梨花と杏花の活動日記

11/11(土)東京都 松本記念音楽迎賓館「花さか」,19日(日)宮城県加美町 中新田公民館ホール「音楽物語3」

CD音楽物語

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ご訪問ありがとうございます。
このページはCD「音楽物語」のページです。
CDのご注文、お問い合わせは、ホームページhttp://www.o-rika-kyoka.jp/のお問合せフォーム、
またはメールchoki@ruby.ocn.ne.jp
facebookメッセージ、
fax 059-224-8070で承っております。

価格はいずれも、消費税、送料、振込手数料込みで、
¥2,500です。
郵便振替の用紙を同封させていただきますので、よろしくお願いいたします。
お名前、私たちのサインをご希望の方は、ご注文の際にお申し付けください。


イメージ 3



<<音楽物語3>> 2016年9月12日リリース NRP(NRCD516)

収録曲


1 イントロダクション(大城梨花作曲)
2 ザ・ウォーター・イズ・ワイド(スコットランド民謡 大城梨花編曲)
3 夢の湖で(大城梨花作曲)
4 過去、あるいは目の前の(大城梨花作曲)
1. 楽園
5 2.誘惑
6 3.残酷のバラ 1
7 2       
8 あした 来た 道(大城梨花作曲)
9 音楽物語「ノアの方舟」(大城梨花編曲&構成)
10 イシスの歌(大城梨花編曲)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

アルバム「音楽物語3」が、ついにリリースされ、
音楽物語三部作、完成いたしました!

3年間、1年に1枚ずつ録音、制作してきたこのシリーズ。
3年連続で、しかも曲はほとんどすべてオリジナルで録音という、
普通ではあまり考えられない、渾身の作品になりました。


この音楽物語シリーズ、2014年リリースの初めのアルバムから通して、
同じ組み合わせの男と女が、生まれ変わっても出会い、別れ、そしてまた出会う、
運命のふたりを追いかけています。
この3では、その男が「ノアの方舟」のノアとして生きた時の回想の物語です。
ノアが生まれ変わる前に、ある有名な物語の主人公だったという架空のストーリーに沿って、
戯曲のカタチで書かれたブックレットは、
同じ曲について、男と女、それぞれの立場からのセリフを、まるで鏡を挟んで向かい合っているようにレイアウトされています。
それは、男と女が、いつの時代もそうであることの象徴のように。

曲は1曲のみ、スコットランド民謡のアレンジの他はすべて、梨花作曲のオリジナル。
Tr.10の「イシスの歌」は、1本のラインに乗る、異なる4曲を同時に演奏する、
私たち初のオーバーダビングによる作品です。
これらの曲が同時に演奏することが可能なことに気づいたのは、
前のアルバム「音楽物語2」で、ある法則を発見したことによります。
天空からと地上から、そして時空を超えた感覚に漂うような女神「イシス」の心。

アルバム通して、内容、物語のスケールと演奏のダイナミックレンジの大きさは三部作完結にふさわしく、
フルート&ピアノの常識を覆す表現力と、言われております。

また、波の音や雷鳴、足音などのこだわって作り込まれたSE(効果音)と一体化した表現は、
映像を使わない映画といえるでしょう。

CDを手に取り、ケースを開けて、ディスクが収まっている右下に小さくたたずむ一輪の百合にお気づきになられた方は、
ブックレットを読み、このアルバムを全部聴き終えた時、
その意味を、静かに深く、おわかりになられ、
胸の内に愛と哀のあたたかな水の流れを、感じていらっしゃることと思います。
そして、この運命のふたりを、
いつか、天空のオリオンとシリウスに還してあげたいと思っています。



音楽物語「ノアの方舟」

旧約聖書のあまりにも有名なこの物語。
神が造れと告げる方舟のサイズを、完全4度と完全5度の音で構成されている単純なメロディーで表し、
「洪水がくる!」と街中をふれ回るノアを嘲り、相手にせずに酒場で騒ぐ人々は、オペラカルメンの楽曲で表すなど、
シーンごとに音楽で表す「音楽物語」。
この「ノアの方舟」は、後半はショパン作曲のプレリュード「雨だれ」を、
初めは優しい雨粒の調べのショパンを、
どこからアレンジしたのかわからないほどいつの間にか途中から一気に大雨、そして大洪水にしています。
その後の新しいなにもない静謐な世界に降り立った描写では、
この「雨だれ」のメインのメロディーを♯系の調に移調し、
祝福と完成と亡くした多くの命への慟哭を表しました。

使用曲
海に眠る(大城梨花作曲)
オペラ"カルメン"より「アラゴネーゼ」(ビゼー作曲 大城梨花編曲)
アルビノーニのアダージョ(ジャゾット作曲 大城梨花編曲)
カルメンファンタジー(ボルヌ作曲)
プレリュードMp.28-15「雨だれ」(ショパン作曲 大城梨花編曲)









イメージ 1


<<音楽物語2>> 2015年9月リリース NRP(NRCD515)

