喜怒哀楽トレード日記 (ときどき温泉&ラーメン)

やるべきことを、きちんとやろう。本業奮闘中のため、トレードとブログ訪問は不定期です。

全体表示

[ リスト ]

先日、午前中に空いた時間があったため、ウチから近いこちらに訪問。
下道だけですけど、車で20分くらいでしたかね。

イメージ 1

こちらは日帰り温泉施設をまわっている温泉マニアな方々の間でも、
比較的、泉質に関しては評判いい施設。
ただ料金が高い(大人1300円、貸しバスタオル&タオル付き)ので、
人気の方はいまひとつというところです。

場所は埼玉県三郷市仁蔵193-3。

詳しい地図で見る
営業時間は10:00〜24:00(最終入館23:00)。
料金は大人1300円、子供600円です。

高いだけあって、都内近郊の立ち寄り湯にしては珍しく、源泉掛け流しの施設です。
んー、貸しタオルなしで、800円だったらいいのになぁ…。


1Fのフロントで靴箱のカギを預け、料金を払ってタオルを受け取り2Fへ。
この時点で、比較的立ち寄り湯にしては、きれいな施設だと気が付きます。
まぁ、高いだけのことはあるね…という感じでしょうか…。

それと、午前中に行ったこともあるんでしょうけど、人が少ないです。^^;

んなわけで、今回は比較的写真を撮るのがラクだったかな…。
で、まずは内湯。
イメージ 2

3つの浴槽がありましたね。
見ての通り、茶褐色のお湯です。鉄分が多そうですね。
写真左側が一番大きい湯船でややぬるめ(たぶん39度くらいで長湯しやすい)。
真ん中が少し熱め(たぶん40〜41度)で、ちょうどいい感じ。
右側は透明なお湯で、この浴槽だけは源泉では無さそうです。

また写真左の湯口と
イメージ 3


真ん中の湯口で
イメージ 4

お湯のニオイを嗅いでみたんですけど、少し鉄が錆びたようなニオイがある程度。
ネットの評判だと「わずかに油臭がする」とか書いてあったんですけど、
それほど感じませんでしたね。
で、お湯に入っていると、最近、よく行っている「ナトリウム−塩化物強塩泉」らしく、
体がほてってくる感じがありますね。
とはいえ、左のぬる湯は、かなり長湯しやすくて、なかなかいいです。

で、外に出てみると、こちらにも3つの浴槽がありましたね。
イメージ 5

写真右側が大きい湯船で、真ん中と左は繋がっている感じ。
右がややぬるめの温度設定で39〜40度くらいで長湯がしやすい感じ。
真ん中と左は、41度くらいで、露天風呂から出る前に浸かりたい感じですかね。。

んで、こちらの湯口でも
イメージ 6

お湯のニオイを嗅いでみると…


(゚Д゚) おー、鉄さびのニオイと共に、油臭がするじゃないの!

どうやら、露天のお湯が一番フレッシュなようです。
ひょっとして、内湯はここから溢れたお湯を注いでいるのかなぁ…。油臭がなかったし…。

で、いつものように湯口のお湯を少し舐めてみると、やっぱしょっぱいです。
この前、訪れた「ななえ」よりは鉄サビの味が少なめで、塩っからさの印象が強いですかね。
あちらよりは、マイルドな味です。w

またお湯がフレッシュなせいか、内湯よりも暖まる感じがしましたね。
第一印象は、なかなか気持のいいお湯です。

あ、ちなみに今回もこうやってお湯の色を撮ってみました。
イメージ 7

10cmくらい先になると、もう見えないくらいのにごりがあります。
透明系のお湯よりも、見た目で温泉にきたなぁ…という雰囲気が出ますよね。
総合すると、お湯のフレッシュさが光るなかなかのお風呂でした。



さて、温泉の成分ですね。
イメージ 8

関東平野の真ん中らしく「古代海水」を掘り当てて出てきた「ナトリウム−塩化物強塩泉」ですね。
んー、最近はこの泉質ばっかり入ってますねぇ。^^;
とはいえ、特に好みの泉質というわけではないんですけど、
どうも千葉と埼玉はこの泉質が多いような…。^^;

まぁ、そんな話はさておき…

pHは7.18ですので、ややアルカリ性寄りの中性。
溶存成分(ガス性のものを除く)が24.41g/kgもありますので、高張性ですね。
湯あたりしやすい泉質ですので、こまめな水分補給が必要という特徴があります。
主成分はナトリウムイオンと塩素イオンですので塩分が多いお湯。
とはいえ、マグネシウムやカルシウムもそこそこ入ってますね。
炭酸水素イオンもそこそこありますので、
重炭酸土類泉の傾向(鎮静効果)も併せ持っていそうです。
まとめると、湯上がりがサッパリしつつも、
湯上がり後も体がポカポカしやすい泉質でしょうか…。


あ、そうそう。
入口の靴箱の脇にこんなものが飾ってありました。
イメージ 9

この温泉の掘削に使った機材のようですね。
またそれぞれの地層のサンプルも飾られていました。
うーむ、こういうのを見ると、
この温泉を掘り当てるのに、苦労したんだなぁ…と思いますね。
掘っているときは、一喜一憂していたんだろうなぁ…。



んなわけで、総評。
個人的には、今まで行った「ナトリウム−塩化物強塩泉」のなかでは、一番、好みに近いかなぁ…。
個性で言えば「白寿」のほうが上ですけど、こっちのほうが成分は薄いので入りやすい感じ。
「百観音」よりも個性がありますし、「ななえ」よりもお湯がフレッシュなところに魅力を感じます。

んなわけで、「ナトリウム−塩化物強塩泉」の効能をジックリ味わいたい方はぜひ…。

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

>入口の靴箱の脇にこんなものが飾ってありました。

って、折り紙の方かと思いました♪
こんなところに注目するなんてにょほさんにしては珍しいと思いきや
掘削機のほうだったんですね(〃^∇^)o_彡☆あははははっ!

