思い出散歩、ふらふら

思い出、ポスト、切手、面白いもの紹介

全体表示

[ リスト ]

〇銃砲の通信販売自由

狩猟期間は終ったようですが、銃器に関することです。
        今は見ることがない新聞広告。
     鉄砲・ピストル・空気銃の販売広告です。
 
 
イメージ 1
明治44年7月2日
2連猟銃 38円 東京日本橋、川口屋林銃砲火薬店
「現品を発送す」の文言が見える。
 
 
 
イメージ 2
明治45年1月7日
6連発 95銭 大阪東区 砲専堂
高等玩具としてその筋の手数を要せず何人も使用自由自在の特典あり
「送料十二銭」とある。
 
 
イメージ 3
大正元年12月14日
米国製千連発速射空気銃 5円50銭
発弾ピストル銃 90銭  大阪東区 キング銃砲部
 
高等玩具なれば警察署の許可なく何人にても使用自由自在なり
送料を書いてある。
 
 
 
イメージ 4
大正2年3月16日
ブローニング自働五連散弾銃 100円  
ウインチスター製自働五連散弾銃 80円
東京市日本橋通 日本銃砲店
代金引換郵便販売」の文言が見える。
この頃の100円は今ならいくらになるのでしょう。
 
 
 
イメージ 5
大正11年10月6日
横浜市本町 金丸銃砲店
「定価票郵呈」
 
いずれの広告も通信販売のようです。
驚きます。
本物の銃砲も通信販売で
買える時代があったんですね
 
この頃は中央からのさまざまな販売広告が非常に多いです。
 
今日もおいでいただき、ありがとうございます。
 
 

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

日本では、「銃」による事故は少ないですが・・・
「銃」を持っている人は、その取り扱いには「重々」注意してほしいですね。
ぽち。
あたしでした。

2011/2/22(火) 午後 0:09 あたし 返信する

顔アイコン

こんにちは☆

知らなかった〜(;一_一) 銃を自由に売ってた時代があったなんて


・・・・ でも、最近の日本は治安がいいとは言いにくいから

身を守るすべをしらない
私たちは 日常の些細なことすら怯えていなければいけないから

本当は、そっちの方が怖いことなのかも?!

2011/2/22(火) 午後 1:08 [ 掃除大好き ちゃんず〜 ] 返信する

あたしさん
こんな広告は現在では無鉄砲なことですね。
その取り扱いには充分な注意が必要です。
ポチ頂きます。

2011/2/22(火) 午後 1:49 あおぞら 返信する

ちゃんず〜さん
驚きますよね。鉄砲の通信販売なんて。

自由に売ることが出来たということは、むしろ世の中、安全だったということでしょうか。

2011/2/22(火) 午後 2:06 あおぞら 返信する

そんな時代があったんですネ〜驚きました(@_@。
今は色々物が
インターネット通信販売で購入する事ができる様になりましたが・・・
鉄砲の通信販売なんて考えられませんよね。

2011/2/22(火) 午後 10:52 ポスト 返信する

一般市民が銃を所持できた時代があったとは!
無許可なんですかね〜

とっても興味深く読ませていただきました。
ぽち☆

2011/2/23(水) 午前 0:57 たまこ 返信する

おはよごす〜♪
へぇ・・・・こんな時代もあったんですねぇ!?
そう言えば・・・子供の頃は、村でも猟銃や空気銃など所持してる人が多かったなぁ・・・。
無許可の人も居たんでしょうかねぇ・・・(゜_゜)(。_。) うん♪うん♪

通信販売で銃が買える・・・・でも、この時代の通販って怪しいよね・・・( ̄▽ ̄;
どんな商品が届くのか・・・確実に届くのか・・・不安に思います!?

ヒロ爺も子供の頃は、銃とか好きで・・・マンガ本の通販広告をよく見ていました。

それがまた・・・記載記事の新聞広告の印刷にそっくりだったのを思い出します・・・( ̄― ̄)
懐かし〜い・・・(〃^0^〃)/ポチ☆

2011/2/23(水) 午前 9:00 [ ヒロ爺 ] 返信する

ポストさん
色々な広告があります。
薬、化粧品、学校、警官募集・・・。
新聞は非常に大きな大きな広告媒体でした。

でも、鉄砲まで。
ただ、「使用自由自在の特典あり」、こういうのでなければ、買ってから警察の許可が必要だったのでしょう。

2011/2/23(水) 午後 0:04 あおぞら 返信する

たまこさん
一般人も許可を得て、猟銃は所持が可能です。

父もハンター(当地では鉄砲撃ちと言ってました)でしたので、所持してました。
取扱は模範的なものでした。
たとえば、弾が入ってなくても人に銃口を向けてはいけないと言ってました。
ポチありがとうございます。

2011/2/23(水) 午後 0:10 あおぞら 返信する

ヒロさん
ひところ、空気銃が流行ったことがありました。
誰から借りたか忘れましたが、かくいうあおぞらも空気銃でスズメを撃ったことがあります。(大きな声では言えませんが、中学生か高校生のときです)

う〜ん。広告の内容、質は分かりません。
ブローニング、ウインチェスターなんて今でも聞きますよね。

少年雑誌の広告のイラストの感じが似てる?(*^m^*) ムフッ

ポチ頂きます。ありがとう。

2011/2/23(水) 午後 0:20 あおぞら 返信する

日本で銃が自由に買えたんですね!
歴史の教科書にのっていないけど、大事な歴史
のように思えます!ポチッ♪

2011/2/23(水) 午後 2:12 [ くろばば ] 返信する

くろばばさん
銃が自由に変えるということは、アメリカと違い、そうしても安全だからでしょう。

今のような物騒な時代は販売も厳しくなるんですね。
ポチありがとうございます。

2011/2/23(水) 午後 11:23 あおぞら 返信する

顔アイコン

これは貴重な資料を見せていただき有難うございます。大正の初期は通信販売で買えたんですね。でも誰でも買える値段でもないかな。五連散弾銃が100円、今の幾らぐらいなんだろうね。

2011/2/24(木) 午後 5:20 nep*o*01 返信する

neproさん、ようこそ
銃が自由に買えた。自由に売っても大丈夫な社会だったのかもしれません。
100円、大正2年。地方公務員の給料、数か月分でしょうか。
いずれ大きな金額で、誰でも買えるものではなかったでしょう。

2011/2/24(木) 午後 7:16 あおぞら 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事