nigel's bookshelves〜幌苦総合車両所・文書庫

「乗り物」好きな私の「乱雑な本棚」From KOBE。去年の台湾旅行の写真、やっと整理完了しました。

全体表示

[ リスト ]



異文化交流考察シリーズ、そろそろ第2考「差別について」へいきたいところですが、その前に「補論」の追加として、あと補足を2点ほどしておきたいと思います。それぞれ長くなりそうなので、2回に分けます。今回は、前回記事のコメント欄で話題となった、「『押しつけないこと』を押しつける」についてです。


1 「押しつけないこと」を押しつける…?


前回記事の「補論」トンコさんから次のようなコメントをいただきました。
よく迷路に入っちゃいがちですが、「決め付けは良くない」→「決め付けは良くないと決め付けるな」とか、「まず異論を対等に見よう。押し付けは良くない」→「そういう意見を押し付けてる」という返しはどうなんでしょう?
(コメント:2006/12/30(土) 午後 5:11)
(太字はo_keke_nigelによる)←この表記忘れてました、ごめんなさい(07.01.24)

ここで私は「これはまぁいわゆる一つの『自己言及のパラドックス』のトリックですね…」云々とコメントを返したわけですが、その後、わたりとりさんからも「『合わせ鏡を覗いてしまう』ということですかね。」とコメントをいただきました。

この「『決めつけは良くない』と決めつける」「『押しつけは良くない』ということを押しつけてる」という返しは言うまでもなく対抗言論を封じようとするトリックなのですが、確かにこのフレーズにはリターンエース的な威力はあって、特に言われた側が内省型であれば効果てきめん、まさに合わせ鏡をのぞき込んでしまって動けなくなってしまいます。


2 この「トリック」のポイント


この「トリック」の「キモ」は、「…は良くない」という部分に反応して「押し付けは良くない」をある種の定言命題(無条件の命令)として投げ返すところにあります。ですから例えば「押しつけは良くない、は押し付けてもいいの」というリターンバックは「押し付けたい人」にとっては「待ってました」という反応であって、「オマエも人のことが言えるのか」とその後は自尊心バトルの無限ループが待っています。

「決めつけは良くない」「押し付けは良くない」という言説が有効であり得るのは、暗黙の前提が組み込まれている仮言命題である場合です。つまり例えば「議論をしたいのであれば」「対話をしたいのであれば」という条件付きの命題である場合です。決めつけるのも押し付けるのも確かに自由でありその人の勝手なのですが、「異論について、なぜそうなるのか理解したい」のであれば「決めつけたり押し付けたりするのは良くない」ということなのです。

逆に考えれば、この「決めつけや押し付けは良くない」は「議論」においては有効であっても、相手が議論を勝ち負けと考えていたり(これはディベートというべきでしょう)、センス自慢のメタゲーム(要するに「オレの方が**をオマエより理解している」という争い)などでは必ずしも受け入れられるとは限りません。自分では「異論もフラットに考えようとする」議論のつもりであっても、相手は「センス自慢のメタゲーム」や「自尊心バトル」を仕掛けている、ということは往々にしてあります。また、自分は議論のつもりで始めても、知らず知らずの間に勝ち負けに移行してしまっていたり…ということもあるかもしれません…。


3 議論なのか、何なのかの見極めと対処のありかた


そこでまた問題になるのは…議論(ここでは異論もフラットに考え、その差異のありようを理解しようとする、という意味で使っています…自分的には「対話」もここに含めています)を望んでいない相手に対してどういう言説がやりとりできるか、ということになりますが、さしあたっては「いったん話をうち切る」しかないと思われます。ただ、「どの時点でうち切るのか」…ある程度相手の言説を「判断材料」として集めてからなのか、「話が通じない」と判断した時点で即座にうち切るのがいいのか、見極めが難しいところで、撤退のタイミングを逃すとそれこそ相手の煽り言説に乗せられてしまう自尊心バトルやセンス自慢のメタゲームに巻き込まれ、「カロリー過多の言説」をぶつけ合ってしまうことになりかねません。いや、場合によってはこういうのも異論を理解するための過程としては必要なのかな。

