ここから本文です
人形劇のねこじゃらしのブログ
小さな手遣い人形で大きな夢を!
こんにゃちは、ねこじゃらしです。

お知らせです。
12月12日(水)14時から16時、豊中市立文化芸術家センター中ホールで、デフ・パペットシアター・ひとみ、の「河の童(かわのわっぱ)」の公演があります。

最初の10分が、豊中のぬくぬく座の上演。あとの80分がひとみの公演です。

ひょっこりひょうたん島でおなじみの人形劇団ひとみ座を母体とし、ろう者と聴者が共につくる全国区のプロ劇団です。関西では滅多に観られません。

イメージ 1

イメージ 2


滅多にない機会なので、是非!

この記事に

こんにゃちは、ねこじゃらしです。

かこがわ人形劇フェスティバルに行きました。
実行委員会のNさんが、とても熱くたくさんの思いがある方で、その熱意が形となったフェス。

私たちは、りんこ・りんご・りんご、を上演。
私たちの人形劇サイズに合った小さめのおへやでしたが、いっぱいの親子の方たちでにぎわいました。

神戸のゆうすけ座さん、京都のてなもんやさん、福岡のプロのののはなさん、にも会えました。

なんと、ののはなさんは、私たちだけのために、ショートステージをやってくだいました。
あまりのぜいたくさに、体がふわふわして、ぽわんぽわんになりました。
ののはなさん、ありがとうごさいました。

イメージ 1

この記事に

アンコール❗

こんにゃは、ねこじゃらしです。

公演が終わったあと、自然発生的に、アンコールの声と手拍子があがりました。

三本だての最後の演目が、ぽんた。
上演後に、ぽんたがご挨拶。
しかいが挨拶して、園児からありがとうの声。ぽんたが飛び出して最後のご挨拶でおしまい、になるはずでした。

予期せぬアンコールの声。

ぽんたがまた、飛び出します。
「みなさん、ありがとう。ぼく、じどうはんばいきの歌をうたいます!」
会場中の手拍子!
ぽんたも大感激のアンコールでした。

この記事に

たのしかった文化ディ

こんにゃちは、ねこじゃらしです。

今日で、池田文化ディ、無事に終了しました。
綾羽こども館、2日、3日、4日とたくさんの親子連れでにぎわいました。

4日は、せっぽくざの巻。
せっぽく座特有のありえへん人形展示。
せっぽく座のきつねのミニパフォーマンス。
のおたのしみ、
そして指人形づくり、人形劇体験、と盛りだくさん。

どの親子さんも、笑顔で帰って行ってくださいました。
のんびり、ほっこり、ゆったり。

良い三日間でした。
お世話になった、池田市民文化振興財団さん。
ありがとうございました。

イメージ 1

この記事に

にぎやかなこども館

こんにゃちは、ねこじゃらしです。

今日はIKEDA文化DAYの二日目。
綾羽こども館は、人形劇のねこじゃらしの当番。

午後1時から3時半までの間に、工作をしたり、ミニシアターをさしたり、たのしい時間を過ごしました。

だれかくるかな、なんて言っていたら、なんと、たくさんの親子の方たちが、来てくださいました。
赤ちゃんから年配の方まで、幅広い年齢の皆さん。
それぞれ、ほっこりゆったりさしてくださったようです。

きつねとたぬきの「てきるかな」、ペーパーシアター「くるりんぱ」、エプロンシアター「若返りの水」、ミニパネルシアター「いちょうのはっぱ」

工作は、ばくぱくくん。
作ったぱくぱくくんで、早速、人形劇が始まりました。
こどもたちの創造の世界は、エンドレス!

イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事