ここから本文です
 SEASON3 第17・18戦 川崎新提(後編)・江東某所 9月23日・10月7日
 タイトル「あと1〜2㎝欲しい(いや、シモネタではなくて)」

■はじめに
 13年ぶりに会社で異動になりました。10月より営業部門の仕事となります。勤務も品川となり、誰もが「海に近づきましたね」と言ってくれます。

 ( ゚Д゚)「え?行っていいの?(仕事中に)」←マジ行くぞこいつ。

イメージ 1
で、送別のお品がこちら、RYOBIのバッグと新しいライジャケ。RYOBIのキャップも頂きました。うれしい限りですねえ。こりゃあ釣りに行かねばならんすよねえ。バッグなんか、沖提の通しなんかにはぴったりですよ。ありがとうございます!!

■9月23日 川崎新提(つづき)07時30分〜14時15分
 さて、23日の川崎新提の続きです。ここまでは何も気配がありません。おかしいぞ?前日は確変状態だったはずなのに・・・

イメージ 2
11時、5番から大分6番方面に来ました。この低いところが広くなったところで釣ってみましょう。低いほうへ落としてみます。スルスル〜・・・あれ?ここ、結構深いですね。底までとってみようか。スルスル〜・・・

 コンコン!

 なんか来た!スカっと合わせます(スカっちゅう時点で、合ってないっしょ)

 ・・・素鈎・・・

 うーん。こりはチヌではないね、体感的に。でも一応もう一度・・・スルスル〜・・・

 ・・・

 何も起きません。あれだな。カサゴだなこりゃ。そう思って諦めます。やっぱなんか低いほうで釣れる気がしないんですよね、川崎新提。だって低いほうは向かいが東扇島でしょ。あそこ、全然釣れませんでしたよ、黒い奴。やっぱ外海(高いほう)側じゃないの?

イメージ 3
高いところへ上り、5番方面へ戻りつつ落とします。アジの仕立てでしょうか。目の前ですなあ。今、お父さんがクロダイのでかいやつガツンと掛けてやりますから、船の上から見ときんさい。

 つって、落してたらガツン!

 本当にキターー!3mもないんじゃないでしょうか、浅いところでひったくられました!!竿いきなりのΩ!!竿立てて踏ん張る〜!!アジ仕立ての人たちの熱い視線を感じるぜ〜!

 今、俺、輝いてる〜??ふふふん?



 すぽーーーん。

 ・・・

 ( ;∀;)さて、僕、向こうで呼ばれてるみたいなんで、行かなきゃ、と。


「これくらいなんてことないっすよ」という体で、仕立てのほうを見ないようにしながら5番へ向かいます、、と。鈎は残ってるね。掛かりが浅かったのか・・・ちっきしょーー。

イメージ 4
そして、12時の戻り便を見送る勇気!!次の14時半便まで、何があろうとこの新提で徹底抗戦です。今日はやるんです!!スルスル〜、マキマキ。スルスル〜、マキマキ。スルスル〜・・・

 スルスル〜・・

 スル〜・・

 【2時間経過】

 何事もなく14時回りました・・まだラストチャンスがある!ここんとこいつもラストにドラマがあるんや!信念を持って落と〜す!スルスル〜・・

 クーン!!

 ほうれ来た!鬼合わせ!で、ん〜???

イメージ 5
 な?
 
 何とかする男やろ?俺。

 ガッシー・・・しかもドチビ。おめーカニ食えんのかオラ!(怒)

 高速往復2,600円。ガス代およそ2,000円(ブロラン号、リッター5kmしか走らんからね←戦車か!)、餌代400円・・・締めて5,000円の投資の結果がコレ(カサゴスティーニ)かい!

 やっとれん!!戦略的撤退!!(しくしく・・)川崎新提、確変終了です。でも、おひとり、6番方面からでかいクロぶら下げたおじさん見ましたけどね。

■10月7日 江東某所 07時00分〜11時15分
 で、本日3連休の真ん中。目覚まし掛けずとも朝5時に目が覚めるワタクシ。っていうか、覚えてるだけで2時、4時に起きて時計を見ました。4時の時はもう出発すっかなとも思いましたが、もうええ歳なので無理はやめとこ。

 川崎はどうも風が強そうです。長八さんの商売っ気が全くない素朴な情緒感のあるブログは大変に参考になります。「本日は風が強くて厳しいから来ても釣りになんないよ?」的な情報をもとに、江東某所にターゲットを定めました。

 休日朝の都内は下道でもすいすいです。高速代も馬鹿になんないかんね。そもそもあのキャバ嬢に調子に乗ってつぎ込みすぎだっちゅうの。
イメージ 6
あのキャバ嬢(川口マルハ●)

餌勝さんは11月までは祝日日曜日朝は5時からやっています。頼りになります。イソガニを15匹購入。おばちゃんが「お兄さん、サイズは?」って聞くから思わず「小」って言いましたが、よく考えたらカニのサイズだったのね。俺はてっきり・・・

イメージ 7
これから干潮に向かいますって感じです。因みに、餌勝さんは、カニは売ってるは、でかいチヌの魚拓はたくさん貼ってあるわなのに、なぜか店内の釣り具には一切へちの釣り具はありません。鈎くらいは補給したいのですが、セイゴやハゼ用ばっかりです。

 さあ、7時に現場到着。へちの方がお一人だけいらっしゃいます。カニつけてさっさかやるかんね。モーニング頂いちゃいましょう。風はありますが、3B付ければ落ちないことはないって感じですね。

イメージ 8
ここまでの雨のせいか風のせいか、ゴミが流されてへちは少し釣りにくいです。ただし、濁りと波はいい感じ!!スルスル〜・・浅い!4mはありませんねこの時間。

 なんつってもやはり前回年なしを釣ったあたりを探ってみたくなります。運河が開けたところに来る先端って感じのところです。スルスル〜・・ビュー(風)。スルスル〜・・ビュー・・うーん・・分かりにくいか・・

イメージ 9
おや?カニが潰されとる!!いつの間に?(いや、それより先にアンタのズタボログローブに目が行くけどね)いいねいいね!今日はいけるんじゃないの?

 カニ1匹目、早速戦死。2匹目は・・・?

