ここから本文です
台湾新竹生活日記
祝・スターフライヤー北九州便就航!ちょっと乗って来る。

書庫全体表示

記事検索
検索

全977ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 今はなき「花園夜市」そばにあった店ですが、こちらに引っ越して来てからはぜんぜん行ってませんでした。

イメージ 1

そして、急に火がついたように続けざまに昼休みに3回も通ってしまいました。

イメージ 4

相変わらず人気のお店です。持ち帰りの人も次々と。

イメージ 2

長らく行ってなかったので、メニューはなんだっけかな?シンガポールといえば「チキンライス」ですが、なぜかこの店の看板料理は「麺」になってますね。具沢山で、寒いときにはいいよ〜って、常連さんが。

イメージ 3

「印尼(インドネシア)」チャーハンや焼きそばも評判のようです。

イメージ 5

では、まず1回目。
 ご飯時は相席は普通。
 まずは、テーブルを確保して必ず番号を記入!できたら、マイクでその番号が呼ばれますから自分で取りに行ってね。先払いです。

イメージ 6

食器類や無料のお茶など、自分で用意して待ちます。

イメージ 7

これが「印尼炒麺」です。

イメージ 8

蝦や肉の具材は下に隠されていました。甘いソースがたっぷりしっかり絡んでいます。量も多いし、途中で味に飽きてしまうので、味変したいところですが、備え付けの調味料はありません。
 あ!うっかりしていた、ここにはヒミツのソースがあったのです。・・・つづく。

イメージ 9

さて、2回目。
 1回目と違って、具材がたっぷりのこちらは「牛肉【火会】飯(あんかけ)」ですが、
イメージ 10

真ん中にあるのがヒミツのソース「蝦醤」です!!
 これは知っている人しかもらえない。注文時に言わないともらえない。なぜなら原価が高いから〜って常連さんの話。

イメージ 11

「あんかけ」というより、おじやに近いほどゆるいです、ちょっとスープ風。胃腸が弱ってるときにいいかなと思ったけど、丼飯って感じのかなりのご飯の量ですから、弱ってる人には無理かもしれません。

イメージ 12

で、牛肉?想像と違いました。なんかカップヌードルの謎肉風でしたー。

イメージ 13

3回目。
 この日は「蛋花湯」(卵と青菜のスープ)も頼んでみました。
アツアツで、卵もふわっとして、また味も薄くない♪

イメージ 14

 これは、常連の同僚がおススメの「印尼炒飯」です。この日も蝦醤、忘れません!

イメージ 15

具材は・・・・
 また掘ったら出て来ました。なんでか、シャブシャブ肉みたいなのがたっぷり入ってました。

イメージ 16

たとえば、このスープとチャーハンで105元!日本ならワンコインで安い〜って評判になるでしょうが、ここは300円台でお腹いっぱいになるんだよ!!
 とある台湾人のコメントに「味は普通なのにあんであんなにいつも人が多いんだ?」ってのを見たが、はっきり言っていわゆる「おいしい」店ではないと思う(笑)。でも、ほかにはない味なのよ、ソースなのよ。クセになるというのもあるでしょう。
 
イメージ 17

 昼はエンジニアが多い。今日相席になった人は、食べながらスマホのモニターで数式見てたわ。
 また、出張者を連れて来た風の人。
 ここはこの「蝦醤」に価値があるんだよってわざわざ注文してあげたのに、要らんって返される人とか、ここは量が多いんだよ〜って店を紹介しながら入って来る人・・・。
 夜は、近隣の高校や大学生が多いらしい。店のまん前にバス停もあるね。

イメージ 18

 んで、突然「せんせー!」って呼ばれた!!!
 サイエンスパークで働く卒業生だ。
 がっこー猫を引き取ってくれた子。あれから猫たちはどうしてる?って写真を見せてもらう。立派になっていて泣ける・・・
 今は、がっこー定住の猫がほとんどいなくなったって話になる。
最近、見たのはこの子。でも、きれいだから、ただの散歩かもしれない。

