OCCI家のペットたち (=^・^=)

ギン、シャイ&ネコネコネコ・・・ ときどき田んぼ

全体表示

[ リスト ]

流浪の休日百姓(ホリデーファーマー) OCCIでございます。

あちこちの田んぼを渡り歩き、田んぼごとに性質が違い、農作業の違いも勉強してきました。
でも、まだまだ知らないことはいっぱい。
ん〜、米作りは奥が深いぞ。

<< 今までの米作りを振り返ってみると >>

最初に私の米作りに火を点けたのは、川島自然農園ポチッとジャンプします)のTさんでした。
12年前(2003年)川島自然農園さんの小さな田んぼ(100坪)をお借りして、初めての挑戦。
「機械が入らないから全て手作業で」と。
鍬を持ったことも、苗に触ったこともないのに・・・
万能(鍬)で耕し、手植え、手刈り、おだ掛け。
不作の年にもかかわらずおいしいお米が90キロも採れました。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6年前(2009年)久々に米作り再開。市でやっている『田んぼの学校』に参加。
実はこれは翌年『田んぼの市民農園』を借りるための一過程と思っていたのですが、他の生徒さんたちとも仲良くなり、楽しい米作りが出来ました。
手植え、手刈り、おだ掛け
 
イメージ 3
イメージ 4
 
 
5年前(2010年)『田んぼの市民農園』
前年、田んぼの学校でお世話になったM先生の田んぼ10アール(300坪)を借りる。
お借りする時に「大変だぞ」と念を押されたが、「どれだけ大変だかやってみたい」と言い切る。
トラクターや田植え機にも初挑戦したが、本当に大変でした。
お手伝いの人もたくさん来てくれて、収量は330キロ。(その半分が「お裾分け」に消えた。トホホ)
トラクター、田植え機(一部手植え)、手刈り、おだ掛け
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
4年前(2011年)再び米作りの原点、川島自然農園さんの小さな田んぼへ。
諸般の事情により、M先生の田んぼが借りられない事に・・・
川島自然農園のTさんからは、教わることが沢山ある。稲の性質から農機具のこと、合鴨農法のことまで沢山のことを教わった。
しかし、前年と同じくらいお手伝いに来てくれたら、小さな田んぼでは自宅で食べる分どころか、お裾分けの分さえ間に合わない。
万能、手植え、手刈り、おだ掛け
そこで浮上したのが『第二圃場』
Iさんのお父様がやっていた田んぼ(約2反)を、Iさんと2人でお借りすることに。
暗渠、耕耘機、歩行型田植え機、バインダー、おだ掛け、ハーベスタ(脱穀機)
収量は小さな田んぼが75キロ(9年前より少ない。)第二圃場が440キロ(思ったより少ない。)
 
イメージ 7
イメージ 1
 
 
そして
3年前(2012年)から昨年(2014年)再びH上校へ。
『田んぼの市民農園』として、M先生よりお借りするが、『田んぼの学校』の田んぼが15アールと広い所を使っているので、そのうち10アールを私が借りることに。
とは言っても、どこまでが『田んぼの学校』と線が引いてある訳ではないので、学校と共同作業に。
手植え、田植え機、手刈り、バインダー、おだ掛け。
2013年、2014年は、電気柵を張って合鴨を放しました。
この3年間は、M先生の他の田んぼも手伝わせてもらい、トラクター、田植え機、コンバイン、乾燥機、籾摺り機、出荷の体験も。

このまま、ここで修行を積んで、定年後は『Mファーム』に転がり込もうと思っていたのに・・・

M先生、突然亡くなってしまいました。

私は再び流浪の旅に出ることに・・・


前置きがずいぶん長くなってしまいましたが、

『田んぼの学校』T沢校 入学

ここからが本題です。

4月11日(土) AM10:00
小雨が降る中、市内の某公民館にて『田んぼの学校』の開校式が行われました。 

N校長は所用のため欠席。(ありがたいお話が聞けなくて残念)
きっと、N校長がいたら「今日はあいにくの天気ですが、米作りには水が大切。恵みの雨と言うことで・・・」で始まるんだろうな。
晴れた時は「稲にとって、お日様の光が最も重要・・・」で始まるんだ。
各校、各先生の紹介。
約10分ほどで開校式は終了。

この後、各校に分かれ、9月の稲刈りまで教室になる田んぼへ移動。 

T沢校の田んぼは・・・

イメージ 1
航空写真 by Google
ここでぇ〜す
って、分かんないよね。まぁ関東地方の某所ということで・・・

イメージ 2

田んぼの現状はこんな感じ。
約1反=300坪=畳600枚≒10アール

湧き水を利用しているので、田んぼの下に暗渠を3本設置してあるそうです。
近くに川があり、直接放水しているため暗渠の栓は無いとのことです。

今年、ここで作る品種は【夢つくし】
コシヒカリ、ミルキークィーン、夢つくしの中から多数決で決定しました。
【夢つくし】は福岡で作られたお米で、おいしさで定評のあるコシヒカリを父に、丈夫で栽培しやすい特性を持つキヌヒカリを母に、両方のいいところだけを受け継いで生まれ、光沢と粘りがあり、味も高い評価を受けているそうです。

T沢校のⅠ先生は、米専門の農家ではなく、シイタケ栽培がメインだそうです。

イメージ 3

作業場でシイタケの種打ちをやってました。
原木にドリルで穴を開けています。
この原木はナラの木・・・だったかな?

