OCCI家のペットたち (=^・^=)

ギン、シャイ&ネコネコネコ・・・ ときどき田んぼ

全体表示

[ リスト ]

稲刈り

イメージ 1

「暑さ寒さも彼岸まで」
お彼岸を過ぎて、めっきり秋らしくなりましたが・・・

今年の夏は何だったんでしょうね
8月は雨が全く降らない猛暑続きで、
『田んぼの学校』のⅠ先生
ニンジンやダイコンを蒔きたいんだけど、雨が降らないからなかなか蒔けない。ダイコンはまだ大丈夫だけど、ニンジンはもう遅いかもしれない。
と、ボヤいていました。
8月下旬になって、やっと雨が降ったかと思うと・・・
今度は雨続き。
秋雨前線が停滞し、台風が来て、豪雨。
あちこちで、甚大な被害が出ましたね。
被災地の方は、まだ避難生活を続けている所もあるようで。
お見舞い申し上げます。

今年の夏は・・・
猛暑だったのでしょうか 冷夏だったのでしょうか
干ばつだったのでしょうか 水害だったのでしょうか

Ⅰ先生の田んぼ(14町歩)は、8月25日頃から稲刈りを始めると聞いていたので、温存しておいた夏休みを一気にとって、10日ほどお手伝いに行く予定にしていました。

やっととった夏休みなのに、稲刈りに行くたびに、雨・雨・雨・
が濡れていると、コンバインでの刈り取りは出来ません。
しかも、この地域(T沢地区)は、湧き水を利用して稲作をするほどなので、水はけの悪い田んぼが多く、ぬかるんでコンバインでさえも動きがとれなくなってしまいます。

結局、稲刈りのためにとった休みもそのほとんどが畑作業のお手伝いに。
こんな年は初めてだよ。いつになったら稲刈りが出来るんだか。OCCIさん雨男なんじゃないのwww
・・・そうかも。

畑作業のお手伝いは、
ハウスの中で:菌床シイタケの袋剥ぎ、トマトの脇芽欠き、セロリの苗の植え付け、イチゴ・インゲンの後片付け・・・・
外の畑で:スイカの収穫、落花生畑の草取り、白菜の苗の植え付け、田んぼの畔の草刈り・・・・
などなど。
とても良い勉強になりました。
事あるごとに、
OCCIさん、畑には興味ないの
と聞いてくるⅠ先生の思う壺にまんまとはまってしまったようだ。(笑)

と、前置きはこのくらいにして・・・

稲刈り

9月19日(土)は『田んぼの学校』の稲刈りでした。
予定では12日のはずだったのですが、
やはり天候が悪く、田んぼに水が溜まっているため19日に延期になったのでした。

ではまず、今年の『農ガール』から。

イメージ 2

ぬかるんだ田んぼに足を取られながら、稲の束をいっぱい抱えて、
少々お疲れ気味のTさん。
  ※プライバシー保護のため画像を加工しています。
      無修正の画像をご希望の方は、ご連絡ください。

イメージ 3

4ヶ月の間、教室になった田んぼの全景をパノラマでご覧ください。
一面、黄金色に実ったお米。
大豊作かな

イメージ 5

まさに「実るほど頭が下がる稲穂」ですね。


イメージ 6

ほ〜ら。たわわに実ったお米だよぉ〜。

イメージ 4

田んぼをバックに、記念撮影をする家族も。

イメージ 7

水の抜けきらない田んぼでも、皆慣れた手つきで刈り取っていきます。
おだ掛けもするんだぁ。

イメージ 8

今回の『オヤジ』
おだに刈った稲を掛けるUさん。
旧H上校の開校当時からのくされ縁。
もう、田んぼの作業はお手の物・・・かな

イメージ 9

旧H上校から一緒のOさんも、大きなお腹を抱えて頑張ります。
10月の修了式には、もう一人増えているかな。

イメージ 10

はい、記念撮影するからみんな集まってぇ〜。

イメージ 11

コンバイン登場。
後はコンバインに任せて、その威力を見学。

イメージ 12

Ⅰ先生は、コンバインを2台持っているんだけど、ISEKIの4条刈(高い方の機械)を操縦するSさん。
お髭を生やして、ちょっと強面だけど、とっても優しくて面白いおじさんです。
何回か、チームを組んで他の田んぼを刈ったけど、すご技の持ち主。
水が溜まっていようが、ぬかるんでいようが、ザブザブと田んぼに入って行き、縦横無尽に刈っていく。
Sさんに刈れない田んぼは、誰にも刈れない」と言われるほど。
ガキの頃から手伝ってるからなぁ」と、Sさん。
こんな田んぼは、くわえタバコでチョチョイのチョイ。
でも、稲の生え方や、ぬかるんでいる所をしっかりと把握して、刈りやすい方向にコンバインを操って行く。
さすがだね。


