光の玉手箱

被災地の皆様の不安が一日も早く取り除かれますように…。

ブログ詩

すべて表示

宙から吹く光の風

光の粒子が集まって
何かの形に変わっていく
目に見えるものに変わっていく
遠い遠い世界

両手を重ねて
静かにお迎えしよう
小さな光の粒子は
何もかもすり抜けてしまうけれど

空を見上げる
曇った空は星を隠して
それでも無限の世界を感じる
心が透き通っていく

光が体をすり抜けて
体自体が光り始める
光そのものになる
宇宙の記憶に触れる

ほんの一瞬だけ
感じ取れたその世界
無限の宇宙はここにもある
全ては繋がっている

光の意識は降り注いで
その旅は永遠に続く
宇宙の風に吹かれて
きっと今日はいい詩が書ける気がする


ランキングに参加しています。いつも有難う御座います
人気ブログランキングへ

その他の最新記事

すべて表示

「じゃあ、今度こそ絶対だよ!」 ソラのクラスメイト、美咲が彼に声をかける。彼女は身長150cm前後の可愛い元気少女で、誰にでも気さくに声をかけるクラスのマスコット的存在だ。 彼女が話しかけてきたそのイメージが頭の中で再生されて、ソラは空を見上げながら独り言をつぶやいた。 「あ〜、変な約束しちゃったかな」 「ん?」 ...すべて表示すべて表示

第78話 愉快な休日 その5

2017/10/18(水) 午前 10:54

しかし、人の好みはそれぞれで、セリナの右隣のルルもまた泰葉の言葉に賛同していました。 「私も出来れば素早く始まって欲しいっスね」 「うお、味方がいなかった」 早く映画が始まって欲しい派に囲まれて急にセリナは肩身が狭くなってしまいます。なので予告上映中、彼女はすっかり無口になりました。 同じ頃、同じ映像を真後ろの席で鑑賞 ...すべて表示すべて表示

第78話 グループ研究 後編

2017/10/17(火) 午前 10:50

そうして最後に疲れきった彼女はばたりとベッドに倒れ込んだ。その日の攻防は僕の勝ちと言う事で久々に勝利の美酒に酔いしれる。 それからマールはすべての要件を明日に先延ばしして、その日は不完全燃焼の気持ちを抱え込みながら眠りについたのだった。 次の日の朝、マール達が教室に着くと、既にクラス内は昨日のグループ研究の事で盛り上がっていた。テーマは早 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事