C型肝炎治療のなんて苦しい副作用

毎日苦しい副作用にいつまで耐えることができるか?

一年経過、完治確定

平成19年6月24日(日) PEG+REBE終了12ヵ月後の血液検査を受けたのが6月8日。 昨年5月26日に48本目を打ち48週間の治療が終了してから早いもので一年経過した。 先週15日金曜、病院での受診結果は「陰性」継続でした。 検査時のGOT26、GPT18と良好な状態で、問題ないでしょうと言われ、今さらの思いもある中でやはり安心と静かな喜びを覚えました。 主治医である院長先生との診察でも当然の結果のことのようで、これで今後は、半年に一度念のため超音波を含めた検査を続けていくことを確認して、特に何も無く簡単に終了した。 終了後9ヶ月ごろにあった治療中の苦しさが残っているような感覚はその後急速に消えていきました。今はもう治療の苦しさを思い出すことはありません。そして、それと共に憂鬱感もなくなりました。仕すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事