nigel's bookshelves〜幌苦総合車両所・文書庫

「乗り物」好きな私の「乱雑な本棚」From KOBE。去年の台湾旅行の写真、やっと整理完了しました。

全体表示

[ リスト ]

前回記事での論考では、鉄道車両のラッピング塗装を「テキスト」にして、「他者認識」=「異文化理解」の構造について概観し、今後の論考は「ネガティブな他者認識」の危うさについてまず進めていく、ということでしたが、簡単には次の3点にまとめられます。

*「他者認識」とは形を変えた「自己認識」でもあり、言い換えれば自己認識へのスタンスが他者認識のあり方を決める。
→「他者認識」=自分を映す「鏡」
*「他者認識」は、しばしば「他者からの認識」によってそのストーリーの見直しと再構成を迫られる。
→「見る・見られる」
*その際、「ストーリーの再構成」を急ぐあまりに、他者抑圧的に働く「ネガティブな他者認識」となることがある。
→「自己の優越性」を確認したいがために「他者を恣意的に」認識し、それを「装われた客観性」で根拠づける。

前回記事では文章だけで少々わかりにくい所も多分にあったかと思い、「他者」と出会ったときに感じた「偏差」へのスタンスと自己基準(認識)へのスタンスをキーに下のような表にまとめてみました…。「他者(異文化)認識」の例は、わたりとりさんの「異文化交流考察>穴・断層・スタート地点・破壊」にも掲載されていた、海風さんが「異文化コミュニケーション論 -コミュニケーションの駆動力-」で作成されている「心理状態と行動に関する考察」の表から取らせていただきました。

<クリックするときれいに表示されます>

イメージ 1


上の表で、「1 自己基準へのスタンス」+「2 偏差へのスタンス」→「3 他者(異文化)認識」のモデルパターンは概ね次のように考えられます。

*1(1)→2(1)→3(1)(2)(3)………共存/尊敬/親交
*1(2)→2(1)→3(1)(2)(3)………共存/尊敬/親交
*1(2)→2(3)→3(3)(4)(5)………親交/儀礼的無関心/無視
*1(3)→2(2)→3(6)………………同化圧力
*1(3)→2(3)→3(1)(3)(4)(5) …共存/親交/儀礼的無関心/無視
*1(3)→2(4)→3(4)(5) …………儀礼的無関心/無視
*1(4)→2(2)→3(6)………………同化圧力
*1(4)→2(3)→3(1)(3)(4)(5) …共存/親交/儀礼的無関心/無視
*1(4)→2(4)→3(4)(5) …………儀礼的無関心/無視
*1(4)→2(5)→3(5)(7)(8)………無視/攻撃/対立

ここで、「3」が複数パターンあるのは上の表での判断材料(根拠付けのリソース)がどうやって動員されるかによる、と思われます。お互いの出身地や性別、年齢、社会的な階層とか…と書いてくると「ストーリー構築のキー」になるのはこっちで、上の表は骨格、と言ったところでしょうか。ちょっと荒っぽい図ですが、前回の記事に具体的な例示を付けて図式化してみました…至らぬ所はまた、この記事に追記していくか補論をもう1回書いてみようかと考えています。




ここで、ちょっと蛇足になりますが……一点だけ。実は前回記事で下書きのメモには入れていたのですが……この「異文化理解」の論考の意味は何か、自分がまず「ネガティブな他者認定」の危険性とその構造について考える意味は何か…というと、わたりとりさんの記事「異文化交流分科会-【魚のアタマ】考(2)」へのはてなブックマークコメントにも書いたとおり、特定の人の個別具体の言説を揶揄したり「裁いたり」するためではなく、異文化の交流・理解を阻む要因の考察と交流促進への道を模索することです。

だから、「ネガティブな他者認識」を自分とは関係のないものとするのではなく、他ならぬ自分自身がいつでも、もしかしたら知らず知らずのうちにはまり込んでしまうかも、という問題意識とともに論考を進めていきたいと考えています。論考の「起爆剤」は現実の言説であったとしても、それ自体を単に論難するためにこの論考を進めてしまうと、論考自体が悪い意味での「政治性」「党派性」を帯びてしまうことにも留意しなければなりません…。


………まぁ、いいや、もうちょっと書いてしまおうか。


私自身は、「自らの言説の正当性のみを強弁して、異論を対等のものとして見ようとしない」言説や、「自らと少しでも違う考え方に対して、まるで糾弾するかのようなヒステリックな」言説……そういったインテレクチュアル・オネスティに欠け人を傷つける言説を見ると「それって一体何やねん」と憤りを覚えます。かといって、その言説や言説をした人そのものにこだわり、許しがたいものと思うあまりに、元々の論点を見失ったり自分自身もまた同じような言説をしてしまうのも恐い、と思っています。そういう自分自身は一体何ものなのか。「いかがなものか」「ちょっと待たんかい」とダイレクトに異議を唱えることも時には必要だとは思うのですが(というか、対向言論自体を封じる理由はないです)、少なくともこのシリーズでは、一歩後ろに下がってみて、「それって一体何やねん」の「何」について考察するというアプローチを取ってみたいと思っています。