イメージ 19

裏の塀の上を歩いていた子。

イメージ 20

どれも、通りすがりの猫・・・

イメージ 21

住所
  • 300 新竹市新竹市東區學府路307號
営業時間)※月曜定休

11時00分〜13時30分, 16時30分〜20時30分

この記事に

 ネットで見た。
 バーキンが「大潤發」にできたって。
 ボリュームのせいだと思うけど、台湾人、バーキン好きよねって思う。
 わたしも、何か新しいのができたって聞いたら、一度は行ってみたいほうなので、昼休みに行ってみたよ。
 (もうツリーか、、、気が焦るな)

イメージ 1

 てっきり、あのKFCが潰れたんだと勝手に思ってたよ。台湾のKFCってさ、ふつーのフライドチキン売ってくれればいいのに、こちらもボリュームを前面に押し出し、衣もゴツゴツしてるし、バーガーとかも見ただけで恐ろしいほどのカロリー。

イメージ 2

ほな、どこにできたんや?ってフードコートに行ったら、ああ、あった!

イメージ 3

ここか!

イメージ 4

うわ!ここもドえらいバーガーあるな。

イメージ 5

アンガス牛のでいってみようかな。

イメージ 6

できたら番号が表示される仕組み。

イメージ 7

いや〜昼休みに次々人が来るなー。

イメージ 8

 台湾もバーガーチェーンにしてはそんなに店舗は多くないと思う。わたしはたま〜に空港の店で食べてたくらい。

イメージ 9

典型的なコーラとポテトのセットで。

イメージ 10

久々に再会したバーガーは、第一印象は、ずいぶん小さくなりましたね〜ってこと。あんたはモス?って思った。

イメージ 11

ワッパーじゃなくて、アンガス牛だから?

イメージ 12

でも、写真ではこうですよ〜。
 ま、現実を受け容れます。

イメージ 13

 で、そんなことよりも、フードコートとか台湾は異様に冷房が効いてるのはわかるが、並びの席のおじさんのクシャミに絶えられず!!いったい、何連発した?まったく手を当てるでもなく、周りをはばからず、思わず目がいっちゃう。なんでおっさんってあんな遠慮のないクシャミをするのだ!わたしの周りにもいる。クシャミだけじゃない、何度も大アクビをするオヤジ。まあ、免疫力が低下してるというのもあるらしいが、先日のNHK「チコちゃんに叱られる」を見て合点がいったよ。
 >なんでオヤジはオヤジギャグをいう?
 ざっくり言うと、前頭葉が退化して、脳のブレーキが利かなくなっているから。
 そうなると、オヤジギャグに限らず、キレルおやじとかも、全て説明がつくやん!と思った。他にも必要以上に物音をたてる声がでかくなる、、、同僚とも、そういう人を見たら、ああ、脳の老化だってよ、かわいそーって思うようにしようってことで落ち着く。
 あとは、もう恥じらいという気持ちが失われているという。
 ほんと、これだけは失わないように気をつけよう!と思った。これはもう最後の砦やんなー。
 
 今回は、これでメシが半分まずくなったようなもんだ。
 そして、その夫婦、奥さんはダンナを気遣う様子ゼロ。(結婚当初はらぶらぶなこともあったでしょうに〜)席を立ってもおっさんは周りに轟くクシャミを連発しながら売り場を歩いていた。そんな人と知り合いじゃなくてよかったよ。

せっかく来たから、わたしもちょっと売り場をうろついて、

イメージ 14

ちょうどタイの食品フェアをやっていた。

イメージ 15

タイ限定味のコアラのマーチってあるんだね。

イメージ 16

あ、こっちは日本の食品だ。
 台湾で皿うどん売ってるのは初めて見たのだが、どこを見ても値段表記がない!
 いったいいくら?

イメージ 17

いいよ、ほしければ日本で買うか、リンガーハットに行くわ。

 (ところで、最近、自分の脳が老化したと感じたのは、図書館で雑誌を借りて数ページ開いたところで、え!これ、先月も借りたヤツや!!と気付いたときやな。。。まだ人に迷惑かけてないだけマシとしよう><)

この記事に

 「夜の部」は最初、違うお店を予約するつもりでしたが、出張やなんかで一時滞在の人たちも加わり総勢10人になったので、円卓のお店に変更!ここは、前を通ると店内のお客さんたちが楽しそうに食事しているのが見えて、いつか行きたいと思っていたのです。

イメージ 1

わたしたちは2階の個室に通されました。

イメージ 2

珍しく、テーブルのお茶はプーアール茶でしたが、色味ほどのクセはなく飲みやすかった。

イメージ 3

各種ビールも揃ってます。

イメージ 19

で、みんなが揃った後は、ビール(飲めない人は茶)でカンパイ!!!