 コンコン?
 
 クイっと聞いてみるも軽い・・あれ?素鈎だわ。2匹目も名誉の戦死。君たちの功績は無駄にしないよ(あんたが毎回合わせ損ねてるからやろが)。カタキは取ってやる!スルスル〜・・・

 ・・・・

 その後しばらくは何もありません。ありゃりゃ?結局2時間、もう一発素鈎食らいましたが、特に記すことは何も起きません(まあ、毎度だけどね)。

 ちょっと、運河のほうへ降りてみようかな・・・さらに浅そうだね。3mない感じです。でもさっき通りかかったへちの人が、こっちはデカいのいる(けどなかなか釣れない)よって言ってたな。スルスル〜・・・

 カッカッカッ

 文字にすると水戸黄門の笑い声のような、竿先の震え?違和感覚えて、ちとストレス掛けてみると・・

 ぎゅーーん!! 走りました〜!竿が引き込まれます。糸出すか?いんや、こりゃこらえられるね(残念ながら)。浅いので、すぐに平たい魚体が見えます。やたっ!クロ確定!うーん、けど、よく引くけど、軽い!

イメージ 10
ありゃー。タモ使わないで引っこ抜けちゃったよ・・・カイズ29cm・・・うーん、あと1cmあればクロダイ認定したのに・・・

 カニも「小」なら魚も「小」だぜ。このサイズでもカニ食ってくるんだなあ・・
イメージ 11
片手で持てちゃうハンディサイズです。煮え切らない!速攻リリースで続行!!

 やはりこの運河沿いはいい感じのようです。もうお一人の竿も曲がってるね・・・むむむ・・・カイズか・・

 時合いは時合いだ!

 運河のへちを落としまくります。スルスル〜・・あまりステイせずに次に移動・・スルスル〜・・

 暑い・・10月なのになんじゃこの暑さは。今日はキャップを忘れて来ましたので(毎回毎回いろんなもの忘れるよね)頭頂部がカッカして来ました。あー、目の前で泳ぎたい・・・

 スコーン!

 持ってゆくアタリ!糸がへち沿いに走ります!「ちょっと待たんかいこりゃー」と、竿を立てると、オロ??無抵抗??

イメージ 12
あれれ?さっき君来なかったっけ?弟さん?(ほぼ同サイズ)

 28cm・・・あと2cm欲しいんだよね・・・クロダイがいいんだけどね。

 また、カイズ。
イメージ 13
「親父連れてこいや、親父」と、優しくリリース。せっかくカニにしてんだからチンコロはご勘弁お願い致します。いや、マジで。

 11時、もうお一人が上がられるようです。
ワタクシ「カイズ多いですね〜」
オヤジさん「もう時期的に上がっちゃったかもね」

 そのオヤジさんは今年は湾奥は良くないとおっしゃいます。今年10月までに70匹釣ったけど、去年は10は上回っていたとか。すげーなー(まさか毎日通ってんじゃないよね、おいおい)。

 その後、タダでさえ故障気味な頭頂部が、熱さで更にふわっとしてきたことと(もうちょっと行くとお花畑かな)、次もカイズで、カイズ3兄弟揃えてどうすんだと思い撤退を決めました。

 ここ、もうシーズンオフかな?(あんたのシーズンはいったいいつだったんだよ)

■今回の結果
 釣果:カサゴスティーニ12cm(12cmのカサゴが3cmのカニ食うってことは、俺の身長で言えば45cmくらいのチュロス食うって事で、、、、いや、それあるか、あるね。でも何でチュロスだよ。)、カイズブラザース28、29cm

 仕掛:(江東)カットチヌ3号、ガン玉3B、イソカニ(小)

 判定:はい、2敗。2勝16敗、マルハ●川口での勝率とどっこいどっこいになってきました。

 ちなみに、またまた出番のなかった、新タモはこちら。お古の磯玉の網と7千円のお手軽タモ柄を合体させました。銀魂で言うところのネオアームストロング砲なみの出来です。 
イメージ 14
完成度高けーな、オイ。

イメージ 15

イメージ 16
↑でも使う頻度低きーな、オイ。

イメージ 17
↑豊洲周辺は異様に混んでましたね。
俺のカイズ買ってくんねーかな、オイ。





この記事に

SEASON3 第16・17戦 江東某所・川崎新堤 9月16・23日  前編
 タイトル「キャプ翼で勝って、アーク根岸の通販で高いタモを買おうというのはそんなに大それた願いであろうか」

はじめに


 前回江東にて、タモ持たずに年なし上げたものの、皆様からのお言葉は「タモなしについてのご叱責6:年なしのお祝い4」という感じでした。


 ほめて伸ばそうよ( ;;)

 と、言うことで紛失してしまったタモを買うべくJSYへ。いやあ、アークス根岸さんのHPも眺めたのですが、平気で3万とかしちゃうのね。竿は金額による差を痛感していますが、タモって何かそんなに差が出るのかしら・・・

 そもそも、ワタクシ、ここのところ懐の具合がよくありません。と、言いますのも、キャプテン翼君(マルハン川口所属)がシュートを外しまくるからです。


イメージ 1
俺の財布から抜くなよ

っちゅう訳で、7,000円のタモ柄5mを購入し、磯玉に付いていたタモをつけました。満足です。早速これでクロをすくっちゃろうじゃあありませんか。
  
9月16日 江東某所 7:30〜11:00
 と、言うわけでまずは前回年なしを上げた(っちゅうか、ゴロンと波打ち際に乗っけた)江東某所に出撃です。3連休の中日。高速を使わずとも都内は空いていて快適なドライブです。
イメージ 2
 ほうほう。これからまさに満潮だね。イソカニ(小)を10匹買って江東某所へ向かいます。もうイソメは買わん!!カニで釣るの、超楽しいです。特に江東某所はフグがいませんので、アタリがあればほぼクロか、まれにフッコ。パーフェクトなボウズも多いですが、メザシのオペ(針飲み込まれ)が無くなってから、ストレスはありません(魚信もねーけど)。

イメージ 3

 ま、こーんなスケスケ、穏やかーな潮で釣れるわけがあろうか。


 ・・・・

 

