OAKLEY CUSTOM MANIA

愛するOAKLEYの為に本音で語りたい時がある。CUSTOM OAKLEYのパイオニアとして全国のオークリーファンを応援します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

OAKLEY Ellipse O Array Case Red

プロMや元祖レーシングジャケット、ウォータージャケット等で使われてきたArrayケースより若干小さく作られた

新作 Ellipse O Array Case

フラックジャケットやレーダー類を収納出来るケースになってます

色は3種類だったかな?ラインナップされてます

今回は赤がイメージ強かったので入手してみました

18cm×17cmの小ぶりなアレーケースは当然ながら以前のプロMのアレーケース(19×20)より小ぶりに感じる

ステムがたためないアイウエアは除外して開発さてた感じでもある

その分持ち運びにも便利さを感じる

イメージ 2

内部はアイウエア1本

スペアレンズ1枚 

フラック系も一種類 収納可能だ

まぁ他の付属ケースと比較して、ありきたりな収納内容かもしれないが、、、

これとは別に レンズクリーナーとレンズ拭きのマイクロバックが付属してきます

以前にはないコンビネーションです

イメージ 3

今回一番驚いたのは!!!マイクロ布が TEXTILE MADE IN JAPAN と表記されているではないか!!

日本で織りこんだ日本製品と

エクスペンシブ(高価)なレンズを拭うには日本製の布が欠かせないというアメリカの意味合いか!!!

しかしケース本体はCHINAであることは以前のままである・・・それはあえて言わないでおこう

OAKLEYの品質を保つ上で欠かせない日本製品の投入

誇りに思おう!

日本ばんざい




JULIET TIO2 / PRIZM LOW LIGHT

イメージ 1


PRIZM LOW LIGHT 可視光線透過率76%

ピンクイリジュウムを想像した方も多いでしょうか

ほのかにピンク色したレンズです

余計なイリジュウムコーティングは施されておらずローライトのシーンでは性能を発揮するかと

すでにナイター等では野球選手も使っています

装着した瞬間、視界が一瞬良くなったのは実感できました

私は少し乱視が入っているんですがレンズ越しの視界は度入り?と思ったほどクリアな視界が広がりました

以前ならH.I.Yとかクリアレンズを使っていた方、最新のプリズム効果に期待してみては如何でしょうか

早速JULIETにカスタムされた方がいます

素晴らしいですね!

作成はいつでもご相談ください
イメージ 1
イメージ 2


さてさて かつてのDeep WaterではなくPrizm効果+偏光機能ときたもんだ

オーナー様も太っ腹&欲張りなチョイス!

フルOHからのカスタムJULIET! レンズもキレイに収まりましたよ!

贅沢な視界でGWに活躍することでしょう!

マニアックな話ですが・・X-METALフレームには年式によって個体差が非常に大きいです

この最終ロットのPOLISEDフレームはレンズ廻りのサイズが若干広めなんです

そんなんで最終ロットのJULIETはレンズルーズが発生したことも記憶に新しいです(レンズが外れたりもしたね)

JULIETのOH,フッティング カスタムレンズ作成は Oakley Custom Mania 私まで 

オーナー様の使用するフィールドに合わせて作成させて頂きます!



イメージ 1

最近お気に入りのデゾルブですが

今回はちょっとカスタムしてみました

レンズはプリズムトレイルのスタンダードタイプをチョイス

森林地帯を中心としたフィールドで使えば完璧かな〜と思い前から作ってみたかった1本です

迷彩と言えば他にもブラックカモが販売されました あの小平奈緒選手の決勝でしたてやつね

ブラックカモ、よーく見ないと迷彩柄とわかんねーだろーかと・・・そう思いませんでした?グレーに見えて・・

小平選手は緊張してハーモニーフェイドの方をするの忘れていたらしい・・これホントの話です

まぁ

そんな話は別にしてやっぱりこのデゾルブ柄はインパクト強いですね〜

イメージ 2

 ステム中央の USA ASSEMBLED の打刻はいかにもSIって感じでアメリカの魂を感じます

おれが!アメリカが!作っ・・・いヤ・・・組み立ててるんだー!!!

一般のフラックには無い打刻なので目立ちますね!

イメージ 3


ちなみにこのプリズムテングステンポラXL(偏光レンズ)が標準装備です

でもちょっと日本人には暗いかなーと個人的に思ったりします 

まぁあくまでもアメリカ人の瞳に合わせて選択しているのは間違いないので・・

XLの個人差での干渉もあり、日本人にはスタンダードタイプをチョイスする人が多いです

そんなこんなオレだけのカスタム作成は私 Oakley Custom Mnia まで!


イメージ 1

キングスcamo やグリーンカモフラージュモデル他は見たことあるかとおもいますがこのデゾルブは見たことありますか?

これSIシリーズなんですね!

イメージ 2

スタンダードイシュー そう アメリカ軍、シールズからハンターまで幅広く活用されているようです

イメージ 3
イメージ 4

気に入った柄を探すには何個も実物を見てから買いましょう!

デゾルブには  ベア (Bare) ファイア (Fire) ウィング (Wing) ゼロ (Zero) ベイル (Veil) と種類があるらしいですが

今回のシリーズはBare ベアの迷彩になります 他のも見てみたいですね!



イメージ 5

これはオレの柄!って分かる!個性的なデザインですな〜

ガスカンは昔と一緒だがファイヴに関してはノーズが取り外せます。

クロスリンクの大パットをアマゾンで買えばジャパンフィットでも行けそうです

もちろんタービンもね!

購入は私から

oakley custom mania / teru


全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事