WELCOME TO ocacoFactory

シンガーソングライターocacoの音楽騒動記


5/12蒲田ぶらぶら でのバンドライブ動画です。


Vo&Key:Ocaco
G:黒田ユウジ
Dr:村山峰之
B:鈴木哲也
Key:Limi


How Are Feeling ?      作詞・作曲 Ocaco

How Are Feeling ? How Are Feeling ?
How Are Feeling ? How Are Feeling ?

絡みついてる 指先に  
巻き込まれたわ 無限の夜

君の事 全て 教えてよ
夢の中まで のぞいてみたい

How Are Feeling ? How Are Feeling ?
How Are Feeling ? How Are Feeling ?

溺れていくの 欲望に
操られてるの 自由自在

君の事 全て 知りたいよ
心の中も のぞいてみたい 

開く コメント(0)

8/28(水)池袋FIELDでのライブが決まりました!
その他のライブ予定です。
共に、ピンでの出演、朗読をするかは未定です。


①7/25(木)高円寺 楽や(らくや)
女性弾き語りナイト!

JR中央総武線 高円寺駅より徒歩3分
杉並区高円寺北2-22-6 キャニオンプラザ大須賀B-102
TEL:0333386068
http://www.luck-ya.com/

19:00 OPEN
19:30 Ocaco(Vo&Key)
20:20 松真里(Vo&Ag)
21:10 クロサワナホ(Vo&Ag)

チャージ¥1000+Drink別


②8/28(水) 池袋FIELD(フィールド)
Piano-Songs

池袋駅西口より徒歩5分
豊島区西池袋3-23-1 小倉ビルB1
TEL:03595515925
http://field-live.com/main.html ;

18:00 OPEN 
18:30 START 
出演:Ocaco、遠坂めぐ、舞華、他
キーボーディストを中心としたイベントです。

チャージ¥1500+1Drink\500



おいで頂ける方は、ocacofactory@yahoo.co.jp へお早目にご連絡頂けると嬉しいです。
お客様により、内容を変更する場合もございますので〜。
勿論、突然おいでいただいても大歓迎です!
お待ちしております!

開く コメント(0)


イメージ 1

昨日ブルーノートに、パンチブラザースを聴きに行きました!
マンドリン、フィドル、バンジョー、ギター、ウッドベースの生弦楽器5人組。
全員がテクニシャンで、ただ上手い!とか早く弾ける!というだけではない、
繊細なボリュームやテンションのバランスを保って構成され、そしてちょっと難解な曲たち。
一見、カントリーかな?と思うけど、エレキに持ち換えたら多分プログレになったり、
色んなジャンルに変化していく、不思議な曲。

それが一番象徴されているのは、5人の男が集まって、マイク真ん中に1本しかないという事。
声も楽器も全部生で、真ん中のマイクが全部を拾っている。
モニターや外音なんて信用できず、全員普段の生で出ている音の状態で自分たちも聞けて
(モニタースピーカーも信用せず、直の音で互いのバランスをとってるのでは?)
そのままの音が、外に出るようにしてるのだと思う。
だから、全員の息と波長なども全部のって来てしまい、
ちょっとトチったりしたら、そのままお客さんにも聞こえてしまうのに、
パーフェクトに聴こえました(バンジョーがちょっと小さ目だったかな?そうしてるのかな?)
大音量のバンドなんて、他の音に消されて、微妙な所なんてわかんなかったりするでしょ。
コーラスもすごく綺麗で、そのバランスも音色も、綺麗。すごく繊細。
この動画と同じ状態の人間とマイク位置。



メインボーカルのクリスシーリーの声もウィスパー系で良いでしょ?
彼のソロアルバム「Thanks for listening」は、去年、私が某理由で家に長期こもってた時に、
一番聴いたアルバムなのです。
こっちの方がボーカル中心のアルバムになってるので、一般的には聴きやすいかなと思います!

生演奏の醍醐味を見ましたねー!

