ここから本文です

書庫アマゾネス レナ

すっとこどっこいな犬のお話
記事検索
検索

しつけ

グランドで遊んでいると オヤツにありつけるレナ
 
 
たいてい 5〜10匹くらいのワンちゃんがいるので
 
 
競争になる
 
 
そこで編み出した技がジャンプ
 
 
 
いの一番にオヤツをぶんどるために誰よりも高くジャンプした方が勝ちだ
 
 
 
ジャンプして1年
 
 
 
跳躍がカンガルーなみになってきているレナ
 
 
 
最近では、ジャンプして前足で相手をど突くようになってしまっている
 
 
 
 
今日もびょんびょん、ジャンプしてオヤツをあげている人の胸ぐらをバンバン、ど突いている
 
 
 
 
なんてふとどきな犬だ!!これはいけない!!
 
 
 
ちゃんとお座りして待たせてからオヤツをあげないと、さらにエスカレートする可能性がある
 
 
 
私は、大きな声で叫んだ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レナ!!!
 
 
 
 
 
おシット!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
おシット・・・・ってなんだろう?
 
 
 
 
シット(座れ)の丁寧語ではない
 
 
 
 
むかついていたため シットとおすわりが混ざってしまった
 
 
 
 
しかし
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
通じた・・・・
 
 
 
 
 
さらに他の犬もちゃんとお座りしている
 
 
 
 
なんてトンチのきく犬たちなんだ
 
 
偉いぞオマイたち
 
 
 
 
 
 
それにしても 
 
 
 
 
 
 
最後の一文字を間違えないで良かった
 
 
もし、そこを間違えていたら
 
 
 
 
 
大衆の面前で、大声で叫んではいけない言葉を絶叫しているところだった
 
 
 
 
 
そんなことを考えながら
 
 
 
 
 
 
 
一度 オヤツをもらったのにもかかわらず、反対側に回り込み
 
 
 
もう一度、オヤツにありつこうとしてびょんびょんジャンプをして相手をど突いている
 
 
 
懲りないレナに向かって、再び大きな声で叫んだ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レナ!!!
 
 
 
 
 
 
おかわり!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おかわり・・・・それなら今、やっている真っ最中だ
 
 
 
 
 
 
 
おすわりと素直に言えない自分が憎い
 
 
 
 
 
 
 
もう、誰も私の言う事に耳を傾ける犬は、いなかった
 
 
 
ハゲタカのように群がると
 
 
 
 
ジャンプがあまり得意でないるりちゃんが
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
下からオヤツの入った容器をアシカのように鼻で突きあげ
 
 
 
 
 
地面に散らばった オヤツをみんなでむさぼり食っている
 
 
 
 
そして
 
 
 
もう、これ以上こいつからは、ど突いても鼻血も出ないと悟った犬たちは
 
 
 
ごちそうさまの挨拶もなしに
 
 
 
次の獲物めがけて大きな塊となって走って行ったのだった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
食べることにかけるエネルギー
 
 
 
あさましいを通り越して、生きる息吹を感じる後姿は
 
 
 
 
 
大安売りの商品に群がる自分の姿と重なって見えて
 
 
 
 
しみじみしました
 
 
 
 
悲しい夏の終わりの夕暮れ
 

あなっぽり

本日は、レナ先生がたまに行います、土木工事
 
 
その中の一つ、穴掘りをご覧いただきましょう
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
まず、穴掘るのにもっともふさわしい場所を探します
 
 
 
イメージ 2
 
 
おっ!ありましたか?
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
そこですか?
 
 
イメージ 10
 
 
 
それにしても、見事なまでのへっぴり腰
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
見たところ、なんの変哲もない場所のようですが
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
よほど恐ろしい匂いが、するのでしょうか
 
 
先程から何度も匂いを嗅いで、飛び上がるを繰り返しています
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
掘り始めました
 
 
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
 
 
どうですか?
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
掘りあがったの?
 