 ・・・

 

 ( ;;)ナイス、何もナイス

 

 この日は1回だけカニ潰されましたが、あとは何もありませんでした。しかしカニ潰されただけでも、ここは期待が持てるっちゅうもんです。前打ちやってた方とお話ししましたが、橋脚にはクロがたむろしているのが見えるそうな。でも、本日は何も反応がなかったそうです。

 

 戦略的撤退!逃げるんじゃないからね。負けは認めないからね。

9月23日 川崎新提 7:20〜14:15 前編


 で、23日は川崎新提へ。前の晩、横浜へ行くか川崎へ行くか迷っていたのですが、長八さんのブログによると22日新提はフィーバー状態だったような・・・おひとり様20枚上げた方もいらっしゃるような・・・

 よっしゃ、川崎で俺のスカイラブハリケーン(立花兄弟)でゴールを決めちゃるっちゅうの・・・なんて夢を見ながら、目が覚めたのは4時半。目覚ましなくても起きられる俺、意志のカタマリ!!(年寄りだからね。朝までトイレもたないんよ)


イメージ 4
 勇竿さんでボサカニ10匹を購入し、川崎は長八さんへ。3連休ですから、今日は混んでいるんでしょうなあ。

 毎度お世話になります、みやぞんヘアーのお母さんのお勧め飴ちゃんを握りしめ、いざ駐車場のある長八桟橋へ。車を停めて、脇の海を覗いてみると・・
イメージ 5


 ・・・あのーー、あそこに結構な感じのチヌがいるんですけど・・

 この長八さんの船着き場。ここで出航前にチヌを釣ったという方がいらっしゃったので、海の中を覗いてみると、結構な形のチヌと目があいました・・・

 「俺、ここでいいんじゃね?船乗んなくていんじゃね?」

 びっくりですなあ。本当にいるとは思いませんでした。目を凝らしてみると、悠々と泳ぐ50cmくらいのフッコもおるやんけ。

イメージ 6
  黒くて長いのがフッコですな。あんた、こんな浅いところで何やっとんの。横浜から早朝わざわざ山本便で新提に来る人たちに謝りなさい。ここにいる場合じゃないっての。見てたら、すーーーっと泳いでゆきました。新提へご出勤かね。

 くーーっ 魚を見て、俄然やる気がわいてきましたよ。出港出港!!


イメージ 7

 本日は7時便のお客様は20名ほどでしょうか。既に7時の時点で駐車場が満車になりそうでした。上は新提1番方面。ルアーマンがわんさかいます。釣果はどうなんでしょうか?って船から見てたら外側の人が激しく竿を曲げていました。スズキかなあ・・・さらにやる気メーター空ぶかし状態になりました。ケツからバックファイアー出せます、今なら。


イメージ 8
 結構たくさんの人が高いところから釣っていますね。本日へちの人はあまりいらっしゃらないようです。ワタクシは馬鹿の一つ覚えで5番を目指します。


イメージ 9
 7時30分前。5番到着!!

 さっそく高いところからカニつけて実釣開始!まずは5番から4番方面へじっくり落として行きます。この時点では外側は結構潮が流れて行きます。適度な風でへちがていい感じ!スルスル〜・・・今日は2ヒロくらいまでをどんどん攻めますよ。ここでは底で釣ったことがないけんね。まずはスピード重視で落として行きます。

 スルスル〜・・・なーがーさーれーるー マキマキ。スルスル〜・・・ナーがーさーれーてーマキマキ。スルスル〜・・・

 師匠、こういう速い潮の時はどうしたらいいんでしょうか??ほかの方をガン見してみると、どうやらあまり潮に合わせた移動はしていない模様。逆らわずに糸を出すってこと?横流れしてゆくイメージか・・

イメージ 10
 ↑「ふふふ・・カドッコ、カドッコ。ここは潮が巻いていますね。こんなところがいいんじゃないの?体感的に。あんたの体言うほど体感してないでしょ。


 スルスル・・・

 スルスル・・・

 スルスル・・・

 (。-`ω-)・・・

 ・・・本当に面白いのかな、これ(釣り)
 


 しばらくして低いところも落とーす!こちらは日陰側になっているので、低いところも悪くないと思うんだけどな・・内側(低いところ)はちょっと浅めなんだよね。スルスル〜・・・・こちらは流れがほとんどなく、落としやすいですが、お魚の雰囲気を感じません。


イメージ 11
 10時前。ここまで2時間半。まったくアタリがありまへん。最近のラッキーアイテム「リプトン グレープティー」で休憩たーいむ。このほのかな甘さがたまらんのう。

 さて、気を取り直して行きますか。後編に続く!!

※なんか画像が重いのか、これ以上は表示しなくなりましたので後編へ分けてみました。決して、期待にお応え出来る結果は待っていません!!

↑おお、いっそ爽やかなくらいに言い切ったね。

イメージ 12
↑でもボウズではないんよ。

この記事に

 EASON3 第12・13・14・15戦 江東某所・川崎新提 ほか
 8月11・12日 9月1・8日

 タイトル「覚醒2 ターミネーターもベスト・キッドもみんな『2』が面白い」

■はじめに
 全国4,200万人のへち釣りファンのみなさん、こんにちは(また減りましたね)。
へち釣りを始めて2年半、ヤフオクで買った筏竿かついで大雨のお台場デビューに始まった私のへち釣りライフ。ふれーゆで予期せぬフッコ掛けて、竿ぶっ壊れてから、とにかくでかい魚にとりつかれ、D突堤で師匠がバンバンとチヌをあげられているのを目の当たりにして、やっぱチヌだね、とチヌにとりつかれ。

 何回も沖提に通うも、いっこも釣れず、ふと、沖提の夜釣りに向かう前に立ち寄った江東某所でついにチヌに出会い、これ以降、カニ餌にとりつかれ。そして前回前々回と、鬼門であった川崎新提で連続でチヌをあげ、川崎新提にとりつかれ・・

 「五目で楽しく釣ろう」と始めたへちは、今や、とにかくチヌをあげるしかない!という、極めて明確な目的に変わっています。皆さんたぶんそんな感じなんでしょうね。身近な東京の本当に足元で、でっかいクロダイが釣れる驚きの釣り「へち釣り」
いったいどこがこの釣りのゴールなのでしょうか。深すぎて分かりませんが、間違いなく腰までどっぷり浸かってしまった今、当面の目標はいわゆる「年なし」を釣ることです。いや、でした←おや??

