ここから本文です
ブログ始めまーーーーーきのっ。日常を書くよ!
ブログの前にまず、この度西日本豪雨の被害に遭われた地域の皆様、一早い復興復旧をお祈りします。僕にできる事は情報の拡散と、物資の支援などしかないのですが、何かできる事があったら力になりたいと存じます。



さて、夏の高校野球予選が各地区で開催中だ。


毎年ある『今年は例年になく』が今年もあり、例年になく波乱が起きている。


新潟県代表の大本命の日本文理高校も本日敗戦し、姿を消す形となった。


もしもここまで勝ち残っている高校球児でこのブログを見ている人がいるのならば、以下僕の想いに目を通して、何か感じてくれたらありがたい。




12年前の夏、僕の『甲子園』という夢はあっさりと散った。


小学校から始めた野球も、高校野球ではキャプテンという立場で高校最後の夏を迎えた。

一回戦は勝利し、続く二回戦。
相手は十日町高校という公立校の強豪校で地区も同じために、選手データも多くあった。


僕は前日の練習から決めていたことがあった。それは【狙い球】だ。
相手のエースはスライダーを得意とするピッチャーで、初球からもバンバンスライダーを投げて来る。ストレートはそこまで速くないが制球力とスライダーのキレで勝負する投手。1番バッターの僕は前日の練習で『明日の第一打席、初球スライダーが来るはず。狙い撃ちでヒットを打ち、先制点をとる』と心に決めていた。第一試合も2安打していて調子もすごく良かった。


迎えた十日町高校との試合。先攻だった。


もちろん狙いは初球のストライクを取りに来るスライダー。

だが、投球練習を見ていたらスライダーの調子があまり良くなさそうだった。ここで僕は少し迷ってしまった。
『あれ?もしかしたらストレートがくるか?いや、でもスライダーが多いピッチャーだし、昨日こら決めているし、、、』
と、少し迷った状態で打席に入った。



球場に試合開始のサイレンが響く。
サイレンが鳴り止まぬ間にピッチャーが第一球を投げて来た。


真ん中低めのスライダーだった。


しかし僕はピッチャーが投げる瞬間に少しだけ、ほんの少しだけ迷ってしまった。
当初からは初球打ちをすると決めていたために手が出た。

打球はセカンド後方のフライでアウトになった。


僕はこの光景を今でも鮮明に覚えていて、ものすごく後悔の念が残っている。


三年間頑張って来た。データもあった。決め球も絞りきれていたはず。なのに最後に迷いが出た。


自分を信じきれていなかったからだ。


高校野球は最終回での逆転がものすごく多い。これは絶対に諦めない気持ちと、自分たちを信じ切っている気持ちが生むものだと僕は思っている。


だから高校球児よ!ここまで勝ち残っている君達がやって来た事に間違いはない。自分の思い、チームの思いを信じ迷う事なくやり切ってほしい。不安から生まれる迷いが後悔に変わり、その後悔に追われることになる。勝負事に『たら、れば』はつきものだけれど、出来るだけそれを無くすようやって来たことを信じて力を出し切ってほしい。自分の力以上のものが出るのが高校野球だ!頑張れ!高校球児!

おにぐつくり!の巻。

油断していたら、、、

1週間もブログを更新していなかった!


ということで、おにぎり自体は作り続けていたので、自作のおにぐ紹介。

イメージ 1




しらすを買って来て、醤油、みりん、酒、麺つゆでグツグツして最後に山わさびと混ぜたもの。山わさびは先日の北海道での頂き物。


あと最近は福岡に度々行っていたのでこんなものを買ったよ!

イメージ 2



ふくやの明太子漬け。


抜群に合うね!近頃お土産コーナーに行くとおにぎりの具になりそうなものばっかり探します。


とゆーことで、またどんどん更新して行くので見てね!

大阪の皆さん、昨日の地震で被害に遭われた方、不安で眠れない方、会えない人がいて連絡がつかない人がいて心配している方、心からお察しします。



僕は新潟県魚沼市出身で、14年前の高校1年の秋に新潟県中越地震の被害に遭いました。

住んでいたのは震源地から車で20分ほどのところの地域なのでかなり揺れて、道路なんかも漫画でしか見た事ないような亀裂がギザギザに入って、電柱が倒れて、まさに言葉を失うとはこういう事なんだと思いました。


大阪の方々、経験者として言わせてもらいます。こんな時こそ。


【普段明るい人は明るくいよう!それが不安な人への思いやりの行動。】


こういう時こそ「そのまんま」でいいと思うのです。
へらへらしてる。のとは違うと思うんだけど、やっぱり明るい未来のために動かなきゃなんだから、気持ちは前向きにいた方が絶対いい。残念ながら地震が起きた事実や被害の現状は今すぐには変わらない。周りの方で亡くなった方もいるかもしれない。僕らもそうでした。
なんでもかんでも不謹慎だ、自粛だ、のこのご時世だけど、「普通でいることがいい」ってこともたくさんある。
下向いてたら前見えなくて壁にぶつかるよ。いてぇぞ〜ぶつかると。現状の足元に注意しつつ、前向いて歩きましょう!走れる元気ある奴は走って!僕はバカだから、バカだったから平地と同じように走ってた。母ちゃんはそれ見て明るくなってたから、それが周りにとっていいってこともある。そのまんまでいいって人はたくさんいるって話ね!


