ここから本文です
ブログ始めました!

池上さんへ

池上さんの解説は、様々な分野にわたり、「じつはこうだったのだ。」というスタンスで、本当の事を簡明に説明してくれていることで、高い信頼を得ていると思っていた。
今回、核爆弾について、裏話を交えながら解説していただいた。
しかしながら、次の点で失望し、今後、池上さんの解説を信用しないことにした。
我が国の非核三原則は沖縄への核の持ち込みを密約したという重大な嘘が裏にあったにも関わらず、池上さんはこの説明をパスした。

この記事に

国家予算

来年度の国家予算は100兆円となるようだ。
その三分の一は借金である。どうしてこのようなうまいことができるのだろうか。そのカラクリを知りたいものだ。
我が家でもこのカラクリを使ってみたいものだ。
国では、この手法を20年位に亘って、使ってきた。とするならっば、この借金手法は相当長期間に亘り、使用可能であることが証明されていると言える。
とするならば、この借金手法を是非、我が家にも使いたい。
カラクリの詳細を教えてくれないか。

この記事に

天皇誕生日

今年の天皇誕生日には、例年よりも多数の参拝者があったと報じられている。
これは、天皇の退位によるとも報じられている。
この情景で感じることは、日本では天皇への崇拝が根強いことである。
これほど根強い天皇崇拝の中で、皇位継承が行われるわけであるが、女性皇位継承の話が一切出てこない。これはベリベリに不思議な現象だ。
現在の皇太子の後には、愛子様が控えている状態であることを考えれば、女性皇位継承は当然話題になるはずだ。
女性皇位継承については、賛否が当然あるだろう。しかしながら、これが一切話題として出てこないというのは、ベリベリに不自然だ。
忖度(誰に対する忖度?)による統制が働いているのだろうか。

この記事に

太陽光発電

日本における太陽光発電は一向に進まない状況にある。
その原因は技術的な問題ではなく、戦略的、制度的なところにあるようだ。
この現状を打破するには、大胆、かつ、飛躍的な発想が必要だ。
ここで、日本国土の特徴を考えてみよう。日本国土の特徴は何といっても、海に囲まれていることである。日本は世界有数の広さの排他的経済水域を有する。
太陽光発電を考えるとき、この広大な排他的経済水域を利用しない手はない。
海は平坦であり、太陽光発電の環境としては、適した環境である言える。
日本の排他的経済水域の1%において、太陽光発電を行えば、おそらく、日本の電力需要の十倍をゆうに超える発電量が得られるであろう。
よく、イノベーションという言葉を耳にするが、その殆どは小手先の技術改良である。イノベーションとは、大胆、且つ、飛躍したものであるべきである。

この記事に

人づくり革命

「人づくり革命の一環として、この革命が目標とする人間像について、今日は特別講師、安倍首相をお招きしました。」
安倍首相におかれましては、非常にお忙しい中、この革命の重要性に鑑み、スケジュールをやり繰りして、わざわざお越しいただき、まことに、ありがとうございました。」
「紹介いただいた安倍でございます。今日はこの革命が目指す人間像について、一言申し上げます。」
「これについては、有識者のご意見をいただきながら、私なりに思いをめぐらしました。時間も限られていますので、単刀直入に結論だけを申し上げます。」
「この革命が目指す人間像は、嘘を上手につくことができる人であります。例えば、佐藤栄作元総理大臣は、非核三原則を打ち出しながら、沖縄への核持ち込みの約束をしました。そして、ノーベル平和賞を受賞したのです。
 百万円をもらった、もらわないというように小さな、しかも具体的な嘘は上手な嘘とは言えないのです。」
上手な嘘とは、どういうものかについては、今後の実務において、適切に行われる予定ですので、今後に期待したいと思います。」


転載元転載元: och*****のブログ

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事