nigel's bookshelves〜幌苦総合車両所・文書庫

「乗り物」好きな私の「乱雑な本棚」From KOBE。去年の台湾旅行の写真、やっと整理完了しました。

全体表示

[ リスト ]

不定期更新の「自分のブログライフを振り返る」企画……今回は、20,000PVを越えた時点でやってみようと思っていたネタをやってみましょう。ヤフーブロガーの多くの方々にとっては、励みになる反面心をかき乱される存在でもある「コメント」についてのこのエントリーです。




1日あたりのPVは増えつつある反面、コメント数は逆にじりじりと減りつつある現状ではあるのですが(うーん)、「コメントポリシー」に代えて以下の質問に答えてみましょう。


質問A


1あなたはコメントをもらったら必ずレスをしますか?

原則として全部のコメントにレスを返しています。

自分が他のブロガーさんの記事にコメントを入れた場合、やっぱりレスをもらえれば嬉しいですから。1日に何十個もコメントが入ったりするようになると、そこらあたりはなかなか難しいでしょうが(1回くらい「コメントレスが大変でねぇ…」とか言ってみたいぞ、1回で十分ですが)、自分のコメ返しを抜いて1日5件もコメントが入れば自分的には「今日はコメント多いなぁ」という今の状況なら全コメ返しは十分対応可能です。


2.レスをしない場合がある、もしくはレスをしないと決めている方は、その理由とレス基準を教えてください。

取りあえず記事内容に全く関係のない「コメントスパム」にはレスをしません……というか実際は気づき次第コメント瞬殺です。色々と他の方のコメントポリシーを見ていると、記事本文の全コメントにはレスを返していても「ゲストブックの書き込みにはコメントレスしない」とか「投票記事のコメントにはレスしない」と明記されている方々を時折見かけます。単なる報告や挨拶にはコメントしようがない、あるいは投票記事のコメントの流れをレスで切りたくない、ということでしょうか。


質問B


1.あなたが相手ブログでコメントをする場合、コメント基準やルール等気をつけていること等がありますか?

自分の記事ではどうしても「枝葉」が伸びてしまう傾向があるので、極力記事の内容に即したコメントにするように心がけてはいるつもりです。コメント連投になることもありますが…それはヤフのコメントが全角250字制限という「仕様」になっているので仕方ない、と開き直ってます。

あとは、コメント1回につきトピックは2つまで……それ以上になるとレスする方が大変ですから。とはいえ、これも実際には筆が結構滑っているかもしれません。


2.相手ブログでコメントをした時、相手のレスや自ブログへのコメント返しの有無は気になりますか?

全然気にならない、といえばそれはやはり大嘘になります。自ブログを始めたころは、とにかく自分が入れたコメントにレスがあったり、その相手さんから自ブログへのコメント返しがあればやはり嬉しかったですから。

例えば、自分とAさんとBさんが同じジャンルの記事を書いていて、他の2人のところにはコメント返しがあるのに自分のところには……いえ、そこら辺りをあまり細かく書くと私の「ケツの穴の大きさ」の程がバレてしまいますのでこれくらいに(爆)。

そもそもコメントは読み手の側が書くかどうかを決めるものであって、強制するようなものではないですから(コメントへのレスも同様)、コメントレスや自ブログへのコメント返しの有無をあれこれ思い悩んでみてもキリがありません。そんな時間があれば次の記事のネタ仕込みに使った方がよっぽど有意義だと自分に言い聞かせています。


3上記と関連して、コメントをしてもまったく反応がない場合、どうしますか?(何回まではトライする、など)
またレスはあってもコメント返しがない場合、どう考えますか?

<コメントレスがない場合>
埋もれていて気付かれにくい過去記事へのコメントで、それまでコメントを頻繁にやりとりしている相手であれば「過去記事へのコメントでスミマセンが…」という趣旨のコメントを1回だけ入れることはあります。あとのケースでは、2回新着記事へのコメントスルーが続けば自分のコメントは一般的/個別のいずれにせよ望まれていないと判断して以降はコメントを入れないようにすると思います(まだそういう例には当たったことがない)。

<コメレスはあっても、自ブログへのコメント返しがない場合の判断>

1) 何となくコメントしそびれてしまった…(忙しい、他にも多くの巡回先がある等)。
2) 他ブログにはコメントをしないというポリシーを持っている。
3) 特にコメントを付け合うようなお付き合いをしたいとは思っていない。
4) コメントしたい記事が今回は特になかった。
5) 読みには行ってみたがつまらなかった。

