nigel's bookshelves〜幌苦総合車両所・文書庫

「乗り物」好きな私の「乱雑な本棚」From KOBE。去年の台湾旅行の写真、やっと整理完了しました。

全体表示

[ リスト ]


はてなフォトライフにフォルダ「08冬_南部・津軽」の写真とタイトル全294枚アップ完了しました。

写真のアップ自体は2月末には終わっていたのですが、その後写真の題名を付けそびれたまま半年以上が経過し、ようやく画像タイトルの補完が終わったところです。
(★294はアップ漏れの写真の追加分です)


1 旅行日程


岩手・青森両県を08.12.12(金)〜14(日)の2泊3日で回ってきた日程は次のとおり。


◆12/12(金)
※新神戸駅8:45発→【のぞみ4号】→東京駅11:33着/11:56発→【はやて17号】→八戸駅14:55着/15:07発→[青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道]→金田一温泉駅15:37着→(タクシー約10分)→緑風荘(ざしきわらしの宿)<泊>

◆12/13(土)
※緑風荘8:15頃発→(タクシー約10分)→金田一温泉駅8:47発→[IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道]→八戸駅9:19着/10:15発→【特急スーパー白鳥1号】→青森駅11:13着/12:23発→(弘南バス)→五所川原駅12:40着<昼食>
※津軽五所川原駅14:05発→【津軽鉄道ストーブ列車】→津軽中里駅14:55着/15:17発→【津軽鉄道ストーブ列車】→津軽五所川原駅16:06着→徒歩数分→立佞武多の館→徒歩数分→弘南バス五所川原ターミナル(津鉄駅前)17:00発→(弘南バス)→青森駅18:08着/18:46発→【特急白鳥32号】→八戸駅19:49着/20:14発→[八戸線459D]→本八戸駅20:29着→徒歩1分→ホテルセレクトイン本八戸<泊>

◆12/14(日)
※ホテル6:15頃発→八戸「あさぐる」乗合タクシー(朝市&朝風呂)→ホテル8:30頃着(朝食)
※ホテル9:50頃発→徒歩1分→本八戸駅10:25発→[八戸線434D]→八戸駅10:35着/11:07発(東口)→(十和田観光電鉄バス)→十和田市中央12:20着→徒歩数分→十和田市現代美術館→徒歩1分→市商工会館(昼食)→徒歩数分→一丁目14:37発→(十和田観光電鉄バス)→八戸駅(東口)15:40着
※八戸駅16:07発→【はやて22号】→東京駅19:08着/19:30発→【のぞみ87号】→新神戸駅22:22着



2 ”メイン・ディッシュ”


(1) 相方の「メイン・ディッシュ」
ヾ篌蝓Χ眦聴豌浩堯嵶佗荘」と⊇熟妥銚渋緘術館の2つ。

 嵶佗荘」は、「座敷わらしの出没する宿」として有名
■緑風荘 -Wikipedia
*過去有名・著名人が宿泊して「出世」したり幸運に恵まれたことで知られる。
*もっとも出現頻度が高い「えんじゅの間」は3年前から予約で埋まる。
*予約は電話受付のみ。ほとんど「瞬殺状態」で3年分が埋まる。
*2011(H23)年末まで予約が埋まっていた。
*当方は2005年の正月に電話をしたらたまたまつながって予約できた。
*「えんじゅの間」以外の部屋は普通に予約、宿泊できる。

→最近10/4(日)夜にボイラー室付近から出火、全焼…という衝撃的なニュースが入る。
  人的被害がなかったのと「座敷わらしの宿」の由来となった隣接する亀麿神社は被害を免れたのは何より。
■観光へ打撃、落胆 「座敷わらしの宿」緑風荘消失(岩手日報Webページ)