 
 
温泉でも出たか?
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
見た
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
根っこしかねーよ
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
なんだよ、温泉出なけりゃ、小判がザクザク出てくるとかさ
 
 
そういうのは、ないの?
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
ないのね
 
 
 
 
イメージ 7
 
ポーズ
 
 
 
 
 
 
今日 福島警戒区域から保護されて来たワンちゃんに会ったよ
 
 
 
仮名 木戸くん
 
 
飼い主さんは、まだ不明で探してるんだって
 
 
 
木戸くんを保護されてる人とお話してたらそこへ
 
 
シェルターから保護されて来た子が、やって来た
 
 
仮名 ライくん
 
 
怖がりで、まだよそのワンちゃんとご挨拶が、出来ないらしい
 
 
 
 
レナと木戸くんとライくんで微妙な緊張
 
 
 
 
 
 
そこでレナがリードを咥えて踊りだした
 
 
リードを空中でクルクル回し 二匹の間を行ったり来たり
 
 
 
そしたら、二匹がなんだか楽しくなって来ちゃったみたいで、はしゃぎ始めた
 
 
 
 
 
 
これは・・・
 
 
いつもバカ踊りだと思ってるこの行動は
 
 
犬たちをリラックスさせるためにやってた事なのか?
 
 
 
そうなのか?
 
 
 
レナの意味があるんだか無いんだかわからない行動は、
 
 
犬からすると意味がある行動なのかもしれない
 
 
 
あの なんにも出ない穴っぽリも
 
 
 
犬にとって大切な事の一つなのかもね
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
木戸くん
(木戸川第三原発所の辺りをうろついてるところを保護されたので木戸くん)
 
保護されてる犬猫情報←こちらに掲載されてます、他にもまだまだ沢山いるよぉ
 
 
 
 
よくがんばってきたね
 
そう言って抱きしめたら ペロペロと私の顔を舐めてくれました
 
 
ごめんね・・・私たち人間のせいで辛い思いをさせてしまったね 
 
 
 
もう、安心していーんだよ
 
 
きっとみんな可愛がってくれる
 
 
また、レナと遊ぼう
 
 

レナと赤ちゃん

近所にまだヨチヨチ歩きの可愛い女の子 みっちゃんがいる
 
 
 
みっちゃんが、お散歩中のレナを見つけて嬉しそうに駆け寄って来る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レナは、ひっくり返って腹を出す
 
 
 
 
 
 
 
それを見たみっちゃんは
 
 
 
 
 
とても真剣な顔になり
 
 
 
 
 
 
しゃがんで
 
 
 
 
 
 
 
いきなり
 
 
 
 
 
 
 
 
レナの乳首をつまむ
 
 
 
 
 
 
 
 
どうやらこれが二人の挨拶らしい
 
 
 
 
 
しばらく乳首で遊んだ後
 
 
 
 
 
一人と一匹は、頬を寄せ合い
 
 
 
頭を撫ぜたり、しっぽにじゃれついたりして大喜びのみっちゃん
 
 
 
 
 
 
 
 
手をパチパチしながら、たどたどしい言葉でこう言った
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「レナたん こおがって」
 
 
 
「こーして」
 
 
 
 
「やってー!!」
 
 
 
 
 
 
どうやら 乳首アンコールのようだ
 
 
 
 
 
 
しかし
 
 
 
 
 
 
レナは、転がって乳首を触らせるのは、一回だけと決めてるらしい
 
 
 
 
 
 
聞こえないふりで仁王立ち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
放置されたみっちゃん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仕方がないので
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分がひっくり返って
 
 
 
 
 
 
 
下から乳首つまんでた
 
 
 
 
 
その手があったか
 
 
 
 
というか、そこまでしてつまみたいのか
 
 
犬の乳は、そんなに魅力的か?

また怪我

レナちゃん
 
 
 
 
 
剥離骨折
 
 
 
 
 
剥がれた骨は、そのまま吸収されてなくなるらしい
 
 
 
 
 
 
 
走るなって言っても 無理だろうから
 
 
 
 
 
 
痛み止めもらいました
 
 
 
 
 
 
 
先生が、最後に一言
 
 
 
 
 
「スポーツ選手が良くなるヤツですね」
 
 
 
 
 
スッ・・・
 
 
 
 
 
 
ですね・・・・気をつけます
 
 
 
 
 
 
 
 
診察が終わって待合室で
 
 
 
 
 
「ここが痛いの」
 
 
 
ってよその飼い主さんに左手を見せ
 
 
 
 
 
可哀想〜〜〜〜って慰められて
 
 
 
 
 
喜んでたレナちゃん
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
とりあえず
 
 
 
 
崖の直滑降と
 
 
 
 
 
 
ここをね・・・
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
よじ登るのやめようか
 
 
 