等々いろいろと理由は思いつきます。ある程度は1)〜5)のどれなのか、想像が付く場合もあるでしょうが、そんなものはあくまでも想像に過ぎないのであって、結局はその人本人にしか本当の理由はわかりません。だから「まぁそんなもんやろ」(どんなもんや)と思うようにしています。


4.いつもコメント参加されていた相手から、コメントをもらえなくなったことはありますか?その時どう感じましたか?&どうしましたか?(例えば相手がブログお休みだった等、ケースバイケースだと思いますが、気になったものがあれば、というレベルでお答えくださいませ)

ああそれは多々あります。理由としては以下の例が思いつきますが……。

1) 相手のブログの更新が止まった(見れば分かるか)。
2) コメント参加できるジャンル/ネタの記事がなくなった/少なくなった。
3) ふとコメントキャッチボールの無限ループが空しくなった。
4) そのブログの記事がつまらなくなった。
5) 相手が私の考えとどうしても合わないことに気が付いた。
6) 私のことが嫌いになった。

それで、どうしたかというと……別にそのままです。例えば私の記事の内容について具体的に異論があるならともかく、「沈黙」というのもまた処理の方法の一つではあると思います。だから、後を追って「何かありましたか?」とか聞いたりはしません。またどこかで接点ができたり考えがお互い変わったりすればコメントのやりとりが再開するということもあるかもしれません。


5.いつもコメントをしていた相手に、コメントをしなくなったことはありますか?その理由はなんですか?

「もう絶対コメントしない」とまで思ったことはないのですが、何となくコメントを入れなくなってしまった人は何人かいます。最初のころは、正直言うと、コメントのやりとりができる相手を「開拓しよう」とか意気込んだりしていましたが……数が増えてくると全員と同じような密度でコメントのやりとりを続ける、というわけにもいかなくなります。だから巷でよく言われている「mixi疲れ」というのは何となくですが分かります。


質問C


1.あなたにとってコメントとはなんですか?(自分がする場合、もらう場合、合わせてお答えください)

<自分がする場合>
ブログ主と最もダイレクトにコミュニケーションを取る際の手段。

<自分がもらう場合>
以前は、自分の記事への評価を計る可視化されたバロメータの一つ……のように思っているところがあって、実際それはそのとおりで、今もそう思ってしまうところは多々あるのですが、他者とのコミュニケーションの中でのコメントの位置付けや、コメントを入れる基準はそれこそ人それぞれなので、「コメントがない/少ない=その記事に価値がない」とは限らないと考えています。


2.他に、コメント全般であなたが気になることがあれば教えてください。

若干つけ加えながらまとめると、以下のとおりになるでしょうか…。


1) 自ブログへのコメントがほしいのなら、まずは相手の所へ入れに行く。
2) でも、「転んでも泣かない」。
3) 「コメント少ない/ない=記事への評価/価値が低い」とは限らない。逆は真かもしれませんが。
4) ブロガー間のコミュニケーションのチャンネルはコメント以外にもいろいろあっていいし、実際ある。
5) だから、コメントは書く側が好きなときに好きなように付ければいい。

1)について、短期的なスパンではこれに尽きる、と思います。趣味性向が似たブロガーさんの記事を色々読みに行って、興味を持てたり共感できる記事にコメントを残して帰る……そこからお互いコメントをやりとりできる関係になればベストでしょう。

でも、2)自分が相手さんの記事に興味を持っても、必ずしもこちらの記事に興味を持ってくれるとは限りません、当たり前のことですが…。それはそういうものとして受け止めるしかないです。

3)は、どうしてもコメント数で記事への評価をしてしまうところはあるのですが…コメントをするかどうかの心理的な閾値や、コメントに対する考え方、あるいは読み手の側の時間的な都合は本当に人によって様々なのであって、一概にコメントの有無を評価基準と考えなくてもいい、と思います。