■8月11日 江東某所 8:00〜10:30
 さて、2回連続で川崎新提でチヌを釣り上げたワタクシ。ついに一皮むけたんでないの?今の俺なら場所選ばず、荒川でだってクロ釣っちゃうんじゃないの?と、お手軽でもええやと江東某所に出撃しました。
イメージ 1
 へへへ、大潮の下げの時間ね。こりゃ釣れる気しかしないでしょうや。イソカニ10匹購入し、江東某所へ急ぎます。

イメージ 2

 んー、なんか潮が落ち着いちゃって、気配がありませんね・・濁りはいい感じですけど。

・・・スルスル・・・・

・・・

・・・

(*´Д`)ここ、退屈だあ・・

・・・

 結局この日は、カニ1回つぶされただけで、なーーーんもなし。覚醒は川崎限定だったかしら・・でも、カニ潰されたのは収穫やな。ここにはおる!(なら釣れよ)

 二時間半。その後何もなく、戦略的撤退!!くそう・・・

■8月12日 川崎新提 8:30〜12:15
 土曜日江東で惨敗しましたので、ここはやっぱり川崎でしょう、と、8時の船で新提に渡ります。
イメージ 3
 へへへ、二度あることは三度あるってか。36cm、46cmと来たので、今日はいよいよ年なしでしょうが、ストーリー的には。

 前日の雨で少し濡れています。やっぱ新提だぜ!早速高いほうに上ってカニを落とし始めます。風もなく、暑さもなく、釣りやすいねえ。もう釣れる気しかしないでよう!ぐふぐふ。それ、またズキューンと来いや、スルスル〜・・・マキマキ。スルスル〜・・・

 スルスル〜・・・ここいるの知ってんだぞコラ。出てこいや!(高田延彦)

 スルスル〜・・・コラ

 スルスル〜・・・ねえ

 スルスル〜・・・カニ一回噛んでくんない?一回でいいからよ。

 ・・・

イメージ 4
 10時過ぎ。本日は皆さん、早くもBBQモードです。ねえ、竿だそうよ・・・

イメージ 5

 へち釣りとは忍耐と認めたり・・

 スルスル〜・・・

 ・・・

 12時。パーフェクトボウズ!ケもありません。12時便で戦略的撤退!!

 2連敗・・覚醒とか言っちゃって2連敗。情けないっす・・・

■9月1日 川崎某所2 10:00〜11:00
 で、たまには新しいところでも探そうかと、とある方に頂いたヒントをもとにグーグルアースを覗きます。ふーむ、確かにストリートビューで見てみると、長八さんの近くによさげなところがありますね。おや?釣り人か??って拡大してみると絵を描くおっちゃん!しかしこれは少なくても立ち入りはできるってことやね・・

 勇竿さんでカニ買って、長八方面へGO!いつもと違う方向で・・・おお?ちょっとした入り江とふ頭がありますね。明らかにハゼ釣りされているご夫婦がいらっしゃいます。はい、ちょっと失礼しますよ。新しい釣り場になるんか?深さはいかに?

イメージ 6
 入り江だけに、まったく潮が動いていませんよ。深さは4mくらい?イナッコがたくさんいますので、フッコとかは入ってきてるかもしれませんね。期待を込めてスルスル〜・・・マキマキ。スルスル〜・・そんなに広くないねここ。

イメージ 7
 タイヤの下に隠れてたりしてね。へへへ、スルスル〜・・・

 チヌは意外に身近なところにいるっての、もう嫌というほど分かって来たからね。新しい釣り場は楽しみだよね〜・・・スルスル〜・・・長八さんの桟橋でもチヌ釣れるみたいだから、ここだっているよね・・・スルスル〜・・・

 ・・・・・

 ・・・

 (*´Д`)いねーよ。ここ、池でしょ池。

 いてもゼーハーでしょ、ね、お父さん(ハゼ釣りご夫婦に向けて)。

 こりゃあかん、本日も戦略的撤退や!!

 もう、ものすごい戦略的やね、俺って毎回毎回・・とほほほ。

■9月8日 江東某所 10:15〜11:00
 はてはて、俺的確変、2回(川崎)で終了ってか?しかし体は正直です。今日も今日とて、ほとんど惰性で江東某所へ向かいます。まずは餌勝さんのおばちゃんに挨拶せねば。
イメージ 8
 むーう。本日は大潮の干潮時間帯スタートか。ま、関係ないけどね、何潮でもやるし。当然のイソガニ(小)10匹購入。でかいのなんか釣れませんよ、俺にはね。小でいいっす小で、ケッ。(釣れないからって人に当たるのはやめましょう)

 で、江東某所。本日は私の貸し切りです。それでは準備。

 「OKグーグル、タモ出して」

 ・・・・

イメージ 9

ん?

イメージ 10

 なんじゃ?こりゃ、子供のドジョウ掬い網じゃねーか?



 失策!長男に車貸したら、タモを外に出していたようです。慌てて車内を探しましたが、出てきたのがこれだけ・・・長さ2m?幅30cm?

 我々クラスが金魚釣ってられっかコラ!!

 まあ、仕方ないか。どうせ釣れないしここ。(いいんだ)

イメージ 11
 じゃぶじゃぶ、濁りもあってすごくいい感じですけど、マジ、あの網じゃ届かないよ。これ、マジでブッコ抜けないの掛かったらどうしよう・・・変な話、釣れてほしいけど、ブッコ抜けるサイズでお願いします。いや、でもカニで釣っている以上、来たらそれなりのやつだよなあ。カニ小さい奴でよかった。さすが俺!(どのへんが?)

 むう。。。散歩のおじちゃんが、じっと俺を見つめてる・・・釣ってるところを見せてやりたし、さりとてタモなしであげられる訳もなく・・・

 「釣れるなよ・・今、釣れるなよ・・」

 (*´з`)どんな釣りだよ・・・

 いけません。すっごく海の雰囲気いいだけに、タモなしではどうにもなりません。わざわざブロラン号Rで首都高飛ばして来て、またまた戦略的撤退??