この記事に

閉じる コメント(22)

よく迷路に入っちゃいがちですが、「決め付けは良くない」→「決め付けは良くないと決め付けるな」とか、「まず異論を対等に見よう。押し付けは良くない」→「そういう意見を押し付けてる」という返しはどうなんでしょう?「議論・対話・交流はフラットな立場で」という最低限の前提が合意されていないと議論・対話・交流は難しいと思うのですが。。。

2006/12/30(土) 午後 5:11 トンコ 返信する

顔アイコン

FUMMYさん、いや全然ズレてないですよ。トラックバックは、元々は「自分のコンテンツの中でリンクをした、ということを相手に知らせる機能」ですから、文中にリンクと言及文が必須だ…というのがいわゆる「ネット原理主義的」な考えです。ただ、実際は色々な使われ方をしているのが実態で、あなたが書かれている例のように、「アクセスを自分の所にだけ集めればいいのだ」と受け取れるようなものも確かにあったりします。だからその「困惑」はそのとおりですね。

2006/12/30(土) 午後 11:53 ナイジェル 返信する

【続き】ですから本来TBを打つのに相手に許可を求めたり、挨拶したりするのは不要なのですが…ここらあたりのやり方はネットコミュニティの「クラスター」によってやり方が微妙に違いますよね。だからFUMMYさんの中でその「違和感」がどのように育って変わっていくのか…一度TBの記事も書いてみます…「異文化交流」の一環として。

2006/12/30(土) 午後 11:56 ナイジェル 返信する

顔アイコン

トンコさん、これはまぁいわゆる一つの「自己言及のパラドックス」のトリックですね。「押しつけは良くない」のだから、「押しつけは良くない」ことを押しつけたりは元々しないのです。ただ「押しつけたがる人」は形式的な「論理」を逆手にとってこういうブラックマジックを仕掛けてくるわけです…。

2006/12/30(土) 午後 11:58 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【続き】ですから…なかなか私ではうまく言えないのですが、「押しつけは良くない」と考える人は、「押しつけたがる人」に対して、「押しつけるは良くない」とはしながらも決して「押しつける」のではなく、「この人が押しつけたがるのは何故なのだろう」「……なことが要因なのかな」と一歩引いて考え、「議論にならない」と考えた時点でとにかくこの人はまぁ仕方ないか、と考え、ありていに言えば引き下がるか逃げるかするわけです(爆)。そして、「異文化交流阻害」の要因というか観測例として考察の俎上に乗せる、と。

2006/12/31(日) 午前 0:11 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【参考リンク】私のブクマタグで「自己言及パラドックス」がありますが…その中でもotsuneさんの「モヒカン族 - 「モヒカン族」に関する言及 - 「モヒカン族」に関する言及」(http://mohican.g.hatena.ne.jp/bbs/2/552)と「自己言及のパラドックス-Wikipedia」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%A8%80%E5%8F%8A%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9)の相対主義の部分が一番わかりやすいです。

2006/12/31(日) 午前 0:32 ナイジェル 返信する

顔アイコン

図表がわかりやすいです。文系の私はグラフ描けないので、こういった概念図(表やフロー)のほうが得意(笑)。ところで、トンコさんとのやりとりなさってるパラドクス・・・「合わせ鏡を覗いてしまう」ということですかね。私は以前「批判行為を批判する考察記事」を書こうと思い立ち、このパラドクスから抜けられなくて数ヶ月悶々と悩みました。

2006/12/31(日) 午前 0:36 [ わたりとり ] 返信する

顔アイコン

結末は、批判行為を今まさに行っている当事者に「あなたの批判の正当性を自分で立証せよ」と「鏡」を突きつける、というロジックに落ち着きました。説得力があったかどうかはわかりませんが、合わせ鏡の魔空間からは抜け出られたかな。もしご興味がおありならhttp://blogs.yahoo.co.jp/wataritori_novel/41223282.html

2006/12/31(日) 午前 0:44 [ わたりとり ] 返信する

わたりとりさん、なるほど、「合わせ鏡を除いてしまう」というのは非常にわかりやすいです。そうです…本当に「議論・対話・交流はフラットな立場で」…ということであれば実は「合わせ鏡」ではないのですが、「押しつけ」や「決めつけ」をする人は最悪イーブンに持ち込むために「合わせ鏡」にして「オマエも一緒じゃ」としてしまう、と言えばいいでしょうか。「内省型」の人ほどドツボにはまってしまう言論封殺の禁じ手とでも言いましょうか。本当に「卑怯」だなと思うのはこういうトリックです。

