nigel's bookshelves〜幌苦総合車両所・文書庫

「乗り物」好きな私の「乱雑な本棚」From KOBE。去年の台湾旅行の写真、やっと整理完了しました。

全体表示

[ リスト ]

1 「見る見る速い」目の電車




JR西日本・加古川線(加古川-谷川間48.5km)が輸送量が少ない「地方交通線」(kmあたり1日輸送人員が8,000人未満)でありながら沿線自治体の熱望もあって電化されたのは、ちょうど2年前の2004(平成16)年12月19日のことでしたが、そのときに投入されたある1編成の電車が関係者や沿線住民、レールマニアの度肝を抜くラッピングを施されて登場しました。

車両履歴等のマニアックなことは上のリンク先をご覧いただくとして、悲願の電化を記念して、沿線の西脇市出身の国際的なアーティスト・横尾忠則氏のデザインにより施されたラッピングとはどのようなものなのか、ともかく下の写真をご覧いただきましょう。


イメージ 1

クモハ102-3551等2連 2004年12月19日 市場駅

イメージ 2

(左)キハ40形ディーゼルカー(右)クモハ102-3558 2004年11月21日 厄神(やくじん)基地

<写真はクリックすると大きくなります>

加古川線用車両のライン・カラーは、非電化ディーゼルカーの時代から踏襲された青緑1号(エメラルドグリーン)ですが、「横尾ラッピング電車」のデザインは、ご覧のとおり色とりどりのキューブがあちこちにちりばめられたモザイク模様をベースにして、所々に人間の目がリアルに描かれています。「加古川線」と聞けば、「ラッピング車両史上」(?)に残る名作にして迷作として、このデザインを即座に連想される方は決して少なくないでしょう。

「異文化理解」の論考に参加して記事を書き始めたはずなのに、何だ、いきなり自分の十八番の鉄っちゃんネタかい、と思われた方もおられると思いますが…この異形のデザインは異形であるが故に、評価のされ方とその視点に着目してみれば、些か強引ですがまさに「異文化理解」に関わる興味深いトピックでもあると思います。


2 「見る見る速い」への2つの視点


(1) 「異文化」=「他者」との出会いと反応

この横尾ラッピングのコンセプトは、web版の神戸新聞ニュース(2004.12.16)によれば「走る電車を沿線から見る目と、乗客の目を表現した」ものということですが、通常の美術作品ならともかく、公共交通機関の車両にまさかこんなものが描かれるとは、ほとんどの人にとって「想定外」の出来事でした。

とにかく「松田優作状態」(なんじゃこりゃあ〜!)と化してそのインパクトにとにかく茫然とする人、こんなものアリといえばアリだと一種のネタとして面白がる人、あるいはこんなデザインを公共交通機関にするもんじゃない、と真剣に怒りを露わにする人、そして「加古川線なんてそんなもんだろw」と不可解な嘲笑をする人等々…さまざまな反応がありました。

もちろん、そのうちのどれが「正解」なのかという解釈ゲームをここでやりたいのではありません。「横尾ラッピング」というある種の「異文化」に対して、この稿ではその反応を導くメカニズムに着目したいと思います。

異文化という「他者」に接したときの反応は、自分がもともと持っているなんらかの基準との間に生じた「偏差」と、その偏差に対するスタンス−そのまま認めるのか、自分の基準を修正して偏差を小さくするのか、棚上げするのか、攻撃・排除しようとするのか−の両方の要素によって決まってくると思われます。そして、その偏差が大きければ大きいほど、比較対象となる自らの基準をより強く意識するようになり、その自らの基準へのスタンスがそのまま偏差に対するスタンスにもなる、と考えられます。

つまり、「他者認識」とは形を変えた「自己認識」でもあり、言い換えれば自己認識へのスタンスが他者認識のあり方を決める、ともいえるでしょう。

例えば、粗っぽい言い方ですが、「電車のラッピング塗装とは、××××なものがふさわしい」(「××××」には…適当な語句を入れてみてください)と考えている人がいたとして、その人がこの電車を見て自分の「××××」なものとは異質なものを強く感じたとします。その際に、自分の「ラッピング電車認識」をこれを機に色々な方面から考えてみようと思ったなら「強烈だけど、こういうのも新しい表現としてアリかもしれない、ちょっと他の人の評価も聞いてみよう」となるでしょう。一方で自分の「××××」なものを守りたい、と考えたなら「こんなラッピングを公共交通機関にするのはいかがなものか?」という反応になると思われます。