イメージ 4

お酒は自由に持ち込んでくださいと言われたので、では、日本や中国からのを。

イメージ 5

最初にドラゴンフルーツを始め、フルーツ中心のサラダが出て来ました。

イメージ 6

 コースは600元からですが、特にメニュー表も出てないのでどうしたものかと思いましたが、予約時に「600元でも十分ですよ」って店の人が言ってくれたので、それでお願いしました。
 「嫌いなものは?」とも聞かれ、オクラが浮かんだものの、オクラだけの料理もないだろうし「没有!」って言っておいたのですが、わはは、さっそく・・・でも、横のタケノコ食べるから没問題!!

イメージ 7

エビだ!よく形が揃ってますね。

イメージ 8

魚が大胆な開きになってます。

イメージ 9

まさか、蟹のような高級食材が出てくるとは思わなかった。牡蠣の麺線もおいし〜。

イメージ 10

いやはや、こりゃあ、酒も進みますなぁ〜。中国本場の紹興酒はまろやかで、これまたよい。

イメージ 11

いったい何品出てくるかは聞いておかなかったんですが、こちらは海鮮と野菜の炒め。

イメージ 12

スープでてきました。

イメージ 13

カラスミチャーハン♪
 昼もチャーハン食べたけど、どっちもほんと、おいしかったなー。

イメージ 14

豚足!
 これ、台湾の人、大好きだよね。がっこーの食堂で出ると学生たちも大喜び。また、最近手術した人が、台湾では鱸を食べると傷の治りが早くなると言われたんだけどと言ったものの、いや、コラーゲンの含有率なら豚足は一二を争うでしょう。ぜひぜひたくさん食べてください!!
 ・・・・・そうだ、わたし、これ、あかん、ねん、、、この脂身の層が><
(スライスされてたら、まだいけるんですが・・・) 

イメージ 15

下には麺が。
 そういえば「豚脚麺線」って料理は、厄落としのために台湾の人食べますね。わたしも、バイクで事故ったときは、食べに行け!って言われてそのときは食べましたよー、ここまでプリプリじゃなかったけど。

イメージ 16

 あとはキャベツ炒め。

イメージ 18

ほんと、すごい、大満足の料理の味と量。
 食材もいいものを使ってくれている。
 今回、20代リケジョの初参加で、まあ、おっさんたちがはしゃぐこと^^しかも、天使のような見かけとは裏腹に、タイに住んでいたとか、長距離選手だったとか、ギャップ燃えぇ〜〜〜(って、わたしも騒いでたら、あんたにはギャップないんか?と突っ込まれたけどね、、、ないね、見たまんまで悪かったな。。。。)

イメージ 17

 それから、いつも独特のおしゃれで楽しませてくれるメンバーが、今回こんな新作着てくるから(袖の刺繍。これがブランドのお洋服らしい)、ここから、事故物件の話に発展・・・、あと、出張者がよく利用する某・ホテルでは、なぜか毎朝4時になるとみんな目が覚めるとか、ある部屋に入室したら電気がバチバチ付いたり消えたりしたとか・・・・・・・

イメージ 22

個室にクーラーもあるのに、みんなの熱気でうっすら汗かいちゃったわよ。アイスでも食べてクールダウンや。(これもサービス!)
 そういえば、料理を運んでくれた大学生くらいのおにーちゃんは「どぜう」と書いたTシャツ着ていたので、なんで?って聞いたら、日本土産だって。また、東京でどぜう食べたこと思い出したわ。

イメージ 20

 では、最後に今回の福岡土産を。限定バナナミルク味、ピッタリ10個入り♪

イメージ 21

6時から閉店の9時半まで、たっぷり利用させていただきました。
 我々は最後の客になりましたが、料理満足した?足りないといけないしね?っていう、店側のお・も・て・な・しの心を感じました。(ペットボトルのお茶はタダにしてくれたし)
 応対も丁寧で、よいお店でした!!
 
