日記帳で雑記帳

なんとか、時の流れに追いつきましたε- (´▽`*)

o(^o^)o

[ リスト | 詳細 ]

ふつうに楽しい日です♪
記事検索
検索

全124ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

チェックアウト直前まで温泉に入ったり、そこでメガネをなくしたりと楽しんで(?)、
熱海駅に向かいました。
石原裕次郎の23回忌の参列チケット(? 違うかもしれない)があたったばんちょーが
「じゃ★ 俺は新幹線で東京に戻るから!」といなくなった後、残り3人でのんびりお土産を買って
東海道線に乗り込んでから、みんなに聞いてみました。

「・・)? そういえばゆうべ、そもそもの目的、旅行の打ち合わせはできた?」(ワタシ)
「おお! そーいやそんな目的も。。。_(^▽^;)(^◇^;)ゞ」(のほほん&げんじゅつし)

こらこら、あんたたち ☆\(-"-;) ・・・って爆睡していたワタシもいけないのですが。
じゃ、今から打ち合わせしますか。

「(´ρ`)でも、なんかばんちょは、ホテルと飛行機、予約していたよ?」(のほほん)
「\(゚o゚;)/(@@ )/ ええ??」(げんじゅつし&ワタシ)
「安くなるから9月の連休終わった直後に2連休とってそこで行くって。」(のほほん)
「o(><;)(;><)o 無理だよそんな日程! 会社休めないよ!」(げんじゅつし&ワタシ)
「だよね〜、僕も休めないよーって言ったんだけど。。。(´ρ`)」(のほほん)

ばんちょ = 行動力はあるがひとの話を一切聞かない。。。

「\(゚▽゚)/!! じゃ、11月くらいに仕切り直して屋久島行こう!!」(ワタシ)

ワタシ = すべての前提がひっくり返る提案を平気で行う。

「おお! 屋久島いいねぇ! 行ってみたいと思っていたんだ!」(げんじゅつし)
「えー屋久島、遠いよぉ〜。。。」(のほほん)
「飛行機乗っちまえばどこだって一緒だってば☆ 縄文杉、見てみたいでしょ?」(ワタシ)
「うーん、確かに一度は見てみたいような・・・」(のほほん)
「じゃ、11月までに5時間山歩きできる体を作って・・・」(ワタシ)
「5時間!? ええ〜! だめだよ〜、そんなの・・・!」(のほほん)

のほほん = 超面倒くさがりで体力使うことがキライ。じじむさい。

「あ、5時間じゃない。50分だよ。きっとね☆」(げんじゅつし)

げんじゅつし = 面白そうなことに乗っかるためなら超テキトーを言う

さてさて、、、わたしたちの「打ち合わせのため」以外の旅行は果たして成立するんでしょうか?

以前は週末ごとに、スキーだの、テニスだの、温泉だのに行っていたのが信じられないくらいの
この性格のコンビネーションです。。。(^◇^;)

久しぶりに元の職場(げんじゅつしの今の職場)の遊び仲間と泊まりがけの旅行をすることに
なりました。場所は熱海です。・・・先週も行ったんですけど。日帰りで☆_(^▽^;)ゞ

次に大旅行をするため(このうち1人が石垣島に土地を買ったので遊びに来いと言っている)に、
その計画をちゃんと話し合うという目的で急遽決まった旅行なので、近場になったのです。

(わたし以外はみんな元の職場に揃っているので、会社の休み時間で話し合えない?(^◇^;)と
 思わなくもなかったのですが。。。翌日なんとなく理由がわかることになりました。)

近場だけあって、利用するのは東海道線(しかも普通列車)、げんじゅつしとわたしが川崎から
あと2人(「ばんちょ」氏と「のほほん」氏にしましょう。)が横浜から乗り込みます。

それでも一応、旅行気分を味わうことにしようと、グリーン車を利用することにしました。
初めてスイカでグリーン車を利用したのですが、あれはとても便利ですね〜!!

‐莠岷悒曄璽爐亮販機で「どこまで」と決めて選ぶ
△修瞭のうちのグリーン車に乗り、座りたい場所があったら、座席の上に設置されている
 読み取り装置にスイカをかざす。
座席を指定したことが、スイカと列車(ランプでお知らせ)に記録される・・・というシステム。

しかも、他の席に座り直したいときは、他の座席の装置にかざすと自動的に「前の席からここに
移りましたよ〜」と記録され、ランプが点灯し治すのです。すごいものだ!