開く コメント(0)

イメージ 1

昨晩の神楽坂Mash Recordsでの朗読イベント「妖怪語り、夏の夕」に
おいで頂きましたお客様、共演のお二人、店長、誠にありがとうございました!

今回は初めての朗読のみのイベントでして、演劇ライブでございました。
私がふだん出てる音楽ライブとは、いらっしゃるお客様も、出演者の佇まいも違う!(笑)
まぁ、時々芝居は見に行くので劇場の雰囲気はわかっていましたが、
勿論、自分の出番の終わった後に
酒飲んで、管巻いてる親父なんかいないし(爆)そういえば、あたりまえですよね。
音出したら、ステージの邪魔なんですもの。
普段だったら、店側に気を使うのもあって、自分の出番の後はドリンクを頼まなければ、と思うのですが、
今回は、自分の出番の後も楽屋で大人しくしてるか、係員のように会場の端に立っていなければ。
酒なんて飲んでたら不謹慎です〜(笑)

イメージ 3
ゆうかさん
しかし、面白かった。
主催の妖怪朗読家ゆうかさんの1人芝居のような情熱的な朗読、
そしてナレーションや女優さんとして活動してらっしゃる竹内理栄さんの美しい声と語り、
吸い込まれてしまいましたねぇ〜
私は朗読は素人ですが、ピアノを弾きながらの朗読で、音で空間を作って物語をフォローできたかな?
お客様も楽しまれて行かれたようで、とても貴重な経験となりました!!

イメージ 5
竹内理栄さん

題目のしばりがありまして、妖怪物・怖い話・不思議な話という事で、
私の演目はこちらの2本
「家へ帰るのがこわい 寺山修司」
   挿入曲 Gnossiennes No.1&3(エリック・サティ)
「海岩(いくり) 川上弘美」
   挿入曲 Paradise(オリジナル)
お二人は、妖怪話や日本の昔話をされました。

イメージ 2
Mash Recordsさんは昭和テイスト・おもちゃ箱をひっくりかえしたような面白いお店でした。満員御礼!
挨拶中のゆうかさん。以上の写真撮影は、田中雅臣さん。ありがとうございます!

イメージ 4
着物美女に囲まれてニヤニヤ?の店長さん。

開く コメント(0)


イメージ 1

昨晩は、久しぶりに池袋FIELDさんでライブ!
おいで頂きましたお客様、対バンの皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました!
お世話になってる知り合いのグループ、Jasmineさんの企画・アーリーサマー祭り(改名)でした。
出演は4組。
メンバー全員仲良く楽しくライブをされるJasmineさん。
綺麗な声で丁寧に歌われる、愛歌さん。
エキゾチックな曲と衣装、Trickartさん。

そして私は今回は、曲はバラードのみで、ソフトなライブとなりました。
フィールドさんでは久し振りにオケを使わぬピンでのライブ。
楽やさんでは、いつもオケ使えずピアノ1本でやってるので、久しぶりにやってみようと思いました。
特にバンドライブとは全く違う曲調になりますが、ソフトな方が一般的にはとっつきやすく、
わかっていただきやすいだろうなぁと。
バンドでも、柔らかめの曲もやりたいと思ってたりもするのですよね。最近ファンクめが多いからね。
試行錯誤中ですねー。

セットリスト
①海の底にある宝物
②君の国
③猫の詩
④朗読ピアノ「Yesterday/寺山修司」
 挿入曲:桜のテーマ(映画「夢みるように眠りたい」より)
⑤パラダイス

④は今までやった中で、曲が間を生かせる演出になったのではと、自分で思ったのでした!
効果音よりも、空間を音楽で作れるようになったら、ステキー!!

イメージ 2
前列左より Nyacさん(Trickart)、カレンちゃん(Jasmine),Miloさん(Trickart)
後列左より Kayさん藍原さん(Jasmine)、私、としゆきさん(Jasmine)、愛歌さん、
写真:JYUZOUさん。ありがとうございます!

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事