イメージ 13

コンバインだとあっという間だね。
みんなカメラを構えて、その雄姿を納めていますね。

さて、今年のお米の出来栄えはどうだったのでしょうか
味は 収穫量は
10月の修了式が楽しみですね。

イメージ 14


給食〜。
メインは採れたて新米のオムスビ。
ミルキークイーンだったかな?(冷めてもおいしくオムスビに最適の品種)
おかずは具だくさんのけんちん汁。
里芋、ニンジン、ダイコン、コンニャク・・・
もちろん肉厚のシイタケも。
全部自家製の食材なんだろうな。お味噌も。
とってもおいしかったです。

イメージ 15

そして、田植えの日にみんなで植えた落花生『おおまさり』。
生産地では最もポピュラーな食べ方、塩ゆで。
『千葉半立ち』はまだ収穫できないそうなので、修了式の日にみんなで収穫できるかな。

では、記事にはならなかったけど・・・
Ⅰ先生のお手伝いの写真を数枚。

イメージ 16

稲の消毒。
とっても暑い日でした。もう少し作業を続けていたら、熱中症になっていたかも。

イメージ 17

菌床シイタケの袋剥ぎ。
ハウスの中のシイタケの菌床は、菌糸が伸びるまでビニールの袋に入れて発育させますが、菌糸が伸びて白くなってくると袋を剥ぎます。
ここのハウスには5000個の菌床があるって言ってたかな。

イメージ 18

袋を剥いだ菌床。
白くなっているのがシイタケの菌糸です。
ここから、ニョキニョキとシイタケが生えてくるんですね。
菌床一つは食パン1斤くらいの大きさですが、ずっしりと重く、けっこう重労働でした。

イメージ 19

袋を剥いだ菌床は、ハウスの前にある大きな水槽に沈めて、菌床への水やりと、刺激を与えます。

イメージ 20

トマトのハウスです。

イメージ 21

トマトの脇芽欠き。
トマトの本来の枝ではない、脇から出た芽を取っていきます。
最初のうちはどれが脇芽か分からず、だいぶ間違ってしまったかも・・・
トマトのハウスも暑くて、湿度も高く、大変な作業でした。

イメージ 22

そして、稲刈り。
KUBOTAのコンバインに乗っているのは、田植えの時にも一緒だったTさん。
田んぼの状態は最悪。
水が溜まっていたり、ぬかるんでいたり。
コンバインが走れる所を探して、こんな不思議な刈り方に。
コンバインが入れない所は全て鎌で手刈り。
なんで田んぼにユンボが
実はコンバインがぬかるみにはまってしまい、上記のSさんが引っ張りに来ました。
ユンボも走れないほどぬかるんでいる所を、尺取り虫のようにユンボを操って、どうにか救出に成功しました。

ほんと、Ⅰ先生の田んぼは、とんでもない田んぼばかりだ。
それだけ美味しいお米が出来るんだろうけどね。

特に今年の天候では、水が抜けきらなかったんだろうけど・・・

来年は、田んぼを借りようと思ってるんだけど・・・
どうしようかな。

<過去の稲刈り記事> ポチッとジャンプします。

昨年の稲刈り。コンバインの操作から、出荷までの手順が分かります。

昨年の『田んぼの学校』H上校の稲刈り。全ておだ掛けにしました。

一昨年(2013年)のH上校の稲刈りです。姪っ子Mと甥っ子Kも大奮闘。

2012年、H上校の稲刈りの様子です。

2011年稲刈りの様子です。田んぼの学校から離れ、修行に出ていた年です。

2011年稲刈り第2弾。

2011年稲刈り第3弾。

2010年、H上校の稲刈りの様子です。

2010年、M先生からお借りした『田んぼの市民農園』の稲刈り。
1反の田んぼを全て手刈り、おだ掛けに。大変でした。

2009年、『田んぼの学校』H上校最初の稲刈りです。

そして、
2003年、私が初めて米作りに挑戦した川島自然農園さんのHP。
田植えから稲刈りまでの記事が掲載されています。
初心忘れるべからず。 です。


<こんな記事も・・・>

このブログのトップ記事です。 『なぜか、お墓から始まる』

一昨年のオフ会 『第6回♪う〜♪さんファミリー卒業わんこオフ会。その1』

『その2』に過去のオフ会のリンクが張ってありますので、そちらも併せてご覧ください。

ついでに、こんなのも・・・ 「泣ける」と、噂の『シャイ 奇跡のワンコ・・・?』
タオルを用意して、お読みください。

閉じる コメント(1)

ユウカさんへ
コメありがとうございます。

やっと、1ヶ月前の記事を書きました。
毎度の更新遅れで・・・

そして、今日もお疲れさまでした。
上の方に、いくつかおすすめ過去記事のリンクを貼っておきましたので、暇つぶしにご覧くださいませ。

シャイ父

2015/10/10(土) 午後 4:56 [ OCCI ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事