OCCI家のペットたち (=^・^=)

ギン、シャイ&ネコネコネコ・・・ ときどき田んぼ

全体表示

[ リスト ]

穂、出ちゃいました。

田植えの記事も書いていないのに・・・

イメージ 1

※この写真は7月28日に撮影しました。

※最後に大切なお知らせがあります。

ちゃ

今年の田んぼは・・・
なんだかなぁ。
いまひとつテンションが上がらない。

田植えの時から自分で考えてたイメージと違う方向に進んでいる感じがする。

まず、田植えは半分機械で植えて、残りの部分をみんなでワイワイガヤガヤ手植えにするつもりだったのが・・・
苗が伸びすぎてしまい機械では引っかかってしまうので、全て手植えに。
(田んぼの学校より一週間遅くした自分が悪いのだけど・・・)

田植え当日は、借りていた集会所の駐車場で消防団が訓練してるし・・・
参加者は路駐や、田んぼの方まで車で行ってもらったり。

田植えの方法も、30センチ間隔に印をつけたロープを張って植える準備をしていたのに・・・
ロープの印が泥で見えなくなってしまったり、田んぼの幅が広くてロープがピンと張れなかったり、なにしろ時間がかかる。
で、結局、数列ロープを使っただけで、あとは自分の感覚でなるべく真っ直ぐ植える事に。
結局グニャグニャ植えに。

でも、田植えには30人くらいもの人が集まってくれて、旧H上校の人たちとも久しぶりに再会できて、まるでH上校の再現のようにワイワイガヤガヤ楽しかったですね。
(ごめんなさい。写真、1枚も撮ってなかった。参加された方で良い写真があったら譲ってください)

もともと、私の性格は「事前に綿密な計画を立てて、計画とはぜんぜん違う事をやっている」という人間なので、結果が良ければ・・・
良しとしましょう。

愚痴をさんざん吐き出したところで、
気を取り直して。

まず、今年の田んぼの位置を再確認。

イメージ 7

航空写真byGoogle
田んぼの学校(水色)の並びに同じくらいの広さ(約1反)の田んぼが3枚。
真ん中の田んぼは、田んぼの学校でもお世話になって、毎週末Ⅰ先生のお手伝いもしているS野さん率いるチームの田んぼ()。
そして、ハウス寄りの田んぼが私がお借りしている田んぼ()です。
3枚とも道路と水路に挟まれています。

イメージ 2

水路側からのパノラマで、私の田んぼS野チーム比較。

イメージ 3

水路側からのパノラマで、S野チーム田んぼの学校比較。

道路側からそれぞれの田んぼの全景を。

イメージ 4

田んぼの学校
ここも全部手植えなのに、真っ直ぐきれいに植わってますね。

イメージ 5

S野チーム
ここは、機械植え。
歩行型の田植え機で、きれいに植わってますね。
さすが、毎年やっているベテランチーム。

イメージ 6

そして、私の田んぼ
ご覧のように、グニャグニャに曲がって植わっているのが分かりますね。
あ〜ぁ。

ここまでの写真は7月28日に撮影したものです。

8月6日(土)は田んぼの学校の登校日でした。
この日の作業は『除草』

イメージ 8

良いお天気で、真夏の日差しが照り付ける中、刈り払い機のエンジンを背負って畦の草刈り。

イメージ 9

田んぼの学校、苗の状態です。
だいぶ頭(こうべ)を垂れてきましたね。

イメージ 10

一方、私の田んぼはまだ直立したままです。
一週間の田植えの差が出ているんですねぇ。

私の考えでは、稲刈りは田んぼの学校と同じ日(9月10日)にやろうと思っているんだけど・・・

イメージ 11

道路側から3田んぼの比較。

イメージ 12

暑い中、頑張って畦の草刈りをしています。
刈り払い機は2台しかないので、鎌を使って刈っている人も。
ご苦労様です。

イメージ 13

「そろそろ終わりにしようか」

イメージ 14

作業の後、給食の準備ができるまで近くの畑でブルーベリー摘み。
黒くなっている実を摘むんだけど・・・
同じ木の、同じ枝から採った実でも、とっても甘いのと酸っぱいのがあるのはなぜだろう