でも、この「横尾ラッピング」自体には「異文化理解」=「他者認識」の点でもう一歩踏み込んだ意味がある、と私は考えています。


(2) 「見る-見られる」

このラッピングを実車で見た当時まず感じたのは…とりわけ人の目がリアルに書かれているところにそのまま反応して、「これって"見る-見られる"ということだよな」でした。この「見る-見られる」、大学の西洋政治思想史の授業でその当時30代の助教授が熱っぽく語っておられた言葉を十数年経った今でも覚えています。

自分が一方的に「見ている主体」と思っていたところから、自分もまた「見られている対象」である、と認識した瞬間、その「場の空気」が変わる、劇的に変わるんだ。

「他者」を一方的に見て「認識・評価」していた自分自身もまた「他者」から見られていて「認識され、評価され」ていることに気が付いた瞬間、いったん作られていた「他者認識のストーリー」の安定性が激しく揺さぶられる。つまり、他者を問う自分自身もまた他者から問われているのだ、ということに気が付いたとき、どうやってストーリーの再構成を行うのか、という図式なのだと思います。

「横尾ラッピング」の例で言うと、鉄道車両とは通常一方的に見るだけの対象なのであって、電車から自分もまた見られているなどとはとは誰も思ったりしません。でも、その電車にリアルな「目」があちこちに描かれていて、自分自身も電車に「見られている」わけです。ベースとして描かれているモザイク模様は、あえて電車に目を向けさせる仕掛けなのかは分かりませんが、例えば(1)で言う「電車のラッピング塗装とは、××××なものがふさわしい」という自己認識に対して「じゃあ、その××××って一体何なの?」と問い直されているかのように思えてくるのです。

ただ、鉄道車両という不特定多数の人が日々接する公共交通機関にこういうデザインとは…確かに「塗り直せ」という人の気持ちも分かります。このカコM1を見るたびに自分自身を問い直していては身が保たないですから。

3 わたしとあなた、そして、あなたとわたし 〜これからの論考の方向性


「他者を認識」するとは「自己を認識すること」と自己認識へのスタンスと不可分の作業であって、しばしばそれは「他者からの認識」によってそのストーリーの見直しと再構成を迫られるわけですが、その「ストーリーの再構成」は必ずしもポジティブなものばかりではなく、揺さぶりが大きい、と感じ、あまりにストーリーの再構成を急ぐあまりに、そのためのリソースが過剰に消費され、他者にとって逆に「抑圧的」に作用してしまうことも往々にしてあります。言い換えれば、「自己の優越性」を確認したいがために「他者を恣意的に」認識し、それを「装われた客観性」で根拠づけてしまおうとする、ということになるでしょうか。

今回「異文化理解」の論考に私をお誘いくださったわたりとりさん「異文化交流考察>穴・断層・スタート地点・破壊」で、このように書かれています。

きっと私達が他者(異文化者・異文化集団)と接触したとき、多数の人が最初に感じるものは恐怖なのだと思う。自分のなかに築いてきた「軸」を破壊されるのではないか、自分のなかで養ってきた「価値」を犯されるのではないかという恐怖。(海風さんの過去記事に「軸の再構築」ってなかった?探したけど見つからなかったorz)この恐怖から早く抜け出すために、相手を「理解したつもりになる」のではないか。「理解すること」は心理上、対象を「支配すること」にかぎりなく近いから

そのさい、相手を自分より劣位に位置づけた「理解(決め付け)」を行えば、恐怖は「偽りの優越感」によって速やかに代償されるでしょう。
(一部リンク部分を省略しています)

大学時代に法学部とはいいながら国際関係論のゼミに身を置き、政治思想史を生かじりしていたせいなのか、私にとって「異文化理解」の論考の出発点は、「他者認定の恣意性」の危うさとその構造です。

「他者認定の恣意性」とその危うさ−今なお世界中のあちこちで他者抑圧的に働く様々な精神作用−それは「差別」や「偏見」と呼ばれていたり、特定の人種・民族・国籍の人に投げかけられる「ヘイトスピーチ」と呼ばれていたり、また、その差別意識やヘイトスピーチを背景にした戦争や地域間紛争等々、多種多様な形で現れています。

ならば、そういう「ネガティブで恣意的な他者認識」とその連鎖が具体的にはどういう経過で形成されていくのか、「多様化の時代」であるとか言われていながらもなぜ後を絶たないのか…についての論考がこのシリーズのテーマです。

そのためには、まず「ネガティブで恣意的な他者認識」の「危険性」について具体的な考察を、以下の論考を参考にしながら進めていきたいと考えています。

・暗い闇の中から見ている者 〜高橋和巳エッセイ集「人間にとって」から「差別について」
・他者認定の難しさ、「装われた客観性」 〜いわゆる「ヘイトスピーチ」について
・作られた他者、作られた自己 〜三島憲一氏の論考「作られた『他者』」から

