海津の畳屋!小畑畳店新情報と元気な五代目光の地域活動

国産本畳と日本文化を継承する畳屋! 国家一級技能士の店

全体表示

[ リスト ]

先日、取材をしていただいた岐阜新聞の記述に12月4日の近況に掲載されました。

イメージ 1


「決して楽な経営状況ではないが、10年前に比べると世間で座敷の文化が再評価され、年間利用客も2割程度増えている」と語るのは、国産畳の製作・修繕を行う小畑畳店の小畑光広。
製作に使う畳表は、全て熊本産のイグサ農家が作るものを仕入れる。業界では安価な中国産が7、8割を占めるが「潮風にさらされて育ったイグサは粘り強く長持ちする」と、国産にこだわる姿勢は変えない。
畳の修繕作業でも、ホチキスを使用する業者が増える中、倍の作業時間がかかる手縫いで行う。
最近は、若い世代にも畳に親しみを持ってもらおうと、畳コースターやポーチなどの販売も始めた。「畳文化が無くなることが一番悔しい。これからも本物の畳の良さを伝えたい。」と話す。

このように岐阜新聞さんまとめてくれてました。ありがたいですね〜!!
安価な畳を使うより良い物を長期に使うと、やっぱり畳いいね!!ってなるんですよね〜!!(^o^)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事