 
 
スパイダーマンじゃねーし
 
 
 
 
 
お陰さまで、今日は、すっかり元気です
 
5月某日午前11時30分レナと家を出る
 
この時点で彼女は、今からお注射だと言う事を知らない
 
だから ルンルン
 
 
(以下、イメージに一番近い写真を選びました)
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
しばらくすると道が二股に分かれる
 
右へ行けば お山のお散歩コース
 
まっすぐ行くと 緑地もしくは、動物病院コース
 
 
猛然と右にターンし始めるも
 
まっすぐに戻される
 
 
レナ 飼い主を見る目が細くなる
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
さらにしばらく行くとまた、二股に道が分かれる
 
まっすぐ行けば お山に戻るコース
 
左に曲がると 緑地もしくは、病院コース
 
 
猛然とまっすぐに突き進むも
 
強引に左に持っていかれる
 
レナさらに細い目で飼い主を眺める
 
 
 
横断歩道が現れた
 
その向こうに見覚えのある病院
 
 
レナは、考えた
 
この歩行者信号が青になったら猛ダッシュで通り過ぎよう
 
 
気合を入れて信号待ち
 
 
 
 
 
青になった!!
 
 
行くぞ!!レッツゴーゴーゴー!!
 
 
 
 
走り出した!!!
 
 
 ケツ筋ムキムキさせて!!!
 
 
グングンひっぱって!!!
 
 
 
 
 
勢い余って!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
病院に走りこんでしまった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
こんにちわーーーー!!
 
 
 
 
とても素晴らしいご挨拶までしてしまった
 
 
 
 
 
しまった!!!
 
 
 
 
しかしもう遅い・・・・・
 
 
 
こうなったら!!!
 
 
 
これしかない!!
 
 
 
反省もかねて
 
 
 
 
瞑想に入るレナ
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
知り合いの飼い主さんに「レナちゃん」と声をかけられても
 
 
微動だにしない
 
 
「ごめんなさいね 今彼女瞑想中だから返事できないの」
 
 
飼い主がすかさずフォローなどをしている間に
 
 
 
レナの番が来た
 
 
大慌てジタバタジタバタ自分がどこに向かっているのかわからない模様
 
 
そしてまた
 
 
勢い余って
 
 
診察室に入ってしまった
 
 
さらに
 
 
 
診察台の上に乗せられ
 
 
 
 
魂が抜けかかる
 
 
 
 
「じゃっ レナちゃん ちょっと我慢ね」
 
 
 
チックン
 
 
 
注射を打たれ・・・
 
 
 
背中に鋭い痛み
 
 
この時点で三途の川の船頭に6文銭を渡してしまった模様
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
瞳孔が開きっぱなしになる
 
 
 
とりあえずお注射完了
 
 
三途の川を渡っているのか
 
 
泳ぐような足どりで診察室から出てくる
 
 
 
 
 
会計を終えるまでの間
 
 
 
 
待合室で出口に向かってお経を唱え始めた
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
出口のど真ん中に座ってお経をあげているため
 
 
外から人が来た時に、すごく邪魔なレナ
 
 
 
引きずってどかしても また戻る
 
 
 
 
 
 
やっとお会計の名前が呼ばれ
 
 
 
飼い主が立ちあがると
 
 
いきなり三途の川から猛ダッシュでこちらに戻ってきた!!
 
 
 
 
 
出口でヨーイドンのかまえ
 
 
 
 
お金を払うためリードを引く飼い主
 
 
出口に向かってさらにヨーイドンのレナ
 
 
体がSの字になっている
 
 
「お大事に」という言葉とともに
 
外に飛び出すレナ
 
引きずられる飼い主
 
 
勢い余って電信柱に頭突きのレナ
 
 
指さして笑っている
 
 
赤信号で停車中の車の人
 
 
恥ずかしいので走り出す飼い主と飼い犬
 
 
横断歩道渡りきった時点でルンルンに戻ったレナ
 
 
今だむかつくのを抑えられない飼い主
 
 
 
 
 
楽しそうにドブを覗きこむレナ
 
 
 
何がいるのか興奮してどんどんケツが上がっていく
 
 
 
頭にきたのでケツを思いっきり押したら
 
 
レナにものすごく非難されました
 
 
 
 
ホント動物の切り返しの早さにはついていけないと思う今日この頃です
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事