この後、お楽しみの給食。
今回は冷たいうどん。 ゴマだれとカレー汁の二味。
とても暑かったので、カキ氷も。

給食の時間にⅠ先生から思わぬお言葉が・・・
Ⅰ先生「OCCIさんの所は、田んぼの学校と一緒の稲刈りは無理かもしれないねぇ
・・・そ、そんなぁ
見て分かったと思うけど、だいぶ生長が遅れているからね。
私「でも、稲刈りの目安は、出穂から40日くらいって聞いた事があるけど・・・ 9月10日まではまだ1月以上あるし・・・
Ⅰ先生「俺も同じ日に刈れた方が助かるんだけど、この後の育ち具合を見て決めましょう。
・・・だって、
7月28日には穂が出そろっていたのに・・・
逆に、田んぼの学校の方が9月10日じゃ遅すぎるんじゃないの〜

私は絶対に、絶〜っ対に9月10日に刈れると、信じているぞぉ

では、気を取り直して。
最新の画像を。

8月13日(土)

イメージ 15

ほ〜ら。
私の田んぼも頭を垂れてきましたよ〜。

イメージ 16

ほらね。
まだ青いけど、ズラッと並んでお辞儀してるでしょ。
あと一ヶ月、頑張って生長するんだよ。

イメージ 17

ほ〜ら。
お米だよ〜。

最期に、8月13日の3田んぼの比較。

イメージ 18

道路側から、田んぼの学校。
だいぶ黄色くなってますね。
これから、どんどん稲穂も葉っぱも色付いて、黄金色(こがねいろ)になっていくんですね。

イメージ 19

S野チームの田んぼ。
ここも、だいぶ黄色くなってきました。

イメージ 20

最期に私の田んぼ。
ん〜。まだまだ青いか。
頑張れ〜


<<お知らせ>>

その①
稲刈り人募集。
まだはっきりと日にちも決まっていませんが・・・
一応、9月10日()を予定しています。
無理なようでしたら、翌週の17()、18()、19(敬老の日)の連休のどこかで。
確実な日にちが決まりしだい、お知らせします。

9月10日だとしたら・・・
開始時間は10:00。
お昼は田んぼの学校と一緒に給食をいただけます。
メインは、午後からコンバインで刈ってしまうので、午前中はコンバインが動き回りやすいように田んぼの角や畦際を鎌で手刈りしておきます。

参加希望の方は、
コメント欄に名前(ニックネーム、ハンドルネーム、イニシャルも可)、参加人数メールアドレス(携帯アドレスは不可)を書き込んでください。
詳しい案内メールをお送りします。
(この記事のコメント欄は『承認制』にしますので、アドレス等の個人情報は
公開されません:Yahoo!IDでログインされている方は、念のためカギコメで
お願いします)
(私のアドレスを知っている方は、メールでの参加表明も可。)

なお、電車で来られる方は、私の汚い車で最寄り駅まで送迎しますので、コメントにその旨、書き込んでください。


その②
お裾分け。
田植え、稲刈りのお手伝いをしていただいた方は、いつものように一人一作業につき5キロの新米を差し上げます。
ただし、今年は田植えの時も参加していただいた方がとても多かったので、収穫量によっては、1家族30キロを上限とさせていただくかもしれません。
ご了承ください。

お裾分けの方法ですが・・・
コンバインで刈ってしまいますので、稲刈りの翌日には乾燥・籾摺りができ、玄米になります。
なので、お裾分けは・・・
   1、翌日以降取りに来る。
   2、翌月の田んぼの学校の登校日(10月8日)に取りに来る。
   3、宅配希望。
から選んでください。
『宅配希望』の方は、送料はこちらで持ちますので、送り先をコメント欄(承認制)に書き込むか、メールでお知らせください。

閉じる コメント(1)

ユウカさんへ
コメありがとうございます。

私の田んぼも学校と同じ10日に決定しました。
おそらく、午後から3枚の並んでいる田んぼをコンバインで一気に刈ってしまうと思います。
お昼は、みんなでワイワイガヤガヤと給食をいただきましょう。

次の記事で書いたように、私は足を負傷してしまいましたので、現場監督に徹したいと思います。

シャイ父。

2016/9/3(土) 午前 2:09 [ OCCI ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事