西方見聞録

ベルリンフィル資料室とのやり取り後「マグネットフォン録音」の「第2次世界大戦中のマグネットフォン録音④」に大幅な追記をしました。

演奏会のプログラムをたどる

すべて表示

ルツェルン音楽祭

イメージ1 フルトヴェングラーの没後半世紀以上の現在、「もう新しい音源は出てこないだろう」と考えられる一方で、数少ないながらも、いまだに新発見の音源が商品化されて、ファンたちを喜ばせている。最近のそのいくつかがルツェルン音楽祭での録音である。ただし、録音状態が悪く、断片しか残されていない曲もある。 ルツェルン音楽祭では、病気になった1952年を除いて、1944年から1954年まで、同一内容のも数えて22回の演奏会でフルトヴェングラーが指揮をした。★は録音が残されてLP、CD化されたことを示す。尚、フィルハーモニア管弦楽団と演奏した1954年以外、全てルツェルン音楽祭管弦楽団である。新聞記事 the Luzerner Tagblatt und Zentralschweizerischer Generalanzeigerからの引用は、仏フルトヴェ ...すべて表示 すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

ソ連の数少ない国際的に活躍した演奏家であるダヴィッド・オイストラフ(ヴァイオリン)とスヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)の共演はかなり遅くから始まったこともあり、LPレコー ...すべて表示すべて表示

国立博物館のパスポートが廃止され、しばらく行っていなかったトーハクに久しぶりに行ってきた。目的は慶派の優れた仏像をまとめて見ることである。この特別展は、昨年、好評だった運 ...すべて表示すべて表示

「偽物と疑われるものは買わない」のが原則なのは、音楽に関わる商品に限った事ではない。オートグラフ(autograph)、有名人のサインについては特に注意が必要である。 ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事