⊇熟妥鳥垳渋緘術館…TBS「はなまるマーケット」で紹介された。
■十和田市現代美術館-wikipedia
*十和田市の「アートによるまちづくりプロジェクト」アーツ・トワダの拠点施設として2008年4月に開館。
*ただ単に壁に掛かった作品を受身で鑑賞するだけでなく、作品が置かれた空間そのものを「体験」する一風変わった美術館。
*国内外21名のアーティストの22作品(インスタレーション)が展示室(いわゆる「ホワイト・キューブ」)と敷地内のあちこちに展示されている。
*特別展示があるとのことで行き先に決定。

■美術館でひとこと(はてなハイク)より-2009.01.29 19:51post


(2) 私の「メイン・ディッシュ」
いうまでもなく、津軽鉄道の「ストーブ列車」
*客車の中にだるまストーブを装備。車掌さんが時折巡回、石炭をくべて火床をならす。
*ストーブでスルメやおにぎり等を持参して焼くこともできる。
(過去に焼き肉を始めた「猛者」がいて、さすがにそれは制止されたそう)
*毎年12/1〜3月頃まで運行。
*経費捻出のため、2007年冬シーズンより特別料金(300円)を徴収。
*また、特別料金不要の一般車両(津軽21形DC「走れメロス」)を併結(地元客はそちらに乗車する)。
【編成】←津軽中里/DD352+団体用客車+個人客用客車+津軽21形DC/津軽五所川原→

※津軽鉄道の「オプション」
*立佞武多(たちねぶた)の館(五所川原駅から徒歩数分)
 五所川原のねぶた祭りで使用されるねぶた(実物大)を展示。
*喫茶「珈琲詩人」(五所川原駅から徒歩5分ほど)
 モーニングセット、昼の定食ともにボリュームがあっておすすめ。
[■駅前通りの憩いの場 -さきた☆たまきのラウンドハウス 〜鉄旅に思いを馳せて…]
(このさきた☆たまきさんの記事に触発されて津軽鉄道に乗る前にここで昼食を取りました。ハンバーグ定食1,100円は絶品)


3「オプション」

※八戸「あさぐる」ツアー
*市内の指定ホテルを乗り合いタクシーで朝6時頃出発
*湊の朝市(日曜は場所が変わる)→銭湯→ホテルへと戻る。
*銭湯用のタオル、シャンプーも付いて大人1,000円(現在は1,200円)。
*タクシーの移動&銭湯入浴料込みでこの値段は大ディスカウント。
*日曜朝市の焼き魚の屋台で買った銀むつ(600円)はちょっと高い感じもするが、脂が乗っていて冷めても美味しかった。


イメージ 1
(はてなフォトライフ:http://f.hatena.ne.jp/o_keke_nigel/20081216065112)

★043:緑風荘・槐(えんじゅ)の間(床の間全景)/2008.12.12


イメージ 2
(はてなフォトライフ:http://f.hatena.ne.jp/o_keke_nigel/20090129002743)

★279:十和田市現代美術館&フラワー・ホース081214


イメージ 3
(はてなフォトライフ:http://f.hatena.ne.jp/o_keke_nigel/20081218005038)

★160:津軽鉄道ストーブ列車・機回し中/津軽中里駅081213

閉じる コメント(9)

顔アイコン

3日間にもかかわらず盛りだくさんの内容で、すごいです。プランニングにもだいぶ時間がかかったのではないですか?
しかも新幹線利用ですね。東京駅で東西(正確には北西かな)の新幹線の乗り換えをしたことがいないので、どないな感じだろう?と思います。
座敷わらしの出る宿が火事になった、ということはどこかで小耳にはさみましたが、ここだったんですね…。掲載されたお写真は貴重なものですね。
それからトラバありがとうございました。しばらく五所川原には行っていないので、なにか里心(?)がついて来た感じです。

2009/10/27(火) 午後 6:33 さきた☆たまき 返信する

顔アイコン

さきた☆たまきさん、早速コメントをありがとうございます。嫁さんから出されたオーダーは。嫁顳各⊇蘰は緑風荘泊まり十和田市現代美術館へ行く…の3つで、後はその枠の中で好きにしていい、とのことでした。

