上流工程で生き延びろ!〜SEサバイバル

システム開発の上流工程をモデリングで戦う!その他もろもろ・・・

全体表示

[ リスト ]

日本の「強み」

 日本の強みは何だろうか?

 マスコミや外資系コンサルタントが煽っているように、
 日本の開発プロジェクト の生産性は低く、
 欧米式の開発手法を早急にとりいれなければ
 生きていけないのだろうか?

 日本の「強み」はないのだろうか?

 そうは思わない。

 私は、日本の強みは

「現場力」

である、と確信している。

 欧米の一方的なトップダウンを強調した手法を取り入れただけ
 では逆に日本の「強み」すら消しかねない。

 「現場力」を生かしたボトムアップとトップダウンが融合こそが、
 日本の開発現場に最も有効である。
 
 日本の「現場力」を最大限に生かしきる手法とは?

 もっともっと自分達で考える必要がある。

 自分なりの回答が
  
 http://blogs.yahoo.co.jp/ochikoboresystem/5033606.html

                 である。
 

閉じる コメント(6)

顔アイコン

ソフトウェア構築においての日本人と日本語の欠点の一つとして、曖昧さを許す文化があげられるそうです。確かに論理の固まりであるソフトウェアで日本人の曖昧さを表現するのは難しいですからね。現場や顧客と意識を共通化させるのにモデリングを利用して曖昧さを排除し、イメージを共通化させる手段の一つとしては有効ですね。

2007/6/13(水) 午後 11:10 [ luc*io*ane*e ]

顔アイコン

> lucciolanene さんへ
日本語の曖昧さについては、よく言われていますね。
よく仕様書の行間を読め、と言われたものです。
自分自身の苦い経験からも共通言語、コミュニケーションツール
としてのモデリングに期待しています。
又、日本の現場のレベルは絶対に高いと確信しています。
共通言語さえしっかり定義できれば、充分に競争力を持てる
と思っています。

2007/6/14(木) 午前 8:34 [ tos*iya*sek**006 ]

「現場力」とは、ホストやサーバー側だけでなく、クライアント側でも自律して柔軟に変化対応できるシステムということかも知れませんね。つまり、時代の流れに適合している?

2007/6/15(金) 午後 0:57 funk(ファンク)

顔アイコン

ochikoboresystemさん、こんばんわ。
おっしゃるとおりです。システム開発はコミュニケーションが一番大事です!!
以前外資系のコンサル会社を使ったオフショア開発に携わったのですが、ほんとにその時に痛感しました。
若いオフショアのSEはそれが普通だと思ってたみたいですけど、、。
でもそれはそれで、そんなシステム開発手法しかできなくなってしまうかもしれない彼らに、ちょっと同情もします。。

2007/6/16(土) 午後 7:03 [ - ]

顔アイコン

> funk2123 さんへ
「現場力」が時代の要請に合った仕組みを作る為に使われれば
素晴らしいですね。

2007/6/17(日) 午前 10:07 [ tos*iya*sek**006 ]

顔アイコン

> moko さんへ
最近やっとIT系マスコミも取り上げるようになりましたね。
システムは作るのも「人」、使うのも「人」なのですから・・・
相互理解の為のコミュニケーションが大事です。

2007/6/17(日) 午前 10:14 [ tos*iya*sek**006 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事