ここから本文です
アラ50から始める山歩きの記録
◆◆ 日本百名山 (27/100) 九州百名山 (95/100) 福岡県の山歩き(90/90)

書庫全体表示

2019年6月5日(水) 曇り

前日は海辺の道の駅で車中泊、早朝登山口のある天城高原ゴルフ場へ向かいます。
天城山(23座目)はあまり距離・標高差もなく日本百名山の中では楽に周回できそうです。
そんな中何故ここが百名山なのかを感じ取ることができるように登ってみたい。
 
↓駐車場にはトイレと靴洗い場もあります。
イメージ 1
  
↓5:47 天城高原ゴルフ場登山口
イメージ 2
↓よい登山道と気持ちよい樹林帯を歩きます。
イメージ 3
 
↓6:00 四辻分岐  時計回りの万二郎岳方面へ行きます。
イメージ 4
 
↓ツツジが綺麗でした。
イメージ 5
 
↓6:37 万二郎岳 1299m 
イメージ 6
 
↓ほんの少し景色が見れるところがあります。  万三郎岳へ向かいます。
イメージ 7
 
↓縦走路1
イメージ 8
 
↓アセビのトンネル
イメージ 9
 
↓縦走路2
イメージ 10
 
↓シャクナゲはもう咲いていない。
イメージ 11
 
7:32 万三郎岳 1406m
イメージ 12
ここは景色は見れません、下山します。
 
↓土が流されて丸太がむき出しになっている、よくあるが歩きにくい。
イメージ 13
 
7:57 トラバースルートが続きます。
イメージ 14
 
8:14 緑が綺麗なトラバースルート
イメージ 15
 
9:04 登山口に戻ってきました。イメージ 16
 
イメージ 17
 

=======================================
周回:3時間17分(徒歩3時間17分)YAMAP:3時間45分 
 天城高原ゴルフ場(05:47)→50分
 万ニ郎岳    (06:37)→55分
 万三郎岳    (07:32)→1時間28分
 天城高原ゴルフ場(09:04)
=======================================
同行者: 単独
[総 時 間]  3時間17分
[総歩行時間]  3時間17分 
[総歩行距離]  7.5km+α (SUUNTO 沿面距離)
[累積 標高]  603mくらい

【感想】
1.日本百名山としては人は少ないと思う(時期ではないのかも)。
2.標高差もあまりなくて気持ちの良い樹林帯を歩ける。
3.山頂からはあまり景色を楽しむことができない。
4.下りは急登階段の後は長いトラバースが続くが緑が綺麗で心地よい。
5.登山道は丸太階段も多くかつては登り易くされていたのだろうが、
 今は丸太がむき出しになっていて定期的な整備が間に合っていない。
6.登山口に戻る頃には登山者も増えてきていた。
 自家用車は4台くらいだがバスで登山に来る人が多かった。
7.残念ながら何故ここが日本百名山なのか実感することができなかった。
 確かに縦走路は気持ちよく歩けるが眺望も登山道もよいとは言えない。
 九州にはここ以上と思える山がたくさんある。
 
※この後は翌日の丹沢山のため小田原市まで移動、そこから登山口の確認に行った。



 
 





本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事