イメージ 4


生徒のさんも種駒を植えるお手伝い。(この後、私もやらせていただきました)
さんとは、H上校が始まった時からのお付き合い。もう6年になるかな。
H上校から転校(?)してきたのは、私とさん、それに本日欠席の1家族だそうです。

T沢校は、リピーターの方がほとんどで、今日出席の中で新規の方は1グループだけでした。

給食の準備ができるまで、先生宅の裏山に登り、

イメージ 5

かなり急な山道を登ると・・・ (息が切れるほど←年か?)
広大な畑が。
ここの一区画を田んぼの学校で使わせていただけるそうです。
ただし、ここの畑全てがⅠ先生の畑ではないので、他の畑には絶対に入らないようにとの事です。
生産農家の方が大切に手入れしている畑なので、トラクターで畑の角を踏んだだけでも注意されるそうです。

さて、給食の準備ができました。
先生宅の近くにある青年館が学校の校舎。
ここの駐車場に車を停めたり、着替えをしたり、給食を食べたり・・・

今日の給食はカレー 
肉厚のシイタケやアサリも入ったとってもおいしいカレー。
残念写真撮っておけばよかった。

でも、おいしいカレーよりも驚いたのは、カレーを作った田んぼの学校専属のスタッフが5人もいること。(T沢校は、けっこう本気だ)

H上校では、小さな子供が多かったので、遊び半分。というより、ほとんど遊びだった。
田んぼには皆裸足で入っていたけど、T沢校では皆自分の長靴持っているようだし。
なので、H上校から転校した方、新規に入学された方、My長靴を買っておきましょうね。

イメージ 6

田植え用の長靴です。
 ここで売っています。


  YahooShop

1500円くらいの『みのる君』で充分です。
先丸タイプと、指付タイプがありますが、お好みで。
  ※指付タイプを履くには指付の靴下が必要です。







さあ、新しい学校で新しい学期のスタートです。
頑張るぞぉー
いよいよ来月の第2土曜は田植え。

と、その前にⅠ先生にも他の田んぼのお手伝いさせてもらうんだぁ〜 

閉じる コメント(5)

ユウカさんへ
コメありがとうございます。
開校式は恵みの雨でしたが、以前は屋外(神社)で豊作祈願を兼ねてやっていたので、雨の時は傘をさしての開校式でした。

私もT沢校では一年生なので、一緒ですよ。
H上校は小さい子供が多かったので幼稚園のようでしたが、T沢校は年配の方も多く、けっこう本気モードですね。

10月の修了式まで頑張りましょう。

シャイ父。

2015/4/13(月) 午後 10:07 [ OCCI ] 返信する

顔アイコン

思わず初コメしちゃいました(*^^*)
ブログの隅から隅まで読んでしまいました(人´∀`)流石です♪
私はまだまだなんですけどBOとか色んな事をまとまりなく書いてます(笑)
バイナリー&私の秘密の毎日(笑)もアップしているので是非身に来て下さいね♪ 削除

2015/4/14(火) 午後 1:30 [ ゆうママ ] 返信する

ゆうママさんへ
ご訪問&コメントありがとうございます。
できれば、ブログの感想とかも書いていただければ嬉しいです。
隅々まで読んでいただければ、私がどんな変人かがわかってもらえるかと思います。(笑)
ブログ、身(?)せていただきました。
私はバイナリー(?)とかFX(?)とか、株とかトレンドとかには全く興味がない人間なので、「ごめんなさい」です。

また、ちょくちょくお寄りください。
(って、ほとんど更新してないブログですが…)

シャイ父。

2015/4/14(火) 午後 2:27 [ OCCI ] 返信する

顔アイコン

私は、こんな風景の中で、過ごしたい!! といつも思っています。
しばらくしたら、カエルの声も聞こえてくるのでしょうか・・・。
カエルは苦手なのですが、カエルの声は、季節感があって、好きなんですよ。

2015/5/3(日) 午後 0:27 [ ♪う〜♪ ] 返信する

♪う〜♪さんへ
過ごしてください、過ごしてください。
いつでも歓迎、お待ちしてますよ。
こっちに引越して来ちゃうとか、別荘でも良いかな。
海も近いし、自然だけはタップリ残ってます。

田んぼに水を入れた頃から、カエルたちはやかましく鳴いています。
野鳥はウグイス、コジュケイなどがやかましく鳴いています。
ツバメも飛び回っていますよ。
そろそろホトトギスが鳴き始めるかな?
今年は例年よりキジが多いようで、あちこちで「ケン、ケーン!!」と耳にします。
毎年、狩猟期間(11/15〜2/15)が終わった頃から鳴き始めるけど、
『キジも鳴かずば撃たれまい』って、ことわざ知ってるのかな

シャイ父。

2015/5/5(火) 午後 7:38 [ OCCI ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事