 しゃあない、一か所だけ、低いところで釣れるごろ場の脇があります。あそこでやって、ダメなら帰るか・・・

イメージ 12

 こんなとこの手前。向こう3mもないよ・・スルスル〜・・・

 コン!

 ?

イメージ 13
 へちにカニが掛ったような弾いた感じがあったので、あげてみるとカニぐしゃ!

 おお?ここ、いるのね?いるのね?カニ付け直して落とします。まあ、警戒されちゃったかなあ・・スルスル〜・・・

 ぐいーーーーーん!

 いきなり持って行かれた〜!!

 竿先がぐいぐいと持って行かれます!やっべ、ストレスに耐えられない、たまらず糸を出します。

 ぐんぐんぐん!!

 これは明らかにクロの引き!低いところに降りてますので、もう本当に目の前足元の戦いです。迫力ある〜。1ヒロ程度でしたので、すぐハリスが見え始めますが、そこから巻けない。っつううか持って行かれるんですけど〜!!!

 へち沿いに走る!こらえろ銀ちゃん、角回り込まれたら間違いなく道糸擦り切れる!竿大Ω!!行かさへんでーーー!と、竿を立てます。

 ぐんぐんぐん!!

 あかん、竿先引きずりこまれる。銀ちゃん頑張って〜!!

 ぎらん!

 今水中で姿見えました!真っ黒です真っ黒!テーブルに置きっぱなしにされた妻の財布を見ているときの俺の腹ぐらい真っ黒です!

 楽しーーーーっ、楽しすぎて脇汗5リッターくらい出てますけど、病気ですかねワタクシ。

 ぬおーーーーっ空気吸わせた!さすがにギブか?タモなしなので、波に合わせてへちに乗っける〜!!それ、ゴロンとな。


イメージ 14
 ぐふう・・・・

イメージ 15
 53㎝〜!!

 やたっ!年なし!!真っ黒な奴です!ずいぶん立派な胸びれやなーーー。尾びれも長い。こりゃあ引くわけだ、Nice fight!

 こんな時に限って誰も見てくれてないのな。仕方ないのでジョギングのおっちゃんに意味もなくうなずくワタクシ。

 記念撮影を終えて、早速お帰りいただきます。ありがとう、また来てね!

イメージ 16
ナッツリターン!(言いたいだけ)

 もう、ここは魚が散ったでしょう。同じようにうまく取り込めるかも自信がなく、これにて納竿しましょう。実釣30分くらいでしょうか?右腕パンパンで、もうおなか一杯です。
 
イメージ 17
勝利のリプトン。これがラッキーアイテムか、うまー!

■本日の結果
 釣果:クロダイ 53cm 
 仕掛:カットチヌ3号、ハリス1.5号、ガン玉2B、イソカニ(小)
 判定:ついに念願の年なし!大勝利なり。通算3勝12敗

 やっぱすごいぞ東京湾。

 僭越ながら、ワタクシから皆さんへのアドバイス
「タモなしで釣りに行くのは、やめたほうがいい」←当たり前

まったく、タモなしで釣るのは、お金が無くなり持ち球なくなったパチンコ台で、最後赤保留激アツリーチが掛ってしまったような複雑な心境の釣りでした。(この場合はいざとなったら隣のおばちゃんに頭下げて玉もらうけどね)

イメージ 18
ONやでホンマ

イメージ 19
↑ポチっとお願い致します
また出かけますけん。

イメージ 20
↑家に帰ったら、俺のタモ
駐車場から紛失していました・・・
とほほほほ

この記事に

 SEASON3 第11戦 川崎新提 覚醒 8月4日
 タイトル「ブッコミなさいと言われたが」

■はじめに
 8月の頭に、買って2年しないLENOVOのPCが壊れました。ある日突然電源が入らなくなり、とりあえずノジ●電気へ修理だしを依頼しました。後日、連絡があり「基盤が壊れているので修理すると6万円」とのことです。

 「8万円で買ったPCが2年持たずに修理代6万円ってなに?」妻はもうパソコンなんか買うなとお怒りです。実は今月エアコンがぶっ壊れて20万円。ちょっと前に長男が車(ブロラン号)のドアミラーぶっ壊して5万円。この時は「もう車売ってしまえとお怒りの妻。

 ・・・うーむ。この環境下で、シマノのライフジャケットが2年経ったので、新しいエアポンプ買い換えて欲しいとは口が裂けても言えません。きっと「海になんか行くな、荒川で釣れ、荒川でフナ釣っとれ。」と言われること必至です。

 ってな訳で、結局また8万円のPCを購入しましたが、妻は最後まで「なんで?パソコンいらないじゃん。どうせDVD見るだけじゃん。」と主張していました。まあそうだけどよ・・・あなたのヤフオクの支払いもいつもこれで俺がやってんじゃん・・・

■川崎新堤 8月4日 7時30分〜12時30分
 さて、そんな訳で少し前(パソコン壊れる前)のお話になります。前週に何とかクロを釣り上げた川崎新堤。当然翌週も出社でございます。いやあ、あのクーン!って引きを思い出したら、それだけで脇汗全開っすよ、パン●ぐっしょりっすよ(どこかおかしいんかあんた)。

イメージ 1
 6時前にこちらに到着。おお、早くも紳士たちが、中国とアメリカの対立をめぐる世界情勢について熱い議論を繰り広げてますなあ(絶対ないし)。ボサカニ10匹、本日はイソメなしでお願いします!