2006/12/31(日) 午前 2:39 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【続き】「押しつけないことは押しつけてもイイの!」という開き直り技もあるのですが、それではあちらさんの勝ちパターン…まさに江川−角−鹿取−サンチェの黄金リレー(いつの時代や)。押しつけや決めつけをする人は…相手の言論もまた自己言及的に同じ種類のものと考えるからそういうことになるんでしょうね…。その対処方法は…先に(?)相手に鏡を見せてしまう…なるほど。いや、私の中でも腑に落ちた感じがします。ありがとうございました。ただその手の人はある意味最凶なので、ターボのブースト圧が上がるのかもしれませんね。

2006/12/31(日) 午前 2:54 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【FUMMYさんへ:補足】ちょっと言葉足らずだったので…私自身は「言及&リンクあり」のトラックバックが「正しい」使い方だ、と思っていて(理由は上で述べたとおり)過去FUMMYさんにもそのようにして飛ばしていますが、かといって他の流儀(例:言及なしで相手記事にコメント入れる)にもそれぞれ意味と理由があるのだから…とスパム以外はハジきません。それから、「自分の所にアクセスを集めさえすればいい」TBは、TBそのものの使い方とはまた別なのかな…と最近思い始めています。

2006/12/31(日) 午前 5:06 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【わたりとりさんへ:訂正】「合わせ鏡を除く」…除いてどないすんねん、「覗く」でした…すんません、年賀状作りながらなもので…今大方終わりました(爆)。

2006/12/31(日) 午前 5:07 ナイジェル 返信する

顔アイコン

私の議論への参加理由の一つに、ナイジェルさんの2006/12/31(日) 午前 0:11のコメントがあります。議論にならないと考える前に、もう少し踏み込みたいと考えている部分があります。他にも理由が沢山あるんですけどね^^;ついでに、今は『八木orダルビッシュ−武田−岡島−MICHEAL』が黄金リレーです!中日&日ハムファンなので、そういうことにしておいて下され^^

2007/1/10(水) 午前 10:37 [ きーさん ] 返信する

顔アイコン

出遅れましたが、明けましておめでとう御座います^^僕は、1月1日に年賀状完成しましたよ^^;

2007/1/10(水) 午前 10:40 [ きーさん ] 返信する

顔アイコン

きーさん、あけましておめでとうございます。あー結構私、PCで年賀状作る前は正月の夜に書いてたりとか…(爆)。PC使うようになってからは早めに…と思いつつも結局いつもギリギリですね。やっぱりすぐ作れてしまうから…えーかげんなヤツです(笑)。

2007/1/10(水) 午後 11:21 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【続き】順番が逆になってしまいましたが…そうですねぇ「議論にならない」と感じてから、うち切るまでのタイミングというか見極めがなかなか難しい、といったところでしょうか。「もーあかんわ」と思いつつも、「いや、もーちょっとデータ取り」とか思ったりして。それはそうと、そうか、今の黄金リレーはMICHEALか…F1的にはそのあとついシューマッハと続けてしまったりして(爆)。

2007/1/10(水) 午後 11:32 ナイジェル 返信する

顔アイコン

ついでに、こちらにお邪魔するたびに思うんですけど、スケキヨを毎回毎回キヨスケと読んでしまいます。昔の彼女に、そう呼ばれていた事をいつも思い出します^^;話し戻して、リアルで接していると表情や雰囲気で見極めることがあるんですけど、こっちの世界ではそこができないのが僕的には辛いところです^^

2007/1/11(木) 午前 1:51 [ きーさん ] 返信する

顔アイコン

きーさん、確かにおっしゃるとおりです。リアルでは「説得」とかかなり「政治的」な言説が必要となったときは、結局顔見て表情見て話する必要がありますね。ネットは基本的に静的な文字だけだから、その分言葉の熱量が変に高かったりすると…そのままダイレクトに伝わってしまうというのはしんどいです。それから背景の「スケキヨ」ですが…学生時代の友人が昔中央線夜行のなかで座席に寝そべったままシートバックに足を立てかけて「スケキヨ」とやったのがツボにハマって以来、私のホット・フレーズになっています(笑)。

2007/1/11(木) 午後 11:56 ナイジェル 返信する

顔アイコン

あけましておめでとうございます。←遅すぎ(笑)異文化論争は休憩してましたが、ちょっと見直ししてます。まとめの表はすごくいいです!!助かります。自分がどこを議題にしたいかが見えてきました。なーるほどなーるほど。あと僕もマイペースですんで無理なさらぬよう。 削除

2007/1/12(金) 午後 8:41 [ みつくる ] 返信する

顔アイコン

みつくるさん、あけましておめでとうございます(…今日までならいいでしょう…笑)。異文化交流議論、みなさんペースが速くてなかなか着いて行けてませんが、まぁ私は月1回+補論1本くらいで進めていこうと思っています。何せ本分は「オタッキーブロガー」ですから。

2007/1/15(月) 午後 11:12 ナイジェル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事