そして、ここまで終わった段階…「ネガティブで恣意的な他者認識」の「危険性」について考えた後が「本当の始まり」だと考えています。「リテラシ」という概念を他者認識にまで当てはめるとするなら、それは「いかにしてダマされないか」だけでは半分であって、「どうやって、どこまで理解するか」ということも必要だと思うからです。その答えを、「異文化理解」の議論の中で見つけられれば、と思っています。


何か…大変な「大風呂敷」を広げてしまいました。こういう記事をいずれは書いてみたい…とは思っていましたが、よもや1年ちょっとで書き始めようとは……。ともあれ、「異文化理解」の議論のステージにぼくという「オタッキーブロガー」を引きずり上げてくださったわたりとりさんには心からのお礼を申し上げたいと思います。


イメージ 3

加古川橋梁(厄神駅北)

この記事に

閉じる コメント(25)

顔アイコン

「どうやって、どこまで理解するか」ホンマに気になります。何かを教える時の参考になりそうです。 削除

2006/12/21(木) 午後 9:08 [ みつくる ] 返信する

顔アイコン

電車の目怖いです。毎日乗る通勤電車だとしたらいろいろなことを考えそうです。他人を理解することは自分を理解すること、というのは異文化理解の上で常に意識しておく必要がありますね。

2006/12/21(木) 午後 9:55 chargeup2003 返信する

わたりとりさん、「エクストラブーストボタン」ありがとうございます。なるほど…「目」とはてブ似てるところありますねぇ…はてブのコメントは何か色々と見透かされているような…。パブリックモードで使うときのコメント自分的には結構ネガティブ爆弾にならないように気を使っているつもりですが…だってパブリックモードのはてブラーもまた「見られている」のだから。[ぶっ転がすぞ]タグ使っている人とか、結構そのことには気が付いていない人も多いのかな?

2006/12/21(木) 午後 10:37 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【続き】人を問う=自分を問うという構図は、いざ自分がその立場になってみると、「誠実に」やろうとすればするほど、どんどん何段もメタ化していってキリがなくなる感じです。今回の論考はさらっと書いて…と思っていたのですが、いざ実際自分の言葉で、と思うと書いては消しの連続でした(爆)。皆さんの論考も読み進めていますが、何とうまくかつ簡潔にまとめられていることか、とひたすら圧倒されています。

2006/12/21(木) 午後 10:46 ナイジェル 返信する

顔アイコン

きーさん、説明がごちゃごちゃしてスミマセン。いやぁ「鏡」って素直に書けば良かったですよね。実はメモにはその文言書いていたのですが…色々いじっているうちに落としてました(爆)。

2006/12/21(木) 午後 10:51 ナイジェル 返信する

みつくるさん、私は「ネタとして嬉しがってた」派でしょうか(笑)。これ実車を電化初日に見たとき、子どもたちの前にもかかわらず「キターーーーーーーー!!」とマジで言ってしまいましたから。モアイ像に目があったけど力を恐れて潰された、ですか…うーんなるほど。自分で目のネタ書いておきながら「目そのものの力」はコメントをいただいてみて改めて気が付いた次第で…。リアルの人付き合いの中で確かに何が一番堪えるかと言えば、何も言われずにじーっと見られることでしょうか。何もかも見透かされているような感じがして。

2006/12/21(木) 午後 10:57 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【続き】リテラシ…この言葉ほど都合よく使われている例はないのかも…いえ、私自身も多用するけれど「ホンマに意味わかってんのかぁ?」と言われると…「いや、永遠のβ版」とか言ってみたりします(爆)。それから、「ホロコーストの否定」はたいていの場合「ユダヤ人をDISる」意図が明白、として「ヘイトスピーチ」にカウントされるんでしょうね。ただ、私は特定の言説を色分けするよりもヘイトスピーチの「構造」に注目しています…ってこれ後のネタの一部です(笑)。

2006/12/21(木) 午後 11:02 ナイジェル 返信する

顔アイコン

トンコさん、この目玉電車ネタ…実は「見る・見られる」と絡めてどこかでやってみたいなと思い続けていました。でもなかなかうまく言葉にならなかったんですが…そうです、あなたの「辺境と中央」のテーマがいい起爆剤になりました…感謝です!