 地址 | 新竹市東區中央路362號
 電話 | 035322307
 營業時間 | 今日營業: 11:30-14:00, 17:30-21:30

で、ここでもまたメンバーを勧誘して、週末の『桃園一日遊』へと♪

この記事に

 ゴルフを始めて間もないころ、ここは近いしそんなに難しいコースじゃないからって連れて行ってもらったことありました。
 たまには気分をかえて〜と今回何年かぶりに予約を取ってみたんです。

イメージ 1

どんなゴルフ場だったか、もうあまり記憶がないんですが、眼鏡洗浄機なんか珍しくてつい写真撮っちゃった(笑)。なぜここに?

イメージ 2

家を出たときはまだ真っ暗でしたが、スタートの頃には朝日が昇り始めました。

イメージ 3

最初、この譜面台みたいなの、なん?って思ったんですか、

イメージ 4

なんと!タブレットがセットされ、これでスコア管理できるようになっていました!!わたしがスコアカード入れたところは、スマホ入れ。そもそも、紙のカードはもう要らんやん。水までサービスで付いてるわ。

イメージ 5

高台にあって、

イメージ 6

市街地が見晴らせる。

イメージ 7

起伏があって、おもしろいコースだ。

イメージ 8

きれいに整備されている(一部造成中)。
 途中、ドラコン(飛距離)を競ったんですが、まずはよく飛ばす人がOBだったもんで、まっすぐ飛んだわたしが旗立てたんですけどね、その後もみんながOBならいただき〜ってところですが、すぐに記録が更新されました><

イメージ 9

ふ〜ん、ここはホールインワンだとファミマのコーヒー1年分か、大したことないな、ってそんな心配は無用だな。今回は、そもそもショートホールはことごとくワンオンならず!!

イメージ 10

ちょっと来ない間にすっかり整備もされ、きれいになっている。こんなきれいな売店、見たことないわ。

イメージ 11

ひゃ〜BARじゃん!

イメージ 12

ショットでも飲める。

イメージ 13

生ビールもある。

イメージ 14

っていうわけで♪

イメージ 15

さて、順調に回ってシャワー後(女子更衣室は個別に囲われてそれぞれ洗面台も付いていた!)、昼はここのレストランで食事を。

イメージ 16

いや〜お天気にも恵まれ、気持ちよくラウンドできました。
 まずはカンパイ〜♪

イメージ 17

ここはレストランもおいしかったよって最近行った人から聞いていましたが、一応6人用コースで頼んでみました。
 干し肉のチャーハンだけは追加で。

イメージ 18

割とあっさりの鶏肉スープが来て、

イメージ 19

牛肉炒め、

イメージ 20

三杯鶏、

イメージ 21

キノコとヘチマ、

イメージ 22

これはちょっと珍しいね、ピータンや塩漬け卵があんかけの具材になって、レタスにかかっている。

イメージ 23

エビも大きくて立派だが、ひとりが「あ!これぬれ煎餅の味だ!!」ってピッタリの表現を。

イメージ 24

この卵料理もおいしかった。

イメージ 25

チャーハンを小さい皿に入れて換えてくれたんだけど、こんな風に盛ってくれるなんて^^(これ、特においしかったよ!)

イメージ 26

やっぱりいつものところより、ワンランク上の料理って感じだった。

イメージ 27

最後のグアバまでおいしかった♪

イメージ 28

キャディーさんもよかったし(やっぱり、評価システムは必要だ)、コースもきれいだし、レストランもいいし、、、そろそろ我々のホームも変えたいね〜と言いながら、今回は3人ずつで回ったこともあってちょっと高めだったけど、会員になったらどのくらい安くなるんだろうね〜っていうことで、フロントに聞きに行ったのさ。
「すみません、こちらの会員システムはどうなってるんですか?」
 「240・・・・・・」
 「え?毎回240元ずつ安くなるんですか?」
 (フロントの人、何言ってるの、この人、ってカオ)
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
再度確認すると、 
「こちらは終身会員制で240元です!」
 大阪のハイ、おつり100万元、ってギャグじゃないよ、ホントに240元!
 いわゆる会員権ってやつですか。

 今、我々が使っているところは、1年ずつの更新でめちゃ庶民的お値段。1回2000元代で回れるし。
 まあ、台湾でも高いところは5000元代のところもあるそうで、ここは3000元代なら中クラスですかね。
 年に1回くらいは来たいねということで、また、すごすごといつもの場所に戻りましょ〜

 今回の成績は、わたし自身の2回目の自己ベストで3位でした♪
商品は耳かき。
 え?耳かき??
 実はゴルフのクラブにも使われるチタンは加工しにくい素材だそうで、まさに「匠」の技が必要なんですって。
 説明してくれないと、ありがたみがわからないわ(笑)。

イメージ 29

 では、夜に再集合です!

