・おひとり様20枚上げた方もいらっしゃるような・・・

 よっしゃ、川崎で俺のスカイラブハリケーン(立花兄弟)でゴールを決めちゃるっちゅうの・・・なんて夢を見ながら、目が覚めたのは4時半。目覚ましなくても起きられる俺、意志のカタマリ!!(年寄りだからね。朝までトイレもたないんよ)


イメージ 4
 勇竿さんでボサカニ10匹を購入し、川崎は長八さんへ。3連休ですから、今日は混んでいるんでしょうなあ。

 毎度お世話になります、みやぞんヘアーのお母さんのお勧め飴ちゃんを握りしめ、いざ駐車場のある長八桟橋へ。車を停めて、脇の海を覗いてみると・・
イメージ 5


 ・・・あのーー、あそこに結構な感じのチヌがいるんですけど・・

 この長八さんの船着き場。ここで出航前にチヌを釣ったという方がいらっしゃったので、海の中を覗いてみると、結構な形のチヌと目があいました・・・

 「俺、ここでいいんじゃね?船乗んなくていんじゃね?」

 びっくりですなあ。本当にいるとは思いませんでした。目を凝らしてみると、悠々と泳ぐ50cmくらいのフッコもおるやんけ。

イメージ 6
  黒くて長いのがフッコですな。あんた、こんな浅いところで何やっとんの。横浜から早朝わざわざ山本便で新提に来る人たちに謝りなさい。ここにいる場合じゃないっての。見てたら、すーーーっと泳いでゆきました。新提へご出勤かね。

 くーーっ 魚を見て、俄然やる気がわいてきましたよ。出港出港!!


イメージ 7

 本日は7時便のお客様は20名ほどでしょうか。既に7時の時点で駐車場が満車になりそうでした。上は新提1番方面。ルアーマンがわんさかいます。釣果はどうなんでしょうか?って船から見てたら外側の人が激しく竿を曲げていました。スズキかなあ・・・さらにやる気メーター空ぶかし状態になりました。ケツからバックファイアー出せます、今なら。


イメージ 8
 結構たくさんの人が高いところから釣っていますね。本日へちの人はあまりいらっしゃらないようです。ワタクシは馬鹿の一つ覚えで5番を目指します。


イメージ 9
 7時30分前。5番到着!!

 さっそく高いところからカニつけて実釣開始!まずは5番から4番方面へじっくり落として行きます。この時点では外側は結構潮が流れて行きます。適度な風でへちがていい感じ!スルスル〜・・・今日は2ヒロくらいまでをどんどん攻めますよ。ここでは底で釣ったことがないけんね。まずはスピード重視で落として行きます。

 スルスル〜・・・なーがーさーれーるー マキマキ。スルスル〜・・・ナーがーさーれーてーマキマキ。スルスル〜・・・

 師匠、こういう速い潮の時はどうしたらいいんでしょうか??ほかの方をガン見してみると、どうやらあまり潮に合わせた移動はしていない模様。逆らわずに糸を出すってこと?横流れしてゆくイメージか・・

イメージ 10
 ↑「ふふふ・・カドッコ、カドッコ。ここは潮が巻いていますね。こんなところがいいんじゃないの?体感的に。あんたの体言うほど体感してないでしょ。


 スルスル・・・

 スルスル・・・

 スルスル・・・

 (。-`ω-)・・・

 ・・・本当に面白いのかな、これ(釣り)
 


 しばらくして低いところも落とーす!こちらは日陰側になっているので、低いところも悪くないと思うんだけどな・・内側(低いところ)はちょっと浅めなんだよね。スルスル〜・・・・こちらは流れがほとんどなく、落としやすいですが、お魚の雰囲気を感じません。


イメージ 11
 10時前。ここまで2時間半。まったくアタリがありまへん。最近のラッキーアイテム「リプトン グレープティー」で休憩たーいむ。このほのかな甘さがたまらんのう。

 さて、気を取り直して行きますか。後編に続く!!

※なんか画像が重いのか、これ以上は表示しなくなりましたので後編へ分けてみました。決して、期待にお応え出来る結果は待っていません!!

↑おお、いっそ爽やかなくらいに言い切ったね。

イメージ 12
↑でもボウズではないんよ。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事