nigel's bookshelves〜幌苦総合車両所・文書庫

「乗り物」好きな私の「乱雑な本棚」From KOBE。去年の台湾旅行の写真、やっと整理完了しました。

全体表示

[ リスト ]




福井では7分待ちで12:46発の355Mに乗り換えです。

敦賀からの243Mは1時間ほどの乗車でしたが、今度は富山まで約3時間、少々長い道のりになります。

イメージ 1
(はてなフォトライフ:http://f.hatena.ne.jp/o_keke_nigel/20090728073135)
イメージ 2
(はてなフォトライフ:http://f.hatena.ne.jp/o_keke_nigel/20090728073134)

福井駅 富山行き355M(475系3連)


敦賀からの243M(下の写真の右端に少し写っている)が新車の521系だったのに対し、次の355Mは今なお北陸本線普通列車のエースとして最大勢力を誇る475系でした。福井からは学校帰りの中高生や近隣への用務客と思われる方々が次々と乗り込み、出発直後は結構混み合っていましたが、4駅先の芦原温泉で半分ほどがどっと降りてしまうと、車内にはローカル列車のまったりとした空気が戻ってきました。

北陸本線は今や普通列車が1時間にほぼ1本ペースなのに対して特急が2〜3本(大阪・名古屋の両方から来るから?)という「特急街道」。普通列車は所々で数分〜15分ほど停車して特急に道を譲ります。

イメージ 3
(はてなフォトライフ:http://f.hatena.ne.jp/o_keke_nigel/20090729030030)

「ユートピア加賀の郷」の大観音像 加賀温泉駅のホームから

イメージ 4
(はてなフォトライフ:http://f.hatena.ne.jp/o_keke_nigel/20090729070411)

475系・クハ455-47車内の国鉄エンブレム(加賀温泉駅停車中)


加賀温泉では特急「しらさぎ53号」待避で7分停車でした。

上の方の写真は駅のホームから西側に見える巨大観音像、どうもこの「不自然な巨大さ」、バブル期前後にあちこちで同じ様な代物が建てられた(兵庫県にもあります)という記憶があるのですが、この観音像からも「B級スポット」的なオーラが漂っています。帰ってからネットで調べてみると、案の定なかなか「鋭い」物件でした。

【参考リンク】
■巡り巡って-ユートピア加賀の郷
(遊園地「ユートピア加賀の郷」自体は閉鎖されているようです)

その下の写真は停車中に撮った国鉄エンブレム。左下部分のプレートが剥がされているようですが、おそらくそれは製造メーカー(汽車会社?)のものでしょう(何故か北陸本線の475系や419系にはこのパターンが結構多い)。

イメージ 5
(はてなフォトライフ:http://f.hatena.ne.jp/o_keke_nigel/20090729205239)

355M・475系金サワA18編成(クハ455-47側) 小松駅停車中

イメージ 6
(はてなフォトライフ:http://f.hatena.ne.jp/o_keke_nigel/20090729224827)

七尾線・415系800番台電車(クハ415-807側) 金沢駅


加賀温泉を出発して4駅目の小松ではまたも特急待避で6分停車、ここでは対向ホームが空いていたので念願の(?)編成写真をようやく撮ることができました。

「デカ目・前幌付き」475系の編成写真……今回の旅行の「宿題」が一つ完了です(爆)。「雷鳥17号」が入ってくるまでのわずかな間にクハ455の側からハイ・ローの2アングルで編成全体を、そして車番、中間車のモハ474…と手早く「仕事」を済ませて撤収です(クモハ475側からの写真は時間切れで金沢まで持ち越し)。

そして金沢では少し長い14分間の停車、ここでは同じホームの隣側に七尾線カスタム車の415系800番台が並びました。

この車両は「415系」を名乗っているものの、ベースは福知山線で使っていた113系800番台や網干所&日根野区の113系0番台で、そこに福知山所485系の交流用機器を移植して交直流電車に仕立てたという「車両マニア」のアドレナリンを大いに刺激するJR西日本ならではの一品です。方向幕や車体色もなかなかカラフル(中間車は赤ベースの塗色)で、いつか七尾線をメインに「幌フィールドワーク」(爆)に行きたいと考えています。