イメージ 2
 こちら、長八さん手前のローソン。とても綺麗なトイレでルーティーンに最適です。塩浜の交差点側から曲がって入ると、道路際の看板が見えにくいので注意。あとは凍らせておいしいカルピスさえ品ぞろえしてくれれば満点なんだけど。

イメージ 3
 こちらで2,500万円お支払い。みやぞんヘアーのお母さんお勧め「飴ちゃん」は塩分補給のやつでした。本日はへちの方々の例会があるのか、7時の出船は2艘、5・6番専用だけで1艘出ますので、それに乗ります。

イメージ 4
 7時20分、川崎新堤5番に上陸〜。6番方向に何人も展開されているのは、横浜からの山本さんの船のルアーマンの方々でしょうか。アジンガーもいるかもですが。

イメージ 5
 反対は4番方向。すでにビニールシートで基地を作られている常連の方々。クソあっつい時には格好のベースですなあ。

 さあ、カニつけてスタート!!今日は迷わず高い(前回釣った)方からです。スルスル〜・・下げに向かっている満干の中間くらいでしょうか。適度に濁りと潮の流れがあり、、もう釣れる気しかしませんなあ、スルスル〜・・緊張する〜・・

 スルスル〜・・マキマキ・・底まで取らず、2ヒロ少しでちょっとステイしてから巻き上げます。何故かと問われますと「体感的に?」。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。流れでケーソン手前から落としてゆく感じ。スルスル〜・・

 スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・マキマキ。スルスル〜・・・

 スルスル〜・・マキマキ。

 ・・・(*´з`)  まあ、そう簡単には来ないわな。ここに通って10回くらい?
前回が奇跡っちゃ奇跡。慌てないぜ、スルスル〜・・・

 ・・・

 ・・・

 ・・・
 
 ・・・(*´з`)こんなのここ(川崎新提)じゃ当たり前だもんね。
イメージ 6
 9時半。休憩休憩。5番から東扇島を望む。いい眺めだぜ。前回釣れているために、まだそんな悲壮な感じはありません。今日もヤれる感じです。やるんです。
イメージ 7
 カニ付け替えて高いところから再チャレンジ。ここは粘り強く!

イメージ 8
 1番(白灯台)方向へ8歩ずつ落として行きます。この時間帯、高いところはルアーの方ばかりです。スルスル〜・・・マキマキ。徐々に潮が下がってきてる感じですな。スルスル〜・・・・

 ・・・・

 ・・・

 ・・(*´з`)だから慣れてるもんね・・こんなの俺、慣れてるもんね。

イメージ 9
 10時半、第二回休憩!

 まったく沖堤で飲むリプトンのうまさったらないぜ。これだけでも来た甲斐があるってもんだよね〜(言い訳が始まった・・)

イメージ 10
 11時過ぎ・・・山本さんのお戻り船が帰ると、ルアーマンがぐっと減ります。そしてくそ熱いなか、長八組が睡魔に襲われる時間帯となります。お昼寝したり、タコ釣リに興じられるへち師の皆さんが多いです。この時間ダメなのかなあ・・

イメージ 11
 11時半。頼みの綱のカドッコも反応なしですなあ・・どうです?ここ。群馬の釣り堀だったら、鉄板ででかい鯉がいるところですぜ。スルスル〜・・

 ・・・・

 ・・・

 ・・(*´Д`)あー、もうすぐ12時だねえ・・12時の戻り便を見送ると、次は14時半の便なんだけど、未だアタリ一つない状況で、こりゃあ無理かなあ・・撤退準備始めますか・・やっぱそう簡単にはいかんわ新堤・・・

 と、上りを覚悟して、基地に向けて高いところを落としながらハシゴへ向かってゆきます・・・

 ラスト一投と・・・・スルスル〜・・・

 あ、も一回だけラスト一投と・・スルスル〜・・・

 へへへ、キリがないね、ラスト一投、と・・・

 まあ、ね、スルスル・・・


 ズキューン!!( ゚Д゚)

 マジ、竿が「ズキューン」言いました!!(そんな機能はありません)

 最後、下に降りようとハシゴ手前、未練打ちで歩きながらだらだら落してたら、2ヒロくらいでいきなり竿もって行かれるようなアタリ!

 エエエエエエ!?なんこれ?どしたん?とりあえずこらえろ銀ちゃん、ひゃっほー♪竿を立てて、と、ぐぐぐぐぐ・・・、ヒャッハー!!

イメージ 12

 これが落ち着いていられますか、っつうの。コンコンコーン!とやられながら、竿先が持って行かれます。

 Ω!久しぶりの竿Ω!

 しかし、銀ちゃんさすがです。竿先しなやかも、持って行かれている感はありません。しっかりこらえている感覚が明確です。やっぱ銀治郎買って良かった〜(2年目でようやくその感想?)「心配なのは、俺の適当結びの仕掛けやな・・」

 「ばれるなばれるなお願いだからばれないでくださいみんなはバラシ1くらいのものかもしれないけど俺ここばらストツギイツクンノカワカランカラバレルナバレルナオネガイシマスウウウ」もう途中から元祖ドラクエの復活の呪文みたいにつぶやきながら、何とか空気を吸わせます。おお、そこそこのサイズじゃね?

 さあ、今日はタモで慌てることはねーぜ。チャンと手入れしといたかんね。ふふふ男子三日会わざれば刮目して待つべしってか、それ、タモ入場♪(彦摩呂調で)

 シューーー(タモの出る音)・・・ぽちょん・・・先っぽついたね(ニッコリ)

 ええええええ・この高さタモギリ???

 ここで毎回お約束のタモトラブル!(っつうかそれ以前のミスだよね、タモのせいじゃないよね)いらねって、ここでブログネタいらねってばよ!

 うすうす感じていたことですが、新提の高いほう、潮が下がるとワタクシの4mシャフトでは届かなくなる・・・

 デデデデ・・これ以上腕伸ばすと、左肩脱臼する、無理無理・・・イタイイタイ
何とかかなり手前でタモ全体が水に入るくらいです。

 もし俺落っこちたら、ほら、ライジャケのエアポンプ期限心配だよねイテテ・・

 イテテテテ・・・スカッ

 デデデ、外れる、マジ肩外れる・・・スカッ

 お願いです〜。これ以上は腕伸びません。ゴムゴムの木〜おりゃあああ・・
イメージ 19
肩ブッコわれるって〜






 





