♡の間

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

夏の日記

イメージ 1

某月某日
那須ガーデンアウトレットに行く。GAPがあるのだが、置いてある品物がほとんどす
べてアウトレット用の商品。なぜわかるかというと、ブランドロゴに3つの小さい四角
がついておりふつうの商品とは明らかに違う。兄弟分のバナナリパブリックも同様だ。

アメリカのアウトレットでもこういう「アウトレット専門商品」はあった。アウトレット用に
専用商品をつくり、世界中のアウトレットショップで売ればメーカー側としては商品管理は
しやすい。

一方、アウトレットとは正規品であるが何らかの理由で定価で売れないものを廉価
販売するというのが私の認識である。

那須というのは栃木県の北端であり福島県との県境にある。GAPは栃木だと宇都宮
に出店しているが、福島にはゼロ。ということはここのGAPに来るひとの中には商品が
アウトレット専用のもので、GAPの正規品とは違うことがわからないひともいるのでは
ないか。まあ、品物と価格は提示されており、正規品ではなくともGAPが作っている
には違いないのではあるが。


某月某日
福島県から帰京のため新幹線に乗る。日曜日だったので前もって購入するべく調べ
たら希望時間の電車はすでに満席。1時間前の席を予約する。混んでるんだろうなと
思っていたが案の定ほぼ満席。おまけに後ろの座席には子供連れが4席とっている
ので騒々しいことといったらない。ウォークマンをしていたので音は防げたのだが、
どすんどすんと座席に振動が伝わってくるのには閉口した。隣のおじさんも不快な様子。

子供を連れてグリーン車に乗るのはいかがなものか、という議論は以前にも聞いたよ
うな気もするが福島県内からなら2〜3,000円アップだけで済む。家族だと1万円前後
のアップになるのだろうが、無里な額ではない。ただ、いつもより1,500円くらい損した
感は否めなかった。


某月某日
なぜか友人と靖国神社の休憩所で飲むことに。ついでに遊就館をみる。こちらは軍事
博物館兼靖国に祭られている英霊の遺品展示場である。上映されている映画を観ると
「靖国史観」に彩られている。例を挙げると、「欧米はアジアを侵略し」たが日本は中国
に「合法的な権益を持」っていた、とする。同じ植民地獲得合戦を指しているのにも関わ
らず。こういうことを中国や韓国は国家的規模でやっているのかもしれない。

尖閣諸島国有化の件で中国でデモが相次いでいるが、大使車の国旗強奪事件など一
連の出来事もふくめ昔だったら軍事衝突の危険性に達していたかもしれない。いまだっ
てデモの余波で日本人の命が失われたとしたらどうなるかわからない。両国ともそこま
でエスカレートさせたくないだろうが、日米安保で亡くなった樺美智子さんの例もある。

靖国も国境も近代国家の産物である。当然ながら昔は愛郷心はあったろうが、愛国心
はなかった。新聞と国語ができたから国という観念が共有されるようになったわけだが、
人間は厄介な観念をつくったものだ。


某月某日
「一身に三世を経る」という言葉があったが、通信手段の発達はわれわれにもそう実感
させる。私が物心ついた頃は自動電話はすでに家にあった。その後プッシュフォンと
ファックスの普及が次ぐ。

それから携帯電話とパソコンの普及による通信手段の移動化と個人化が幾何級数的
に拍車がかかる。今のスマートフォンとは、携帯とPCの一体化でありこの延長線上に
あるものといえる。

この発展は自分の生きていた時代とシンクロしているためなかなか認識しがたいが、
世界史上の大転換ではないだろうか。個人的には携帯がなかった頃、女性と連絡を
とるのに親が出るかもしれない固定電話にかけるときのドキドキ感は世代とともに消え
去るのだなぁという感想が一番なのだが。。。

開く コメント(13)

談志が死んだ

イメージ 1

縁起でもないのだが、最近訃報が相次いだ。有名人では立川談志と北杜夫である。談志は国立小劇場での
「ひとり会」を観に行ったことがある。私はどちらかというと志ん朝が好きだったのだが、談志もやはりうまい。
談志と志ん朝が存命のうちに生で観ていてよかった。

北杜夫は小・中・高にかけてファンだった。作家にファンレターを出したのは北杜夫だけである(葉書だったが、
ちゃんと本人のひと事を添えた自筆で返事が返って来た)。北杜夫の父は、歌人で精神科医の斉藤茂吉で
本人も育った病院はいまの南青山にある。北杜夫の卒業した青南小学校は私の母の母校でもあって「楡家
の人びと」に出て来る地域は時代は違えど親しみのあるところであった。

とはいえ、北杜夫の育った環境は今は消え去りつつある東京山の手のブルジョア家庭で、私や母の育った
地域は近くとも環境はおおいに異なる。北杜夫の母、輝子は家付き娘で斉藤茂吉は婿養子であった。ダンス
教師と浮名を流して新聞沙汰になった輝子が、戦時中軍の求めに応じて供出した宝石は三井本家に次いで
二番目だったという。北杜夫はこれについて、「ほかの家は秘匿したのに母はマジメに供出したから」というの
だが、マジメに出してもふつうの家はそれほど宝石があるとも思えない。

「楡家の人びと」はこうした山の手階級の戦前戦後を自分の家族をモデルにして描いたもので、三島由紀夫が
「これこそ小説なのだ!」と絶賛した(「小説」という意味は、日本では「短編・中篇の私小説」が主流とされてき
た経緯がある。現在の吉田健一の評価や、谷崎と志賀の立場を考えるとなかなか興趣深い)。北杜夫につい
ては後日他の場所で書くかもしれない。

