米10年債利回りが4%に上昇、10カ月ぶり水準

 [ニューヨーク 5日 ロイター] 5日の米金融?債券市場で、指標10年債利回りが一時4%に上昇し、10カ月ぶりの高水準をつけた。前週の米雇用統計に加え、この日発表された力強い指標を受け、景気回復ペースが加速しているとの観測が高まり、安全資産としての債券の需要が後退した。 朝方発表された3月の米ISM非製造業総合指数(NMI)は2006年5月以来約4年ぶりの高水準となったほか、2月の米住宅販売保留指数は予想外に上昇した。 2日発表された3月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が前月から16万2000人増加し、民間部門の雇用増は約3年ぶりの伸びとなった。 ロイター?データによると、10年債は15/32安。利回りは一時、2009年6月につけた4.01%に次ぐ高水準となる4.007%に上昇。その後は3.996%付近で推移している。【関連記事】? 米Iすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事