カービューティープロ ハラダ 代表の作業日誌

カービューティープロ ハラダ代表による作業日記とブレイド125FI。たまにまったく関係ないことも。
イメージ 1
自家用で5年間使用したワゴンR代車仕様にする為にフルミガキとEXEコーティング
そして塗装の問題箇所に仕方なく?笑
カーラッピングをしていました。
今回のコンセプトは新幹線カラーをイメージしてみました。
前回同様にラインを入れてみたいと思い今回はイエローにしてみました。
また派手な代車になりましたが今後ともよろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
PPFの厚みは約200ミクロンと分厚いので自己修復機能と言う芸当ができてしまうと思いますが
分厚いのでパネルウラ側への巻き込みはできません。
よって端部数ミリはカバーできない部分があります。
貼り方としてはPCデーターカットもありますが基本小さめで作られており伸ばして貼る際に糊ズレのリスクが伴います。
フリーカット仕様は極力フィルムに無理をさせないので糊ズレのリスクは減ります。
ただしカットは手作業なので多少の歪みや直線的にはなりません。

よって面を取るかカット面を取るかの、どちらかになると思います。
カービューティープロ ハラダでは面を取りPCデーターではできない部分も対応したいと思っています。


施工方法、技術的な部分は、同業他社に対して企業秘密ということで説明は一切できません。
すぺてのPPFがキズが消えるわけでは有りません。
自己修復機能(フェニックス・モード)の有るPPFは数少ない商品です。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
自家用として活躍してくれたワゴンR、これから代車として活躍して頂きます。
5年間、手洗いシャンプー洗車を月に1回程度していました。
雨シミや鉄粉は年式や走行距離の割りにはキレイかと思います。
主に父親が乗っていましたが乗り降りの際に付いたと思われる小キズがありましたがフルミガキで取り除き
塗装欠け部分はラッピングで覆いヘッドライトとボンネットはPPF仕様となっています。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

4年6ヶ月前に新古車として作業させて頂き2回目の作業になります。
コストを抑えたギアミガキと言うことでキズも多く、施工前はどうなんだろう?と感じていましたが
キズは多いですが浅く、かなりキレイになりました。
コケやピッチタール汚れが目立ち普段はあまりお手入れされていない感じですが
これを機会に洗車をして頂ければキレイが長持ちすると思います。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
タイヤの製造年月から2年ほど展示されてから10ヶ月前にナンバー登録され試乗車そして新古車販売の流れのようです。
ですから雨シミや汚れは新古車レベルではなく3年目のレベルです。
ルーフが再塗装なのは何か事件があったのでしょう雨シミがありませんでしたから
シトロエン独創の油圧制御サスペンション「ハイドラクティブIIIプラス」を装着もこれでファイナルです。

エグゼの高撥水をお楽しみに!

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
ギアハードミガキ & 施工させて頂いたアクセラスポーツです。
ルーム球をすべてLEDに交換しました。
4つ交換して784円工賃込み コスパ高いと思います。
メイド イン ジャパンにこだわらなければ格安で、この世界を味わえます。
バックランプ ナンバー灯交換したくなりましたら御連絡下さい、お待ちしております。

プロコーティングをさせて頂いたお客様への感謝の気持ちとLEDの世界への誘い(イザナイ)です。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
新古車1年、試乗&展示車だったようです。特別色のグレーと言う事もありパッと見はキレイなのですが
メタルハライドHIDの前では雨シミが目立ちボンネットとルーフはガンガン磨きました。
新古車購入と言うことはコストに対して厳しく磨きもフルミガキレベルにはならないので
できる範囲でのギアミガキの限界を今回させて頂きました。
フルコーティング仕様です。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
約1年前にフルミガキ施工させて頂いたカプチーノ
です。
メンテナンスと気になる所があるとの事で御相談頂きました。
メンテナンスレベルのキズではなく磨きをして補修で対応させて頂きました。
一度キレイになってしまうと、ほんのちょっとのキズも気になるものです。
お客様の目も肥えてレベルが高くなります。
前回もそうでしたがオールペイントは探りを入れながら深いキズを消していくので、とても気を使います。
今度は気を付けて下さいね。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
プロコーティングをして頂いたお客様へのサービスとしてLED取付作業を行ってきましたが
知人のLEDナンバー灯白さに感銘してやってきましたスイスポです。
工賃は2倍頂きますがカー用品店の工賃より格安です。
しかしLED研究所まだまだ勉強が足りませんと言うか、お祭り時の御来店と言うこともあり失敗しました。
LEDポジションランプの離隔距離の問題です。ヘッドライトから最低100mm離し上部は避ける。
ロービームの場合レンズ上方を照らすので熱害でLEDがやられるためです。
対策としてはハロゲンタイプのホワイトバルブ交換です。
色温度も3種類ほど販売されているのが分かりました。
LED点灯しなくなったら交換しますので御来店お願いします。すみません。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
3パネル部分ミガキ フルミガキハードの後
はPPFを貼らせて頂きました。
今まで施工したどのヘッドライトより強敵で2分割バージョンとなりました。
イメージ 2
PPFを貼る技術不足なのか?1枚で貼ろうとしても糊ズレや端部の浮きが発生して失敗を繰り返しました。
答えは2分割 PPF貼りレベルアップできたかと思います。
一枚一枚がワンオフなので湾曲が激しい場合分割貼りになり作業時間も頂く事になると思います。

施工方法、技術的な部分は、同業他社に対して企業秘密ということで説明は一切できません。
すぺてのPPFがキズが消えるわけでは有りません。
自己修復機能(フェニックス・モード)の有るPPFは数少ない商品です。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事