また、言うまでもないことですが、この「決めつけや押しつけは良くない」という言説そのものを、他者の異論の理解を深めるためではなく、対抗言論を封じるためのツールとして使った場合は、文字どおり「単に矛盾した言説」としてこのトリックを返されてしまうだけ、ということになります。

「補論」の他者認識のモデルにこの話を落とし込んでみると、「決めつけや押しつけは良くない」とは…最低限「2 『偏差』に対するスタンス」の「(3)偏差は偏差として認める」の状態でないと成立しないメンタリティ、といえるでしょう。



4 参考にさせていただいた考察・論考



(1) 「モヒカン族」に関する言及.552(Group Mohican:otsuneさん)
〜まさに「押しつけないことを押し付ける」という言説に対する言及。この言説のトリック性を簡潔かつ的確に表した論考。
「なぜならモヒカン宣言の自己言及メタレベルを一段階解体してしまっているからです。」
「証言の真偽を解釈するときにクレタ人かどうかを真偽の構造に組み込んでいるという初歩的なテクニックですね。」


(2) 自己言及のパラドックス -Wikipedia
〜「クレタ人は嘘つきである」とクレタ人が言った…という有名なパラドックスをはじめとする様々な自己言及のパラドックスについて解説。今回の記事に関しては「相対主義の自己矛盾」の説明がわかりやすいです。
しかしながら、相対主義の主張をいま一歩踏み込んで検討してみるなら、相対主義者自身は自身の主張が相対主義者にとっては正しく、相対主義者でない者にとって正しくなくとも何ら問題ではなく、この批判は相対主義者にとって重要性を持つとは言えない。すなわち、相対主義の「絶対に〜ない」において重要なのは、如何なる準拠点(個人/文化/社会/主義/歴史観/自然観/概念枠…等々)に即して正しい/正しくないのか、という準拠点への注意の喚起にあるからである。逆の観点からすれば、この種の相対主義批判は、批判者の側の主義への自己言及をなしているという点で興味深い。
(太字はo_keke_nigelによる)


(3) みーんな倫理とかすきナー(michiakiさん)
〜人力検索はてなの「なぜころ」への各回答に対する感想。コメント欄でのid:jounoさんの指摘が面白い。つまり「〜してはいけない」は、(A)事実としてのルールや道徳、法律etc...という領域と、(B)そのルールや道徳等を守るかどうかを選択するという倫理的領域に分かれる、と。そして(A)(B)は互いの論拠とはなり得ず、michiaki氏はそこのところを混同しているのではないか、(A)の論証によって(B)を論証=正当化できると思っているのではないか、という指摘です。

実は今回の記事のテーマである「自己言及のパラドックスというトリック」を解くきっかけは(3)記事のjounoさんのコメントでした。要するに、条件付きの仮言命題を無条件命令の定言命題と混同してしまうところに問題がある、ということです。otsuneさんの「自己言及メタレベルを一段階解体」「証言の真偽を解釈するときにクレタ人かどうかを真偽の構造に組み込んでいる」、wikipediaの「相対主義批判は、批判者の側の主義への自己言及をなしている」もここのjounoさんのコメントでつながりました…。参考までに「なぜころ」に対するjounoさんの回答は■りんり淋漓と天上大風にあります。


(4) はてなブックマーク -nigel's bookmark for bookshelves /自己言及パラドックス
〜「自己言及のパラドックス」関連の記事をブックマークしたものです。




次回の「補論」は、はてなブックマークと「見る-見られる」の予定です。そしてその次に第2考「差別について」に論を進めていきたいと思っています。

この記事に

閉じる コメント(29)

顔アイコン

これは、文字ならまだしも音声会話でやられると非常に混乱しますね。言葉は一見、伝達手段としては最も完璧に見えますが、論理的であればあろうとするほどパラドックスが出てくるというのは、不完全な部分はあるのだろうなと思いました。こういう人と会話するとへとへとになりそうで、できれば近づきたくありません。

2007/1/23(火) 午後 10:46 chargeup2003 返信する

顔アイコン

わたりとりさん、三次元イメージはさすがです、私なぞはどうしても平面的なイメージ理解で……。時間軸はどう処理されるんでしょうね、確かに。敢えて言えばXYZ軸のうちどれか、と考えてみたらいいのかな。