イメージ 13
 ででーん♪

イメージ 14
 やりまひたー。46cm、きれいなクロダイやりましたあああああ。

 タオル敷いたけど、そもそも雰囲気温度が暑いので、残念ながら記念撮影はこれまでよ。早く帰してあげないと。

 アジ釣りのおじさん「すごいですねえ。ここはそれくらいのサイズは普通なんですか?」

 ワシにその質問を繰り出すとは、なかなかの手練れじゃのう。心にグサッと来たぞ。だって俺、普通に釣れてないもん、ここで。

 ワタクシ「こんなもんじゃあないですかね(恥ずかしげもなくキッパリと)」

 堤防低いほうからリリース。最初ふわっとして心配しましたが、すぐにグーンと戻っていきました。また来てくれよ〜

イメージ 15
リターンお待ちしております
(いや、だからそれ微妙なヤツ)


 ここで12時10分。長八便がやってくるお時間です。余韻に浸る間もなくお片付けして、向かいの東扇島を眺めながらアイコス一服。ふーう。いいね。やっぱいいわ川崎新提!去年はさんざんヘイトスピーチキャンペーンみたいになってたけど、どうしたのでしょう2連勝。少しはうまくなったのかな俺。

 と、うきうきしながら戻ったのでした。

■本日の結果
 釣果:クロダイ46cm(まあ、ここでは普通のサイズですがね、ってどの口が言うか)

 仕掛:カットチヌ3号、ハリス1.5号、ガン玉2B、勇竿ボサカニ

 勝敗:2連勝!!覚醒?覚醒なの? 通算2勝9敗

イメージ 16
ガチ押しです。ガチON。


イメージ 17
↑したっけライジャケどうすっかね
(ポンプ更新しろよ)

イメージ 18
↑したっけタモどうすっかね
(それは長いの買えよ)

 久しぶりにイケる気がして来ました。東京湾が熱いですね。次もまた行くぞ!


この記事に

 SEASON3 第10戦 川崎新提(後編)7月15日
 タイトル「おニャン子です。我々おニャン子クラブです。」

■はじめに
 一冬探しまくったネックウォーマーが、タンスからひょっこりと出てきました。

イメージ 1
 
 クソ暑いので、短パン探してるこのタイミングで?

 さて、川崎新提の続きです。7時の長八便で5番に上陸します。それにしても暑い!長八のお兄さんも盛んに「ぶっ倒れるから水分は十分にとってね〜。」とマイクアピール。確かに、こんな真夏のピーカン炎天下で、遮蔽物のない沖提で魚を釣るって、どんだけMっ気満載のイベントでしょうか。

 日焼け防止のクリームを塗っているそばから汗で流れて行きます。前々週の少年サッカーで焼きすぎて、おでこの真っ黒な皮がはがれ始めた先週、会社で「ズルむけ赤●ンコ」呼ばわりされたワタクシは特に入念にお手入れします。

■7月15日 川崎新提 7時20分〜12時00分
 新提に到着してみると、確かに6番赤灯台側は大混雑。みなさんルアーをシャーシャー投げられています。横浜からくる山本の帰り便が昼前に来ると、この方たち、どっと減っちゃうんですけど。本音、ルアーやらない身では、川崎でも横浜沖でも釣果は変わらないんじゃないの?なんでわざわざ山下から川崎まで来られるんだろうと疑問に思っています。

イメージ 2
 5番に上陸〜。テント張られている方がいらっしゃいますね。これは極めてナイスアイデア。御覧の通り日影がありませんからね、ここは。それにしても本日は人が多い。低い方はみっちり、高い所もそこかしこにルアーの方がいらっしゃいます。うーん、なんかルアーでヘチを通しながら歩かれてますよ・・・高い方はちょっとやりにくいかな。

 とりあえずハシゴのそばにベースキャンプを開き(クーラー置くだけ)、仕掛けをセットします。この、ガイドにラインを通している間もまた最高のワクワク感ですよね(出船待ちのワクワク感と双璧)。

イメージ 5

 ささっ、それではさっそく低い方から落として見ますか。潮は満潮近く、ゆっくりと右から左へ流れて行くようです。もちろんカニでスタートです。今日はどこまで「へち部イソメ課長」に変身せずに行けるのか!ふんどし2段目に鈎刺して背中に鈎先ちょい出しして準備完了。

 ケーソンの継ぎ目周りに落しながら移動します。濁りがちょっとあっていい感じです。スルスル〜・・・マキマキ〜・・・本当は外海側(高い方)がいいんだろうけど、内側(低い方)も馬鹿にしたもんじゃありません。東扇島を向かいに見ながらやるのもおつだよね〜。スルスル〜・・ふむ、張ってあるテントは若いカップルさんか。いいなあ、カップルで釣りって楽しいんだろうな、スルスル〜・・・

 20分後・・

 クン!
 
 ハウア?(そもそも、そう簡単にアタると思っていないもんで)
 
 おっと、明らかな引ったくりアタリ!へちと平行に走って行きます!銀ちゃん(銀治郎)がしなります!んー、カニで掛った瞬間は(また)グーフーを予測する悲しき性ですが、こいつは違う!それこい「コンコン!(ワタクシ的クロ判断)」

 ギラン・・・

 ありゃりゃ、今、銀色の長いのが見えませんでした?カニでフッコかあ・・・しかもそんなに大きな感じはありません。ちょいとエラ洗いの後、グロッキーみたいです。タモするする〜。昼間はタモ入れ楽だね(この後、誤りに気付かされる)。

イメージ 3
 はいはい。日陰でお写真ね。タモ枠45cmなので、45cmねキミ(フッコ君はちょいとエコノミークラスの扱い)。

 「スゴイすごーい♪私もああいうの釣りた〜い。」カップルの女性が彼氏にお話ししています。「そうですかあ?これ僕本命じゃないんですけど、スゴイっすかあ?(心の中でワタクシ)」意識してチラ見しながら格好よく(どんな?)リリース。50男が真夏の沖提で何を期待して格好つけているのでしょうか。

 とりあえず、上陸30分せずにBOZE回避成功!正直、カニでフッコ釣ったのは2回目かもしれません。ですので、「カニ当たり=平たいの」がマインドセットされている私に、これは少し微妙・・・まあ、平たいの以外に「カニで丸いの(ぐーふー)」もありますけどね。

 さあ、続行続行。
イメージ 4
 9時になったら、高い所が空いて来ました。それにしてもいい天気!ここは暑さにふらっとしないように気を付けねば。潮は右から左へ、割と速めに流れて行きます。あれれ?低い方と逆に流れがあるね。

イメージ 6
 風も少しあり、ヘチ際はジャバジャバ波立って、何か釣れる感あるんじゃね?高い所をどんどん落として行きます。どうもカニが流されますね。こういう時はどうしたらよいのでしょうか?とりあえず流れに逆らわずにゆっくりと歩いてゆきます。それにしても暑い!10時でこんなに暑いのに、俺、今日何時までやるんだろう・・?