4)については、よくヤフーブログについてよく言われる特徴として「コメント中心文化」というものがあります。実際「コメント欄」に「ファン登録機能」「人気度の星」「擬似的なネット人格を可視化したアバター」が組み合わさって独自の「コミュニケーション中心文化」が形成されているように思います。でも、例えばお互い全部の記事にコメントを付けあわなければいけないのではとか(その裏返しが「コメントをもらえないのは自分の記事がつまらないからだ」と過度に思ってしまうこと)、コメントが少なくなったら寂しいとか……行き過ぎてしまうと、自分でブログサイトを持っていることのメリット−自分で書くことの楽しさ−をスポイルしてしまうのもまた確かでしょう。

だから、トラックバックやSBM(ソーシャルブックマーク)を適宜活用したコミュニケーションのあり方というものもあってもいいかな、と考えます。

何よりも、読みに来て下さる方々もまたそれぞれのブログサイトの書き手なのであって、ただ単に自ブログを盛り上げてくれるための道具でもなければ踏み台でもありません。

で、中長期的に考えれば結局5)のようになるかと。その方がお互いの「おつき合い」も長続きするし、却って気楽に読みにも行けるでしょう。自分はブログを持って何をしたいのか…という地点からコメントを活用したコミュニケーションを今後ともしていければ、と考えています。

閉じる コメント(16)

顔アイコン

20の質問もそうでしたが、自分の考えをまとめるにも訪問者にポリシーを示すにも役立つ企画ですね。私もやってみようかな。私はコメントも自ブログのコンテンツだと思っているので「自ブログを盛り上げてくれるための道具でもなければ踏み台でもありません」にギクッとしました。

2007/5/18(金) 午後 7:40 chargeup2003 返信する

とても深く考察されておられますね。あなたにとってコメントとは何ですか?の答えですが、うーん、訪問するためのアイテムみたいな、コメント下さった所には必ず返す様にしていますが、時々し忘れているのがありますね。少し前の記事にコメントされた場合とか、後で見に来られたら気ぃ悪いでしょうね(>_<) コメントしなくなった人・・・これも当てはまりますね。辛いですが、登録削除されてしまってはこちらとしても手を打たざるを得ないです。が、一番思うのはコメントある事自体感謝という事でしょうか。

2007/5/18(金) 午後 8:03 うーちゃん 返信する

顔アイコン

人と人のコミュニケーションですので、コメントを残してくださった人への礼儀は大切だと思っています。たとえ、私の記事の内容に興味がなくても、何かを書いてあげようと思ってくださったことに素直に感謝しています。でも、ほんとうは、書きたい時、ツッコミたい時、ボケたいい時だけコメントし合えるような関係が築ければいいのですがね…(^^)。

2007/5/18(金) 午後 10:45 ガンモ 返信する

顔アイコン

(文字数オーバー(^^;;)そうそう、コメントといえば某SNSで、「私のマイミ○さん、毎日読みに来て、コメントを書かない!、一体何を考えているのかぁ!」って怒っているヤカラが多いとか…、コメント必須なんてのは礼儀ぢゃないですよね(--;。

2007/5/18(金) 午後 10:46 ガンモ 返信する

顔アイコン

ちゃあじ子さん、私にとっても「コメントはコンテンツの一部」です。ああ、「道具でも踏み台でもない」はもちろんコメントそのものじゃなくてブロガーという人格を指しています……。そしてどうしても「コメントの有無」にひきずられてしまいそうな自分自身への警告ですね(爆)。

2007/5/19(土) 午後 2:16 ナイジェル 返信する

顔アイコン

うーちゃん、私自身は過去記事へのコメントは全然大歓迎ですね。むしろ検索とかでたどり着いて感想とかを書いて下さったとしたらすごく嬉しいですね。それから……え、うーちゃんのブログを「登録削除」するような人って居るんですか…何ともったいない。

2007/5/19(土) 午後 2:25 ナイジェル 返信する

顔アイコン

ガンモさん、ミクシはログインしないと中身みられませんから、「足跡」でバッチリ分かってしまうんですよねぇ……ですからリアルの友人に招待状もらってアカウントは取ったんですが、全然使ってません。そうです、逆に「何でコメントしてくれないの」って言われたらホントにしんどい。ツッコミようのない話も時にはあるのだから。「コメント必須なんて礼儀じゃない」いやもう激しく同意です。

2007/5/19(土) 午後 2:36 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【続き】「書きたい時、ツッコミたい時、ボケたいい時だけコメントし合えるような関係が築ければいいのですがね…(^^)。 」ここも同意です。まぁ「義理コメ」というのも色々難しいところがあって、適当な潤滑剤的な意味もあったりしますから……でもホントに書き手にとって嬉しいのは「ちゃんと読んでくれた上でのツッコミ」ですから。

