錯乱気流

無茶苦茶忙しいやんけ・・・

全体表示

[ リスト ]

東京のある街で、学用事務品や文房具を扱う商店主と話をする機会があった。70代と思しき女性だ。某区の某地区で30年営業していたのだが、6年前から、「この地区」に移ってきたのだと言う。とにかく饒舌である。「お客さん、あっちから連れてきて、私は、そっちが優先なのよ。ところが、この近くに小学校あるでしょ。あそこの親がルール分かってないのよねえ」などと言う。それで、Aグループ、Bグループとか、色々私に説明するのである。こっちは、わけがわからず、「はあ、はあ」などと聴いていると、店の入口の正面に小さなプラスチック製の椅子をおいてあって、そこに、Aグループ、Bグループ別の、顧客対応が書かれてあるのを、指さして熱心に説明する。優先は、Aグループなのだということはなんとなくわかる。

しばらく聴いていて、ようやく分かった。つまり、以前の区域で、某小学校の指定店舗だったわけだ。つまり、児童生徒が体育で使う帽子とか、体操服とか、その他学用品の指定店舗だったということだ。それが、まあ、理由は色々あるんだろうが、「この地区」に移動してきた。30年も、地域に密着して商売してきたわけだから、彼女がいなくなったら、他の業者が、代わりに入るわけでもない。要は、ちと距離的には遠くなるが、未だに元の地域の学校関係者の指定店舗であり続けているわけだ。「お客さんつれてきた」とは、要するにそういうことだ。で、「この近くの小学校の親ルール分かってないのよね」とは、つまり、「近くの小学校」には、その小学校の指定店舗がある筈なのに、住んでいる場所に近いという理由だけで、彼女の店に来てしまうというわけだ。彼女も商売だから、断りはしないが、要は、学用品販売の世界には、その世界なりのルールってもんがあるんだから、「近くの小学校」の親を大手を広げて受け入れると、「近くの小学校」の指定店舗の客を奪ってしまうことになり、痛し痒しなので、とりあえず、彼女としては、「昔いた地域のお客が、自分のお客」と、優先順位をつけているわけである。

小学校や中学校の制服など、学用品販売の取り扱いは、昔から、地元の業者とだいたい相場が決まっているように思うが、これは、日本独特のものなのだろうか。別の地区に越し行かれたら、利用者としては少々遠くなり不便なのだろうが、主な収入源だろうし、不便をかけている分、大事にしたいという気持ちが彼女にはあるのだろう。越してきて6年ということだし、あのマイペースについて行くのも大変そうだから、そうそう友達もいるとは思えない。商店街組合にも入っていないようだ。20分ばかり私としゃべって、「ああ、楽しかった。教えてあげるから、なんでも聞いてね」と、電話番号まで教えてくれた。天下国家だの、遠くのことばかり考えていて、近くのことが見えてない場合がある。近い話ばかりでもしょうがないが、遠いところばかり見ていてもダメだと、つくづく思う今日この頃である。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

お疲れ様です。

いきなりのコメント失礼します♪d(´▽`)b♪

既にoch**obor*maruさんのブログはお気に入りに入れちゃいました( ´∀`)



今まで凄く落ち込んだりして

凹んだりして凄くつらい日々を過ごしてたんです。

でもでも、och**obor*maruさんのブログに巡り合えて変わったんです。

やっぱり色んな所で共感したり、そうなんだって新しい発見があったりとか。

こうした縁も大事だと思っています。

色々相談をしたいし、仲良くなりたいなぁって思ったので

一応勝手ながら載せちゃいました。ヽ(*´∀`)ノ



ayundamon@i.softbank.jp



これ、och**obor*maruさんがもし確認できたらコメントごと削除してもらって全然かまわないので

宜しくです

2014/12/31(水) 午前 7:31 [ don*ey*each*33 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事