中国人民銀行、4月中にも利上げの可能性=政府系エコノミスト

 [北京 9日 ロイター] 中国の政府系シンクタンク、国家情報センターのチーフエコノミストZhu Baoliang氏は9日、住宅価格の急上昇と中国南西部の深刻な干ばつにより、中国人民銀行(中央銀行)は今月にも利上げを実施する可能性があるとの見方を示した。 同氏は「不動産価格の幅広い上昇が続いた場合、人民銀行は今月にも利上げが必要になるかもしれない」と語った。 「不動産価格の急騰により、インフレ期待が高まる可能性があるほか、干ばつの深刻化も物価に影響する可能性がある」と指摘した。 同氏はこれまで、人民銀行は7月まで金利を据え置くとの見方を示していたが、不動産セクターの過熱が収まる兆しを示していないことから見通しを前倒ししたとしている。 消費者物価指数(CPI)上昇率は3月に2月の2.7%を下回る可能性があるものの、今後数カ月間に加速し、4%にすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事