2009/2/26(木) 午前 0:52 わくわく 返信する

顔アイコン

わくわくさん、こんばんは。
切削機のほうだと、「私らしい」ってことですかね。www

2009/2/26(木) 午前 0:59 にょほ 返信する

顔アイコン

記事参考にさせて頂きます♪
近々に三郷に行こうと思っています。
お湯は、良いみたいですね〜
もう一軒三郷にありますのでどちらに行こうかな?

2009/2/26(木) 午前 1:54 [ doo*_*ooo_m*oo ] 返信する

顔アイコン

温泉いってないなーーー。

2009/2/26(木) 午前 3:00 もぐちゃん 返信する

顔アイコン

おはようございます。
(〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ♪日帰り温泉も写真で撮ったんですか。
分析表にタオル巻いたにょほさん発見w

2009/2/26(木) 午前 8:43 ヒロポン 返信する

顔アイコン

油臭いのか、いい成分なのか、変な成分が混ざっているのか、素人ではわかりませんなぁ。。。

苦情とかいう人もいるんじゃないでしょうかねぇ

2009/2/26(木) 午後 1:01 蒼い弾丸 返信する

顔アイコン

dooo_oooo_moooさん、こんにちは。
お湯は良かったですねぇ。
まぁ、「この泉質の中では…」という但し書きが付きますけど…。w
ものすごいベタですけど、個人的にはやっぱり酸性泉か硫黄泉が好きですからねぇ。
ちと都内近郊で、硫黄のニオイがする温泉を探したいものです。

2009/2/26(木) 午後 1:26 にょほ 返信する

顔アイコン

もぐちやん、こんにちは。
ここは近場のなかでも、比較的いいところだと思いますよ〜。

2009/2/26(木) 午後 1:26 にょほ 返信する

顔アイコン

ヒロポンさん、こんにちは。
日帰り温泉も、ここは結構、評判がいいところですからねぇ。
どんなところか写真に収めてきました。

2009/2/26(木) 午後 1:27 にょほ 返信する

顔アイコン

iso17さん、こんにちは。
あ、油臭は、嗅ごうと思って嗅がないと、判らないレベルです。
普通の人は気が付かないと思いますね。
基本的に温泉の許可が下りているところは、変な成分は入ってないか、
入っていても体に害のない範囲です。
苦情を言う人は、どうなんですかねぇ。
温泉好きしか来ないと思いますので、
この程度だと言われないのではないでしょうか。
まぁ、前に紹介した「白寿」のように堆積物があるようだと、
言われるかもしれませんけどね。www

2009/2/26(木) 午後 1:27 にょほ 返信する

顔アイコン

パンフレットに使えそうな写真ですねぇ♪
立ち寄りに抱いているイメージと随分違います。
それにしても平日って、本当にすいているんですね^^

ん、この重炭酸土類泉って今までの紹介にもありましたっけ?
(以前にも紹介されてましたら、ごめんなさい^^;)

2009/2/26(木) 午後 8:53 ぐむ 返信する

顔アイコン

三郷にもこんなトコがあるんですね〜^^

2009/2/26(木) 午後 8:55 温泉バブル 返信する

顔アイコン

ぐむさん、こんばんは。
平日の午前中は、どこの施設も空いていると聞きますよ。

あ「重炭酸土類泉」の「傾向がある」だけで、この成分比率だとその泉質名は付きません。
なにより、現在は使われていない「昔の泉質分類での呼び方」ですので…。(^^ゞ

でも、「傾向」で言うと「白寿」もそうですし「ななえ」も「重炭酸土類泉の傾向」はあります。
どれも現在の泉質名での呼び方は「ナトリウム−塩化物強塩温泉」ですけど、
マグネシウム、カルシウム、炭酸水素が比較的、多く溶けているんですよ。
で、この3つのイオンが主成分の温泉が「重炭酸土類泉」なんです。

ただ、泉質名は主成分(20%以上)が、泉質名になるルールがありまして…。
「ナトリウム−塩化物強塩温泉」は、猛烈な量のナトリウムと塩素が溶けているため、
そこそこマグネシウム、カルシウム、炭酸水素が溶けているだけだと、泉質名に反映されないワケです。

そんなわけで、「傾向がある」という言い方になるんですね。
判りましたでしょうか…?

2009/2/26(木) 午後 11:26 にょほ 返信する

顔アイコン

温泉バブルさん、こんばんは。
埼玉には結構こういう掘削系の温泉がありますよ〜。
手軽に温泉を楽しめますので、ぜひ訪れてみて下さい。

2009/2/26(木) 午後 11:27 にょほ 返信する

顔アイコン

いつも当館を宣伝いただきありがとうございます。
平成22年11月1日に料金を大幅に値下げし、リニューアルオープンしました。是非、またお越し下さい。 削除

2010/11/4(木) 午後 0:56 [ めぐみ職員 ] 返信する

顔アイコン

めぐみ職員さん、こんにちは。
おぉ、HPを拝見しましたが、本当に大幅値下げですね。
平日600円であの泉質だったら、仕事帰りにフラッと行ってしまいそうです。^^;
わざわざご連絡ありがとうございます。
また立ち寄らせて頂きたいと思います。

2010/11/4(木) 午後 4:20 にょほ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事