今回はここまで。

閉じる コメント(8)

サワの475系列も、編成によって個体差が色々ありますので、今のうちにコンプリートしておきたい衝動に駆られてしまいます。
415系800番台も、初期型の非ユニットサッシ車ベースですから、現役で走っているのは今や貴重な存在ですね。七尾線メインの「幌フィールドワーク」も楽しみにしています。

2009/8/9(日) 午前 10:52 naojazeera(なおちゃじーら)

顔アイコン

521系から475系に乗り換えというのはホッとするでしょうね。それにしても加賀温泉駅から大観音像が見えるというのは知りませんでした〜^^;

2009/8/9(日) 午後 3:50 うーちゃん

顔アイコン

naoさん「サワの475系列も、編成によって個体差が色々ありますので、今のうちにコンプリートしておきたい」私も完全に同感です。別記事で編成撮り・形式写真をじっくりとやれそうな駅とか列車ごとの充当形式とかの資料をまとめてみたいと思っています。

七尾線の415-800もたいがいなヘンタイ車なので、一度どうでしょう、マジで「合宿」しませんか???たまたまうーちゃん氏も書き込みいただいていますので、いかがでしょう?

2009/8/9(日) 午後 8:49 ナイジェル

顔アイコン

うーちゃん、やっぱり475は程良くくすんでやつれてきているので確かに馴染みがいいというか「これぞ北陸線のドン行」だと思いますね(爆)。おにぎりにお茶を買って乗るのには、やっぱりミニテーブルが付いているブツがいいです。475にも全部とっぱらってしまっているのもありますが……。

2009/8/9(日) 午後 8:54 ナイジェル

自分の撮った北陸本線の475系の写真と見比べましたが、やっぱり顔が違いますね。みんな個性あるな〜。
http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/41163658.html

415系というのは初めて見たかも。七尾線行ってみたいです。

2009/8/14(金) 午前 0:21 トンコ

顔アイコン

トンコさん目の付け所が鋭いです。

ベースは左右対称・中央に貫通扉に屋根との境界が丸まっている「東海型顔」なのですが、タイフォンカバー(ライトの側にある丸いヤツ)の形とかライトの大きさとか微妙なところが違うのがまた私のような「スキモノ」にはこたえられません。

七尾線の415系は本形式ではなく113系から派生したブツです。415の本形式(先頭車のクハ401や411を含む)は、常磐線の上野口に最近まで来ていた「中電」です。

2009/8/15(土) 午後 3:28 ナイジェル

ああ、そういえば常磐線の中距離電車で普通鋼製車のがありましたね。ずいぶん前に乗ったこともありました。上野から三河島に行こうと思ったら、「普通」なのに停車せずに通り越してしまって。「普通」は通過で「快速」のほうが停車。常磐線は乗車する機会があまりなくて、ワケわからんと思いました。満員の車内でビールやチュウハイを立ち飲みしてる人が普通にいて、車内がアルコールとつまみの臭いでムァっとしてるのも不思議な体験でした。

2009/8/16(日) 午後 3:41 トンコ

顔アイコン

トンコさん、「常磐線の中電”伝説”」ですね(爆)。あれ本当に車内で酒盛りが普通にあるんですねぇ……やはり長距離通勤の人々が多いからでしょうか。関西の方でも新快速のスピードが特急なみなので長距離通勤族は結構居られますが……「酒盛り」はホームで、といったところでしょうか。

かくいう私も、大学の頃は阪急で河原町−六甲まで長距離通学でしたから帰りはもう腹が減ってしょうがなかったです。だから梅田か十三で京都線の通勤特急に乗り替える時はポッキーに缶コーヒーが必需品でしたよ。

2009/8/17(月) 午前 1:05 ナイジェル


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事