収録曲

組曲「夏椿、片想い」 (大城梨花作曲)
 1 ゆれる
 2 雑踏
 3 下弦の月
 4 スコール
ベルガマスク組曲第3番「月の光」(クロード・ドビュッシー作曲 大城梨花編曲)
折れた翼を(大城梨花作曲)
夜間飛行(大城梨花作曲)
晩夏(大城梨花作曲)
テネシーワルツ(ピー・ウィー・キング作曲 大城梨花編曲)
音楽物語「鶴の恩返し」(大城梨花編曲&構成)
腕の中で(大城梨花作曲)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

私たちの4枚目のアルバム、ラブストーリーの「
音楽物語」です。

それぞれの曲にもストーリーがあり、
音楽物語「鶴の恩返し」も入れ込んで、
アルバム全体通して、ひとつのストーリーとなっています。
夏の夕暮れ、片想いから始まった運命の恋、
いったいこの話、どこへ連れて行かれるの?
と思っていると、
時間も空間も振り回される展開のブックレットは、小説のカタチで書いています。
この「音楽物語」シリーズは、実は全部つながっていることが、
曲にもブックレットの文章にもミステリーのように隠されています。
すべてが明らかになるのは、2016年秋にリリース予定の三部作最終作の「音楽物語3」で。
お楽しみにしてくださいませ。
ジャンルを飛び越えたオリジナル曲は、フルート&ピアノのイメージを覆し、
「こんなフルートは聴いたことがない。」と多くの方から言われております。
その演奏のスケールと表現力を、お楽しみください。

全国各地で涙とともに深い共感をいただいている音楽物語「鶴の恩返し」も収録しています。
この作品では、ただの恩返しの物語ではなく、原作にはない数年後のふたりまで描き、
ほんとうの愛を問う音楽物語としておおくりしています。
<「鶴の恩返し」使用楽曲>
カルミナ・ブラーナ「おお、運命の女神よ」(K.オルフ作曲)
白鳥の湖「情景」(P.I.チャイコフスキー作曲)
リノスの歌(A.ジョリヴェ作曲)
交響詩”シェラザード”「若い王子と王女」(リムスキー=コルサコフ作曲)
月下の夢(大城梨花作曲)
All arranged by大城梨花



イメージ 2



<<音楽物語>>2014年9月リリース NRP(NRCD514)

収録曲

音楽物語「不思議の国のアリス」(大城梨花編曲&構成)
500マイルも離れて(アメリカ民謡 大城梨花編曲)
その川は街を流れて(大城梨花作曲)
おぼろ月夜(岡野貞一作曲 大城梨花編曲)
さくら降る道(大城梨花作曲)
組曲「夏至」(大城梨花作曲)
 1 闇に咲く百合
 2 月下の夢
 3 火炎
吹きすさぶ風の丘で〜ヒースクリフのために

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

音楽物語シリーズ最初のアルバムです。
物語を背負った音楽をやりたいと、ずっと思ってきました。
音ひとつひとつが、何を語り、
物語のどこをたどっているのか、はっきりと役割を負った音楽が。
その夢が叶ったアルバムです。

音楽物語「不思議の国のアリス」は、各地で衝撃を与えたと言われます。
ベルリオーズ作曲の「幻想交響曲」をフルートとピアノだけで演奏するアレンジ力、
ふたりだけで演奏しているとは思えない迫力と、場面ごとに心情に合わせた繊細さは、
各地で驚きとともにご好評をいただきました。
10年前の2ndアルバムの頃から、
聴いていると映像が浮かぶと言われてきた私たちの特徴を、
さらに進めることになりました。
<「不思議の国のアリス」使用楽曲>
幻想交響曲(L.H.ベルリオーズ作曲)
小さな世界(R.シャーマン、R.シャーマン作曲)
交響曲第9番「新世界より」第2楽章(A.ドヴォルザーク作曲)
前奏曲Op.28-15「雨だれ」(F.ショパン作曲)〜ノアの方舟(大城梨花作曲)
Tea for two(V.ユーマンス作曲)
All arranged by大城梨花


原曲を自由に展開し、ほとんど作曲といっていい新しい境地を開いたアレンジでおおくりしている
「500マイルも離れて」、
純粋に歌う「おぼろ月夜」の和の風、
高校時代の思い出の桜並木を想って作曲した「さくら降る道」、
エミリ・ブロンテの小説「嵐が丘」の主人公ヒースクリフに捧げる「吹きすさぶ風の丘で〜ヒースクリフのために」で差し出した、
愛と憎しみのはざまの哀しみ、
その他すべての曲に、聴く人の道案内となるべく短い詩が添えてあり、
音楽は無限の広がりを持って心情を語る、
まさに「音楽物語」の始まりを宣言するようなアルバムです。
そして、このアルバムに収録した組曲「夏至」から、その先の「音楽物語2」、さらに「音楽物語3」にまで物語がつながっているとは、
私自身も思ってもいませんでした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

CDのご注文は、
HPのお問い合わせフォーム、またはメール choki@ruby.ocn.ne.jp、facebookメッセージで承っております。
ご希望の方には、お名前と私たちのサインをお入れいたしますので、ご注文の際にお申しつけください。

いずれも価格は、消費税、送料、振り込み手数料全部込みで、

2,500円です。
郵便振替の用紙を同封いたしますので、よろしくお願いいたします。












この記事に

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事