進化したグリーン席で、ビールとから揚げと中華ちまきを味わいながら、熱海に向かいます。

そして、宿に荷物を預けてから初島に向かいます。
http://www.hatsushima.jp/

イメージ 1


熱海は何回も何回も来ているのですが、初島に向かうのは初めてです!!
静岡県唯一の離島にむけて、船は走ります。
イメージ 2


おなかがすいていた私達は、まず食堂街に向かいました。
目についた1軒に入り、海鮮丼、あじ丼、岩のりラーメンを注文しました。
・・・・えっと、、、海鮮関係は、函館とか、小樽とかのそれとは全然違っていた模様です。
ラーメンは岩のりカサカサだし、そもそもラーメン美味しくないし、他の具材なるとだけだし★
おまけのところてんは、まぁまぁだったかな? ちょっとがさがさしていたけど。

その後は博物館に向かったのですが中学校のこぎれいな理科資料室という感じでした。

テーマパークやリゾートホテルなどに行かないと、こんなものかな〜? と思って港をうろうろ
していたら、かわいらしい海辺のネコ達を、大量に発見しました。
テトラポットの中に、堤防の上に、流木の上に、堤防の下、こっそり置かれた餌箱の前に・・・!

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


o(^^o) (o^^o) (o^^)o きゃーーーー☆ と狂喜して撮りまくるワタシ。
イメージ 7


しかしながら、、、帰宅してネットを使い、わたしはこの猫達の境遇を知りました。。。

「世界はニャーでできている(過去ログ)」
http://blog.goo.ne.jp/sygg/e/abc71c32e1588ff251fbc753035f8052

働く必要がなくなったにしても避妊をして、一生を全うさせてあげればよかったのに。。。(・・、)

 「土佐の一本釣り」かその続編かに、似たような話はなかったかしら?
 あれはどうやって解決したんだっけ??(-"-;)

そんなことを知らない24時間前のワタシは大量のネコ達との遭遇にほくほくして宿に戻ります。

今回のお宿は「水葉亭」です。とにかくここはお風呂が大きい!!!
一番大きな王朝大浴殿は「日本一の広さ」とありましたが、水着を着ない温泉ではこんなサイズ、
今まで見たことありません。温泉なのにウォータースライダーまでついているんです!
(子供達がいない時間帯に滑ってみました♪ 短いけど面白い。)

露天風呂も広くて、いい感じです。ゆっくりたっぷり堪能してしまいました・・・。

そのせいか、最近の持病?「寝ても寝ても眠い病」がいかんなく発揮されたのか、
3人を残したまま、10時前にはほぼ人事不省状態になり、眠りに落ちたのでした。。。
さて、日曜日です。

厚木から大森に向かっての移動中におなかがすいてきてしまいました。。。
とても家に着くまでは耐えられない、ということでジョイナスの地下街にあるタイレストラン
「沌」(トン)に寄りました。


以前このお店の店頭に飾られているミニチュアフードに感激したという話をしましたが、


料理の方もなかなか美味しいのでたまに来ています。(といっても今回で3回目かな?)

わたしが頼んだランチはトムヤムクンスープのぞうすい仕立て。
運ばれて来たのをみてびっくり☆ なんとしゃぶしゃぶ鍋?のまんなかから火を吹いています。

イメージ 1


見た目はなかなか凶暴な感じですが、おかげで冷めずに最後まであったかい&辛酸っぱいを
楽しむことができました♪

げんじゅつしは迷った挙句に一番辛いカレーを頼みました。

イメージ 2


「これくらいなら全然OKな辛さだ。美味しい!!」と上機嫌で口に運んでいたのですが
そのうち「ひぃぃぃ・・・(>.<)」と声にならない声をあげました。

どうしたの? と聞いても要領を得なかったのですが、そのうちこんなことを言い出しました。

「赤ピーマンだと、、、赤ピーマンだと思ったのに。。。飲んじゃったよぉぉぉ。。。(゚◇゚)~」

ああ、あれら、か。
イメージ 3


しかし、どうしてタイ料理食べているのに「赤ピーマンだと思いこんで無警戒」??(-"-;)

明日、体を通過する直前にも「お尻が熱い〜o(><;)(;><)o 」…と、なるのでせう。
全身でタイ料理を堪能するげんじゅつし、かけらほどの無駄もありません。

  ちなみに、帰り際に「お土産」と言って携帯ストラップをくれました。
イメージ 4

  糸を巻いて作った手作り人形です。表情がユーモラスでかわいい♪ v(゚∇^*)⌒☆

  ミニチュアフードといい、この愛嬌のある手作り人形といい、、、
  このお店はよっぽど手先の器用で小物造りが大好きな人が経営者なのだろうか?
  謎多き、お店です。。。
今日は天気がよかったので、目的地もなく小田原方面にドライブに行ってみることにしました。

車を走らせ始めてしばらくしたら、げんじゅつしがカーナビに落としていた目をふとあげて、
「昔、小田原を走っていた時、『こんなところに良さげな店があるね』ってなんとなくカーナビに
 登録した店があるから、そこにいってみない?」と言い出しました。

