ここから本文です
とけいのじかん

書庫時計よもやま話

すべて表示

 
とけいのじかん4
末期の時計
(まつごのとけい)
 
生老病死は人の世の常である。
人種も性別も貧富も関係ない。
オギャアと産まれたら人間はいつか必ず死ぬ運命なのだ。
しかも歳の順に死ぬとは限らない。
若くして死ぬ人なんかいくらでもいる。
生まれてすぐ死ぬ子だってたくさんいるくらいだ。
 
でも私は人間が死んだら無に帰すのではなく、
あの世に帰還するのだと信じている。
死は忌み嫌う恐ろしい終末とか一巻の終わりではなく、
人生学校を卒業して魂の故郷に帰るだけのことなのではないだろうか。
だから、ことさら死を恐れたりしない。
もちろん、せっかく神さまに与えられた命だから、
無駄にすることなく精一杯生ききろうと思う。
でも生きることに執着するのもまた愚かだ。
必ず死ぬと分かっているからこそ、
今という一瞬を大切に生きられるのではないだろうか…。
 
などとヘリクツを並べだすとキリがないので先へ進もう。
(ちなみに既成の宗教とは全く関係ない。
私個人が勝手に信じているに過ぎない)
 
先日、
「そろそろ人生の終末を見据えるころになったのに、
相変わらず時計沼にハマったままで、
このまま時計を残して死ぬのだろうか」
といった内容のコメントを頂いた。
私も思わずハッとしたものである。
「そうか!いよいよ死ぬときに身に着けている時計は何だろう?」と。
これは時計マニアにとって、
一生モノの時計を手に入れるのと同じか
それ以上の問題ではないか。
何十万円いや何百万円も投資してこだわり続けた趣味なのだから、
人生の末期も、やはりこだわりの腕時計を身に着けて死にたいものである。
しかし、ちょっと待てよ。
問題は、その末期の状況だ。
 
時計というのは、自分の好みに完璧に合致するものが一つあれば、
あとはもういらない、と考える”人もいるが、
私なんか時計も最低三つは必要だと考えている。
一つは仕事用に、
二つ目は普段用で、
三つめは冠婚葬祭用だ。
時計なんか無暗にたくさん集める必要はないが、
最低限これくらいのTPOはわきまえるべきだろう。
まあ、これは私的な趣味趣向の問題だが、
いずれにしても私の場合、
いつ、どのような状況で死を迎えるかによって、
身に着けている腕時計が異なることになる。
 
仕事中に事故死したら、
きっとアルバのミリタリータイプだろうし、
 
イメージ 1

自宅や休日の出先で死亡したら、
やっぱりコスモノート・クロノグラフだろう。
 
イメージ 2

それとも朝方トイレでいきんでいるうちにプツンッと逝ってしまったら、
国鉄ホーマーだろうか?

イメージ 3
 
冠婚葬祭に出席中に倒れて死んだら、
56GSに違いない。

イメージ 4
 
まあ上記のケースは急死ばかりだが、
長患いして病死することも考えられる。
そうなると病院のベッドで死ぬことになるだろうが、
機械式の場合はネジを巻かなければならないから、
病人にはちょっと難しいかもしれない。
手巻きならベッドに横になりながらなんとか巻けるかもしれないが、
自動巻きになると動きが少なくて巻き上げられずに止まってしまうだろう。
いや、そもそも、いつまで意識が有るのか分からないではないか!?
そうなると、やっぱりクォーツが一番だ。
何せ放っておいても止まる心配はない。
しかし、
これまで機械式にこだわったのは何だったのかということになるし、
腕に馴染んだ時計が機械式だったらどうするんだ?
 
う〜ん、これはなかなか悩ましい問題だ。
 
いずれにしても、末期を看取ってもらう時だって
誰かの時計で死亡宣告を受けるのはシャクにさわる。
しかも、その医師が時計に無頓着で
スマホなんかで時刻を確認された日には死んでも死にきれまい。
やっぱり自分のお気に入りの時計で
「オレは何時何分何秒に死ぬぞ」と自ら宣言して
バタンキューと逝くのが理想だが、そんなに上手くいくことはないだろう。
 
そうなるとあらかじめ遺言状を作成しておく必要がありそうだ。
「死亡宣告はこの時計でやってくれ!」
「さもなくば化けてでるぞ!!」
とでも書いて免許証入れにでも忍ばせておけば間違いなさそうである。
 
時計好きな読者諸兄の皆様方に是非とも、おすすめしたい妙案だが、
死後、家族や親族に腹の底から呆れられても当方は責任を持ちかねる。
くれぐれも自己責任で行って頂きたい。
 
 
帰ってきたユミさん
 
あれれっ?
これはユミさんはユミさんでも、
唐〇ユミさんではあ〜りませんか???

イメージ 5
 
「何を意味不明なボケをかましとんじゃぁ!?」
と叫んだそこのあなた!
わたくしはいつだって大マジメのク〇真面目なのでありまする。
けっこう毛だらけ我が家はネコだらけ♬
<(^´)>
 
 

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 女性ファン?

    2018/8/26(日) 午後 10:47

    とけいのじかん4 女性ファン? いつぞやも書いたが、私はこのブログを 男性誌のエッセイのようなつもりで書いている。 年齢層は 40 〜 50 代を想定して ...すべて表示すべて表示

  • 帰ってきたネコ

    2018/8/5(日) 午後 6:12

    とけいのじかん4 帰ってきたネコ ι ( ´Д`υ ) アツィー ただ、もう、その一言に尽きた。 北海道の我が街でも連日 35 ℃を超える日が続いた。 ...すべて表示すべて表示

  • とけいのじかん4 とくに宇宙に用事はありませんが フォルティス B -42 コスモノート クロノグラフ 実は、 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事