2007/5/19(土) 午後 2:39 ナイジェル 返信する

顔アイコン

ありますよ^^; コメントしに行っても返しに来られる事がなくなって、飽きられたのでしょうかね。コメントしに行って後日履歴にその方が訪問してくれた跡があっても、コメントされていないというのはやはり記事がつまらなかったのでしょうなぁ・・・こればかりは仕方ないですね、基本的におもろい事を書ける人ではありませんし。

2007/5/19(土) 午後 8:08 うーちゃん 返信する

顔アイコン

うーちゃん、コメントが付くか付かないか、と記事が面白いかどうかとは必ずしも相関関係にはない、と考えています。うーちゃんが「基本的におもろい事を書ける人ではありません」なんてことはないと思いますよ。ともあれ、コメントの有無に限らず、どうかご自分のコンテンツを「愛して」あげてください(爆)。

2007/5/20(日) 午前 2:06 ナイジェル 返信する

顔アイコン

ナイジェルさんが>「コメントの有無」にひきずられてしまいそうな自分>と仰るのは意外だなぁ(笑)たくさんコメントが欲しい、とは思わないけど、コメントいただくと記事には書ききれなかったモノが補足・捕捉できたりするので、やっぱり期待はしてしまいます。ヨソのブログでも、奥深い記事だなと思ったときはコメントまで丁寧に読みますね。そういう記事は、ROM者から見てもコメントのやりとりが面白い。・・・あれ、この記事の主旨とズレました。失礼^^;

2007/5/20(日) 午前 2:28 [ わたりとり ] 返信する

顔アイコン

わたりとりさん、いえまだまだ「修行が足りない」ものでして……(笑)。おっしゃるように、私もコメントを補足に使うところはありますので、「はよツッコミいれてくれー」みたいなものはあります(え?)。ただ、「コメント」の持つ意味は、記事のジャンルによっても若干違うのかなぁ……テキスト系や議論系と趣味系では。

2007/5/20(日) 午前 2:48 ナイジェル 返信する

顔アイコン

コメントですかぁ。僕は興味はあってもコメントをしない時がけっこう多いです。なるほどねーという主旨でコメントするのもどうかと思ったり。もともとROM属性なんで(笑)それとブログの空気というか、雰囲気は意識します。失敗したこともあるのでコメントは慎重な方です。 削除

2007/5/20(日) 午前 11:11 [ みつくる ] 返信する

こんばんは〜かなりご無沙汰しておりました(汗)実はこの題材、ここ最近悩んでいた問題でもあったんです…。一時「毎日更新よっ!」って意気込んでいた時期がありまして、そうするとやはりどんな反応を示すかどうか気になったりして…せっかく書いたのに全く反応が無かったりすると物凄く凹んでいたこともあったりして…。けど、よくよく考えてみたら自分自身でもお伺いして読むけれどコメントとして残していない自分がいたりするんですよね…。だから今は気にしないようにしました。この質問ちょっと自分に置き換えてやってみますね^^

2007/5/20(日) 午後 7:03 ♪おぽ♪ 返信する

顔アイコン

みつくるさん、私の場合も(?)結構コメントをお互い入れる様な関係になるまでは結構閾値が高いかな、と思います。結構いいなぁ……と思ってもコメントのフレーズが一発でひらめかなかったら結局そのままになってしまうことも多かったりします。テキスト系に対しては「沈黙のオーディエンス」で居ることの方が多いです。その代わりかどうか分かりませんがはてブでクリップして同感、といった趣旨のコメントを入れておいたりとか。

2007/5/20(日) 午後 11:21 ナイジェル 返信する

顔アイコン

おお、おぽたいさん、ぜひ記事の方を楽しみにお待ちしております。コメント数にブログ更新のモチベーションの主力を置くと結局キリがないです。ブロゴスフィアがどんどん広がって行くと、コメントに係る負担が増えてくる、で自記事へのコメント数も「釣り合って」いればまだしも、少なかったりすると「なんでやねん」となってしまう……となれば「何のためにブログやっとるんやろなぁ」ですよね。大丈夫です、私みたいに空気読まずに過去記事に平気でコメント入れる人もいますから(え?)。

2007/5/20(日) 午後 11:28 ナイジェル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事