なごみ動物病院ブログ

Facebookが更新多いです。ブログはゆっくりですいません。

実際の症例(犬猫以外)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ハムスターの骨折

今回は久しぶりにハムスターの手術のお話。

内容は骨折です。

ハムスターは骨が細いので力のかかり方次第で簡単に骨折してしまいます。

怖いのが2階の床やハシゴが格子状になったケージ。

足を引っ掛けたまま落下すれば骨折します。

2階へ移動するならハシゴよりトンネルの方が安全です。



では症例です。

患者さんはジャンガリアンハムスター。

気がついたら左後足がおかしくなっていたそうです。

診察すると、左の膝から下で骨折していました。

折れた骨の先端が露出し、その先が壊死してミイラ状になっていました。

でも本人は元気でした。スゴイですね(^^;

では1枚目の写真です。

見ても大丈夫という方だけクリック
イメージ 1


骨折部が露出し、そこから先は壊死してミイラ化していました。

こうなっては元に戻す事が出来ないので断脚手術を行いました。

犬猫と同じように抗生剤、止血剤、鎮痛剤を使い、吸入麻酔薬で寝かせました。

ダメになった組織を取り除き、正常な筋肉や皮膚で覆って縫い合わせて終了。

術後の写真がこちら
     ↓
イメージ 2

術後の経過は良く二日後に退院しました。

帰宅後も元気だったそうで、2週間後の抜糸の際には体重が2gも増えていました(^^)

イメージ 3


完全に皮膚で覆われていますね。

人間なら足がないと歩くのが大変ですが、そこはハムさん。

見た目には不自由を感じないくらい元気いっぱいに走り回っています(^^)

イメージ 4

足が痛いの治って良かったね。

これからは怪我しないように気をつけて遊びましょう(^^)b



※補足※

骨折の話ではないですが、“綿”は要注意です。

ハムスターのベッドとしてよく売られていますね。

暖かくて良さそうなのですが綿は捻じる(ねじる)と非常に細く頑丈な糸に変わります。

綿に足を突っ込み抜けなくなると暴れます。

その際に綿が捻じれて足に絡まるとますます暴れます。

どんどん皮膚に食い込み血行がなくなり、最期には壊死します。

骨折ではないですが断脚手術の適応になります。

綿は暖かくて良さそうですが、ハムスターの敷材はウッドチップ(できれば広葉樹)がオススメです。

温かくしたければペットヒーターを用いましょう。






開く コメント(4)

 
フェレット(イタチの仲間の動物)の症例紹介です。
 
イメージ 3
 
こんな感じの子ですね。もう亡くなりましたが、うちにも3頭いました。
 
 
フェレットは2頭に1頭は「副腎腫瘍、リンパ腫、インスリノーマ(膵臓の腫瘍)」のどれかにかかると

言われています。

中でも最も多いのが副腎腫瘍でしょう。

当然、ヒトにもフェレットにも犬猫にもある副腎という臓器。
その名の通り腎臓のそばにあります。特にフェレットのような小柄な生体は
慣れないと見逃してしまいそうな小さな臓器です。
 
主な仕事は内分泌系、つまり、身体をコントロールするホルモンを調整しながら出しています。

その副腎が腫瘍化してしまうため、ホルモンの分泌のコントロールがうまくいかなくなるのです。

その結果、貧血、脱毛、全身のかゆみ、前立腺疾患等が起きます。
 
 
 
実際に副腎腫瘍が疑われた子の写真がこちらです。
 
 
イメージ 1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
背中から腰、尻尾にかけて広範囲に脱毛があり、またかゆみもありました。
 
 
まだ若い子だったので手術に踏み切り、副腎を摘出した結果の写真がこちら。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2ヶ月後の写真です。
キレイに毛も生えそろい、痒みもなくなりました。
 
 
副腎腫瘍の場合、飼い主さんの目にみえるのは脱毛やかゆみといった症状だけのことが多いのですが
身体の中では貧血などが起こっているかもしれません。
 
また副腎が大きくなり過ぎると大静脈という重要な血管を破ってしまうので命の危険もあります。
 
治療法は副腎摘出(手術)のほかに、注射もあります。
高齢やその他の理由で、手術のリスクが高いと判断した子には注射をオススメしています。
 

 
2歳以上のフェレットさんで背中や腰、尻尾の脱毛がみられたら副腎の病気の可能性は高いです。
 
そうでなくても、定期的に病院にチェックしにいらしていただけると安心ですね。
あわせてフィラリアの予防もおすすめします。
 
そうそう、一般的に違う個体には感染しないと言われているウィルス性の感染症ですが
なんと人のインフルエンザはフェレットにうつります!!!
 
これからの時期、ご注意くださいねー。
 




開く コメント(0)

ハムスターの腫瘍

院長の大川です

ハムスターさんの腫瘍の手術をしましたのでご紹介いたします。



犬・猫と同様にハムスターにも腫瘍はあるのですが、体が小さすぎて抗ガン剤や放射線治療が使えないので

治療は手術かサプリメントになります。


手術の場合、点滴も繋げず気管に(呼吸を確保するための)管を入れる事もできません。

心電図も取れないので麻酔中のモニターは呼吸をしているか否か、のみ。

犬・猫よりも危険度は大きいです。

そのため小さい腫瘍ならサプリメントで様子を見る事もあります。


ですが腫瘍が急速に大きくなったり、大き過ぎて生活に支障をきたすなら手術をお勧めします。



患者さんは1才9ヶ月のロボロフスキーさん。

一番多いジャンガリアンハムスターよりも一回り小さい種類の子です。

腫瘍が大きくなり過ぎてご飯を上手く食べられませんでした。

元気はあり、食べる意欲もありそうなだけにかわいそうでした。


飼い主さんは意を決して手術を希望されました。


術前はこんな感じでした。

イメージ 1

人に例えるならバスケットボールくらいのサイズです。



これが術後の写真。


イメージ 2

腫瘍が大きかったため切除後に左前足が下へずれてしまっています。



イメージ 3

麻酔覚醒直後の写真。

ハムさんは麻酔から覚めてすぐに野菜を食べます。

凄いですね。

イメージ 4

動きたいけど前足がずれているのでスッテンコロリン。






そしてこれが抜糸後の写真。

手術から10日後です。

食欲旺盛、元気に走り回っているそうです。

手術の傷も良好、ずれていた前足も治ってきました。

イメージ 5


イメージ 6

余計な物が取れたので術前より機敏に動けるようになりました。

元気過ぎて写真が撮れない



残念ながら全ての症例で手術ができるわけではありません。

ですが“ハムスターも麻酔をかけて手術できる”という事を知っていただければ助けられる子が増えるかも

しれません。

あやしいできモノを見つけたらご相談ください。

開く コメント(7)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事