この記事に

 新竹→台北は『三重(新竹)客運』の新車でした。

イメージ 1

ここカフェが多いのよ〜と友人の紹介とともに歩いてたら、

イメージ 4

ねこ、発見!カフェのねこなのか、ノラ猫なのかは不明。。。

イメージ 5

で、肉好きの友人と行ったお店はこちら。今、増え続けている火鍋チェーンです。
 新竹にも支店あります。

イメージ 2

ふ〜ん、有名人とか来ているんですね。

イメージ 3

この日は夕方5時〜にしたので、予約いるんかな〜と思ったけど、既に外で待ってる客もいて予想以上に大人気!カウンターはひとりでもOKなんですね。

イメージ 6

ソフトドリンク、スムージー、コーヒー、飲み放題。

イメージ 7

たれ、いろいろ。

イメージ 8

店名のとおり、肉、種類も量も多い。

イメージ 9

セットメニューも一人用からあります。

イメージ 10

メガ盛りもある。

イメージ 11

台湾の人は「海陸」両方って人が多いようですが、我々は「海」には目もくれず、「陸」のみで行きます!
 まずは、スープを選びます。わたしは麻辣!辛いの苦手な友人も好みのスープを選択。

イメージ 12

ご飯も付いてくるよ、わたしは「豚油かけご飯」。また、わたしのたれは、豆腐乳(豆腐と麹で発酵させたの)で。

イメージ 13

アルコールはビールのみ。

イメージ 14

イベリコ豚と、

イメージ 15

霜降り牛肉。

イメージ 16

肉が、でかいぞ。

イメージ 17

辛いほうには、鴨血とか豆腐が先に入っています。

イメージ 18

単品注文でも、これがセットで付いてくる。

イメージ 19

ど〜んとアンガス牛も追加だ!

イメージ 20

店員はわたしたちには教えてくれなかったけど、この店は地下に更に熱い飲み物とかアイスとかデザートがある。耳ざといわたしは、隣の家族連れに紹介していたのを聞いて、さっそく。

イメージ 21

どっちも見たことないメーカーだな。

イメージ 22

多いのはハーゲンダッツを売りにしてる店とか明治、それからちょっと格安の店だと台湾の老爺が入ってること多いけど。

イメージ 23

これは、タイのアイスだってよ。

イメージ 24

左手奥の黄色いのはドリアンアイスだったよ!!

イメージ 25

わたしはアイスとバジルシードでオリジナルデザート作ってコーヒーで〆る。

イメージ 26

これがこの日のお勘定だ。肉を食べたいだけ食べて合計2032元!さすがのお値段です。
 ちなみに、食べ放題じゃないのに、90分という時間制限がありました。

イメージ 27

お勘定のとき、1000元以上消費したお客さんにはタイ旅行が当たる抽選に参加できる(LINEで読み取って結果は即わかる)と言われ、予感どおり当選!(ただ、外国人の身分証番号では抽選に参加できないので、友人がご主人の番号を入力)

イメージ 28

 が、よく読めば、使えるのは台湾国籍の人に限るそうで、譲渡したい場合は1週間以上のパッケージ旅行に参加する場合のみとか、なんだ、我々は使えない!っていう。。。(それでこの当選確率は50%だって)

イメージ 29

 友人とタイ航空でタイに行く!って夢見たけど、一瞬にして崩壊。。。

さて、帰り道に日本語ポリス発動!こういう誤用がいちばん始末が悪いな。

イメージ 30

台北→新竹は『豪泰客運」に乗ったんですが、行きとは反対にボロ車体で、シートのどこを探してもシートベルトなかったし!!!

イメージ 31

以前は、シートベルトなどあまり気にしなかったけど、高速バスの大きな事故、最近の特急列車の事故、、、事故ってけっこうあるもんだと思ってるので、気をつけるようになったのにな。

 ま、今回は無事帰宅しました。



この記事に

全977ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事