イメージ 7
 6番方向に向けて、まっすぐへちが続く中で、たまにへっこみ角っこがあります。流れもここは巻いている感じ。群馬県人レーダーが働きます(角っこに魚がいると言う群馬の釣り堀理論)。ここは、まっすぐ落ちて行くね〜。スルスル〜・・・

 コーン!

 中層で手元になんか来た!聞いてみると重い!ギューんと下に潜ります。うーん?何だろう?フッコとは違うこの感じ?ウリウリってやってます?平たいのきちゃった?デカくて丸いヤツじゃないっしょね。

 元気よく引きまくりますが、正直そーんなに大きくはないね。突っ込もうとするけど、銀ちゃんの敵ではありません。ちょっと心配なのは、フッコ釣ってから仕掛け交換してないこと。でも、ヒキ的にはそこまで心配いらんかな〜?十分コントロール出来ています。

 コンコンコーン。

 楽しい。マジ楽しいです〜。どう見ても平たいやつです。沖提に通う事何十回、ちょっと恥ずかしくて言えませんが、ようやっと沖でクロダイが来ました。それも川崎っちゅうのがなんかうれしい〜。正直一生ここではカサゴ以外釣れないんじゃないかと思ってました(実際カサゴとメバルしか釣ってないよね川崎)。

 ちょっと、そんな大きくないけどね。空気吸わせて、さて、タモ出陣〜。出陣〜。出陣〜・・・って、なんで伸びないのコラ(←毎度のお約束)。なんか網目がギアに引っ掛かってる。あかんがなあかんがな。

イメージ 12

  アタフタしていると、見ていてくれたお兄さんが寄って来て、絡みを解いてタモ出ししてくれました。沖提の出会い♡お兄さんナイスですね〜(村西とおる)!

 ワタクシ「有難うございます。」
 お兄さん「いやあ、ここ魚いないんじゃないかと思っていたんでうれしいっすよ。」ですよね〜。私も毎回そう思ってたんですよ。

 ああ!クロをタモに入れてベースに帰る時の誇らしさよ・・・
(浅ましいけど本音ですう)


イメージ 8
 いそいそとおふとん敷いて(下は熱いからね)記念撮影。くー、35センチか。俺、どこで釣ってもクロは35cm越えていかんぞ、どうなっとんの。でもうれしいぞ、沖提で初めてのクロ!

イメージ 9
 クチビル先端でござんした。皆さんのように、ガシッと口角部を捉えることはできません。結果オーライですねえ。

 もっとイチャイチャしたいですけど、アッついので早く海へ帰してあげましょう。

イメージ 10
また来てね、ナッツリターン!
(いや、それ評判悪いやつ)

 へへ、早速ヘチの先輩、会社の後輩「す」にラインで報告です。
イメージ 11
こいつ、俺がクロ釣るたんびに「カイズ」呼ばわりします。
35cmは立派な「クロダイ」です(当社調べ)。

 これは、やっぱ高い所のほうがいいんですなあ。俄然やる気が出て、カニ落としまくーる。またどうせ釣れないから、ローソンで読書用コナンを買って行こうかと迷っていた今朝の俺にさようなら!また高い所で太陽ガン照りのもと、スルスル〜・・流れ強い・・そのままスルスル〜・・・

 スルスル〜・・ ビュー―。うーん風も流れも強い〜。スルスル〜・・ビュー。

イメージ 13
 11時、おろ?カニベコンやられとる。いつの間に??ちょっと風と流れがきつ過ぎて全く分かりませんでした。お――――。ええねーーー、これでも飯が2杯食えるねえ。

 それ続け、スルスル〜・・・

 スルスル〜・・・

 ・・・
  
イメージ 14
 あれ、山本さんの便が帰ったら、かなり人が少なくなってきましたね。

 12時、ギブり気味の方々がまったりタイムに入りました。戻り便は12時半の後は15時までありません。酷暑の中、高い所にいると体力と集中力は格段に落ちますね。集中力が落ちると俺も海に落ちますよって、冗談じゃないし・・どうする?15時まで粘る??どうする俺?

イメージ 15
 12時30分。ギブ!!川崎新提、体感50℃、酷暑酷暑、国生さゆりはおニャン子だっちゅうの(言いたいだけ)。

 「東京湾は今確かに熱いです!」っちゅうか暑くて長時間持ちません。川崎新提の良い所は、こういうちゃんとしたはしごがあって上り下りしやすいところですね。
 
イメージ 16
 12時半すぎの長八便です。結構かなりの人がギブって帰るみたいです。そういえば今日は本当にヘチの人をあまり見ない日でした。全体的に魚も上がっていなかった感じです(ルアーの人がフッコ掛けたの1回見ただけ?)。

 ま、俺以外は? (また敵を増やす)

 あー、楽しかった。やっぱ沖提最高!釣れても釣れなくても楽しいなあ!また来ようっと!

■本日の結果(久々に魚が登場のくされ釣りブログ)
 ・釣果:フッコ45cm、クロダイ35cm(実は11ヶ月ぶりでは?)
 ・仕掛け:チヌ鈎3号、ハリス1.5号、勇竿のイソカニ(あれ?結局イソメは使いませんでしたね)
 ・勝敗:本年度初勝利!35cmでこんだけ浮かれられるのも幸せだねアンタは。
  1勝9敗 勝率10%(立派なもんだよ10%)

イメージ 17
今年もこいつの季節が来たぜ!!
イメージ 18
↑少しずつ大人の階段上って来たぜ!
(54歳なのに?)

イメージ 19
↑やっと一皮むけたんじゃね?
(会社のあだ名「ズル向け赤●ンコ」なのに?)

イメージ 20
ON!週末いけないから翌週また沖やな!

イメージ 21

 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事