店の名前は「西洋料理箱 魯風人」。
http://homepage2.nifty.com/loft1984/iidaoka.html

カーナビへの登録名は「とろけるタンシチュー」でした。
お店近くの看板がみな、お店の名前より「とろけるタンシチュー」と大書きしてあるので、
通りすがりにこんな名前をつけて登録したんだな、と納得です。(^^;)

ということで注文も「とろけるタンシチュー」です♪
(写真も撮ったけど、まったく美味しそうに見えない!(ノД`)…のでやめておきます。。。)
根元の方の、大きくていいところを使っているのでしょう、本当にとろけるほどやわらかく、
かつ、大きくて食べごたえがあり、すっかりおなかがいっぱいになります。
・・・前菜とスープと飲み物が取り放題のシステムのせいだけではありませぬよ。

もう入らないね、なんていっているところにデザートが出てきました。
これがおしゃれ! 小さいお重におせち風にちょこちょこと盛られています♪
イメージ 1


デザートって演出ですね♪
美味しいものを少しずつ食べたい気持ちを満たすおしゃれな演出…センスいいです!!

すっかりおなかがくちくなったその後は「マリンスパあたみ」に行きました。
スパとサウナを堪能し、屋上の温泉プールから熱海の港の景色を眺め、流れるプールを何周も
がんがん泳ぎまくっていたら、いつのまにやら夕方・・・
さっきあんなに食べたのに、またおなかがすいてきました。

まずは熱海市内の、すっかり有名な店「季魚喜人」に行きましたが、7組待ちだとのことで
小田原市内に戻って、「ハートランドクラブハウス」に行くことにしました。


ここは小田原に来た時の定番の、すっかり気に入っているお店です。
お店の造りそのものがオーナー手作りのログハウスであること、内装もカントリー調であること、
お店の横の畑でとれた新鮮な野菜やハーブをたくさん使っていること、ハーブティが美味しいこと
…と同時に、小田原厚木道路の真上の立地なので、車の列の流れる様子がキラキラときれいなことも
特徴という、ちょっと面白いお店です。

名物の山小屋サラダと魚のコースにパスタのコースを頼むことにしました。
相変わらず、美味しかったです。
野菜の収穫期だからか、山小屋サラダがいつもの半額で出ていてちょっと得をした気分です。
デザートは6種類のフルーツの贅沢な盛り合わせでした。お皿の上に様々な色のフルーツが
とってもきれい♪

食事に恵まれた1日だったなぁ。。。と大満足で家路につきました。

金曜日はチームのおねえさまの引っ越しお祝い会がありました。

定時の後、打ち合わせで遅れてくるマゴットさん以外のメンバーで連れだって、半年休をとって
準備してくれていたおねえさまの新居に向かいます。
(マゴットさんは後から遅れてやってきました。)

おねえさまの新しい家は「ゲストハウスじゃーーー☆」と思うようなかっこ良さ!
居心地良くまとめられたリビングの雰囲気からして「WellCome!」と暖かく迎えてくれているようです。

おしゃれなローテーブルに緋色のクロスがひかれ、そこに並べられたお料理のまた豪華なこと。
しかもすべてが、おねえさまの手作りです!""ハ(^▽^*) パチパチ♪

料理の腕もいい上に素材も珍しいものばかり! みずのこぶ(懐かしき東北の味)、生のきくらげ、
美味しいおからの料理、ナスの和えもの、高級なチーズ、食べたことがないほど美味しい枝豆・・・
これらがきれいな、上品な器に盛られています♪

大感激で、ついついいつもより多く食べて飲んでしまいました_(^▽^;)ゞ

おしゃべりも弾みました〜☆
もともと女性3人はおしゃべりと盛り上がることが好きで、たまにカラオケにいったり、
食事をしにいったりしていたのですが、男性3人は、3人とも揃って頭がよくて、繊細で、
どっちかといえばコダワリ屋さんであんまりノリは良い方ではないのかな、と思っていましたが
そんなことは全然なく。。。

むしろ頭が良い分だけツッコミが冴えているようです。(^◇^;)みな、ビシバシです。

わたしたちのチームは今まで仕事の後に一緒に飲み食いすることなどまったくなかったのですが、
(異動前のチームにいた時は週1回くらいはありましたが、こちらでは皆無☆)
これからはちょこちょこ誘いあってみると楽しいかも、、、と思いました。

こういう会社では見れない一面をみる機会を与えてくれて、かつ、すごいお料理の準備から
片付けまですべて、わたしたちみんなのために力を尽くしてくださったおねえさまに大感謝です。
大森のうちは狭すぎてみんなを呼べないけど、とにかくフトコロの広いオンナにはなるぜっ!!
と、固く決意いたしました。

   ちなみに、、、お土産にいただいたロールケーキもまたすごくおいしくて、
   げんじゅつしも大感謝でした。この日のうちにぺろりと食べてしまいました!

全124ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事