2007/1/23(火) 午後 11:02 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【続き】モータースポーツの好きな私のイメージで相対主義を考えてみると…コーナリングの際の「理想のレコードラインはいくつあるか?」といった感じかな?マシンのエアロダイナミクス(空気抵抗)とサスペンションのジオメトリーの変化(要はコーナリング時の車高・姿勢の変化)の組み合わせで決まってくる…わけですが、パラメータ(前提条件)が変わってくるともちろんベストなラインもまた変わる…と。そこにドライバーの好みやテクニックの巧拙が変動要素として加わってくるわけです……ちょっと待った余計にわかりにくいですね(爆)。

2007/1/23(火) 午後 11:09 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【さらに続き】実際そういう理想的な議論ができる、あるいはできている例はなかなかないかもしれません。わたりとりさんも以前おっしゃっていたように「そういう相手にはなかなか恵まれない」。「なぜころ」に関して言えば、「倫理を除きます」とやった時点でカオスに行くようにmichiakiさんはあえて設定した、と私も考えました。禅問答みたいな公案にしてどんな形で答えが返ってくるかを見ようとしていたというか。そこをjounoさんが星一徹した、と。

2007/1/23(火) 午後 11:18 ナイジェル 返信する

顔アイコン

みつくるさん、「相対主義」と「ダブスタ」の違いですか…うーん、いざそう切り出されたら答えにくい、みたいな(爆)。「相対主義」は…ある命題Xの解釈について、あなたもわたしも「仮言命題的」(前提付き)で、「ダブスタ」は私の解釈は「定言命題」であなたの解釈は「仮言命題」、といったところでしょうか。

2007/1/23(火) 午後 11:24 ナイジェル 返信する

顔アイコン

ちゃあじ子さん、ホントそうですねぇ…いわゆる「声の大きい人」が「押しつけはイカンというのも押しつけや!」と言っちゃうと思わずウッ、と来るような感じですね。その返しはリアル会話では「人の話聞く気あるんかワレ」といったところでしょうか(笑)。

2007/1/23(火) 午後 11:37 ナイジェル 返信する

顔アイコン

きーさん、順番が前後してスミマセン。「相手の勝ち負け論で自分が負けた立場で打ち切るのは気分悪いし…」そうそう、ホント気分悪い。2ちゃんで盛り上がる典型的パターン(爆)。リアル会話では「オレも言い過ぎたゴメンな」と言い合って取りあえずうやむやのまま収めてしまうことが多いんですけれど。そしてこのトリックをそのまま指摘したとしても…「押しつけたい」人はともかく相手の言説を封じたいだけなのでターボのブースト圧がさらに上がるだけだったりするんですよね。

2007/1/23(火) 午後 11:43 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【ちゃあじ子さんへ続き】>論理的であればあろうとするほどパラドックスが出てくる…これは、「いい議論」にとって「論理性」は必要条件であっても十分条件では必ずしもないからかもしれません。つまり「論理的」であるからといって「いい議論」ではないから。論理性≒「他者認識のストーリーの整合性」と考えるなら、異論を受け入れるにせよ否定するにせよ、いかようにもロジックは作り出せるから。論理性の自己目的化=前提付きの仮言命題から無条件の定言命題化、あたりがポイントだと思います。

2007/1/23(火) 午後 11:50 ナイジェル 返信する

顔アイコン

コーナーリングの喩え、わかりやすいです(笑)なるほど、私は相対主義ってのは「モノゴトはなにもかも相対的=不確定である=あらゆる価値の否定(虚無思想)」に通じるモノかと思っていたが、違うのですね。価値を形作る一定の公理が存在している、とまずとしたうえで、「変数」の多様性を認めようというカンジなのだろうか。この考え方で合っているなら、よくわかりますし、そういう議論の進め方はクールだなと思いますね。 削除

2007/1/24(水) 午前 0:03 [ wataritori ] 返信する

顔アイコン

公理はなにか、という議論が始まると前提すら引っくり返されますがね・・・ナイジェルさんはそこまでは想定されていないように見えます。私はそこまで含めて議論の対象にしますよ(XYZ軸の上下を反転させる、枠組みそのものを変えると言った部分)。そこまで突っ込んで議論できる相手はそう多くない、けれど、私は自分のブログでそうできる相手に巡りあいました。何人も。ブログってホントすっげぇなと思います。いやマジでマジで。 削除