ここまでは有名人の訃報だが、今月になって友人の弟と大学の同級生の訃報に接した。友人の弟はもちろん
年下だし、同級生は同じ年で今年の3月にプチ同窓会で会っている。今までは親世代の訃報だったが、今後は
直接自分の世代の訃報に接することになるのだろう。要するに人生の残り時間が少なくなってきたということで、
死ぬまでにしたいことがあるなら、さっさとやらないと悔いを残すことになるのかもしれない。とはいっても十分
余裕があって引退して好きなことができる立場ならいざ知らず、なかなかそうもいかないのが現実である。

開く コメント(12)

新艇登場♪

また410の話。
イメージ 1

4月に新艇の進水式を敢行。

イメージ 2


5月に入り、無謀にも相模湾のレースに参加。しかし、土曜日のレースなのでオーナー以外はレギュラー
メンバー出場できず。オリンピック級の助っ人を頼み、総合4位につける(この順位はこの船だと妥当)。
レース後、船はシーボニアに繋留したので、日曜に横浜に回航することに。これにはさすがに参加。

イメージ 3

赤が大体の経路。

イメージ 4


さらば、シーボニアまた来るまではしばし別れの涙がにじむ♪
やはり、相模湾は景色抜群!! だが、この後ビアと赤ワイン飲みっぱなしでさしん撮っておらず、以上。
バッハハ〜イ!

開く コメント(23)

震災のあと、いろいろな方からお見舞いの言葉をいただきました。あらためてここで御礼申し上げます。

買占めの心理と論理
余震や停電のため、いろいろと商品がなくなった。1973年の石油ショックの際、トイレットペーパーが払底
し「売り惜しみ」だといわれたが、結局消費者が余分に買ったためだと判明した。今回も電池や懐中電灯
や特定の食料品が入手困難になった。

乾電池や懐中電灯、浄水場の汚染以降の水はわかるのだが、豆腐や納豆やヨーグルトがなくなったの
には閉口した。個人の単位では正当な理由があるのだろうが、総合すると大きな迷惑、とくに被災地向
けに必要な品も個人宅で死蔵されてしまうのは問題だろう。

ただ、主婦の論理としては「自分はともかく、子供に不自由な思いはさせられない」というわけで、自分が
買えたら知り合いに「○×スーパーに△■が入った」とメールして情報を発信。もらった方は折角もらった
情報を無視できずひとつ余計に買い、品物は払底する。



外国人の心理と論理
震災のあと外国人の脱出がみられた。近くは京都や大阪、遠くは本国まで逃げた。まあ、外国の人は日本
人と結婚しているなどというひとを除けば仕事の都合で来ているひとが多いのだろうから、逃げるのも当然
かもしれない。私も外国にいて大災害が起きたら日本に帰りたいと思うだろう。

フィンランド大使館などは機能自体すでに大阪に移しているし、外資系企業の多くも東京にこれ以上の影響
が及ぶ場合は、大阪や香港・シンガポールに拠点を移す準備をしているようだ。

ただ、外国人が脱出する理由として、原発がチェルノブイリのような大惨事に発展するというシナリオを日本
人より数倍高い確率で予測するものがあったようだ。海外のマスコミは日本政府が原発をコントロールできて
いないという見方をしているようだ。確かに現状ではコントロールできているとはいえないのだが、それ以上
の混沌とみているのではないか。

日本にいる外国人と話をしたら、「原発が爆発したら広島・長崎の数百倍の影響がある」といっていた。確か
にそんな予想をしているなら逃げて当然かもしれない。同じ日本にいても見方は違うものだ。



病人の心理と論理
つい最近まで病気で病院に行ったことがなかった。20歳過ぎてからケガか皮膚の湿疹以外、つまり風邪や
その他内臓の疾患などで医者にかかったことがない。もちろん健康診断もしていなかった。

去年の9月に学生時代以来はじめて健康診断を受けたら、「糖尿病と高血圧だ」といわれた。血糖値は180、
血圧は180の120。「疑いがある」のではなく、病人である。糖尿病も高血圧も自覚症状が出ない。出たとき
にはすでに相当危ないのだという。

専門医にかからなければいけないというので、仕方なく今年になってから病院に行くと相当脅される。とりあえ
ず食事節制をしろといわれる。カロリー計算は面倒なので、昼は原則として外食をやめ炭水化物でないものを
買って食べることにする。ほかにやったのは揚げ物を食べない、少し酒量を抑える、これ位。

こういう適当な食事療法をはじめると、体重が3〜4kg減った。それから2回医者に行ったが、数値は改善され
ているという(血糖値130)。医者に「どうやったんですか?」と聞かれたので、「先生が節制しろというのでしま
した」と答えると「たいがいのひとができないんですよ」と言われた。じつは両親とも糖尿なので(彼らが私の糖
尿の原因でもあるのだが。。。)、電話して数値が改善し、薬も飲んでいないというと吃驚していた。

多くの皆さんは医者に行っても言うことは聞かないようだ。言うこと聞きたくないなら最初から医者に行かねば
よいと思うのだが、行っていること自体で安心してるのかもしれない。

いまのところ誰かと外食するときは規制せずに食べているのだが、ひとりのときは揚げ物やカロリーの高いもの
(例:カツカレー、チャーシューメン)あるいはご飯もの(例:漬物やいくらで白いご飯、あるいは○×丼とか)とか
はもう原則として死ぬまで食えないわけだ。人間は白髪を見つけたり、老眼になったり、こういうことがあったりで
自分の死が近づいていることを自覚するのだろう。
※血圧は降下剤飲んで下げています。

開く コメント(16)

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事