もうひとつ。



僕の町は被害は浅かった。が、その時学校が1週間くらい休みになったんだけど、もちろん部活も休みで何もすることなくて「なんか出来ないかなぁ〜」と思って、体力が有り余ってる野球少年の僕は同じ野球部の、心が優しく人思いの「わたる君」を誘って20キロ離れた震源地の方へと寝袋背負ってチャリンコでボランティアに行く事にした。


現地に着くと、ボランティアで来た人達が沢山いて、みんなで避難所に水を運んだりガレキを片付けたりした。


1人一杯のカレーの炊き出しも、ボランティアの人達もどうぞ!なんて言われたりして頂いた。夜寝る時はグラウンドで寝袋にくるまって寝てたが、10月の新潟の夜は寒い。寒くて震えていると、同じくボランティアに来てた人が「テントあるからおいで」と言ってくれて、テントの中で寝た。「にいちゃん達高校生?野球部で休みだから来た?偉いなぁ」と言われ、当時はそれを少し誇らしく思った。


し、か、し。

俺ら役に立ったか?

って少し思っている。今思えばなんだけど、その時は思えなかったんだけど、炊き出しは1人一杯。僕とわたるの分を被災地の人はお代わりとして食べられたんじゃないか?なぜ充分な程の食料を持って行かなかったんだ。ちびっこ呼んで「もう一杯食え!」と言えなかったんだ?と今更思う。

当時はエピソード作りのために行ったわけじゃないし、純粋に「僕にもなんかできるんじゃないか」と思って、1番人思いのわたるに声かけて現地に行ったけど、もっともっと色々考えて行くべきだったなと思うんだ。気持ちだけで行動し過ぎた。準備が必要なんだと思った。大人になった今。


もし、このブログを見てる人の中にボランティアに行こうとしてる人がいるなら、きちんとした準備をして行ってほしい。そして、ボランティア本部のような場所があるし、電話も常備されてるはずだから、【ボランティアに行くとしたら何が必要か。人手不足のところはどんなところか】など、事前確認も充分にした方がいいと思う。これって本当に当たり前のことなんだけど、当時は出来なかった反省を今ここにです。

あと、報道を見ていると、自撮り棒で撮影しながらウロウロしている人がいた。YouTubeか何かの撮影かな?と思ったが、それは僕個人としては絶対にやめて欲しい。絶対に傷つく人がいるから。そのまんまでいて、というのはそういうことじゃない。思いやりのある行動を。

そんなこんなで僕は「あぁ世の中こんな馬鹿もいるんだなぁ」なんてみんなが思えるようにまたくだらないこと考えます。



皆さん、健闘を祈ります!前向きにね!

憶測とネットに転がってる情報だけで記事を書くライターがこの頃とても多い。挙げ句の果てに記事の最後に自分の名前すら記さない人もいる。プライドも何もないのだろうと思う。そんなことはケータイいじるのが好きな人なら誰でも出来るので、せめて、せめてライターなどと名乗るなと言いたい。



こんなことを書くのには訳がありまして。



よく覚えてないんだけど僕がなんかの取材で「東京オリンピックに向けて、アスリートの要素の部分で仕事につながったらなと思い、今その準備のためのいろんな行動をしている」と答えた事があった。


その記事?会見?を見たある記者、いや、自称記者?ライター?が
「2年後に迫った今準備をしているなんて遅い」みたいなことを書いていた。もちろんこの世に溢れているネット記事の片隅にある小さい記事だけれど、僕から言わせればこうだ。



やってみた後に「遅かったか」はあるけど、
やる前から「もう遅い」と言ってやらないのは、やらないことに言い訳したいだけだ。



僕はこう思うんだ。
とりあえずやってみないと。やってみたら意外とできた!の時の方が経験上でも断然多い。



行動する際には「いやぁ〜もう今更遅いかぁ」とやらない選択じゃなくて、やってみないと反省も出来ないんだから。



言い訳の多い人生は、妬み嫉みを産む。

ダサいでしょ!そんな人。



みんなもさ、二択なら、どっちか迷うんならやってみた後に
「あ〜これだと遅いみたい!笑」
の反省にしよ!僕はそうするよ。



さ、おにぐね!

イメージ 1



今朝のが妻に好評だったので。


なめ茸と山わさびをミックス。とっても美味しかったみたい!
またやってみるね(^^)

良い週末を!

イメージ 2

デリケートな話題だけど。


新幹線の事件ありましたね。


あの事件のニュースを連日見て、心が痛くて、自分があの場にいたらどうすることができただろうと考えている。芸人同士でもその話題になる。


普段の電車に乗ってても、もし今この車内であの様な事が起こったら自分はどうするだろうとか、どれが盾になって、あの人が持っているあれを借りれば武器になって、なんて考える様になった。


いざその場になったら何もできないかもしれないけど、日頃「かもしれない」の精神で動くことは大切なんじゃないかと思う。何事も準備だ。



さ、昨日のオニグは以前作りおきした豚そぼろと、子持ち昆布。

[image:1]

そして今帰宅したので明日のおにぎり作るよん。


おやすみ!

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事