<認知症予防財団>東京で設立20年パーティー

 財団法人「認知症予防財団」(大友英一会長)の設立20周年記念パーティーが30日、東京都千代田区の学士会館で開かれ、関係者約120人が出席した。【新刊本】『医療崩壊 医師の主張』=唐澤祥人?著  財団理事長の朝比奈豊?毎日新聞社社長が「認知症への偏見はなくなりつつあるが、安心して生きていける社会づくりが大切だ」とあいさつし、来賓の宮島俊彦?厚生労働省老健局長は「患者を社会の総合力で何とかしていかないと」と述べた。竹嶋康弘?日本医師会副会長、中島紀恵子?日本看護協会看護教育研究センター長らもあいさつし、アルツハイマー治療のワクチンを開発している田平武?順天堂大大学院教授は「治療薬ですべて解決するわけではない。根絶するまでがんばりましょう」と呼びかけた。大久保満男?日本歯科医師会会長や久常節子?日本看護協会会長のほか高橋裕?アメリカンファミリーすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事