2006/12/21(木) 午後 11:05 ナイジェル 返信する

ちゃあじ子さん、いやもう私も毎日の通勤でこの電車を使うとすると毎日日記でも付けはじめてしまいそうです(爆)。ただ、実際の運用を見ているとどちらかと言えば土・日中心のようです。実際、自分で自分を問うのがいちばんしんどいです。問いすぎれば折れてしまうし、問わなければ……で、頭が痛いところです。

2006/12/21(木) 午後 11:12 ナイジェル 返信する

顔アイコン

内緒さん、いやもう何と恐ろしいことをおっしゃる(爆)。何なんでしょうね、ああいうのは。「京都大原三千人〜♪」じゃなくて「東山三十六峰逃げるに如かず」です、私の場合は。

2006/12/21(木) 午後 11:15 ナイジェル 返信する

顔アイコン

この電車のデザイン、すごいですねー。幾何学模様で色を塗り分けるってのも簡単じゃないし、この目!なんか妖怪の類にも見えます(こういうの、大好き)。あ、本題とぜんぜん違うところに食いついてしまいました。

2006/12/22(金) 午後 9:22 海風@えんじに屋 返信する

顔アイコン

海風さん、いやこの電車最初に見た時はぶっ飛びましたねー。なんじゃこりゃあ→こんなのが走ってていいのか→まぁこういうのも面白ろいか…という「理解」の過程でした(笑)。やはり「見る-見られる」の実地体験はなかなかj強烈でした。

2006/12/22(金) 午後 11:57 ナイジェル 返信する

顔アイコン

記事内容でなくて「厄神(やくじん)」への反応で恐縮なのですが、三木鉄道(厄神〜三木)が廃止になるというのはもう覆せないのでしょうか。一度だけ乗ったことがあり、思い入れのある路線なのですが・・・ 削除

2007/1/23(火) 午後 6:59 [ Z ] 返信する

顔アイコン

Zさん、こんばんは。おそらく覆すのはかなりしんどいかと思います。今の三木市長の藪本さんは「三木鉄道をまくる」ことを公約に掲げて当選した人ですから。駅を増やしたりして経営努力はそれなりにしたのですけれど、何分路線が通っているところが完全に街外れで…「バスで十分」といったところなんでしょうね。鐵ヲタのオレ的にも非常に残念なんですが…。

2007/1/23(火) 午後 11:54 ナイジェル 返信する

顔アイコン

確かに、三木駅を降りたけれどまさに「ひなびた町外れの部落」という感じでしたね・・・きーさんさんのところで紹介されたDMV(http://blogs.yahoo.co.jp/mauijimtojps/27103409.html)の導入も検討はされたらしいですが、神戸電鉄とも繋がっていないことも要因なのでしょうね。うーむ。 削除

2007/1/24(水) 午後 11:04 [ Z ] 返信する

顔アイコン

Zさん、三木だけじゃなく、小野、加東(社)、西脇とか北播磨全体の話ですが、神戸に出るのは乗り換えなしで三宮にスルーできる神姫バスが圧倒的に有利です。多可郡あたりの人に言わせれば、西脇まで自家用車で出てきて、そこから神姫の高速バスに乗ってしまうのだとか。社から北なら中国道の高速バスで大阪にもスルーで行けるし。鉄道のテの字も出てこないのはちょっと悲しいです。といいつつ私はバスヲタも兼任なんですけれど(爆)。

2007/1/24(水) 午後 11:21 ナイジェル 返信する

顔アイコン

かくしてまた味のある地方私鉄が消えていくのですね・・・切ない。自動車より路面電車の方が環境にやさしいのに。欧米で出来てなぜ日本では「パーク&ライド」が実行できないんでしょうかね。 削除

2007/1/25(木) 午後 11:06 [ Z ] 返信する

顔アイコン

Zさん、日本でも規模はまだまだ小さいのですが、実質的にそうなっているところも含めて、「パーク&ライド」は徐々にですが事例が散見するようになりました。この加古川線でも、厄神、市場、小野町(オフィシャルではないですが)、社町…とパーク&ライドになってきています。郊外型の駅で、周辺の駐車場整備なら自治体もお金を投入する名目は立つと思います。三木鉄道の場合は、なにせ中心部へ直結する別の交通機関があるものだから…。でも「ツーリスムと鉄道」という文脈で残せないものでしょうかね…。

2007/1/25(木) 午後 11:42 ナイジェル 返信する

顔アイコン

私の場合、現在の勤務先ならパーク&ライドをやろうと思えば出来なくもありませんが、金銭および時間というコストがかかりすぎる(雇用主としても直接自動車通勤して欲しくなる位)のが難点です。転勤で駅が近くにない職場になることも十分あり得ますし・・・国策化しないと浸透は難しいような気がしてます。 削除

2007/1/29(月) 午後 11:39 [ Z ] 返信する

顔アイコン

Zさん、そこまで行くと、確かにもうパーク&ライドというよりも「公共交通機関を使わせる(or使いたくなるような)」施策、ということになるかもしれませんね。香港はクルマの価格をアホほど引き上げた(本体+同額の関税)のだけれど、何か全然効果ないみたい…旅行で見た限りは(爆)。

2007/2/1(木) 午後 8:34 ナイジェル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事