2007/1/24(水) 午前 0:10 [ wataritori ] 返信する

顔アイコン

なんかやっぱり、【はまっちゃった】って感じがします。ま、観てる分には嫌いじゃないんですけどね。まっ議論ふっかけられたら、言葉じゃなく別の力で対抗する僕のことですから。気にしないでください。 削除

2007/1/24(水) 午前 0:59 [ jeronimo005 ] 返信する

わたりとりさん、すみません、コーナリングの妙な喩えをしてしまったので、準拠点の多様性を変数(パラメータ)だけで語ってしまいました。説明としては1/2でした。まぁ、準拠点の多様性を認める&各々の準拠点には「優劣はない」からスタートするのが相対主義…というのが私の理解です。

2007/1/24(水) 午後 0:56 ナイジェル 返信する

顔アイコン

コーナリングの喩えで押すなら、「公理から議論する」のは…レーシングマシンのタイヤの個数、でしょうか。「なぜ4つでなければいけないのか?」3つでも5つでも6つでもいいのではないか…実際F1では1970年代後半に6輪車のマシン、なんてものがありました(笑)。

2007/1/24(水) 午後 0:58 ナイジェル 返信する

顔アイコン

jeronimoさん、これくらいじゃ全然「はまって」ないよ。いや、なんかアタマの上5cmくらいの空中戦やってるのは認めますが(爆)。

2007/1/24(水) 午後 1:00 ナイジェル 返信する

顔アイコン

初めまして。言葉を押し付ける事・それがグランドエフェクト的であれば、文意のどこかが破損すれば非常に制御しづらくなるものでもあるかもしれません。特にそれがエースドライバー同士の戦いになれば、明らかに正常な状態の後方の人を差し置いて言葉の渋滞につながる恐れもあります。 削除

2007/1/29(月) 午後 6:53 [ 滝川クリスタル ] 返信する

顔アイコン

滝川クリスタルさん、こんばんは。実際にお話しさせていただくのは初めてですね。確かに、喩えのとおり「シビアな議論」は「激しいレーシングバトル」に似ているところがありますよね。空力バランスの崩れた言説はすぐさまコースアウトにつながる…しかも一人上手ならともかくかつての「サーキットの通り魔」アンドレア・デ・チェザリスみたいに人を巻き込む多重クラッシュなんてのも結構あったりするからやっかいです(爆)。いえ、実際に滝川クリスタルさんの心中はお察しいたします…。

2007/1/29(月) 午後 9:55 ナイジェル 返信する

顔アイコン

チェザリス!!確かに全員巻き込み型なドライバーもいれば、フェラーリ時のマンセルのように高速コーナーで1回転してもすぐに立ち直って追いかける人も。自分の場合はタクシードライバーと揉めてしまうガショーです・・・剥奪・・・ 削除

2007/1/29(月) 午後 10:02 [ 滝川クリスタル ] 返信する

顔アイコン

はてな界隈にはマンチャンタイプの論客が結構いるような(爆)。滝川クリスタルさんは私的には、ベルトランと言うよりはマンチャン的なイメージがありますが…。タクの運ちゃんには2通りあって、本当に運転の上手い人もいるし、いかにも「オレって運転上手」みたいなドライビングするひともいるんですよね。私ですか…?どことなピントのずれてるフィリップ・アリオーかな(笑)。

2007/1/29(月) 午後 10:23 ナイジェル 返信する

顔アイコン

チェザリスだとかマンチャンタイプだとか、全く知らないチンプンカンプンなことで盛り上がってる!わははは!!

2007/1/29(月) 午後 10:32 トンコ 返信する

顔アイコン

トンコさん、本来比喩やメタファは「物事をわかりやすく説明するための」修辞法……これはちょっとヤリすぎですよねぇ…(爆)。でもF1知ってる人なら解るかも(?)。アンドレア・デ・チェザリス→http://blogs.yahoo.co.jp/o_keke_nigel/18128054.html

2007/1/29(月) 午後 11:29 ナイジェル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事