下北半島へ行ってもいいし、三陸海岸を回るか、岩泉線というのも考えたのですが……鉄っちゃんでなくても楽しめるとなればやはり津鉄のストーブ列車になりました。ここまではよかったのですが、八戸から青森は案外早く行けるのですが、その後五所川原までのルートと乗り継ぎをどうするかで悩みました。

で、切符なのですが、新神戸から青森まで往復乗車券、新幹線4回乗車の特急券が4人分(大人2人子供2人)で、〆て買いも買ったりチケット24枚、合計約14万円(爆)。新神戸駅のみどりの窓口のお姉さんは「えーすごい旅行ですねぇ」と絶句しておられました。

2009/10/27(火) 午後 9:57 ナイジェル 返信する

顔アイコン

【続き】
>東京駅で東西(正確には北西かな)の新幹線の乗り換え
これ震災の年に一度やりました(青森の出張で)。実に13年ぶりで完全に忘れてたのですが、東海道−東北・上越の乗り場の間には中間改札があったのですね(驚)。時間的には中5分あれば十分といったところですが、タイトな乗換えを考えていて、切符の出し入れに手間取るグループとかが前にいたら「チーン」でしょうか。

2009/10/27(火) 午後 10:02 ナイジェル 返信する

青森は行ったことありますが、ご紹介されたところはすべて未体験ですね。日中に新幹線で乗りついで行けることを考えれば、便利な世の中になったのかもしれません。私の時は東京まで鈍行乗継&急行津軽で帰りは20系の急行「あおもり」でした(爆)…って何年前やねん??

2009/10/30(金) 午前 7:59 naojazeera(なおちゃじーら) 返信する

顔アイコン

お久しぶりでございます。
いやはや、やっぱり北国の景色(もちろん車両も!)ってのは冬の方がカッコイイと思うんですよねぇ。
新幹線が新青森まで延びたら、片道は新幹線で、もう片道は・・・何かしらのマニアックなルートで遊びに行きたいところです(^^ゞ

2009/10/31(土) 午後 11:18 myhometown 返信する

naoさん、1日で関西圏から青森まで鉄道で(というかその気になれば函館ま)行けるというのは学生のころには到底考えられないことでした……いえ、私のほうが多分貴兄より少なくとも0.5世代は古いと思いますが(爆)。

それはともかくとして、津軽鉄道はやはりお勧めです。相方に2日目の朝に宿で「するめ買っといてストーブで焼くから」と言ったところ、ここで焼くのかと一瞬引かれましたが……結局家族4人で大判2枚入りを完食しました。

2009/11/2(月) 午後 10:57 ナイジェル 返信する

顔アイコン

マイホームタウンさん、本当は「雪がそれなりに積もってから晴れの日に撮る」のが一番いい画が撮れるのかなぁとは思ったのですが…確かに雪が降っている最中は画面はちらちらするし、レンズが濡れるのをタオルでカバーしながら気を使わなければいけないしで結構しんどいとは事実でした。

でもまぁ後でPCに取り込んでから見てみると、車両写真としてはちょっととは思いますが、そのときの記録としてはまたこれもヨシといったところでしょうか。

2009/11/2(月) 午後 11:03 ナイジェル 返信する

顔アイコン

おぉ、あれから一年が経とうとしているんですね。五能線乗った事はあっても、津軽鉄道は乗っていなくて・・・ストーブ列車ぜひ乗ってみたいですよ。何でも現在は別料金取られるとか???

2009/11/6(金) 午後 7:33 うーちゃん 返信する

顔アイコン

うーちゃん、特別料金は本文にもあるように300円です。車内ではストーブでスルメ焼いたり、車掌さんが絵葉書セットとかピンバッジとかグッズを売りに来たりと乗りつぶしでも観光旅行でもお勧めだと思います。聞くところによると、えちぜん鉄道の向こうを張って今年からは女性のアテンダントが乗務されているようです。冬は当然ストーブ列車にも、ということになるでしょう。

2009/11/7(土) 午後 1:02 ナイジェル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事